NPO法人美濃の森造隊だより

人と森林との最適な関係を探るため、岐阜県恵那市を中心に人工林の間伐をしながら森造りを行なうグループの活動報告です。

川縁の森と生き物の気配 (5月19日)

2018年05月23日 | 間伐
川沿いのスギ林を間伐しています。
不定期に少しずつ間伐作業は進み、樹間が広がって来ました。
樹木の間隔が広がり森に光が入るようになると、辺り全体の景色が変わって来ます。
障害物が少なくなり遠くまで見通せ、今まで見えなかった水辺や岩や広葉樹の姿や色が眼に入るようになります。
その変化は、まるで森全体が生き物のように目を覚まし起き上がる様です。
森に降り注ぐ光は、変化を鮮明に演出します。


二股になったスギの片方を間伐しました。


間伐材は必要に応じて玉切ります。


作業が進むにつれ間伐材が足元を塞ぐようになり始めました。
搬出して利用出来ればいいのですが、なかなかままなりません。
しかし、川沿いの林は皆が気楽に川に近付ける様夏までには間伐材を搬出するつもりです。

森の入り口に放置してあった材に苔が生え、新しいスギの苗が育っています。
リスの食べたクルミの殻もあります。
ここでリスがクルミを抱えかじったのでしょう。
目を凝らすと森には見えない生き物の気配が一杯有ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も森の恵みを頂きました (4月30日)

2018年05月03日 | 遊び
まだ時々寒い夜がやって来ますが、もう初夏の雰囲気です。
森の木々はあっという間に新緑に覆われ、何処を見ても淡い緑一色となりました。
風と木漏れ日が心地良く、小川のせせらぎと小鳥の声に包まれているとたちまち眠気に襲われます。
こんな季節の恒例となった山菜パーティを今年も森で開きました。
今年は沢山の小学生低学年とそれ以下の子供達が参加してくれました。
丁度同じような年代のお母さん達が子供連れで沢山参加してくれたからです。
少し顔を出しただけの参加者も数えると30人程になりました。
今までで一番賑やかな集りです。

10時頃お母さんと子供達と隊員と知り合いが三々五々集まって来ました。
気温が高く水が恋しかったので食事の準備とともに最初に水鉄砲を作ることにしました。
しかしこれが結構難しく苦戦しました。


この子にはコシアブラの天ぷらが珍しかった様です。


元気な子が小川でカニやイモリを捕まえて来ました。


ムササビさんからのお手紙が木のポストに入っていて、お姉さんが小さな子達に読んで聞かせました。


お化けや鳥や動物の絵を描きました。


立木も使って秘密基地を幾つも作りました。
お母さん達は横木に濡れた服を乾かせると喜んでいました。


お姉さんがピラミッドに登って菓子を蒔き始めました。
集まった子供隊は歓声を上げ競い合って拾いました。


子供も大人も思い切り食べて遊んだ一日でした。

昨年秋、山形県大朝日岳登山口の朝日鉱泉近くで採取したトチの実がたった一つ芽を出しました。
この貴重な苗を子供達と移植するつもりでしたが当日忙しくて出来ず、後日一人で森へ移植しました。
上手く育てば60年後にはきっと大きな実をつけるでしょう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もやります間伐講習 

2018年04月27日 | 間伐
今年も恵那市主催の間伐講習を実施します。
我々はこの講習の講師を務めます。
1年間に渡る長期の講習ですので、間伐技術がしっかり身に着きます。
講習の合間には我々の活動する森の入り口で昼食を取りながら気楽な座学もあります。
色々な森づくりを体験出来る機会です。
是非参加して下さい。

画像をクリックすると拡大PDFが開きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

林道脇間伐 (4月21日)

2018年04月23日 | 間伐
前回森の入り口上流の林道と川の間を間伐しました。
今回はその山側を間伐します。


林道に覆いかぶさっていた枝葉が無くなり、林道の周りが明るく広い空間になりました。


森の木を伐り手を加えて行く作業は、快適な空間を作って行く感覚です。
相手が森ですから、作ると言っても最終的な形では無く、人と森を頼る生き物に都合の良い変化を促すといった感覚です。
木を伐ると森に光が入ります。
その光で先ず林床の植物や残った樹木の成長が勢い付き、森の植生が変化します。
植生の変化は細菌、昆虫、爬虫類、鳥類など森で生活している多くの生き物に連鎖的に影響します。
そして森そのものも変化して行きます。
しかし変化はとても長い時間を要するので、簡単に目に見えて来ません。
同じ場所を何年も継続して注意深く観察してやっと小さな変化に気付くくらいです。
森と付き合うには、何事も森の時間スケールに合わせた思考方法を身に付けなくてはなりません。
森で木を切るという作業では、遠い未来や地質学的時間や命の始まりや終わりを考えるともなく考えています。

しかし切るのは大抵人の作った人工林のスギやヒノキですから、やはり目の前の経済性には気を使います。
将来的に材として利用出来そうなものは、景観的に切りたくても残しておきます。

道路側のヒノキを1本倒しました。
曲がっていない部分からは良い材が取れそうです。
何とか市場に出したいものです。


切り倒した材が林内に溜まって行きます。
もったいないのと足元を片付けるために材を運びたいのですが、なかなか出来ずこれが悩みの種です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜、ツバキ、大忙しな蜜蜂

2018年04月18日 | 間伐
森が一気に目覚めました。
全ての木々の葉が開き始め、柔らかな緑の空気に満たされています。
森の入り口にある桜が開花しました。
ちょっと遠慮がちでさりげない佇まいです。





空に伸ばした枝は、空と交信するための神経細胞の様。


ツバキは花が散り、地面を彩っています。



オニグルミの洞の日本蜜蜂は,一心不乱に花粉や蜜を集めています。
巣が大きくなってもう直ぐ洞からはみ出しそうです。
そこまで大きくなったらどうするのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい間伐地 (4月7日)

2018年04月13日 | 間伐
新しい間伐地で作業を開始しました。
森の入り口から上流に600m程の場所にある、川と林道に挟まれた杉林です。
この林地からは1m程下がった河原へ簡単に下りられ、砂利の浅瀬をゆっくり流れる川が絶好の遊び場になりそうです。
これより下流はコンクリート護岸が張り廻らされていて、簡単に川に下りられません。
林の右側を向こうに向かって川が流れています。


とりあえず成長の遅れた材を間伐します。


掛木になりました


フェリングレバーで回します。
後はこれの繰り返しです。


ここを人が楽に歩けるくらい間伐して、川で遊べる環境にしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カモシカも (3月24日)

2018年03月26日 | 間伐
三郷の農道をバイクで走っていたら道路脇の休耕田で日本カモシカが日向ぼっこをしていました。
バイクを下りて近づいても逃げようとしません。
最近何度か森で見かけた日本カモシカの様な気がします。


更に近づこうとしましたが、相手の警戒ラインを超えた様です。
大きな体で軽やかにジャンプして森へ消えました。


春の陽気で色々な生き物が活発化しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春は足早に (3月22日)

2018年03月22日 | 森林
昨日東京方面でかなり雪が降りました。
桜の開花便りがあちこちから聞こえ始めた矢先の思わぬ大雪でした。
まだまだ退場しないぞと冬将軍の自己主張だったのでしょうか。
しかし冷たい雨の中、まだほとんど春の気配がなかった森の入り口で足元がいつの間にか賑やかになっていました。

ニワトコの芽吹き


ショウジョウバカマの薄紫色の花


フキノトウ


カタクリはまだ蕾


明日から気温が上がる予報です。
森の入り口で春が一気に始まる事でしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再び竹藪との戦い (3月17日)

2018年03月22日 | 間伐
前回に続き再び竹藪を間伐しました。
とにかくひたすら竹を切り倒し、竹藪の中に光と風を入れます。
道路から中が見える程度を目安に切り始めました。


木っても切ってもなかなか効果が表れず、途方に暮れそうになりました。


それでも少し竹藪の向こうの景色が見え始めました。
もう一息です。


この日の少し前に森の入り口で間伐材のヒノキを板に挽き、名古屋から来たメンバーが持ち帰りました。
部屋に置き、香りを楽しみながら乾燥させ、テーブルを作る予定です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竹藪間伐 自然との力比べ(3月3日)

2018年03月05日 | 間伐
この日の作業予定は山主さん宅前のヒノキ林で集材でした。
しかし現場に着くと隣接した竹藪の込み具合が気になり、急遽竹藪の間伐をする事にしました。
竹藪は真竹と孟宗竹が混在しています。

竹藪の中は以前少し間伐したので、今回は見通しを良くして圧迫感を緩和するため歩道側を間伐しました。
密生した竹藪の間伐は倒すのが大変な上足の踏み場が無く、かなり苦しく危険な作業です。
作業には体力と集中力が必要です。

竹に勢いに飲み込まれそうな雰囲気の中での作業です。


こちらも苦戦中。


少子高齢化の里山では、自然と人との力比べに人が負けそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加