みのおの森の小さな物語     

明治の森・箕面国定公園の散策日記から創作した、森と人と自然に関わる短編創作物語集 頑爺<肇&K>

*箕面の森の埋蔵金(1)

2021-04-21 | 第23話(森の埋蔵金)

箕面の森の小さな物語(NO-23)

 <箕面の森の埋蔵金>(1)

 「今からもう何十年前の昔の話しやがな~ 箕面大瀧までの瀧道沿いに、多くの高級料亭や旅館、それに企業の保養所、金持ちの別邸なんかあったらしいわ~ そんでな、ある金持ちのその別邸で不思議な噂話しがあったんや・・ と」

  高橋杜夫は、意味深長な言い回しで、同僚の山口健に話し始めた。 二人は会社の同期で、若い頃から気が合い、時々一緒に飲んでは仕事のグチ話しや憂さ話しをしたりしていた。 金曜日の夜になると、いつもの行きつけの店、箕面の小さな居酒屋の常連になっていた。 しかし今夜は雨のせいか客は二人だけだった。

  杜夫は早くもろれつが回らなくなってきたので、女将に水をいっぱいもらい、自分の頬っぺたをパチンと張ると・・ 「これはとっておきの内緒の秘密の話しやねん・・ 誰にも言うとらん話しやけど、お前だけに教えるんやで・・」 健はそれから一時間、杜夫が一方的に話す秘密と言う話しにだんだんと身を乗り出し引きずられていった。

  「その箕面の別邸というか館にはな 富さんちゅう未亡人が住んでてな  それに昔から仕えてたオトはんちゅう女中はんと二人で住んでたんや  ダンナはんは綾小路何とか言うてな、なんでも皇室に縁のある人とかで財界の大物やったそうな・・ なんでも戦前の満州で大儲けしはってな  今の金にして数十億円ほどの金塊を持ってたやそうな・・ 富はんは京都の舞妓はんやったそうやが、ダンナはんに惚れられて、後家はんとして嫁にきはったんや  そんで箕面の山深い箕面川の辺に、当時でビックリするぐらいの館を建てはったんやと  ところがな 一年もせんうちにそのダンナはんが心臓発作で急逝しはったんやと  気の毒に富はんは、それからずっと女中はんと二人で、その館で暮らしてきはったんやと

そんでな その噂話しちゅうのはな  そのダンナはんが亡くなる前にその館の近くにな その金塊を埋めたちゅう話しやねん・・  しゃあさかいな 何人もの男はんが、その隠し金塊を目当てに富はんを口説きにかかったそうやけど、身持ちが固とうて誰とも再婚もしはれへんかったんやそうな・・

 ところが富はんには甥が一人と、姪が一人おってな・・ そのまま富はんが亡くなって、そんでその財産が見つかったら、その二人が相続する事になるんやがな・・ しかし何せ その肝心の金塊がどこに埋められてるか、誰も分からんのや・・ そんで甥も姪もこまめに富はんの館を訪ねては、その噂話しを探ろうといろいろ世話をしてたんやそうな・・

  姪の涼子ちゅう娘は、顔も器量も性格も悪い我侭娘やったそうやけど、何人もの男はんからプロポーズされてな、そんで特に西谷ちゅう20歳以上年の離れた中年男から猛烈にアタックされてな  涼子もその気になって結婚したんやと そんでそれからはしょっちゅう二人で富はんを訪ねて来ては、何やらいろいろと探ぐっていたそうや・・

  もう一方の甥の孝太郎はな よう勉強ができたようで、末は博士か大臣か と周りから言われてな 富はんを喜ばせたそうや  孝太郎は月に一回来ては、毎回3日ほどいつも泊まってな なにや いつも地下の書庫で一日中探しもんしとるちゅう噂やったんや・・

 そんな頃や・・ 急に富はんが倒れはったんや と・  そんでな 昔からのかかりつけの医者が馬車に乗って急いでやってきたんや と。 姪の西谷夫婦は、その前に女中はんから連絡を受けて、もしこれが最後やったら その前に富はんが知ってるかもしれん 金塊の隠し場所 聞いとかなあかん・・と 急いで駆けつけはったんや  甥の孝太郎も駆けつけたんやが、何やらいつもの地下の書庫でバタバタしてはったそうな・・

 診察した医者は・・ 「いつものこっちゃ ちょっと疲れはったんやな 富さんは昔から丈夫やから後20年は大丈夫や ハハハハハハ」笑っとったそうや   ほんま言うとな この丸尾はんと言う医者はな ダンナはんが急逝しはった時に看取った医者でな  昔から富はんを取り囲む人らを、いつも苦々しく思ってたんで、何の根拠も無いのに「富さんは元気や問題ないで!」と言いはったんやと  そんで姪夫婦はな、少しガッカリした様子で帰っていきはったんやそうな。

 しかし 甥の孝太郎だけはそれから一週間も泊まって、その間地下の書庫にこもったままやったそうな・・ 何でもその書庫にはな ダンナはんの事業のものらしい膨大な資料が残ってて、孝太郎はそこにお宝の山があると睨んで丹念に調べてたようやねん  そんでその重大な目処がもうすぐつくはずやったんやな・・

 実はな もう一人 あの女中のオトはんやがな・・ ダンナはんとの間に、賢治ちゅう男の子を一人もうけてはったんやと  ややこしい話しやな・・  オトはんはな 子供がおらん兄夫婦へ自分の子供預けてな 育ててもろたんやそうや その息子がもう大きなってな 植木職人やってはってな  それがいきさつはよう分からんけど、富はんの館の植木の手入れを任されてな  富はんは知ってか知らずか  ようやってくれるわ・・ と賢治を随分と気に入って、毎月来てもろてたそうや  勿論 母親である女中のオトはんはそんな息子を見ながらも 表面上は知らん顔してたそうやけどな・・」

 「それからどうなったんや・・」 健は杜夫の話しにその続きをせっついた。 杜夫はトイレから戻ってカウンターにつくと、再び続きを話し始めた。 女将も店が暇なので、先ほどから杜夫の話しに身を乗り出して聞いていた。

 

 「そんで7月のある日のことや・・ この月は珍しく箕面にも大型台風が2つ来てな・・ その影響もあってか大雨が3日間も降り続いてて、夜半にはその風雨がさらに強くなったんや。 そんな時、運悪く再び富はんが倒れはってな それが危篤状態や言うて そんでな オトはんは関係する人みんなに連絡しはってな 各々には目的があるさかい とにかく急いでみんな嵐の中を館に集まってきたんや と」

 その意外な展開に女将も健も目をギラギラさせながら聞き入っていた。

(2)へつづく


箕面の森の埋蔵金(2)

2021-04-21 | 第23話(森の埋蔵金)

箕面の森の小さな物語 

<箕面の森の埋蔵金>(2)

 杜夫は二人を前にもったいぶるように話し始めた。

 「台風による豪雨の中、各々が森の中の館に集まってきたそうな  姪の西谷夫婦はすでに<と<というキーワードをつかんでたんやけど、何のことやらさっぱり分からんかったんや そんで何とか富はんからそのヒントを聞きだそうと、耳元で喋り続けてたんや・・

  甥の孝太郎は、もう少しであの膨大な資料から、宝の山が目前に明らかになる期待でな ある一点だけのヒントを富はんに求めて同じように耳元に張り付いてはったんやそうな・・

 女中のオトはんは、今まで何十年もダンナはんの亡き後、息子・賢治へ遺したと思われる遺言書が、家のどこかに隠してあるはず・・ と仕事の合間合間に富はんに隠れて、広い館の隅々まで探してたんや そんでな それが地下室から箕面川にでる一角に 隠し通路が見つかってな  その先にある扉を見つけはったんや そんで 密かにその日も植木職人の息子を仕事にかこつけて呼んではってな その鍵を富はんに何とか聞こうと思てはったんや・・

  そんで医者の丸尾はんは別の目的で富はんを診てはったんや 何でもダンナはんを看取る前、ダンナはんにベットに呼ばれ、かすかに聞こえる声でな 「金・・ 富の背中・・ ホクロ・・ 姫・・ そこ・・」と、言い残して他界してはったんやと。 そんでな 診察のたびに富はんの背中を見ると、少し曲がった背骨の横に2つのホクロがあり、それが金塊の隠し場所を探るヒントやと確信してはったんやな・・

  集まった皆は、富はんのベットの横や前後に陣取ってな 各々の目的の為に、耳元で入れ替わり立ち代りささやきながら探ってたんや・・ と。

 

  館の外は、台風の影響でいつになく激しい風雨で荒れ狂ってたんや  森の樹木は左右に大きく揺れ、時折 その激しい嵐に悲鳴をあげるかのように折れる枝、舞う葉の音が聞こえてくる・・

 杜夫の話しが続く・・ 「その時、外の戸を激しくたたく音がしたんや オトはんが裏玄関に出ると、外はものすごい嵐に山が狂っていた。 訪ねて来た人は箕面警察の若い2人の警察官やったそうな <ここは危ない! 箕面川が氾濫してて早く下の安全な所へ避難してください。 緊急です。 今すぐお願いします・・> そう言い残すと、上流の家の方へ急いで走っていったんや・・と  富はんを囲むみんなは、その話を聞いても誰一人全くお構いなしにただ富はんから何か聞き出そうと必死やったんやな・・

 そんで7月11日の未明のことや・・ ものすごい山崩れの大音響と共に箕面川が暴れだした。 連日の大雨に加え、崩れ落ちた土砂や大岩が、濁流と共にものすごい勢いで山を駆け下った。 突然

ドスン バリバリ バリバリ

 と、大音響と共に、大きな岩がいくつも館にぶつかると同時に、根こそぎ倒れたり折れたりした杉の大木多数が館に突き刺さってきたんや   やがて数分後、次々と襲い掛かる大量の土砂、岩、木々を含む濁流に飲み込まれ、富はんの館は あっという間に粉々に壊れ一気に下流へと流されていったんや・・  富はんを含む7人もろとも、全てが根こそぎ激流のもずくとなり、後には何一つ残らんかったんや・・ と」 店の女将と健は う~ん とうなったままだった。

 

  杜夫の話が続く・・ 「今の箕面大瀧の少し下方にある河鹿荘別館の茶屋<ほととぎす>横手に、<箕面警察長 殉職の碑>があるやろ・・ その石碑に書き刻まれている文 読んだ事やるやろ・・

 <・・昭和26年7月11日 未明に・・ 集中豪雨により、箕面川は未曾有の増水となり、濁流うずを巻いて氾濫し、園内の飲食店、旅館などは押し流され・・ 云々> と今も刻まれているわ  お前 知っとるやろオレはその時の状況やと思てんねんけどな・・ ちょっと違うのは、あの時の館と7人のことは何一つ記録に無いし分からんのやそうや・・?

  そんで問題はこれからやねん・・ あれからもう60年以上も経った今年の夏のこっちゃ  昔 その館があった少し下の方、少し背骨のような所から右へ曲がった付近・・ そこは古場の修験場跡下で、姫岩の近くやな  そのあたりでなぜか砂金がよう採集されるんやそうな・・」 聞いていた健が口を挟んだ。

 「ちょっと待て その古場の<姫岩の< それは箕面川のあのちょっと曲がったとこやな  富はんのホクロの位置やないか?」 聞いてた女将も興奮気味に身を乗り出した。

  杜夫は話し続けた。 「最近のことやけどな  あるハイカーが風呂ケ谷で足を挫きはってな  そのせいでゆっくりゆっくり下りて来たんで、天狗道から姫岩に下りてきた頃にはもう日がとっぷり暮れ、真っ暗闇になってたそうや。 ところがな その姫岩の近くだけが ボー と明るく、何か光り輝くものが見えたんやそうや・・」  健が叫んだ・・

「そこや そこや! 埋蔵金 そこや!」

  杜夫の話を聞いていた女将は、もう発見したかのように・・ 「そりゃすごいわ! ええ話し聞いたわ その場所やったら大体分かるわ・・」 心の中でほくそ笑んだ。 「今日はええ話し聞いたさかい飲み代 タダにしとくわ! ついでにあんたのツケもみんなタダにしとくわ  それにこのレミーマルタンも一本サービスや! 飲んで 飲んで!」

  女将は早速 「明朝にでもスコップとツルハシ持って行かな・・」 と心の中で目論んでいた。

  健は健で はやる気持ちを抑え、こっそり夜明け前にでも一人で確かめに行く算段をたて、一人ほくそ笑んでいた。

  杜夫は杜夫でいつしか自分の妄想話しに酔いしれ、初めて飲む高級酒に存分に酔いしれ、大金持ちになった気分で、雲の上を歩くがごとく家路についた。

  箕面の森を月明かりがこうこうと照らしている。 秋の夜風が、色づき始めた紅葉の木を揺らし、フクロウかミミズクかが 一羽 啼いた・・・ホー ホー ホー アホー ホー ホホホホ ホ ホ・・

 (完)