撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

日本での冒険の始まり

2017年11月13日 | 国際交流員から

皆さん、こんにちは!文化国際室のフランシスコです。2ヶ月前、このブログでhttp://blog.goo.ne.jp/minohblog/e/e6fd81a5eae2b04b47467729b8a96210 私と私の出身地について少し書きました。今回は、今まで体験したことについて書きたいと思います。来日から3ヶ月しか経っていないのに、色々なことができました。メキシコは日本と全然違うので、初めての経験が沢山あります。

到着は成田空港で、そこから新宿にあるホテルに移動しました。そのホテルでオリエンテーションが行われました。参加者は色々な国から来て、約1200人でした!大使まで参加して、大きなイベントでした。オリエンテーションは3日間で、夜は時間があり、少しだけ東京を見るチャンスがありました。新宿と東京タワー、スカイツリーへ行きました。やっぱり東京はすごいですよ、超高層建築ばかりですし、どこでも派手な明かりが見えるし、休みの無い都市です。

そのあと箕面へ来ました。新しいアパートに引っ越して、銀行口座を開いて、携帯やインターネットの契約の手続きをして、めっちゃ忙しかったです。それを全部日本語でやるのは怖かったですが、なんとかできました。ところで、メキシコは暑い国ですが、日本は溶けるぐらい蒸し暑いですよね。アパートにエアコンがあって、本当によかったです。

 

毎年、モレロス大学から研修生のグループが箕面へ来て、ホームステイします。研修生は、箕面で日本語の授業へ行ったり、箕面と関西を観光したり、伝統的な活動に参加したりなどします。私の役目は、その活動で通訳することでした。そのおかげで色々な面白い所へ行って、楽しい活動に参加することができました。特に気に入ったのは、お寺で瞑想することと茶道でしたが、箕面大滝と小学校訪問、勝尾寺もとても面白かったです。

今年は、その研修生受け入れの25周年記念でした。それをきっかけとして、25周年記念祝賀会が行われました。研修生の受け入れのほか、祝賀会の準備もしなければなりませんでした。祝賀会のために、民族舞踊団や市民訪問団、マリンバ音楽団、メキシコ大使館の文化担当官、クエルナバカ市長の代理など、メキシコから沢山の人が来ました。全員で約60人でした!日本側は、箕面市長と市議会議長をはじめ、色々な団体の会員や会長なども来ました。皆は祝賀会とメキシコ文化の夕べに参加しました。私は、そのイベントの司会と演説者の通訳をしました。大変緊張しました!あの日は朝早くから夜遅くまで活躍して、様々な人のスピーチを通訳しました、倉田市長のスピーチは特に難しかったです。

今まで仕事の話ばかりなので、少し日本の自然などについての印象を話したいと思います。出身地は日本と違って、四季がありません。あるのは、雨季と乾季だけですから、日本の季節がとんでもなく暑い夏から寒い秋にいきなり変わり、風邪をひくぐらい驚きました。昼間、上着を着なければいけないなんて慣れていませんし、冬が怖いです!しかし、紅葉が見えて、冷たい風を肌に感じられるのは本当に嬉しいです。冬の雪も楽しみにしています。

 

気候と言えば、この間強い台風が来ました。一日中激しい風が吹いていて、冷たい豪雨が降って、ゴミ箱や自転車が倒れて、マンションの屋上から大きな何かが飛ばされました。怖かったです!

 

最後に、参加したことある伝統的なお祭りなどについて書きます。箕面へ来て、初めてのお祭りを経験できました(お祭りの名前を覚えていません)。小さなお祭りでしたが、お祭りの料理を食べて、ゲームをして、盆踊りまで覚えました(もう忘れてしまいましたが)。他に参加したお祭りは小野原の春日神社のお祭りです。その時、御神輿がありました、しかし、見に行っただけではなくて、御神輿を担ぎました。変わった服を着て、大勢の人と一緒に御神輿を担いで、坂の上にある寺まで走りました。あの日は、雨がよく降っていたのに、皆が頑張りました。最後まで努力して、皆と盛り上がる気持ちは、貴重な思い出になりました。次の日は肩が痛かったです。

ここで書いていない経験もたくさんありますが、これまで日本をよく楽しんだと思います。これからやりたいことも、まだ山ほどあります。

 

<凄いよね!しかし、日本の良いところはまだまだあるモミ~!

この記事についてブログを書く
« 箕面の野菜を使った「みのお... | トップ | 箕面でキウィの体験 »
最新の画像もっと見る

国際交流員から」カテゴリの最新記事