.045.065.085.105

爆音上等!すわべーすブログ「ていおん!」

逃げ比べに期待です!

2022-10-30 14:32:01 | 競馬
今日のGⅠは第166回天皇賞・秋(東京 芝 2000m)です。



本命視は5枠9番ジャックドール、対抗に2枠3番パンサラッサです。
馬連3-9を本線に、3連複2頭軸で3・9から2・4・5・6・7・8の流し6点が勝負です。
あとはデイリースポーツ紙の記者12名の◎○▲を3連複、そして誕生日由来のケントク買いと言う内容。

結果は1時間後に。

それと訃報です。

「シゲル」の冠名で有名な馬主で実業家の森中蕃氏が亡くなられました。
ソース

享年87才、ご冥福をお祈り致します。

その森中氏の持ち馬、最近ではシゲルピンクルビーが代表格ですね。
冠名の「シゲル」に続く馬名をその年によってシリーズ化している事で注目されていました。

私が競馬を始めた頃に「シゲルホームラン」と言う馬がいました。
(恐らくこの頃は野球用語で馬名を付けていたのでしょう)
シゲルホームランはサラブレッドではなく、アングロアラブ種でした。
父はキタサンブルー(母がアングロアラブ種、父はマルゼンスキー!)冠名からも判るように北島三郎氏の持ち馬です。
母方がアングロアラブの血統で、シゲルホームランはアラブ血量27.61%でした(アラブ血量25%以上がアングロアラブとされる)
シゲルホームランはアラブ種の重賞・セイユウ記念を3連覇しています。
その3連覇目のセイユウ記念が中央競馬最後のアラブ重賞となり、中央でのアラブ種競争は廃止されたのです。
地方競馬でアングロアラブの競争は続けられていましたが今ではそれも無くなってしまっています、競走馬としてのアングロアラブ種は断絶してしまいました。

ちなみにサラブレッドとアングロアラブ、見た目に違いは殆どありません。
一般的には、アングロアラブの方がやや小柄で頑丈、気性も穏やかな物が多い反面、サラブレッドのようなスピードは無いとされています。
日本の競馬は元々優秀な軍用馬の生産を念頭に置かれていましたので、戦前~戦中は繊細で故障しやすいサラブレッドよりも丈夫で大人しいアングロアラブの方が推奨されていたのです。
しかし現在ではスピード競馬が主流です、アングロアラブの競争は求められなくなってしまった訳です。
コメント (1)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« かなり怖いです! | トップ | 実は2回やっています! »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (管理人)
2022-10-30 15:59:57
パンサラッサが逃げ切るのかと思ったらイクイノックスに差し切られました、お見事です。
本命視したジャックドールは4着まで、馬券は全滅です。
これでスプリンターズSからのコロガシは途絶えました・・・

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事