JA4GGCのブログ 無線報国

真空管式ラジオ、軍用無線機やアマチュア無線機の修復の記録
手製本と製本教室の活動の記録
田舎暮らしの日常生活の記録

4号電波探信儀2型 (Mark 4,Model 2) (S24)の解説

2018年10月02日 16時12分28秒 | 03旧軍電探機器解説

4号電波探信儀2型 (Mark 4,Model 2) (S24)の解説


 諸元表
略称---------------------------------------------42号
目的---------------------------------------------陸上用対空射撃用
周波数 ----------------------------------------- 200Mcs
繰返周波数-------------------------------------- 1000cps
パルス幅 ----------------------------------------3μs
尖頭電力出力-------------------------------------13 kw
測定方式-----------------------------------------等感度法
出力管-------------------------------------------pp TR1504
受信機検波菅-------------------------------------UN-954
空中線 ------------------------------------------送信:複合八木2×4 受信:複合八木2×4
IF、mcs .----------------------------------------?Mcs
受信利得-----------------------------------------? db
最大範囲-----------------------------------------編隊40km 単機20km
測距精度-----------------------------------------0.05km
測方精度-----------------------------------------1.0°
電源---------------------------------------------AC 220V 3相 50~60c/s
重量---------------------------------------------5,000 kg
製造---------------------------------------------住友、日畜(日本コロムビア)、日本音響(日本ビクター)、日立
製作台数-----------------------------------------60

[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946


[a4] 「元軍令部通信課長の回想」昭和56年 鮫島素直
(四号電探二型及び同改二)
四号電探一型は大型で、その重量は五トンを超え、艦船に装備することは到底できないので、別に艦船搭載の射撃用電探を試作する必要が起こってきた。
この目的で設計されたのが四号電波探信儀二型であった。
これはシンガポールで鹵獲した英軍のSLC装置(サーチライト・コントロールの略称)の資料を全面的に取り入れて設計されたものである。
使用波長は一・五メートルで、アンテナは送信用として導波素子二本付の二段三列式を、受信用として導波素子二本付の四組を採用し、受信用アンテナの四組は左右上下に配列して、これを位相環に接続し、位相変換により指向性をベクトル式に回転させ、方位角と高角を測定するものであった。
送受両アンテナと送受信機および指示機を一体として、既製の空中聴音機の架台上に装着し、なるべく小型軽量として艦船装備用に向くようにしたのであったが、実験の結果、高度三、〇〇〇メートルの中型攻撃機単機に対し、確実測定距離七キロメートル、距離精度±一〇〇メートル、方位角および高角の測角精度いずれも±一度程度で、能力不足と断定された。
そこでこれを大型化して陸上用に振り向けることにした。すなわちアンテナを大型にし、送信出力を倍加し、架台も新しく設計したものを作り、測距装置及び方向切替装置を改良して四号電探二型改二と称するものが出来上がった。
四号電探二型改二は探信能力も測距および測角制度もともに優秀で、メートル波を用いる対空射撃用電探の最終型として七〇基製造された。
しかしこの装置ができた昭和十九年後半には、戦局は急激に悪化し、そのため海軍として実際に装備実用したものは十数基にとどまった。
なお、量産の見地から、アンテナ形式、送信機、受信機、測距装置などは、四号二型改二と四号三号改二とは同一のものを使用することに設計が統一された。
このようにして陸上装備の対空射撃用および照射用電探は、性能としてもほぼ満足すべきものに完成され、フィリピン島方面にも装備実用されたが、終戦近くになって、波長一・五メートルを使用するこの種電探に対し、米空軍は妨害電波を発射して、その使用を不能にした。
この有効な妨害に対し、種々対策が樹てられたが、遂に実用するまでに至らずして終わってしまった。


日本海軍レーダー解説http://minouta17.web.fc2.com/aradar_main_navy.html

広島戦時通信技術資料館http://minouta17.web.fc2.com/


参考文献
[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946
[a2] 「日本無線史」10巻 1951年 電波管理委員会
[a4] 「元軍令部通信課長の回想」昭和56年 鮫島素直
[e21] 機密兵器の全貌 昭和51年6月 原書房
[g5] 日本海軍小禄(那覇)飛行場 http://evnara.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
[y2] 米国国立公文書館
[z1]  所在源不明

 


 

コメント

4号電波探信儀1型 (Mark 4,Model 1) (S3)の解説

2018年10月02日 16時05分52秒 | 03旧軍電探機器解説

4号電波探信儀1型 (Mark 4,Model 1) (S3)の解説


 

諸元表
略称---------------------------------------------41号
目的---------------------------------------------陸上用対空射撃用
周波数 ----------------------------------------- 200Mcs
繰返周波数-------------------------------------- 1000cps
パルス幅 ----------------------------------------3μs
尖頭電力出力-------------------------------------13 kw
測定方式-----------------------------------------等感度法
出力管-------------------------------------------pp TR1504
受信機検波菅-------------------------------------UN-954
空中線 ------------------------------------------送信:4×4 受信:2×6、4×4 水平
IF、mcs .----------------------------------------?Mcs
受信利得-----------------------------------------? db
最大範囲-----------------------------------------編隊40km 単機20km
測距精度-----------------------------------------0.1km
測方精度-----------------------------------------1.5°
電源---------------------------------------------
重量--------------------------------------------5,000 kg
製造--------------------------------------------住友
製作台数----------------------------------------50

[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946


[a4] 「元軍令部通信課長の回想」昭和56年 鮫島素直
(四号電探一型)
この射撃用四号電波探信儀一型はフィリッピンで日本海軍が鹵獲したSCR二六八型を手本として設計製作されたもので、アンテナは送信用アンテナ、方位角測定用受信アンテナ、高角測定用受信アンテナの三部から成っており、これらのアンテナと機器本体及び操縦手台は一体となって、旋回装置上に装着されていた。アンテナは、いずれも八木式導波素子付きのものを採用し、送信用と方位角測定用とは四段四列式を、高角測定用は二段六段式を用い、これらを同一木枠に取り付けた。波長一・五メートル、送信出力は二・五キロワットで、等感度受信方式を用い、性能は、高度三、〇〇〇メートルの水上偵察機単機に対し、確実測定距離二三キロメートルで、測定精度は距離において±一〇〇メートル、方位角において±一度、一五度以上の高角における高角測定精度〇.五度程度であった。
この電探の試作は昭和十八年八月完成し、六〇基製造された。
その第一号機は月島の七号埋立地に仮装備され、横須賀海軍砲術学校から派遣された射撃用電探実験協力班によって、実用実験と操法に関する検討とが十分に行われた。
これによって実用に適することが確認され、直ちにラバウルに送られ、中央高地砲台に装備、実用に供された。
これがわが国における対空射撃用電波探信儀として実戦に使用された最初のものであり、相当の成果をあげた。
しかし、その後的潜水艦の跳梁によって、南方前線への輸送が急に困難となったため、残余のものは前線各要地に装備する機会を失い、内地と台湾の各要地に装備された。

 


日本海軍レーダー解説http://minouta17.web.fc2.com/aradar_main_navy.html

広島戦時通信技術資料館http://minouta17.web.fc2.com/


参考文献
[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946
[a2] 「日本無線史」10巻 1951年 電波管理委員会
[a4] 「元軍令部通信課長の回想」昭和56年 鮫島素直
[e21] 機密兵器の全貌 昭和51年6月 原書房
[g5] 日本海軍小禄(那覇)飛行場 http://evnara.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
[y2] 米国国立公文書館
[z1]  所在源不明


 

コメント

3号電波探信儀3型 Mark 3, Model 3 (33))の解説

2018年10月02日 16時03分36秒 | 03旧軍電探機器解説

3号電波探信儀3型 Mark 3, Model 3  (33))の解説


 

諸元表
略称---------------------------------------------33号
目的---------------------------------------------艦船用対水上射撃用
周波数 ----------------------------------------- 3000Mcs
繰返周波数-------------------------------------- 2500cps
パルス幅 ----------------------------------------10μs
尖頭電力出力-------------------------------------2 kw
測定方式----------------------------------------等感度法
出力管------------------------------------------マグネトロンM-312
受信機検波菅------------------------------------鉱石
空中線 -----------------------------------------送信:角型ラッパ1筒 受信:角型ラッパ2筒
IF、mcs .---------------------------------------?Mcs
受信利得----------------------------------------? db
最大範囲----------------------------------------駆逐艦12km
測距精度----------------------------------------0.1~0.25km
測方精度----------------------------------------0.5°
電源--------------------------------------------AC 220V 3相 50~60c/s
重量--------------------------------------------800 kg
製造--------------------------------------------日本無線、日立
製作台数----------------------------------------


[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946

 

[a2] 「日本無線史」10巻 1951年 電波管理委員会
二号二型系のものは、昭和十八年十月軍艦大和に於ける実験に使用した切換方式が不完全であることが判り、早くも整備の線から脱落したものである。
この結果昭和十九年三月射撃用電波探信儀研究促進に関する会議が開かれた。
その席上、使用出来ない主砲五砲台よりも、使用可能の主砲四砲台の方が有効である。
一砲台撤去しても射撃用電波探信儀を装備すべきだとの意見も出る位で、重量容積に対する制限も著しく緩和され、精度は多少悪くとも一応は射撃の出来る電波探信儀を同年六月末までに整備すべししの厳重な決議があった。
?に於いて二号三型(波長五八糎)、三号二型(波長一〇糎)及び二号一型の改良型が登場し、研究実験に異常の努力が集注せられた。
同年七月には二号三型及び三号二型が略完成したが、この頃には既に艦隊は殆ど全部内地を出港し、昭南島方面に集中中であった。
これがために装備上の制約も加わり二号三型は有効距離が少し不足と云う理由に依り、又三号二型は重量容積大にして装備工事に多くの日時と工数を要し過ぎるとの理由で実装備を断念するに至ったのである。
?に於いて窮余の策として、同年七月各艦に緊急装備した二号二型の操縦装置を改善し、これを以て決戦に臨むことに決意された。
即ち増力機の操縦装置竝に電探射撃に必要な諸関係装置を、人員と共に昭南島方面に特派し、第一〇二工作部に於いて最後の整備を行ったのである。
水上艦船の一斉整備は事実上これを以て終り、この装備の状態を以て緋想なる比島沖の決戦に突入したのである。
この後対水上射撃用電波探信儀に対する要望は、急激に下火となったのであるが、研究は更に継続され、三号一型及び三号三型は昭和十九年末に至り完成し、同二十年一月、水雷学校所属の特一号練習艇に於いて実艦実験を実施し、略満足すべき結果を得た。
三号二型は出来る限り能力の増大をはかるため、従来採用した電磁ラッパのみを回転する方式を廃し、機器も電磁ラッパと共に回転する方式とし、且つ偏波面を整正にする目的を以て、矩形電磁ラッパを採用し、且つこれを大型となし、空中線利得を二十数dbに増大した。
左右二個の受信電磁ラッパの切換装置としはラッパの喉元で半円形のアルミニュウム板を電動機で回転して行う方式を用いている。
三号一型は、三号二型が重量、容積大で、非現実的であるとの非難に対し、二号三型に使用した架台竝に反射鏡を使用し、導波管を架台内部に収め、本体は同軸ケーブルを用いて接続し、空中線装置のみを回転する方式のものである。
三号三型は既装備の二号二型に小改造を施し、従来の有効距離を短縮することなしに、測角、測距精度を要求値に高めんとし、従来の旋回装置に矩形電磁ラッパを取付け、受信電磁ラッパを円筒式切換機器に依って切換え、旋回部に二重同軸ケーブルを用いて従来の導波管をその儘使用するものである。
しかし、三号一型及び三号三型はいずれも完成の時期を失し、実装備を見ずして、終戦となったのである。

 


日本海軍レーダー解説http://minouta17.web.fc2.com/aradar_main_navy.html

広島戦時通信技術資料館http://minouta17.web.fc2.com/


参考文献
[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946
[a2] 「日本無線史」10巻 1951年 電波管理委員会
[a4] 「元軍令部通信課長の回想」昭和56年 鮫島素直
[e16] 遥かなる戦場 太平洋戦争証言シリーズ20 丸別冊 潮書房
[e21] 機密兵器の全貌 昭和51年6月 原書房
[g12] HMSTHRACIAN HTTPS://WWW.IWM.ORG.UK/COLLECTIONS/ITEM/OBJECT/205125967
[y2] 米国国立公文書館
[z1]  所在源不明

 

 

 

コメント

3号電波探信儀2型 Mark 3, Model 2 (32 or 105S2))の解説

2018年10月02日 16時00分21秒 | 03旧軍電探機器解説

3号電波探信儀2型 Mark 3, Model 2  (32 or 105S2))の解説


 諸元表
略称---------------------------------------------32号
目的---------------------------------------------艦船用対水上射撃用
周波数 ----------------------------------------- 3000Mcs
繰返周波数-------------------------------------- 2500cps
パルス幅 ----------------------------------------10μs
尖頭電力出力-------------------------------------2 kw
測定方式-----------------------------------------等感度法
出力管-------------------------------------------マグネトロンM-312
受信機検波菅-------------------------------------鉱石
空中線 ------------------------------------------送信:角型ラッパ1筒 受信:角型ラッパ2筒
IF、mcs .----------------------------------------?Mcs
受信利得-----------------------------------------? db
最大範囲-----------------------------------------戦艦30km 
測距精度-----------------------------------------0.1~0.25km
測方精度---------------------------------------- 0.5°
電源---------------------------------------------AC 220V 3相 50~60c/s
重量---------------------------------------------5,000 kg
製造---------------------------------------------日本無線、日立
製作台数-----------------------------------------60


[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946

 

[a2] 「日本無線史」10巻 1951年 電波管理委員会
二号二型系のものは、昭和十八年十月軍艦大和に於ける実験に使用した切換方式が不完全であることが判り、早くも整備の線から脱落したものである。
この結果昭和十九年三月射撃用電波探信儀研究促進に関する会議が開かれた。その席上、使用出来ない主砲五砲台よりも、使用可能の主砲四砲台の方が有効である。
一砲台撤去しても射撃用電波探信儀を装備すべきだとの意見も出る位で、重量容積に対する制限も著しく緩和され、精度は多少悪くとも一応は射撃の出来る電波探信儀を同年六月末までに整備すべししの厳重な決議があった。
?に於いて二号三型(波長五八糎)、三号二型(波長一〇糎)及び二号一型の改良型が登場し、研究実験に異常の努力が集注せられた。
同年七月には二号三型及び三号二型が略完成したが、この頃には既に艦隊は殆ど全部内地を出港し、昭南島方面に集中中であった。
これがために装備上の制約も加わり二号三型は有効距離が少し不足と云う理由に依り、又三号二型は重量容積大にして装備工事に多くの日時と工数を要し過ぎるとの理由で実装備を断念するに至ったのである。
?に於いて窮余の策として、同年七月各艦に緊急装備した二号二型の操縦装置を改善し、これを以て決戦に臨むことに決意された。
即ち増力機の操縦装置竝に電探射撃に必要な諸関係装置を、人員と共に昭南島方面に特派し、第一〇二工作部に於いて最後の整備を行ったのである。
水上艦船の一斉整備は事実上これを以て終り、この装備の状態を以て緋想なる比島沖の決戦に突入したのである。
この後対水上射撃用電波探信儀に対する要望は、急激に下火となったのであるが、研究は更に継続され、三号一型及び三号三型は昭和十九年末に至り完成し、同二十年一月、水雷学校所属の特一号練習艇に於いて実艦実験を実施し、略満足すべき結果を得た。
三号二型は出来る限り能力の増大をはかるため、従来採用した電磁ラッパのみを回転する方式を廃し、機器も電磁ラッパと共に回転する方式とし、且つ偏波面を整正にする目的を以て、矩形電磁ラッパを採用し、且つこれを大型となし、空中線利得を二十数dbに増大した。
左右二個の受信電磁ラッパの切換装置としはラッパの喉元で半円形のアルミニュウム板を電動機で回転して行う方式を用いている。
三号一型は、三号二型が重量、容積大で、非現実的であるとの非難に対し、二号三型に使用した架台竝に反射鏡を使用し、導波管を架台内部に収め、本体は同軸ケーブルを用いて接続し、空中線装置のみを回転する方式のものである。
三号三型は既装備の二号二型に小改造を施し、従来の有効距離を短縮することなしに、測角、測距精度を要求値に高めんとし、従来の旋回装置に矩形電磁ラッパを取付け、受信電磁ラッパを円筒式切換機器に依って切換え、旋回部に二重同軸ケーブルを用いて従来の導波管をその儘使用するものである。
しかし、三号一型及び三号三型はいずれも完成の時期を失し、実装備を見ずして、終戦となったのである。

 

 

 

日本海軍レーダー解説http://minouta17.web.fc2.com/aradar_main_navy.html

広島戦時通信技術資料館http://minouta17.web.fc2.com/


参考文献
[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946
[a2] 「日本無線史」10巻 1951年 電波管理委員会
[e12] 日本軍実戦兵器 太平洋戦争研究会編著 銀河出版
[e16] 遥かなる戦場 太平洋戦争証言シリーズ20 丸別冊 潮書房
[y2] 米国国立公文書館
[z1]  所在源不明

 

 

コメント

3号電波探信儀1型 Mark 3, Model 1 (220)の解説

2018年10月02日 15時57分41秒 | 03旧軍電探機器解説

3号電波探信儀1型 Mark 3, Model 1  (220)の解説


諸元表
略称---------------------------------------------31号
目的---------------------------------------------艦船用対水上射撃用
周波数 ----------------------------------------- 3000Mcs
繰返周波数-------------------------------------- cps
パルス幅 ----------------------------------------20μs
尖頭電力出力-------------------------------------2 kw
測定方式----------------------------------------最大感度法
出力管------------------------------------------マグネトロン
受信機検波菅------------------------------------鉱石
空中線 -----------------------------------------送受共用パラボラ直径1.7m
IF、mcs .---------------------------------------?Mcs
受信利得----------------------------------------? db
最大範囲----------------------------------------戦艦35km
測距精度----------------------------------------0.~0.25km
測方精度----------------------------------------1.0°
電源--------------------------------------------AC 220V 3相 50~60c/s
重量--------------------------------------------1,000 kg
製造--------------------------------------------日本無線、日立
製作台数----------------------------------------

[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946

 

[a2] 「日本無線史」10巻 1951年 電波管理委員会
二号二型系のものは、昭和十八年十月軍艦大和に於ける実験に使用した切換方式が不完全であることが判り、早くも整備の線から脱落したものである。
この結果昭和十九年三月射撃用電波探信儀研究促進に関する会議が開かれた。
その席上、使用出来ない主砲五砲台よりも、使用可能の主砲四砲台の方が有効である。
一砲台撤去しても射撃用電波探信儀を装備すべきだとの意見も出る位で、重量容積に対する制限も著しく緩和され、精度は多少悪くとも一応は射撃の出来る電波探信儀を同年六月末までに整備すべししの厳重な決議があった。
?に於いて二号三型(波長五八糎)、三号二型(波長一〇糎)及び二号一型の改良型が登場し、研究実験に異常の努力が集注せられた。
同年七月には二号三型及び三号二型が略完成したが、この頃には既に艦隊は殆ど全部内地を出港し、昭南島方面に集中中であった。
これがために装備上の制約も加わり二号三型は有効距離が少し不足と云う理由に依り、又三号二型は重量容積大にして装備工事に多くの日時と工数を要し過ぎるとの理由で実装備を断念するに至ったのである。
?に於いて窮余の策として、同年七月各艦に緊急装備した二号二型の操縦装置を改善し、これを以て決戦に臨むことに決意された。
即ち増力機の操縦装置竝に電探射撃に必要な諸関係装置を、人員と共に昭南島方面に特派し、第一〇二工作部に於いて最後の整備を行ったのである。
水上艦船の一斉整備は事実上これを以て終り、この装備の状態を以て緋想なる比島沖の決戦に突入したのである。この後対水上射撃用電波探信儀に対する要望は、急激に下火となったのであるが、研究は更に継続され、三号一型及び三号三型は昭和十九年末に至り完成し、同二十年一月、水雷学校所属の特一号練習艇に於いて実艦実験を実施し、略満足すべき結果を得た。
三号二型は出来る限り能力の増大をはかるため、従来採用した電磁ラッパのみを回転する方式を廃し、機器も電磁ラッパと共に回転する方式とし、且つ偏波面を整正にする目的を以て、矩形電磁ラッパを採用し、且つこれを大型となし、空中線利得を二十数dbに増大した。
左右二個の受信電磁ラッパの切換装置としはラッパの喉元で半円形のアルミニュウム板を電動機で回転して行う方式を用いている。
三号一型は、三号二型が重量、容積大で、非現実的であるとの非難に対し、二号三型に使用した架台竝に反射鏡を使用し、導波管を架台内部に収め、本体は同軸ケーブルを用いて接続し、空中線装置のみを回転する方式のものである。
三号三型は既装備の二号二型に小改造を施し、従来の有効距離を短縮することなしに、測角、測距精度を要求値に高めんとし、従来の旋回装置に矩形電磁ラッパを取付け、受信電磁ラッパを円筒式切換機器に依って切換え、旋回部に二重同軸ケーブルを用いて従来の導波管をその儘使用するものである。
しかし、三号一型及び三号三型はいずれも完成の時期を失し、実装備を見ずして、終戦となったのである。
 


 


日本海軍レーダー解説http://minouta17.web.fc2.com/aradar_main_navy.html

広島戦時通信技術資料館http://minouta17.web.fc2.com/


参考文献
[a1]  Reports of the U.S. Naval Technical Mission to Japan, 1945-1946
[a2] 「日本無線史」10巻 1951年 電波管理委員会
[e12] 日本軍実戦兵器 太平洋戦争研究会編著 銀河出版
[g12] HMSTHRACIAN HTTPS://WWW.IWM.ORG.UK/COLLECTIONS/ITEM/OBJECT/205125967
[y2] 米国国立公文書館
[z1]  所在源不明

 

 

 

コメント