minto23's blog

田舎の助産師のブログです

なるほど~

2011-05-31 23:48:20 | 日記
市役所に仕事に行った。
次から次にする仕事がある。私が重宝されるのは良くない事があると言う事だ。月末の仕事もすみ5月もすんだナァと思っている所にビックリ仰天の事があった。5日の日曜日の町内の川掃除の指示を連絡委員に出したか?と言ってこられた。もうすぐなのに何にも聞いていないと。
家は会計をしていると言うと、そうじゃろ会計が町内のボスじゃあと聞いた事のない話を聞かされた。

連れ合いが会計ならできると受けたがボスをせにぁーいけんのんなら年上の人を差し置いてうけとらんと言った。

町内の人は家がボスと言う事を知っているのだろうか?
いきなり心の中を土足でかき回されるような先制パンチの言葉を買おうかぁと思ったが、断りをして気を付けるように改める事で納得してもらった。
会計の事でいつも言われる事がある。書類で会計報告を回覧したと言うと旦那さんも本人も留守にしていて見とらんのじゃあろう。
そりゃないじゃろうと思った。控えを見せようかと思ったがやめた。
年間一万五千円ほどを動かし貯金も五万ほどの会計。真面目にとりあうのもアホらしいので引いた。
草刈り用の油の準備を我が家にしないのも気に入らないようだ。
今までしていただいたようだが、小さな町内も改革の波がきたのだと多目に見ていただきたい。

でも教えてもらって良かった。つくづく思った。地震でもいっとったら偉い事になっていただろう。
言ってこられた事で今でに言われた事で成る程と思う事が一杯ある。世間知らずの私はえらいことを言うんじゃあなぁと他人事に聞いていたが全部我が家の事だった。
町内の方に今までいろいろ迷惑をかけたかも知れない。

長いこと会計をするのも良くないし、ボスも変わったほうが良かろう。

おりを見て辞表を出してもいいのではと言うと連れ合いは、どうせせにぁいけんのんじゃから気持ちようすりゃあええ!だって
中心にいるものと円周にいるものの違いか?

今日の出来事、他の人はどのようにさばいたのだろうか!知りたい!
5月の終わりにあった事にして気持ち良く水無月を迎えよう。心のリセットキィを押して風呂に入ろう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一升五合

2011-05-30 00:23:19 | 日記
朝から来客。
先日のねり供養の写真を冊子にして届けて下さった。素敵なグラビア。
感性とセンス。感動した。
昼過ぎけいくんから夕方、ごもくを作って持っていくと言う大歓迎の電話。
大吟醸があるので飲もうと言う事になった。

頂き物を使って私なりのオカズを作った。
友人も呼んで楽しいひととき。
神棚のおさがりの一升と合わせてなんと一升五合が空になった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の植え替え

2011-05-28 23:18:22 | 日記
ミントハウスの事務的な事で司法書士の先生がこられた。先生のご配慮で自力で書類作成し経費節約できた。
君子蘭の株分けをした。今年は三鉢3人欲しいと言われた人にあげた。
一鉢は家と離れた車庫の前の日に当たる所に置いているのが前を通る時に見える。大切にしてもらえないのが気がかりだ。
あげた物をとやかく言うことはできない!

雨が続くので鉢に植えている翼を駐車場の空き地に植え替えた。
屋敷だと庭師さんが選定されるので切り花どころかはなも咲かない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨入り

2011-05-27 22:36:18 | 日記
雨が降ると緑が勢いをます。草も木も!
学校の大楠木は衣替えがすみ、みずみずしい装いに変わった。
今日は吉備高原に行った。
妊婦さんが茨城の実家に里帰り出産予定だったが原発と地震で断念したそうだ。いろんな人が余波を受けているんだと思った。

帰りにお墓に参る為実家にに寄った。
花を買いに道の駅に寄ったがなかったのが残念だった。実家に咲いている花にした。

松並木の天井川を歩くのが好きで、甥と母と歩いた。
ゆっくり出来ない。
4時から仕事もありいつもながら野菜をもらって、母に見送ってもらった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

力作

2011-05-26 22:25:14 | 日記
昨日岡山に出たついでに天満屋に行った。
2月に満期になっているみのり会の手続きが目的だが伝統工芸展の初日も楽しみだった。

知人が出展しているのだ。備前焼の中に藍色のどっしりしたねじれ花入れはひときわ目立っていた。真っ白なカサブランカを生けたら似合うだろうと思った。
精進して成長しているなと思った。
どっしりした作品から繊細な作品が見れる日を楽しみにしょう。

それぞれの作品に作家の魂が吹き込まれ圧巻だ。
震災のたびに形ある芸術品は売れなくなっただろうが、美を追及し情熱的に製作している事こそ芸術!かな?
余裕のあるかたは買ってあげて頂きたい。

その後服を見て歩いたが購買意欲無し。
みたいコーナーもあったが帰った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加