撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

止々呂美地区の秋の味覚「銀寄栗」の出荷が始まりました。

2019年09月30日 | こんなことがありました!

 

箕面市北部の止々呂美地区で、特産の栗「銀寄(ぎんよせ)」の出荷が始まりました。

集荷場となるJA大阪北部止々呂美特産物センターでは、各農家から集まった栗の選別作業に追われています。

 

止々呂美地区では、山の斜面を利用して栗の栽培が行われており、現在は約20軒の農家が栽培を行っています。

栽培されている栗の多くは、「銀寄(ぎんよせ)」という品種で、江戸時代に広島から持ち帰った栗を歌垣村(現在の能勢町)近隣で増殖させたことが栽培の始まりとされています。

銀寄の名前の由来は、歌垣村で大干ばつが起こった際に、この栗を丹波国亀山藩に出荷したところ、多くの銀札(当時の貨幣)を得られたことから、その名で呼ばれるようになったと言われています。

銀寄の特徴は、どっしりとした大きい粒と、美しい光沢を放つ皮です。

味は、芳醇な甘みがあり、秋の味覚の栗ご飯や高級洋菓子のマロングラッセなどにも用いられます。


(とても綺麗な大きい栗で、宝石のような美しさがありました。)

 

今年は晴天に恵まれたこともあり、栗のできが良く、約1~1.5トン程度の出荷量を見込んでいます。

JA大阪北部止々呂美特産物センターでは、銀寄を含む栗の選別作業を、9月28日(土曜日)から開始しました。

出荷作業は10月初旬まで行われる予定です。


(作業員のかたがたは、真剣な眼差しで作業をされていました。)

 

選別作業は、まず虫がつかないように燻蒸を済ませた栗をベルトコンベアーに乗せ、虫食いや傷みなどがある不良品を取り除きます。

そして、不良品を取り除いた栗を選果機にかけ、つぶの大きさ別にM、L、2L、3Lの4つのサイズに分け、段ボール箱に詰めていきます。


(右にある機械が選果機です。大きさ毎に分かれていきます。)

 

選別された銀寄は、予約販売のほか、その日の集荷量によってJA大阪北部農産物直売所で販売しています(予約販売の受付は9月20日で終了しました)。

価格は税込みで、Mサイズが1キログラム980円、Lサイズが1キログラム1,650円、2Lサイズが1キログラム2,200円、3Lサイズが1キログラム3,300円となっています。


(上は乙宗、下が銀寄。銀寄は全体的に丸みがあって、ぷっくりしていました。)

 

当日、選別作業を行った尾上さんは「選別作業では、他の品種の栗が混ざっていたりしますので、間違えないように注意してチェックしています。銀寄は実が大きく、丸みを帯びており、甘さと加熱した際のほっこりした食感が魅力です。栗おこわや栗きんとんにするととても美味しいので、ぜひ銀寄を楽しんでほしいです」と話しました。

 

【お問い合わせ先】

○JA大阪北部止々呂美特産物センター

住所:箕面市下止々呂美424

電話:072-739-0193

 

○JA大阪北部萱野支店

住所:箕面市萱野4-3-16

電話:072-722-5451

 

 

 

<栗は、ご飯でもデザートでも重宝する秋の味覚の代名詞だね!

この記事についてブログを書く
« 「令和元年度第36回全国少年... | トップ | ニュージーランド柔道ナショ... »
最近の画像もっと見る

こんなことがありました!」カテゴリの最新記事