胡蝶蘭の種類

胡蝶蘭の種類

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お祝いで贈る胡蝶蘭の選び方

2016-03-02 10:16:30 | 日記

贈り物で人気の胡蝶蘭花

胡蝶蘭はお店の開店祝いや新築祝いなどお祝いに贈る事が多い花です。
その名の通り蝶が舞っているようにも見えるため、
一鉢あるだけでその場が明るくゴージャスになります。
しかし、一般的な鉢花に比べると非常に高価なので、
いざ誰かに贈るとなるといくらくらいの胡蝶蘭を買えばよいのか
選び方がわからないという人もいらっしゃいます。
また、胡蝶蘭の価値が何で決まるのか知らないため選び方が
分からないという方も多いと思います。

① 胡蝶蘭のランクによって選び方は異なる

胡蝶蘭は1本の茎にいくつ花がついているかで価値が決まります。
胡蝶蘭のプロたちは、「何輪もの」という言い方で胡蝶蘭をランク分けしますが、
例えば1本の茎に10個の花がついている場合で2本の茎が寄せ植えされた鉢を
「10輪物の2本立ち」といいます。
花の数が多いほど良いとされ高価になります。胡蝶蘭の花数によるランクの詳細は
以下のように分けられます。
●6輪前後⇒中の下 
●8輪前後の胡蝶蘭⇒中
●10輪以上⇒上
●14輪以上⇒最上級

また、胡蝶蘭の価値は花の大きさでも決まります。
一般的に贈答で人気なのは花の大きな胡蝶蘭ですが、ミニ胡蝶蘭や中間の大きさの
ミディー胡蝶蘭はお手軽価格なので、ご自宅用やちょっとしたプレゼントとして人気です。

② 選び方は相手との関係性も重要

胡蝶蘭をお祝いで贈る時、花の大きさや花数だけでなく、
お祝いを受け取る人との関係性によっても異なります。
予算の相場を参考にしていただくと良いでしょう。

【お店の開店・開業のお祝いの相場】
家族、親戚⇒1万~3万円程度
友人、知人⇒1万~2万円程度
取引先⇒2万~5万円程度

それぞれに合った素敵な胡蝶蘭を贈ることで
お互い素敵な気持ちになれたら幸せですね。
コメント   この記事についてブログを書く
« お祝いを贈る時の立て札の書き方 | トップ | 風水で金運をアップするなら... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事