撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

異文化理解の冬

2019年02月25日 | 国際交流員から

こんにちは!文化国際室のメキシコの国際交流員フランシスコです。本格的な寒さが身にしみる頃、風邪をひいていませんか。といっても、今年は暖冬だと思いませんか。この冬、国際交流員として行ったことについて書きたいと思います。

2018年12月19日(水曜日)午後6時半~8時まで、西南生涯学習センターで、「海を渡る必要なし!箕面で世界発見!」という国際交流員による多文化理解ワークショップを行いました。6人が参加してくれました。

ワークショップで、色々な国について話したり、海外の音楽やダンスを体験したり、言葉や風習や文化についてディスカッションしたりしました。

最初、知らない人にいきなり話かけるのが簡単じゃないからか、参加者はちょっとシャイでした。でも、アイスブレーキングで自己紹介をして、適当に選んだ国について話してもらったら、皆さんはすぐ積極的にしゃべれるようになりました。アイスブレーキングの後、世界の文化などについて考えてもらうクイズをしました。正解するために一生懸命考えている参加者の姿を見てとても楽しかったです。

ワークショップで一番楽しかったのは、音楽と踊りについて話したことです。参加者にニュージーランドやメキシコの踊りが持つ意味や踊る理由について知ってもらうため、メキシコのクンビアを踊ってもらって、マオリのポイ(踊りの道具)も使ってもらいました。踊りの名前を改めて聞き直すほど楽しんだ参加者もいました。

ワークショップの最後には、育った環境などの簡単なことや、価値観などの難しいことを聞いてくれて、参加者と面白いディスカッションができました!

3月には、またワークショップを行いますので、興味があればぜひ参加してみてください!
文化国際室のイベントや国際交流員について

2019年1月24日(木曜日)午前10時から11時半まで、市役所で、「外国人と日本語でコミュニケーションを取るには?」という異文化理解セミナーを行いました。ワークショップと違って、ニュージーランドのベラさんと共に行いました。去年の1月もセミナーを行って、これが2回目となりました。今回のテーマのほうが面白かったからか、前より外国人が市役所に働いていることが知られていたからか、理由は分かりませんが、今回のセミナーには97人が参加しました。かなりの人数でした!

セミナーでは、まずどうして外国人とコミュニケーションを取る必要があるのかを説明して、コミュニケーションとは何なのかとコミュニケーションを取る際の問題について考えました。そして、外国人がしゃべる日本語を理解してもらうため、外国人の日本語習得について話しました。その次に、「やさしい日本語」というコミュニケーションの問題を解決する方法を紹介して、やさしい日本語のポイントを説明しました。最後に、文化の違いから生じるコミュニケーションの問題について話しました。

セミナーの内容は、理論的なものと自分の経験を併せて説明しました。体験したことを述べていた時に参加者が頷いたりしていて、アンケートを読んだら、文化の違いを聞いて驚いたなどの意見がありましたので、セミナーの内容に興味をもってくれたと思います。私にとっても、セミナーの準備をしていた時、知らなかったことが山ほどあって、すごく勉強になりました。

おそらく、来年の1月頃にまた国際交流員がセミナーをやると思いますので、良かったら参加してください!

これからも国際交流員が様々な活動をしていきますので、今度はそれについて書きたいと思います。

春はもうすぐそこまで来ています。皆さんお元気で!

<踊りは楽しかった!もっと色々な文化を体験しようモミ~!

この記事についてブログを書く
« 「第1回日本エイジグループト... | トップ | キウィの冬の業務の紹介 »
最新の画像もっと見る

国際交流員から」カテゴリの最新記事