「あつこさろん」 

熊本市中央区にある和裁・着付け・お茶教室。

少人数で、きめ細かい指導をいたします。

3号線沿い世安バス停前。

極楽鳥 花

2014年11月28日 19時35分05秒 | 日記



和名  極楽鳥 花  ごくらくちょうか

ストレチアを活けました。

モダン活けです。

よく、お花の展示会で使われる

お祝いのお花です。

極楽鳥に似た

あでやかなお花です。

美容柳  びようやなぎ

白い小菊を

いっしょに活けました。

ちょっと変わった感じで

和室の床も

不思議空間になった気がします。


和風の床とも

禅の言葉の軸とも

ミスマッチなようで

しっくり

収まっています。


知香流の活け方って

とっても

おもしろいなと

何度お稽古しても

飽きません。




☆ ホームページはこちらをクリック「 あつこさろん 」



コメント

更年期

2014年11月27日 08時31分33秒 | 日記
昨日の朝のテレビで

更年期についての

特集があっていました。


私も

40代半ばころから

それまでの自分と何かが違う違和感に気づきはじめました。

何がって言われるとよくわからないのですが

今、一番

覚えているのは

私の場合は

「 いらつき 」

物が落ちても

「 いらっ ! 」として

思春期の逆バージョンだなーって思ったものです。

だって

思春期って

物が落ちても

可笑しくって笑っちゃうっていうでしょう ?

体の急激な変化だとは分かっていても

理屈では収まらない。!

そんな感じでしたね。

他の症状としては

あまり人と関わりたくなくて

よく

一人で旅をして

美術館めぐりをしました。



自分のこれからの生き方を

模索し

和裁を習い始めたことが

今の私に

つながっていますね。


どんなにしんどくても

その時の

自分に心地良いことを

少しでも

できるだけでも

やったことで

切り抜けられたのかなと

思います。


誰でも多かれ少なかれ

経験する

ホルモンとの関わり。

上手に

乗り越えたいものです。






☆ ホームページはこちらをクリック「 あつこさろん 」






コメント

払子 ほっす

2014年11月23日 21時57分23秒 | 日記



払子

ほっすと読むのですが

もともとは

インドで

お釈迦様の時代に

蚊や蠅を追い払う道具として

使用されました。

その後

中国に伝わり

意味合いも変わります。

お釈迦さまの「 髪の毛 」にみたて

煩悩や

災いを

払う功徳を持つと

考えられるようになります。

禅宗では

高僧が

説法する時や

法要の導師をつとめる時に手にして

厳かに(おごそかに)

左、右、前に振るようにして

払う動作をします。

その

作法とともに

師匠から

代々受け継がれる

尊い法具になったようです。

そのために

禅宗と

深い関係にある

煎茶道では

床に

よく飾ります。


☆ ホームページはこちらをクリック「 あつこさろん 」




コメント

お茶会

2014年11月23日 21時32分07秒 | 日記



今日

四つの煎茶道の流派の

合同茶会がありました。

お道具揃え

お床の飾り

お花

お茶の味

お菓子など

それぞれに工夫がなされていて

とても素晴らしく

楽しいお茶会でした。

お点前も

流派で

お茶の点て方が違うんですよ。

でも

微妙に違うお茶の味に

煎茶の奥深さを感じました。

しかし

70,80代の先生方の

生き生きとして

おきれいなこと

年を重ねることが

なんだか

とっても素晴らしいって

思わせてくださいますね。



☆ ホームページはこちらをクリック「 あつこさろん 」



コメント

スパイスデビュー

2014年11月21日 10時36分41秒 | 日記



お弟子さんが

スパイスの取材を受けて

素敵な

ホームパーティーの

演出の仕方を

伝授なさった記事が

21日(金)のスパイスに載りました。

テーブルセッティング

お花の飾り方

おしゃれになるお料理

そして

歓迎の気持ちを伝えるカード、などなどが

紹介されています。

おもてなしって

お人への

究極の 「 愛 」

なんですよね。

日本人の

おもてなしが



世界で認められているのも

うなずけますね。





☆ ホームページはこちらをクリック「 あつこさろん 」






コメント