.045.065.085.105

爆音上等!すわべーすブログ「ていおん!」

今季アニメ雑感です!

2022-11-03 00:16:02 | コミック・アニメ等
今季アニメ新番組もぼちぼち4話程度まで来ていますね、今回はその何作品かの雑感をネタバレしない程度に・・・

まずは「Do It Yourself!! -どぅー・いっと・ゆあせるふ-」

DIY物と言ったら「ホームセンターてんこ」が先だろうとは思うのですが(笑)

まあ何と言うか、主人公の「結愛せるふ」の危なっかしさにつきます!
どうも注意力散漫で詰まらない事でケガをするタイプみたいですね。
服装のだらしなさとか、リアルだったらナントカ障害とか言われそうな・・・刃物や電動工具を使わせるのは怖いです。
落書き癖がある辺り、DIYと言う意味では切削加工よりも塗装関係の方をやらせるのが良いだろうと(結構本気)

せるふの母をお姉ちゃんこと井上喜久子さんが演じている事が高ポイントです。
そしてせるふの幼馴染で隣の家に住むぷりんの世話を焼くクラゲ型ロボット(?)に何と郷田ほづみ!本作の音響監督も務めています。

「ぼっち・ざ・ろっく!」

「けいおん!」とどうしても比較されてしまいそうですが、やはり10年以上の時間は大きいですね、アマチュアバンドやアマチュアミュージシャンの有り方が全く違っています。
その意味では、ぼっちちゃんはもっと評価されるべきですし、本人も自信を持って良い筈なのですが・・・それじゃ話が違っちゃう(笑)
アマチュアバンド界隈の「あるある」「ねーよ」ネタはキリが無いですが、笑い飛ばせるラインをどこに持って来れるか?
いやいや、そう言う事を考えながら観る作品じゃないから(笑)
個人的には、黒いレスポールカスタムは所有しているのでまた何か記事にしたいと思います。

「SPY×FAMLY」

フォージャー家の新しい家族、愛犬ボンドが可愛らしくて頼もしい!
予知能力があって、それをヴィジョンとして見る事が出来るのがアーニャだけと言う設定は上手いですね!

「忍びの一時」

主人公の母親役をお姉ちゃんが演じると言う事で観てみましたが、ちょっと挫折かも。

「うる星やつら」

OPであたるがスマホを使っているので現代の話としてリメイクしたのかとおもいきや、ダイヤル式固定電話が現役の昭和時代ですね。
予告編でラムとあたるのキャスティングが結構イケていると思っていましたが、メガネのキャスティングの方がもっとイケていました(笑)
千葉繁氏の熱演で原作にも逆輸入された訳ですが令和版でメガネを演じるのは佐藤せつじ氏、キャストのテロップを見て「これは良い役者を当てたな!」と感心しました。
私が観ていた作品では「宇宙戦艦ヤマト2199」でガミラスの次元潜航艦UX-01副長ゴル・ハイニ大尉を演じていました。

「アキバ冥途戦争」

実はまだ2話までしか見ていないのですがこれはヤバイ(笑)規格外のデタラメなパワーを感じる作品です(笑)
この作品世界での「メイド」は反社会勢力なんだな(笑)
また、メイド喫茶の店内の様子が雑居ビルだと言う事が良く判る描写になっていて妙におかしいです(笑)



ヒロイン(?)万年嵐子って絶対に梶芽衣子の「女囚さそり」だよね(笑)

しかし物語の舞台が1999年、その時に嵐子は35歳って事は私よりも年上なのかぁ(汗)
コメント (5)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 実は2回やっています! | トップ | ガチガチの配当です! »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Do-Can)
2022-11-03 22:49:50
>OPであたるがスマホを使っているので現代の話としてリメイクしたのかとおもいきや、ダイヤル式固定電話が現役の昭和時代ですね。
OPはあくまでOP映像ではないってことでしょうか。


>実はまだ2話までしか見ていないのですがこれはヤバイ(笑)規格外のデタラメなパワーを感じる作品です(笑)
初回のインパクトはすごかった(笑)
面白い作品になるかはわからんが、そこだけは!と。
Unknown (Do-Can)
2022-11-03 22:52:10
誤 OPはあくまでOP映像ではないってことでしょうか。

正 OPはあくまでOP映像で、本編とは関係ないってことでしょうか。

でした。失礼。
Do-Canさん> (管理人)
2022-11-04 17:25:24
>OPはあくまでOP映像で、本編とは関係ないってことでしょうか

本編では有り得ないかも知れない描写も多いですよね。
関係無いと言うよりも、本編とは別ものと言う感じかな?と思います。

>初回のインパクト

物凄く大事ですよね、いわゆる「ツカミはOK」って所でしょう(笑)
第2話も結構酷かったし(笑)3話以降も楽しみです(笑)
これが刻の泪か (飛鳥天平)
2022-11-05 00:04:06
「うる星やつら」は旧アニメ(嫌な響きだ…)も観ているし原作も当然読んでいるのに、何故か現行アニメ版は先が読めん!?

 ネット上では第1話で付き合っていた三宅しのぶを脇に追いやって、ラムが押しかけ女房になったのが気に入らない若い視聴者が息巻いている模様。「かわいそう」だとか。

 当時の自分はそんな視点なかっただけに新鮮なショックでした。
>飛鳥天平さん (管理人)
2022-11-05 10:38:30
「うる星やつら」に限らないのですが、リメイク物は連載や旧作放映時とは色々な事情が違うのでなかなかそのままとは行きませんよね(アナライザーのスカートめくりが無くなったとか好例)

まあ、しのぶも大概なんですけどねぇ(笑)アッサリ面堂になびいておきながらあたるに嫉妬するとか、今の子たちにはどう見えるんでしょうね。

コメントを投稿

コミック・アニメ等」カテゴリの最新記事