撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

大阪府で唯一びわを生産・出荷している箕面市の止々呂美地区で、びわの収穫が最盛期を迎えています

2019年06月20日 | こんなことがありました!

大阪府で唯一びわを生産・出荷している箕面市の止々呂美地区で、びわの収穫が最盛期を迎えています。

 

止々呂美地区では、農家が山の斜面を利用してびわを栽培し、例年6月末から7月にかけて収穫します。止々呂美地区で栽培されているびわは「田中」という品種で、粒が大きく、また瑞々しさと高い糖度を持つことを特徴としており、高級品として取り扱われています。 今年の収穫量は、昨年より約1.7倍ほど多く、出来もよく甘さは充分だということです。

日本で、びわの栽培が本格的に行われるようになったのは、明治時代以降といわれていますが、旧止々呂美村の『止々呂美村誌』(1931年)によると、箕面では、南北朝時代の1300年代にびわの栽培が始まったとされています。

 しかし、野生動物の被害に遭うことが多く、また農家を継ぐ人の減少などから、1970年代に100軒近くあった農家は、現在は、10軒に満たなくなりました。

 

びわの皮は非常に繊細で傷つきやすいので、春ごろに一つ一つ手作業で実を袋で覆います。そして、慎重に収穫され、手作業で重さと品質をチェックし、箱詰めされていきます。

びわを生産する尾上喜治(おのうえよしはる、80歳)さんは「今年は、多くのびわがなり、10年に1度の豊作です。また、実も大きく、とても美味しいびわに育ってくれました。昔から止々呂美の特産品であるびわを、地域の農家みんなで、これからも大切に作り続けていきたいですね」と話しました。

JA大阪北部止々呂美特産物センターによると、既に予約を終了しており、収穫量によって農産物直売所にて販売する予定とのことです。 なお、価格は2L・3Lサイズ1箱(2キログラム)3500円(税込み)、Lサイズ1箱(2キログラム)3100円(税込み)、Mサイズ1箱(2キログラム)2700円(税込み)となっています。

 

【お問い合わせ先】

JA大阪北部止々呂美特産物センター
住所:箕面市下止々呂美424
電話:072-739-0193(不在時は萱野支店に転送)

JA大阪北部萱野支店
住所:箕面市萱野4-3-16
電話:072-722-5451

 

 <とっても大きくて甘そうなびわ!モミジーヌも食べたいモミ!

この記事についてブログを書く
« 「第3回全国ソフトバレー・フ... | トップ | 7月7日はカルピスの誕生日!... »
最近の画像もっと見る

こんなことがありました!」カテゴリの最新記事