撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

新規CIR(国際交流員)ズィアからの挨拶

2019年08月27日 | こんなことがありました!

はじめまして!

ニュージーランドの出身のズィアと申します。

8月から箕面市役所人権文化部の文化国際室で国際交流員として勤めることになりました。

よろしくお願いいたします。

 
(私、サムナービーチにて)

ニュージーランドは自然がたくさんあり、静かな国なので是非行ってみてください。

日本と同じぐらいの大きさですが、ニュージーランドの人口は490万人ほどしかいません。

名物ははちみつ、乳製品、キウイフルーツと羊の毛などです。

ニュージーランドの象徴はキウイという鳥です。キウイはとても珍しい鳥で絶滅危惧種です。夜行性で、とても小さい羽がありますが、飛ぶことができません。ニュージーランド人はよく「キウイ」と呼ばれています。

 

私について紹介したいと思います。

 

クライストチャーチという都市の出身です。

ニュージーランドでは公用語が3つあり、NZ英語、マオリ語、NZ手話です。なので都市や街はよく二つの名前があります。

クライストチャーチのマオリ語の名前は「Ōtautahi」、「オータウタヒ」です。南島の東海岸にあり、南島の一番大きな都市です。

カフェやパン屋さんがたくさんあり、綺麗な海や丘もあります。

 
(クライストチャーチの都心部)

 

私は趣味がたくさんあります。

 

文学、料理、芸術、工芸などが好きです。

子どもの時から読書が大好きで、大学に入る前に様々な国の文学を読んでいて新しい言語を習いたいと思っていました。なので大学で日本語の勉強を始めました。

日本語を勉強するとともに日本の歴史と文化に興味を持つようになりました。

日本の神社とお寺が好きで、よく御朱印帳を持って参拝します。

 

あとは和菓子が大好きです!

特に大福、ゆべし、焼き団子が好きです。また、箕面の柚やもみじの天ぷらを食べてみたいです。

 

美術と歴史に興味があるので美術館と博物館に行くのが好きです。クライストチャーチにあるカンタベリー博物館では日本の根付け、浮世絵、陶芸、能面などが展示されています。 

 
(カンタベリー博物館)

 

ニュージーランドの英語はイギリスとアメリカと異なります。

面白いスラングがたくさんあります。

たとえば「wop wops」というのは「田舎」という意味です。

マオリ語でよく使われている挨拶は「kia ora」「キア・オラ」で「こんにちは」という意味です。

 
(ガバナーズベイ)

これから新しい経験、出会い、勉強、食べ物を楽しみにしています。

日本とニュージーランドの関係を深めるため、自分なりに頑張りたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

<箕面へようこそ!これからよろしくお願いしますモミ!

この記事についてブログを書く
« メキシコ、よ~し! | トップ | 箕面の気になるあのお店を1 ... »
最近の画像もっと見る

こんなことがありました!」カテゴリの最新記事