JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

自作オシロ兼CRT型画像表示装置の試作作業記録 その7 (2017年11月10日) 

2017年11月12日 12時59分25秒 | 09真空管式オシロスコープ

自作オシロ兼CRT型画像表示装置の試作作業記録 その7 (2017年11月10日) 

今回はとりあえず配線が完了したので、確認試験を実施します。
実験に先立ち、外部同期→外部、テレビ同期信号抽出→ON、掃引→発振停止に設定します。
とりあえず、CRTにラスター画面もどき画面が表示しました。
ここから、発振の鋸波の調整と発振周波数の確認を行います。
鋸波はオシロで確認しますが、大変きれいな波形が観測されました。
しかしながら、垂直の発振は128Hz近辺、水平発振は7.8Khzとなっております。
本来は垂直は60Hz、水平は15.750Khzですので、もう少し発振定数の調整が必要なようです。
また、垂直の増幅がこれ以上できないのも大きな問題てす。
もう少し、回路検証や回路定数の調整が必要のようです。

広島戦時通信技術資料館及は下記のアドレスです。
http://minouta17.web.fc2.com/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 電探指示装置(プロトタイプ... | トップ | 五球超ブローニングドレーキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

09真空管式オシロスコープ」カテゴリの最新記事