撮れたて箕面ブログ

箕面市公式ブログ!北大阪から全国へ発信中!箕面広報室職員などが取材した市内の出来事、イベント情報などを紹介

「第11回箕面止々呂美・森町マラソン」を開催しました!

2019年03月13日 | こんなことがありました!

3月10日日曜日に「第11回箕面止々呂美・森町マラソン」を開催しました。

この箕面止々呂美・森町マラソンは最大標高差150mあり、「大阪一しんどいマラソン」と銘打って、走り応えのあるマラソンイベントです。

昨年度から箕面市単独のマラソンイベントとなり、風光明媚な止々呂美・森町の街並みやスノーピーク箕面フィールドに至る、豊かな自然の中を走る箕面ならではのコースを設定しています。

コースは3キロメートルコース、5キロメートルコース、10kmコースの3種類があります。

3キロメートルは小学生男子(5・6年生)、小学生女子(5・6年生)、中学生男子、中学生女子、一般男子(高校生以上)、一般女子(高校生以上)、ファミリージョギングの7部門。

5キロメートルコースは中学生男子、中学生女子、一般男子(高校生以上)、一般女子(高校生以上)、マスターズ男子(50歳以上)、マスターズ女子(50歳以上)の6部門。

10キロコースは一般男子(中学生以上)、一般女子(中学生以上)、マスターズ男子(50歳以上)、マスターズ女子(50歳以上)の4部門で、総勢17部門があります。

当日は天候が心配されましたが、小雨の降る時間帯があったものの、無事に開催することができました。

参加者総数835人で、箕面市民のかたはもちろんのこと、市外、府外のかたもたくさん参加されました。

当日の様子をご紹介します。

ガンバ大阪チアリーディングによるオープニングセレモニー

開会式
主催者を代表して倉田市長に挨拶していただきました。

岩谷産業株式会社陸上部からの激励のことば

岩谷産業株式会社陸上部の方々にゲストランナーとして走っていただきました。

選手宣誓

地元小学校「とどろみの森学園」の生徒二人が力いっぱい宣誓してくれました。

各コース毎にスタートしました。

北芝解放太鼓保存会 鼓吹(こぶき)もスタートを盛り上げてくれました。

10kmコースはスノーピーク箕面フィールド内も走ります。

写真には写っていませんが、キャンプ宿泊客のかたも多数駆けつけて、声援をおくってくださいました。


最初に帰ってきたのは5キロメートルコース
優勝者のゴールの瞬間です。

会心の走りだったようですね。

表彰式の様子
(表彰はファミリージョギングを除く16部門を行いました。)

優勝、準優勝、第3位、入賞の第4位、第5位、第6位の皆さま、おめでとうございました!

そして、箕面止々呂美・森町マラソン恒例の無料豚汁配付

具だくさんで、じんわりと心にも体にもしみいる美味しさ。
参加者のかたにも大好評でした。

マラソンイベントは2019年度も開催予定ですので、ご興味を持ったかたはぜひご参加ください。

そして東京オリンピック・パラリンピックを前に皆さんでマラソンを盛り上げていきましょう。

<モミジーヌも走りたいモミ~


「2018年(第24回)日本管楽合奏コンテスト」高等学校B部門に出場された大阪府立豊中高等学校吹奏楽部のみなさんに箕面市長表彰!

2019年03月13日 | こんなことがありました!

昨年10月に行われた「2018年(第24回)日本管楽合奏コンテスト」(主催:公益財団法人日本音楽教育文化振興会)高等学校B部門に大阪府立豊中高等学校吹奏楽部の一員として出場された勝見創太さん、谷澤和奏さん、藤原穂南さん、藤林みゆうさん、多田千楓さん、西山奈菜さん、山川裕也さんに、平成31年3月1日(金曜日)、倉田哲郎箕面市長から箕面市長表彰が贈られました。
また併せて、多田さん、西山さん、山川さんには、藤迫教育長より箕面市青少年健全育成推進奨励金が交付されました。


                      勝見 創太さん


                      谷澤 和奏さん


                      藤原 穂南さん


                                               藤林 みゆうさん


                      多田 千楓さん


                      西山 奈菜さん


                      山川 裕也さん

今大会は予選大会がなく、提出されたCD音源を審査して出場者を決定し、選出された学校のみでコンテストを行います。
同校は昨年に続いての出場となりますが、それまでにも何度も今大会に出場されています。



倉田市長は、「全国大会への出場、おめでとうございます。吹奏楽の練習は大変だと思いますが、みなさんで力を合わせ、技術を磨いてこその結果だと思います。その技術を後輩に伝えていくことも含めて、これからも頑張ってください」と激励しました。 



藤迫教育長は、「みなさん、おめでとうございます。これまでの練習は厳しかったと思いますが、今演奏できることを楽しんで欲しいです。そしてその楽しむ気持ちを忘れずに、これからも頑張って欲しいと思います」と激励しました。



<豊中高等学校吹奏楽部のみなさん、おめでとうございます!これからもみんなで楽しく演奏を続けてほしいモミ!