撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

この道具ってどうやって使うの?郷土資料館企画展「くらしのどうぐ展」を開催しています。

2019年12月20日 | こんなことがありました!

明治から昭和期にかけて使用されていた生活道具を展示する「くらしのどうぐ展」が、令和元年12月20日(金曜日)から令和2年3月25日(水曜日)まで、箕面市立郷土資料館(箕面6-3-1)で開催されています。この企画展は平成8年に初めて開催され、今回で23回目となります。

今回の「くらしのどうぐ展」では、伸子針(しんしばり)、氷冷蔵庫、櫓炬燵、謄写版など100点以上の道具を「衣・食・住・学・遊」の5つのコーナーに分けて展示しています。使用する日常の場面ごとに道具を分けて展示しているので、昔の道具には暮らしを便利にするための工夫がたくさん詰まっていたことを、より身近に感じることができます。


(仕組みは現代のこたつとほとんど変わらない櫓炬燵)

例えば、「住」コーナーに展示されている自在炬燵(じざいこたつ)は、木枠の中に炭を入れて暖を取る道具で、湯たんぽと同じように使用されていました。この自在炬燵は、就寝時に布団の中で蹴って転がしてしまっても、中の炭入れから炭が外に落ちないよう、炭入れが360度回転する仕組みになっています。また、現在でも利用されているハクキンカイロや湯たんぽなども「住」コーナーに展示されています。


(冬のくらしに役立つものたち。今でも使ってるものもありますね。)


(真ん中の麦茶冷やしは、その見た目からメガホンと思いました…。)

このほか「学」と「遊」のコーナーでは、昔使用されていた教科書、謄写版、プリントゴッコや羽子板など当時の勉強道具やおもちゃなどが展示されており、大人が見ると懐かしく、子どもが見ると今の道具との違いをより身近に感じることができます。


(ガリガリと音が鳴る印刷道具の謄写版)


(プリントゴッコを見て懐かしくなりました。発売されたのは昭和50年代…)


(おもちゃも実際に遊んだことがあるものが多かったです…)

昨年好評だった昔の道具を実際に触れて比べることができる「さわれるコーナー」が今年も設けられています。今回の触れる道具は「自在炬燵」「電気アイロン」「火のし」「五つ玉そろばん」など4セットあり、道具の構造や仕組みを実際に目で見て手で触って体験することができます。


(さわれるコーナー。アイロンの重さに驚愕しました。)


(中の炭入れが自在に動く名前のとおりの自在炬燵)

この企画展には毎年、小学3年生が社会科で「昔のくらし」を学ぶため、箕面市のみならず、池田市、豊中市や大阪市の小学校からも見学に訪れます。毎年、約30校が見学に訪れており、今回も既に8校から見学の申込みが入っています。

 

郷土資料館を訪れた芝坂 武彦さんは「この企画展には、運動がてら毎年来ています。小さい頃に使っていた物は、何度見ても当時の思い出がよみがえりますね。謄写版は学校の部活動で使っていて、よく鉄筆でガリガリしていました。もう今では見ることができない物ばかりなので、とても懐かしい気持ちになりました。」と話しました。


(謄写版を見て当時を思い出す芝坂さん)

同資料館学芸員の小川 紗弥子さんは「現在は家電製品やスマートフォンなどを用いて便利に生活ができますが、電気がない時代の知恵と工夫を感じていただけるよう展示しました。また、さわれるコーナーの自在炬燵や電気アイロンをぜひ触ってみてください。『中が回転してる!』『え!こんなに重たいの!?』などびっくりしてもらえるとうれしいです。大人も子どもも楽しめますので、ご家族での来館をお待ちしております。」とコメントしました。

 

 

企画展「くらしのどうぐ展」
開催期間 令和元年12月20日(金曜日)から令和2年3月25日(水曜日)まで
      (休館日:毎週木曜日、12月29日~1月3日)
開館時間  午前10時から午後5時まで
開催場所  郷土資料館(箕面6-3-1、阪急箕面駅から東へ徒歩約2分)
        電話:072-723-2235、ファクス:072-724-9694
入 場 料  無料

 

<当時の人の知恵と工夫ってすごいね!

この記事についてブログを書く
« 絵本作家の岡田よしたかさん... | トップ | 「災害時における生活物資等... »
最新の画像もっと見る

こんなことがありました!」カテゴリの最新記事