撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

「第45回バトントワーリング全国大会」及び「第43回全日本バトントワーリング選手権大会」に出場された馬場陽月さんに箕面市長表彰!

2018年04月13日 | こんなことがありました!

昨年12月に行われた「第45回バトントワーリング全国大会」(主催:一般社団法人日本バトン協会)一般部門U-15バトン編成の部に四宮知亜紀バトンスタジオの一員として出場され、また「第43回全日本バトントワーリング選手権大会」ソロストラットU-15の部に出場された馬場陽月さんに、4月6日(金曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
また、藤迫教育長より箕面市青少年健全育成推進奨励金が交付されました。
なお、馬場さんの市長表彰は通算2回目となります。



馬場さんのお母さんはバトントワーリングの元選手で、馬場さんはその影響でバトントワーリングを始められました。練習は週4回ほど、大会前には毎日練習されており、学校のある日は夜9時まで練習されているそうです。
初めて大会に出場したのは幼稚園年中の頃で、小学校6年生の時には全国大会に出場されています。



バトントワーリングに使用するバトンは長さに規定はありませんが、手の長さが使いやすい長さの目安とされており、成長に伴いサイズを変えていく必要があります。
もともとはアメリカ発祥の競技ですが、「現在は日本が世界のトップで、特に関西地区と関東地区はとてもハイレベルです」とのことでした。
今回出場された2つの大会にはいずれも地区予選があり、その他にも約3,000人が参加する大会もあるため、予選等を含めると大会のない期間はほとんどないそうです。
今後の目標について伺うと、「今回は入賞できなかったので、次は入賞したいです」と話されました。

 

倉田市長は、「レベルの高い地区で大変ですが、目標を達成してまたここに来てください」と激励しました。 



<馬場さん、おめでとうございます!次は入賞目指して頑張るモミ!

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 新緑のもみじも、また格別!... | トップ | 4月16日(月曜日)に阪急宝塚線... »
最近の画像もっと見る

こんなことがありました!」カテゴリの最新記事