撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

美しく気品ある箕面市の花「ササユリ」が咲きました!

2019年06月12日 | こんなことがありました!

箕面市の市の花「ササユリ」が、見頃を迎え、民家の庭先で美しい花を咲かせています。


(初夏のさわやかな青空と薄紅に染まった美しいササユリ)

最近は見かけることが少なくなったササユリですが、箕面市粟生間谷西の中川様宅の庭先では、毎年6月頃に見事な花を咲かせています。

ユリ科に属するササユリは、6月から7月にかけて花を咲かせ、花の大きさは10から13センチメートルほどで、うっすらとピンク色をしています。名前の由来は、葉や茎がササに似ているところから、その名が付けられています。

箕面市では、万国博覧会の開催を記念して、昭和44年に市のシンボルとなる花と木を市民の投票により決定しました。当時、市民のみなさんからいただいた応募総数は319通にのぼり、その中から、市の花に「ササユリ」、市の木に「イロハモミジ」が最多投票を得て決定されました。

中川さんは「今年も立派な花が咲いて良かったです。何十年もササユリを育てていますが、毎年綺麗な花を咲かせてくれて嬉しいです」と話しました。

 

今回、別の場所で、自生のササユリを撮影することができましたので、そちらも少し紹介いたします。


(ササユリの花言葉、「上品」、「希少」にふさわしいたたずまい)


(多くの花を咲かせ、その美しさに心を奪われます)


(とても大きな花弁を持ったつぼみ)


(ササユリではありませんが、小さく可憐な花をいっぱいに咲かせるオカトラノオ)

 

異なる2つのササユリを見ることができ、とても貴重な経験ができました。

また、多くのかたがたが美しい自然を守ってくれていると実感した1日でした。

これからも箕面市の花「ササユリ」をよろしくお願いします。

 

 <とても綺麗なササユリ!これからも箕面で花を咲かせてね!

この記事についてブログを書く
« 「第8回びわ湖カップなでしこ... | トップ | 大阪大学環境サークルGECS主... »
最近の画像もっと見る

こんなことがありました!」カテゴリの最新記事