JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

海軍TM式軽便無線電信機の修復作業記録 その4 (2018年02月25日)  修復開始

2018年02月25日 21時47分39秒 | 02海軍無線機器

海軍TM式軽便無線電信機の修復作業記録 その4 (2018年02月25日)  修復開始

修復案2を採用し、機能を限定して受信機能のみとして、現行部品を最大限活用する方法としました。
このため、当面は使用真空管はUY-27Aとします。
配線は既存の部品を再利用するとともに、不足分や不良部品のみ新たな部品を使用します。
配線は簡単に済ませ、SSG注入による受信試験をしましたが、全く反応がありません。
よくよくチェックすると検波段のグリッドのソケットアダプターが接触不良であることが判明しました。
再度試験すると微弱ですが、受信反応があります。
ただし、システム構成が0-V-1なので、どう頑張っても感度を期待することはできません。
ここで方向転換し、古典ラジオの木製ケースの修復作業の勢いで、本機の木製のトランスケースを新たに作成するこことしました。
ホームセンターで、木材を調達し切り出しを開始しました。
ケースの色は海軍のダークグリーンとなりますが、またまたニスをたっぷり塗る羽目になりそうです。
また、ケースを作成するとなると飾りとして電鍵が必要となりますので、事前にオークションで落札しておりました。
落札した電鍵は外国製(カナダ製)ですが移動用のものでしかも1962年製です。
使用方法は膝にベルトを巻いてモールス信号を打つタイプなのですが、1962年当時このような需要があったのでしょうか。


広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 五球超ブローニングドレーキ... | トップ | 海軍TM式軽便無線電信機の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

02海軍無線機器」カテゴリの最新記事