JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

自作オシロ兼CRT型画像表示装置の試作作業記録 H29.10.11 その4

2017年10月11日 03時48分06秒 | 09真空管式オシロスコープ

自作オシロ兼CRT型画像表示装置の試作作業記録 H29.10.11 その4

今回は発想を変えて、真空管テレビの同期分離から同期・発振までの故障解析と部品交換ではなく、オシロスコープ内に同期分離から同期・発振機能を組み込むこことしました。
こうすれば、旧式の真空管式テレビであっても映像信号まで正常であれば、後は自作オシロで信号処理をすることが可能となります。
まずは、しぶちゃんの電子工作(75mmブラウン管を使った真空管式モノクロテレビジョンの製作)を製作記事を参考に回路図を書き直します。
追加部品を配置し、後は配線を行うこととなります。
ついでに、2D21なるサイラトロンの時定数を変更して、鋸波をオシロで直線性を確認しながら調整し綺麗な正弦波を表示し完了としました。

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

回路図参考
75mmブラウン管を使った真空管式モノクロテレビジョンの製作
Homemade Vacuum Tube Television Set
http://www.asahi-net.or.jp/~gt6s-sbic/electro/tv-1/

 

ラジオ・シャック 50ミリ・ミニオシロスコープ(自作)
http://www4.tokai.or.jp/radioshack/mini_oscilloscope/mini-oscilloscope.html

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 5球ブローニングドレーキ式... | トップ | 五球超ブローニングドレーキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

09真空管式オシロスコープ」カテゴリの最新記事