撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

「第76回全日本学生児童発明くふう展」において入選作品に選出された板鼻萌叶さんに箕面市長表彰!

2018年07月25日 | こんなことがありました!

今年3月に行われた「第76回全日本学生児童発明くふう展」(主催:公益社団法人発明協会)において入選作品に選出された板鼻萌叶さんに、7月12日(木曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
また、藤迫稔教育長より箕面市青少年健全育成推進奨励金が交付されました。



板鼻さんが今回出品した作品は、在学している中学校の夏休みの宿題として作成されたもので、同中学校が板鼻さんの作品を含む様々な工作物を「大阪府生徒児童発明くふう展」に出品したところ、板鼻さんの作品が毎日新聞社賞に選出されるとともに、「全日本学生児童発明くふう展」への出品作品に推薦されました。



板鼻さんの作品は「メモリが動く計量カップ」という、円柱形のカップにメモリを刻んだ可動式の透明な板を取り付けたものです。これにより、調味料を混ぜ合わせる際にその都度計量スプーンを洗う必要がなくなります。
板鼻さんはまずお母さんに困っていることを聞き、その解決策として作成されました。作品を見たお母さんのお友達からは、商品化してほしいとの要望が多数あったそうです。



中学校からの出品は毎年行われているので、現在中学校3年生の板鼻さんは今年も出品することができます。
板鼻さんは、「今からアンテナを張って、みんなが困っていることなど、いい課題を探していますが、調べるともう既に商品としてあったりします」と、新たな発明に対する難しさについて話されました。



倉田市長は、「この作品は本当に便利ですね。今年もいい作品ができるといいですね」と激励しました。



<板鼻さん、おめでとうございます!板鼻さんのアイデアは本当にすごいモミ!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 学校給食調理員と栄養士が表... | トップ | ゆずるが、箕面市立青少年指... »
最近の画像もっと見る

こんなことがありました!」カテゴリの最新記事