あなろぐちっく

mintonのスナップと気まぐれつぶやきブログ。コメントは古い日記でもお気軽に。写真の無断利用は厳禁。

写真展のお知らせ

2018年10月16日 09時49分18秒 | summilux50mmF1.4asph
今年もJapan Leica Clubの写真展が開催されます。
皆さん是非お寄りください。

■第11回Japan Leica Club写真展■
『本とライカ』
  11月6日(火)~11日(日) 12:00 - 19:00
  Gallery Le Déco 5階 (渋谷区渋谷3-16-3)
  Phone 03-5485-5188
  レセプション - 10日(土) 18:00

レセプションは皆さまお気軽にお越しください。差し入れ大歓迎です。



本とライカ。
簡単そうでとても難しい。


leica M9-P + leica summilux50mmf1.4asph.

この写真にハガキと共に写っている本は、昨年10周年を記念して出版したメンバー全員の作品を持ち寄った写真集。
今年はもう11回目ということになる。
コメント (5)

旅する人たち

2018年10月10日 14時54分08秒 | その他
先週末の日曜日は朝7時から分別収集と道づくり。
空はとても高くて山が近くに感じた。
唐突に景色を見たくなり妻と近くのキャンプ場に出かけた。
直線距離は20㎞に満たないが、道の距離は遥か遠い。

ここがどこなのかは明言しないけれど、SNSなどの効果なのか全国からキャンパーで満杯状態。
中には若い女性のソロキャンプもいくつかあった。女性は活動的だ。
車も多いがバイクやサイクリングの人も多い。

ここは僕が知る限りで信州の景色の良いキャンプ場の最上位クラス。


山を下りこの写真の正面にある山の麓に買い物をしに移動。
ここはロープウェイで標高2600mまで登れるのだが、普段の駐車場に収まらず通常は無料の駐車場が有料になって満杯だったので、観光客が寄らない湖に移動して休憩。
そこから自宅に向かうと数十台のツーリングバイクの群れの後ろに数十年前からタイムスリップしたような百台近い改造バイクがパトカーや白バイに囲まれて通り過ぎた。
音だけ勇ましい暴走族のバイクの群れだったが、若いおにーさんやおねーさんに交じって40代以上のおじさんもいた。

形はそれぞれだけど、連休は皆さん旅をする。

iphone x
コメント (12)

朝ドラ

2018年10月02日 20時08分19秒 | HELIAR classic 75mm
「半分青い」が終わってしまったけど、朝7時半からテレビを見るというテンションが上がらない。
毎年半年ごとにそんな感じで、見るでもなく見ているうちにまた朝7時半から見てしまうというパターンに嵌っていく。

では過去のNHKの朝ドラを覚えているのかと自問すると、思い浮かんだのは「まっさん」と「あまちゃん」くらいで、あとは主演の女優さんすら浮かばない。

leica M-P + heliar classic 75mm f1.8

先月撮影した我が家の観葉植物となったシャインマスカット

コメント (8)

台風

2018年09月29日 18時33分21秒 | HELIAR classic 75mm
今朝仕事に行く前に庭の菜園を見たら、今週月曜日に蒔いたほうれん草の種から一斉に芽が出始めた。
なんだか嬉しい。

昼からは雨が強くなってきた。
明日は一人なので、台風が来る前にサツマイモを掘り起こしたい。

チェーンソーの歯を研いだけど、この雨では庭木の整理もできないので、先週に続き明日は干し芋作りになりそうだ。
季節は着々と進むので、薪割しなくちゃ、割った薪を薪棚に積まなきゃ、ネギを植えなきゃと切迫感に煽られている。

それよりも会社から帰ったら、台風で家の周辺のものが飛ばないように整理しなきゃ。
またひとつ「きゃ」が増えた。

leica m-p + heliar classic 75mm f1.8

自宅のギボウシ。
コメント (10)

窮屈

2018年09月28日 19時27分41秒 | HELIAR classic 75mm
相撲のことがニュースになっているが、どちらも大人になれない同志のように見える。
言い方悪いけれど相撲莫迦で生きてきちゃった人たちだから、人の上に立つ人としての勉強をする時間がなかったんだろう。
互いを敬う気持ちってのがない。

制度の問題もあるが、サッカーなら指導者になるにはライセンスが必要だが、相撲は親方株が最優先らしい。

引退届だって、事務処理として伝える側はからは、どこに記入してどこに判子を押してって付箋でも貼って渡せばいいと思うし、受け取った側も確認してから書けばいいと思う。
不毛な争いに見えてくる。

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。とは夏目漱石の「草枕」の冒頭だが、この人たちもただただ窮屈に見える。

leica m-p + heliar classic 75mm f1.8

自宅の薔薇
コメント (10)