JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

海軍TM式軽便無線電信機の修復作業記録 その3 (2017年11月30日)  修復方針の再検討について

2017年11月28日 15時28分34秒 | 02海軍無線機器

海軍TM式軽便無線電信機の修復作業記録 その3 (2017年11月30日)  修復方針の再検討について

今回はUY-27AとUX-112Aを共用して使用するためソケットアダプターの調査を行いました。
詳細に調査すると、UX(4ピン)とUY(5ピン)の互換性のための工夫がありました。
基本的には、このソケットアダプターはプレートとグリッドは相互に接続されています。
しかしながら、カソード(Kの表記が一般的なはずですが、Cと表記されています)検波段のソケットアダプターはヒータに接続されています。
もう一つのソケットアダプターほうかカソードが独立した端子に配置されておりカソードバイアスをかけることが可能なようです。

修復案1は、機能の完全復元を目指すが、かなりの改造規模となり現行部品をほとんど使用しないデメリットがあります。

修復案2は、機能を限定して受信機能のみとして、現行部品を最大限活用する方法です。
ただし、UY-27Aでは非力なことからUY-76に変更が必要と思われます。

 

この2通りの案をもとに修復することを計画しています。

平成29年12月3日最終案です。基本的には現行のUY-27Aの受信機能のみの復元として極力現行部品を使用します。

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 五球超ブローニングドレーキ... | トップ | 第三十二軍電波警戒隊対空戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

02海軍無線機器」カテゴリの最新記事