JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

地2号受信機の修復作業報告 その2 (2015年07月27日)

2015年07月28日 13時16分14秒 | 01陸軍無線機器

地2号受信機の修復作業報告 その2 (2015年07月27日)

永年オシロスコープの収集をしていましたが、突如オシロスコープの修復に目覚め邁進してまいりました。
しかし、少し疲れたので、本来の旧軍の無線機修理を再開します。
基本方針としては、ケースの再塗装は実施せず、オリジナリティを確保することとしました。
受信機と電源部と接続ケーブルについては、ゴムの硬化・溶解などのためケーブル自体の取替か修理が必要ですが、当面修理するこことしました。
また、電源ケーブルはありませんから、新規作成します。
全体的な修復方法として、まず、交流電源+受信機の組み合わせで行い、次に発動発電機(ダイナモ)+受信機の修復を目指します。
まず、受信機と電源部と接続ケーブルですが、ゴムが硬化し欠落した部分からこのケーブルはシールドされていることがわかります。
昭和19年当時の資材不足のなか、このような高価なケーブルを使用していたのは大変な驚きです。
修理については、生ゴムテープと自己融着性絶縁テープを使用しましたが、できは今一つのようです。
次に、電源ケーブルですが、電源部の4端子の雄の専用ソケットに接続する雌のソケットがありません。
今回は臨時に雌の電源ソケットを2段重ねして作成しました。これも、今一ですが実用には耐えれそうです。
これで、試験環境は準備完了です。

 


過去の修理履歴
来歴
2011年8月頃、島根県安来市のI氏メールにて案内があり、購入させていただきました。
商品説明
地2号無線機受信機2型と付属電源の2点は下記のとおりです。
①地2号受信機
②地2号無線機(二型)受信装置整流器
③受信機と電源の接続コード
④受信機の防振台
周波数は4.5Mから8.2Mです。
欠品は、銘板(受信機、電源共)、受信機の上部カバー、電源の入力側のケーブル。
受信機、電源共にオリジナルです。

修復作業報告 その1 (2011年10月01日)
この地2号無線機受信機は、住友通信株式会社(現NEC)製造で、電流計の製造記録から昭和19年6月以降のものと判断できました。
受信機と電源部と接続ケーブルの3点セットでしたが、残念なことに銘板、受信機の天蓋と電源ケーブルがないとのことでした。
ないものは、得意な偽造品をつくればいいので、今回、銘板と受信機の天蓋を作成しました。
全体的に保存状態が悪く、特に塗装も剥落しているので、新たに再塗装したい誘惑にかられてしょうがないのですが・・・。
これ以上改悪しないように早くしどこかに隔離することとします。


広島戦時通信技術資料館及び広島手製本倶楽部は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 手製本活動(その34:製本... | トップ | 地2号受信機の修復作業報告... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

01陸軍無線機器」カテゴリの最新記事