写真を中心に

毎日1枚の写真と1本の記事を掲載しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国分は天下り先?

2008-09-28 | ニュース 社会

最大手の調査を「失念」、事故米流通先で農水省(読売新聞) - goo ニュース 三笠フーズのグループ会社「辰之巳」への調査で伝票が出てきて、事故米の流通先に食品卸業界最大手の「国分」(東京都中央区)が含まれているのが判った。しかし22日までに公表した390社には国分の名前は入っていない。「アセタミブリドに汚染された米の流通先は特定し終えた」と発表している。マスコミに追求されたのか、今になって農林水産省は「調査を失念した」と言い訳をしている。国分は今年の1~2月に辰之巳から仲介を依頼され農薬のアセタミブリドに汚染されたベトナム産米約16トンを熊本県の酒造会社「六調子酒造」と「抜群酒造」に転売したようだ。酒造会社は汚染米とは知る由も無いが、国分は仲介しただけで利益が出ているので当然汚染米だということは知っていたのだろう。ここで考えられるのは、農水省が何故に失念していたかが問題だが、私の想像では国分は天下りを引き受けてくれる会社なのであろう。三笠フーズは汚染米を引き取ってくれるいい会社、国分は天下りを引き受けてくれるいい会社、農水省の役人にとっては最終消費者の国民よりはよほど大事な二つの会社であったということだろう。そしてこれがおそらくこの事件の真相であろう。

今日の一枚も、花鳥園です。

にほんブログ村 写真ブログへ 
にほんブログ村 その他日記ブログへ

コメント   この記事についてブログを書く
« こういう人間は | トップ | 親の問題では »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース 社会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事