箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

7月も明日で最後です。

2018年07月30日 | 総務部

こんにちわ。

総務部情報政策室の堀部です。

 

はじめに、6月18日に発生した大阪北部地震及び先日の平成30年7月豪雨により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 

 

今回のブログの内容は、情報政策室でのお仕事を紹介させていただきます。

まず情報政策室では出退勤やメールの送受信など庁内の職員が主に利用しているパソコンの管理や市民の住民票や納付書を発行する住民情報システムの管理、運営を行っています。

 

また、今年度は庁内の職員が主に行政事務用として利用している複合機が契約満了となったことから、これまで設置していた複合機22台を新しい複合機へ入替を行いました。今回の更新では、箕面消防本部などにも新しく複合機を設置し、全部で31台の複合機を設置しました。

 

以下の写真は、設置の際の写真です。

 一台、一台丁寧に梱包し、搬入されます。

 

設置後、操作方法を説明している様子です。

 

複合機を入れ替えるにあたって、一番困難だったことは入札用の「仕様書」の作成です。

複合機は、利用用途に合わせたくさんの種類や機能があります。そのため、それぞれ利用する部署に合わせた複合機を設置できるように一つ一つ要件を確定し、仕様書を作成していきます。

また、仕様書の作成には「フィニッシャー」、「中とじ機能」など、たくさんの専門用語がありますので、一つ一つ分からない言葉を調べて作成しました。

ちなみに「フィニッシャー」とは、印刷を行う際にホチキス留めや紙折りなどを自動で行う機能です。「中とじ機能」とは、印刷した用紙を重ね、中央で二つ折りになった原稿にホッチキス留めを行い、自動で小冊子になるように印刷する機能です。

このように情報政策室の仕事は市役所の職員が主に利用するICT機器を管理しているため、それぞれの運用に合わせた要件をとりまとめ、実運用に即した機器の導入やシステムの構築などを行っています。

 

こちらは今回導入した複合機です。

 

各複合機ごとに番号を記載したシールを貼り、それぞれの番号の複合機がどこに設置されているのか管理しています。

 

また、この複合機でコピーを行う場合には、部署ごとに作成しているコピーカードで認証を行う必要があり、パソコンから印刷する場合にも事前に部署ごとのID・パスワードを入力し、認証を許可された場合のみ印刷を行うことが出来るよう設定しています。

この認証機能を取り入れることで、外部の人が不正に印刷することを防ぎ、毎日どこの部署が何枚印刷しているのか管理しています。 

このようなセキュリティ対策や各導入機器の管理方法を考えるのも情報政策室での大事な仕事の一つです。

 

今回の内容は以上です。

次回は山地さんです。よろしくお願いします!

 

 


滝ノ道ゆずる スペシャルインタビュー

2018年07月27日 | 地域創造部

約2ヵ月ぶりにお目にかかります、箕面営業室の鬼束です。

はじめに、6月18日に発生した大阪府北部地震および平成30年7月豪雨により被災された多くのかたに、心からお見舞い申し上げます。猛暑が続いていますので、熱中症にかからないよう、体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

最近の私は、宇多田ヒカルさんの最新アルバム『初恋』を発売日前日に入手し、CDの裏面がそろそろ削れるんじゃ…?と心配になるほど聴いています(笑)。全曲を通して聴くと、これまでになく遊び心を感じられて、予想を裏切るコード進行やメロディー、リズムにハッとさせられているうちに終わります。みなさんもぜひ聴いてみてください。

さて、先日なんと、箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」に会うことができました!昨日9歳の誕生日を迎え、どのような思いでこれから活動していくのか。その全貌に迫ったスペシャルインタビューをお届けします。

-9歳のお誕生日おめでとう!ゆずるTwitter(@yuzuru_minoh)に、たくさんのかたからお祝いのメッセージをいただいていたね!
拙者の誕生日を覚えていてくださる人に、心から感謝でござるよ。今週はとくに、いろんなところで直接「おめでとう!」って言ってもらえて、感激の嵐だったでござる!

-お誕生日当日(7月26日)はどんなふうに過ごしたの?
朝は止々呂美でみんなとラジオ体操をして、お昼からは小学生が集まるイベントに参加したでござるよ。たくさんのおともだちと遊べるのが一番楽しいでござるね~。

-ゆずるTwitter(@yuzuru_minoh)で、ラジオ体操の写真を掲載してるよね。みんなに囲まれてうれしそうなゆずるを見ると、ちょっとだけ元気になるよ。
そう言ってくれるとありがたいでござる!みんなが拙者を見てうれしくなったり、楽しく一緒に写真を撮ってもらえると、拙者にもうれしい気持ちが伝わってくるのでござるよ。

-ゆずるは落ち込んだりすることはないの?
もちろんあるでござる。でもそういう時は、「たきのみちゆずるダンス」を踊って、ゆずティーを飲めば、爽やかな気持ちになって、「なんのこれしき!拙者はまだまだがんばれる!」って思えるのでござるよ。
(「たきのみちゆずるダンス」のMVはこちらからご覧いただけます)

-体を動かすと汗もいっぱいかけて、スッキリするもんね。私も仕事をする中で、うまくいく時もあればそうじゃない時もあるから、「たきのみちゆずるダンス」を観て前向きにがんばるね!
覚えやすいダンスだからぜひ踊ってみてほしいでござる!

-ゆずるは今年も、ゆるキャラグランプリに参戦するね!
そうでござる!いつも拙者を応援してくれるみんなの力を借りて、グランプリ(第1位)を獲りたいのでござる!

-第1回からずっと連続で出場してきてるから、思い入れもいっそうあるよね。
これまでのゆるキャラグランプリを通して、たくさんの人に箕面や柚子のことを知ってもらうことができたでござる。それだけではないでござるよ。たくさんのかたやキャラクターとおともだちになれる大切なイベントなのでござる!

-ウワサによると、今回のゆるキャラグランプリには合言葉があるって聞いたよ。
そう、合言葉は「ゆずポチ」「ゆずポチ」っていうのは、ゆるキャラグランプリで、拙者「滝ノ道ゆずる」にポチっと投票することでござるよ。投票期間中は、おともだちやご家族みんなで、1日1回の「ゆずポチ」にご協力いただきたいでござる…!

-1日1票なら、電車やバスの中とか、お昼休憩や寝る前のちょっとした時間に、気軽に投票…
ゆ!ず!ポ!チ!でござる!

-あ、ごめん!「ゆずポチ」ね!1日1ポチ、ちょっとした時間に「ゆずポチ」するよ。みんなで一丸となって、グランプリを目指そうね!
ありがとうでござる!みんなと一緒なら、拙者ももっともっとがんばれるでござる!
……ちなみにでござるが、ブログには、拙者がかっこよく撮れている写真を使ってほしいでござるよ!

<インタビュー終了>

今回改めて感じたのは、滝ノ道ゆずるがとても前向きであること。そして、たくさんのかたとふれあう時間をとても大切にしているということ。熱く語る姿が印象的でした。

私もそれを見習って、箕面市にお住まいのかたや箕面市のファンでいてくださるかたのことを第一に考えて、仕事に取り組んでまいります。

そして、ゆるキャラグランプリ2018の投票(ゆずポチ)期間は、8月1日(水曜日)から11月9日(金曜日)まで。私もゆずるの夢を叶えるべく、力を尽くしてまいります。このブログを読んでくださるみなさんも、1日1ポチのご協力をお願いします!

◆滝ノ道ゆずる イベントのお知らせ

ご当地キャラ博in彦根

【日程】10月20日(土曜日)・21日(日曜日)
【場所】彦根中心市街地(夢京橋キャッスルロード、四番町スクエア、京橋口駐車場、他周辺)
【概要】全国から150体を超えるゆるキャラが大集合!グリーティング、PRブース設置予定

(ご当地キャラ博in彦根のホームページは、こちらからご覧いただけます)

その他のイベントについては、ゆずるスケジュールのホームページをご覧ください。

 

そろそろお別れの時間です。9月ごろ、またお目にかかりましょう。
次回の「新人奮闘記!」担当は、情報政策室の堀部さんです。お楽しみに。

撮影/箕面営業室の河野さん

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)まで、「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開しています。


介護認定審査会について

2018年07月23日 | 健康福祉部

皆様、ご無沙汰しております。

健康福祉部高齢福祉室の川上です。

 

まずはじめに、6月18日に発生した大阪北部地震及び

7月5日からの豪雨により被災された多数の方々に心からお見舞い申し上げます。

 

高齢福祉室では北部地震の発生後、

健康福祉部内の他課室の協力を得て

人工呼吸器などの医療機器を使用している高齢者等355人について、

電話、訪問等で安否確認を行いました。

電話が通じにくい中でしたが、関係者のご協力により無事全員の確認ができました。

地震で大変なときにご対応いただきありがとうございました。

 

 

最近は暑い日が続いて熱中症の話題もよく聞くようになりました。

熱中症は日中の屋外というイメージがありますが、

実は屋内や夜間に熱中症になるかたも多いです。

「私は大丈夫!」と思わず、環境省のホームページを参考に熱中症対策をお願いします。

 

 環境省熱中症予防情報サイト

 

 

 

先日の夏空の下、

箕面市役所の周りを歩いていると田んぼでオタマジャクシを発見しました。

子どもたちが捕まえようと奮闘していました。

私も何年ぶりかにみたような気がします。

スイスイ泳いで気持ちよさそうでした。

 

 

偶然北摂ガスさんの前でお仕事中のゆずるくんにも遭遇しました。

暑い中でも笑顔で頑張っている姿を見て、身が引き締まる思いでした。

 

 

 

 

今回は私が所属する高齢福祉室の主な仕事の一つである

介護認定審査会事務局の業務について紹介したいと思います。

 

介護認定では、

調査員による訪問調査の内容と主治医からの意見書を元に、

コンピュータで一次判定を行います。

その結果を原案として、

コンピュータでは読み取れない介護の手間などを反映させた上で

二次判定を行い要介護認定の区分を決定します。

この二次判定を行う機関が介護認定審査会です。

 

 

 

審査会は週4回開催されており、1度の審査会で30名前後のかたを審議します。

審査会の資料として使用する「基本調査票(訪問調査結果)」と「主治医意見書」はこのようなものです。

 

 

一人当たりA3の用紙2枚から4枚にびっしり書かれています。

 

 

この内容を審査会委員が審議した上で要介護度が決まるため、

事務局は事前に内容を全て確認し、ケースによっては調査員に確認して追記を行います。

 

できる限り被保険者の状況が詳細にわかるように丁寧に読み込み、審査会に向けて準備を行っています。

 

 

ただ資料としてではなく、

「その中に被保険者の生活がある」ということをしっかりと意識して、

一人一人の状態を正しく反映した認定結果が出るように日々努めています。

 

 

今回のブログは以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

まだまだ暑い日は続きそうですので、みなさまくれぐれもご自愛ください。

 

 

次回は箕面営業室の鬼束さんです。

 

 

                  

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)まで、「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

             

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

 


「全国街路事業促進協議会」について

2018年07月20日 | みどりまちづくり部

みなさまこんにちは。
みどりまちづくり部道路整備室の南部です。

前回は道路整備室の事業のひとつである「通学路安全対策事業」についてご紹介致しました。


今回は、先日、私が出席した「全国街路事業促進協議会」についてご紹介したいと思います。


全国街路事業促進協議会は、昭和40年に「都市計画道路の速やかな整備、充実を積極的に推進すること」を目的として全国の都道府県及び区市町村により設立された協議会であり、主な活動内容として、概算要求に合わせ春期に通常総会を開催し、重点施策の展開のために決議及び要望活動等を実施しています。(全国街路促進協議会HPより)

平成30年6月14日に砂防会館において全国街路事業促進協議会の第54回通常総会が開催され、出席しました。

全国の自治体関係者及び衆参国会議員(代理を含む)総勢約900名が参加し、街路をはじめとする交通ネットワークの重要性に関する訴えや高橋克法国土交通大臣政務官、長浜博行参議院国土交通委員長から街路事業に対するご意見をお聞きしました。

大会終了後には、政府・国会や地元選出国会議員に、街路事業の必要性を訴え、支援・協力を要望する活動がありました。
私は、参議院議員会館にて要望活動に参加し、要望書とともに街路事業の促進について要望して回りました。


道路整備室では平成32年度供用開始を予定した街路事業を進めています。都市計画道路の整備事業は、社会資本整備総合交付金を活用し、実施しているため、
整備事業と合わせて全国街路事業促進協議会のような要望活動も継続して行っています。


同様の活動については、今後も継続的に行うことが、同協議会の目的でもある「都市計画道路の速やかな整備、充実を積極的に推進すること」の実現に向けて有用であると今回、要望活動に参加して感じました。


当該協議会での他自治体の街路事業に関する情報や他自治体の方との交流は、大変勉強になる点が多く、私自身にとっても大変貴重な経験となりました。


今回のブログは以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。


次回は健康福祉部高齢福祉室 川上さんです。

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)まで、「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


暑い日が続きます!

2018年07月17日 | 健康福祉部

皆様お久しぶりです。

健康福祉部保健スポーツ室の福村です。

 

まずはじめに、6月18日に発生した大阪北部地震及び先日の平成30年7月西日本豪雨により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

大雨が落ち着き、暑い日が続きますが、皆様熱中症にはお気を付けください。

 

入庁してから3ヶ月が過ぎ、だんだん業務にも慣れてきました。

ですが、まだまだ分からない事もたくさんありますので日々勉強してまいります。

 

さて、冒頭でもお話しましたが最近急に暑くなってきましたのでこまめな水分補給など、熱中症にならないよう対策をしてください。

暑すぎてもう限界!となっているかたにうれしいお知らせがございます。

第一市民プール、第二市民プールが7月1日からプール開きいたしました!

ぜひ、ご家族、友達など皆さんでプールにお出掛けしませんか?

プールで涼しくなって、この暑さを吹き飛ばしちゃいましょう。

 

詳しくは、こちらの第一市民プール第二市民プールの情報をご覧ください。

 

 

 

 

先日、スポーツ推進委員の委嘱式を行いました。

スポーツ推進委員とは、地域における住民のスポーツ活動を推進するため、スポーツ基本法に基づき、市町村の教育委員会が委嘱する非常勤の公務員です。

箕面市では、各小学校区から推薦いただいた方々をスポーツ推進委員として委嘱し、地域の事情に応じて身近な場所で、時間のあるときに、出来るスポーツから始めてみる取り組みを進めてもらっています。

今期は全小学校14校区で各2名ずつ、計28名の皆さんを委嘱しました。なお、内10名の方が新しくスポーツ推進委員に就任されました。

2年の任期の間、私たち行政と地域の皆さんとのコーディネート役として、様々な地域の催し物でご活躍していただけると思います。

また、スポーツカーニバルやマラソン大会など、箕面市主催のスポーツ関連事業へも出務され、市民の皆さんにスポーツを楽しんでいただく活動に従事していただいています。

スポーツカーニバルやマラソン大会は、次回以降のブログで紹介させてください。

こちらが委嘱式の様子です。

 

 

 

各小学校区で何かスポーツイベントがある際には、スポーツ推進委員に相談いただけたらと思います。

また、次回のブログ以降スポーツ推進委員の活動も紹介していけたらなぁと思います。

 

今回は以上でブログは終わりですが、最後にお知らせがあります。

7月20日17時45分から、みのおライフプラザで夏祭りが開催されます。

もちろん私も参加しますが、初めての参加なのでワクワクしております。

どなたでも参加出来ますので、皆さんライフプラザでお会いしましょう!

 

次回の新人ブログ投稿は、ゆずる君缶バッチをゲットしたくてたまらない南部さんです。

南部さん、よろしくお願いします!

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)まで、「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


読書の夏です!

2018年07月13日 | 市民部

皆さま、お久しぶりです!

「平成30年度新人奮闘記!」も無事1周し、2回目登場の谷邊です。

まずはじめに、6月18日に発生した大阪北部地震及び先日の平成30年7月豪雨により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。


暑い日が続いており、お風呂上がりのアイスが欠かせない時期となりました。
皆さまも、熱中症にはくれぐれもお気をつけください。

さて、皆さまは、夏の予定をもう立てられましたか?
私はまだ全然立てていませんが、夏休みを使って旅行にいければと思っています!

しかし、インドア派であるため、普段の休日は涼しい部屋で本を読むことが日課です。。。

どんな本を読むのかと言いますと、主にミステリーやサスペンス系が多いです。
(仕事帰りに駅前の本屋さんの店頭に置いてある本を衝動買いしたりします。)

現在は、東野圭吾さんの『疾風ロンド』と言う本を読んでいます。
やっぱり夏はサスペンスですよね!(あくまでも個人の意見です)
この本ですが、実は購入したのではなく箕面市内にある図書館で借りたものです。

私は箕面市民ではありませんが、箕面市内で働いている人は、箕面市内の図書館で本を借りることができます。


今回は、箕面市内で一番規模の大きい「箕面市立中央図書館」で借りました。
初めて借りるので、カードも一緒に発行してもらいました!


図書館は無料で様々な本を借りることができますので、皆さまも是非ご利用ください。
クーラーも効いてます!


続いては、私が所属している部署が担当する国民健康保険の制度について少し触れたいと思います。

箕面市の国民健康保険に加入していると、、、

40歳以上のかたは、無料で健康診断を受けることができます。
日頃の生活習慣が気になっているかたはもちろん、普段、健康に気をつかっているかたもご自身の健康具合をより詳しく知ることができる機会となります。
また、病気の早期発見にもつながり、ご自身の負担する医療費も節約できますので、是非、受診ください!

今回はこれで以上です。
次回のブログは、福村さんです。
暑さを吹き飛ばしてくれるようなブログを期待してます!
よろしくね!

 

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)まで、「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


学校生活支援課 三木です!

2018年07月09日 | 子ども未来創造局

新人ブログをご覧の皆さま、はじめまして。

4月より箕面市教育委員会事務局 子ども未来創造局

学校生活支援課に配属されました、三木 友博(みき ともひろ)です。

 

はじめに、

6月18日に発生した大阪北部を震源とする地震から約3週間が過ぎました。

また、7月5日より続く大雨の影響で被災された方々、

避難所生活を余儀なくされた方々も大勢いらっしゃいます。

心からお見舞い申し上げます。

被災された方々の1日も早い復興を願っております。

私自身、避難所開設や避難所での給水活動といった災害対応を行いました。

 

今後も微力ながら復旧・防災活動に尽力していきます。

 

 

 

突発的な大雨等が発生しやすい時期になっておりますので、


自然災害には充分ご注意いただき、早めの避難や災害への備えを

 

お願いいたします。


 

 

 

それではブログに移ります。


1年間で4回ブログを担当させていただきます。


順番の関係で他の皆さんよりブログの担当回数が1回少ないのですが、

 

トリを飾るつもりで気合を入れて書いていきたいと思います。(笑)


どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

今回は初回なので、自己紹介と学校生活支援課の仕事内容などについて

書いていきたいと思います。

 

 

【1. 自己紹介】

 


私は高槻市で生まれ育ちました。


小学5年生の頃から野球を続けており、学生時代のほとんどが

 

野球中心の生活でした。


今でも休日には野球をしたり、体を動かすことが大好きな28歳です。


野球以外には単車(バイク)も好きです。現在は持っていませんが、

 

将来の趣味とすべく、家族との交渉のタイミングをうかがっています。(笑)

 


 

前職では約5年間、医療関係の会社で勤務しておりました。

営業として病院や介護老人保健施設等に消耗品を販売しておりました。

 

 

 

箕面市で働くことになった経緯ですが、

興味本位で就職説明会に参加したことで

箕面市をより魅力溢れる街にしたいという職員のかたの熱い思いに惹かれ、

ダメ元でチャレンジしてみようということで試験に臨みました。

 

そして今回ご縁があり新規採用職員になることができました。

今までは箕面市を訪れたり、節目に「勝尾寺」に必勝祈願に

行ったりすることはありましたが、それほど箕面市との関わりが

深いというわけではありませんでした。

これから箕面の魅力をどんどん発見、発信していきたいと思います!

 

受験を考えている方は今まで箕面市との関わりが少なくても、

熱意をもって是非チャレンジしてみてください!

 

 

 


【2.学校生活支援課の仕事内容について】


冒頭にご案内しました通り、私は箕面市教育委員会事務局 

子ども未来創造局 学校生活支援課に配属されました。

学校生活支援課では小中学生の学籍の管理や就学援助制度、奨学資金、

学童保育に関する業務など、学校生活を送る児童・生徒や

そのご家庭に対しての支援や援助に関する業務を主に行っています。

 

私が所属している学校生活支援課の第2グループでは

小中学校の学校運営に係る消耗品費や委託料などの支払業務、

また学童保育等の子どもたちの放課後を支援する業務を担当しております。

 

 

今回は学童保育事業に関して簡単に紹介いたします。


学童保育とは、放課後、保護者が仕事で留守にしている、

 

または保護者が病気であったり、介護をしている家庭の児童、

 

並びに障がいのある児童を対象に児童の健全な育成を図るために

 

小学校の空き教室等を利用し、放課後児童支援員が児童を預かる制度です。

 

 

 

私は現在、窓口に来られる市民の方々への学童保育室の説明や入室・退室・

 

減免・延長保育等の申請を審査・決定をする業務に加え、決定された情報を

 

登録するなどといった業務を行っています。

 

窓口では必要書類に不備がないか、

 

保護者の勤務時間が利用要件を満たしているか、

 

延長保育を利用できる要件を満たしているかなどの確認と

 

必要事項の聞き取りなどを行っています。

 

徐々に1人でも対応できることが増えてきましたが、

 

あまり多くない様な稀な事例も含め、すべての問い合わせに対応できるように

 

日々勉強中です。

 

 

 

平成29年度までは箕面市社会福祉協議会に学童保育の運営を

 

委託していましたが、今年度より学校の管理下により運営しています。

 

学校運営になることで教員と放課後児童支援員との連携が密になり、

 

児童の様子や体調を引き継いだり、学校から保護者の方へ学童保育に関する

 

情報提供等が今まで以上に行えるようになりました。

 

 

第2グループとしても、これまでになかった新しい業務が

増えていることもあり、私も現在必死についていっています。


 

まさに奮闘中といった状況ですが、日々勉強だと思い、

一つ一つ身に付けて早くグループの戦力になれるように頑張っています。

 

業務に関してのことはまた次回ブログでご紹介したいと思いますので、

今回は簡単なご紹介でした。

 

 

 


【3.住之江競艇視察について】


6月23日に新規採用職員でボートレース住之江競艇場に行きました。

ボートレース住之江は、箕面市と大阪府都市競艇企業団で開催しており、

箕面市で働くまでは箕面市と競艇が深い関係であることも知りませんでした。

 

 

普段入ることができない運営の裏側を視察することができました。

特にレースの着順を公表する際、全国に結果が公表されるということもあって、

入念な確認の上公表していたことが印象深かったです。

また選手の控え室にもお邪魔しました。選手の集中力を切らさないように

携帯電話の電源を切り、私語は慎むようにとのことでした。

独特な緊張感を味わうことができました。

レースも見学し、スタートやコーナリングの選手の技術は圧巻で、

同期の皆で大変盛り上がりました!

競艇場はとても活気があり、迫力のあるレースが見れますので、

皆さんも是非住之江競艇までお越しください。

 


人生初めてのブログで読みにくい文章だったと思いますが、

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

次回から新人ブログ2週目突入です。


いつもお世話になっている国民健康保険室の谷邊くん!よろしく!

 

 

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)まで、「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


広域福祉課の中尾です!

2018年07月06日 | 健康福祉部

大雨に関する緊急・災害情報はこちら

新人ブログをご覧のみなさま、初めまして!

4月より健康福祉部広域福祉課に配属されました、中尾楓(なかおかえで)と申します!

 

今回を含めて5回、ブログを更新させていただきますのでよろしくお願いします。

 

【自己紹介】

 私は生まれも育ちも大阪市内。箕面市といえば、なんといっても日本の滝百選にも選ばれた滝!新緑の溢れる滝を見に行ったり、紅葉狩りをしに訪れたことのあるかたも多いのではないでしょうか?私もその1人です。(その昔、猿に車のミラーを踏みつけられた衝撃は忘れもしません。)

この度、ご縁があり大学卒業後、箕面市役所に入庁し、優しい先輩がたや同期(という名の人生の先輩がた)に助けていただきつつ、社会人1年目、頑張っております!

訪問先で、「学生さんか?」と聞かれるくらい貫禄がない現状ですが、このブログの最終回には、一人前の箕面市職員として、次年度の新卒ブログ担当者たちにエールを送れるくらい成長したいと思います。

 

【業務について】

さて、研修もひと段落し、ここ1か月ほど腰を据えて業務にあたっていたので張り切って広域福祉課とは…から業務を紹介したいところですが、なんと、広域福祉課には今年、私を含めて3名の新規採用職員が配属されています。すでに6月掲載の北池さんと奥本さんのブログで「広域福祉課とは」、「事業所の指定とは」が紹介済みです。

紹介済みとはいえ、実は同じ課所属でも、3人とも別のグループに所属しているためそれぞれ依拠する法律は異なります。

私は障害事業者グループ所属なので主として「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」(障害者総合支援法)に基づいて事業所の指定を行っております。

 

さて、そんな指定と並んで重要なのが「事業所の指導・監査」です。

我々の仕事は、事業所を指定して終わりではありません。指定後も適正な運営をしていただくために、関係法令・制度の趣旨、目的の周知及び理解の促進、過誤・不正請求の防止、サービスの質の確保・向上を図る必要があります。

そのために、いま正に準備しているところですが、すべての事業所に対し講習会形式で行う「集団指導」や、事業所に直接出向き、関係書類の確認やヒアリングを行う「実地指導」を実施します。

実地指導後に改善が必要であるにも関わらず、改善されず再指導となったり、実地指導で重大な基準違反や障害者に対する虐待があったと判断ないし疑いがある場合、「監査」に移行します。

監査に移行してもなお、改善されないときは、最終的に行政処分として指定の取消しを行わねばなりません。

「指定~指定取消し」まで行う非常に権限を持った業務なので、しっかり確実性を重視して業務に取り組んでいかねばなりませんね!

 

こちら広域福祉課の移動を支える、頼れる相棒のナンシー号。「広域」福祉課ゆえに、事業所を訪ねるのに車が必須。

行政職といえばデスクワークのイメージが強いですが、車が必須な部署も多々あります。入庁したときに広域福祉課は車必須と聞いてちょっと驚きましたが、外に出られるのは少し楽しみだったりします。

これを機にペーパードライバーでしたが、スムーズかつ安全に運転できるよう練習中です!

残り4回のブログのどこかで趣味はドライブですと言えるようになるはずなので乞うご期待ください(笑)

 

さて、蝉も鳴き始めいよいよこれから夏本番。

7月はライフプラザの夏祭りや、みのお祭りとたくさんイベントがありますが、熱中症にはご注意下さい! 

新人奮闘記も次回でひと回り、1周目のラストはボートレース用のジャケットがかなり似合っていた子ども未来創造局の三木さんです。よろしくお願いしまーす!

 

 箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


建築室の野村浩平です!【シーズン1】

2018年07月02日 | みどりまちづくり部

「箕面市役所 新人奮闘記!」をご覧の皆様、はじめまして!

今年4月に入庁しました、みどりまちづくり部建築室の野村 浩平(のむら こうへい)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。

 はじめに、6月18日に発生した大阪北部地震で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

さて、今回は初回になりますので、自己紹介をさせて頂きたいと思います。

【自己紹介】

私は豊中市の出身で30歳まで豊中に住んでいましたが、現在は八尾市に在住しています。今回の入庁を機に北摂へ帰還したいと考えており、これから計画から実行へ移していく予定です!

大学卒業後は民間企業の建設会社で様々な用途の建築の新築工事、耐震改修工事等の現場施工管理をひたすら14年間にわたり行っていました。

前回藤井さんのラストでも紹介してもらいましたが、大きな声では言えませんが小さな声では聞こえませんので正直に言いますと....

今年度新規採用者の中では最年長の37歳になります。

新卒採用時は就職氷河期末期でどの産業にも最も少ない世代とされ、俗に野球選手の松坂選手に例えて呼ばれる「松坂世代」の生き残りです。

これから箕面市の建築やまちづくりに関わることで今後まだまだ発展していく箕面市をより良く変えていきたいと思います!

【業務紹介】

ここで、担当業務の内容を紹介したいところですが、6月18日に発生した地震の影響で現在建築室では地震による建築物被害への対応を通常業務と並行しながら最優先に取り組んでおります。

私自身も緊急で市内の小中学校、保育所、幼稚園の被害状況を確認に行ったり、ブロック塀の確認を行いました。また、地震発生直後に発足された災害対策本部の活動としては交代制で夜間庁舎内に待機し、いつでも出動できるように深夜に防災倉庫にて資材の置場を確認したり、大雨による警報が早朝に発令された際には市内のハザードエリアをまわり、避難勧告のアナウンスをする等の活動を行いました。

所属している建築室の業務としましては、様々な既存市有建築物を今後も末長く利用できるようにする改修工事や電気設備関連の機器更新を含めた整備工事を始め、年々人口が増加傾向にある箕面市のニーズやキャパシティに合わせた増築や新築工事の設計、積算、工事発注、工事監理、建築物の利用状況や劣化状況の確認等を行っています。

今回はその中でも、設計段階の図面作成についてご紹介します。

改修工事の場合、設計図は工事の各担当者で作成するのですが、まず始めに膨大な過去の図面の中から該当する図面を捜索して収集し、既存の状態や過去の改修履歴を確認することからスタートします。

  

※倉庫に保管されている過去の図面の一部です。

古いものは何十年も前の設計図なのでもちろんパソコンのデータはなく、1本1本の線が手描きの図面なのです。また、現在では建築業でもほとんど見かけなくなりましたが、当時は主流だった感光紙を用いた印刷図面(いわゆる「青焼き」と呼ばれるもの)です。

※写真では伝わりにくいですが、青焼き図面です。

それも経年の感光による変色や度重なる印刷により、まるで歴史的書物のような年季の入りようなのです。その図面を読み取って今後の改修工事のことも考慮し、CAD(パソコンでの製図ツール)にてデータとして新たに描き起こす作業を行うこともありますが、使用しているCADが前職で使用していたソフトと違うことから、操作本を買って日々苦心しながら図面作成に奮闘しております。

図面の更新も含めての改修工事な訳ですね。まだまだ甘い部分があるのですが、箕面の建築の将来のために、後の世代も活用できる図面データを残せるように早いうちにCAD操作の技術を習得したいと思います!

【ブログのフロク「先輩と奮闘記!」】

今回が私の「新人奮闘記!」のスタートですが、決して新人ひとりで奮闘しているのではなく、先輩達からサポートを受けて日々奮闘しているわけです。

そこで、新人ブログ?こんな楽しいことは独り占めしたっていいことない!ということで、いかに良き先輩上司に囲まれて奮闘しているかをお伝えしたいと思い、恐る恐る建築室内の同グループの先輩達にブログ出演を依頼したところ、しぶしぶ快諾を頂きましたので、私のブログでは番外編「先輩と奮闘記!」を新人ブログの真摯な付録として、ちょっとお得な同時上映二本立てでお送りします!

まず第1回目は、松田 真幸 先輩です!

松田先輩は私と同様に民間企業の建設会社で長年現場監督を経験した後、昨年4月に入庁しました。去年度新規採用された中では最年長の42歳です。つまり、新規採用最年長者二連続投入の建築室なのです。松田先輩は現在工事進行中のとどろみの森学園や彩都の丘学園増築工事の監理という大役をこなしており、業務のアドバイスはもちろん人生の先輩としてプライベート面でもいろいろと助言を頂いています。また、業務以外でも週一回の市役所のバスケットボール部に参加したり、今年度新規採用の私達を歓迎して頂いた歓迎会では華麗なマイクパフォーマンスで会場を盛り上げてくれたとても活動的な先輩です。

そんな松田先輩は箕面ビールの銘柄に例えると、ボヘミアンスタイルで作られ、低温で長期間熟成を行ったすっきりとした爽快感と苦味が特徴ですが、爽やかというよりホップが際立つ優しい風味に溢れたみどりのラベルのピルスナー。

松田先輩、いつもアドバイスありがとうございます!言われたことは素早く飲み込みます!

 というわけで、長くなってしまいましたが、今回のブログはこのあたりで。

今回せっかくの機会を得た自分の1ページ×5回なので業務の紹介を含めつつあまり硬くならずに楽しみながら、地球にやさしく文面や言い回しのリサイクルにも心がけ綴っていこうと思います。

皆様、これからも箕面市のホームページを訪れた際には是非この新人ブログもぷらっと散歩していってください!どうぞよろしくお願いいたします!

37歳は若い!(と無理矢理思い込みたい!)まだまだ人生と箕面は夢だらけ!

ではまた2か月後、こちらでお会いしましょう!お約束。

次回は、最年長からうって変わって再びとても希少な新卒フレッシャー、箕面にぴったりなお名前の健康福祉部広域福祉課の中尾 楓さんです!よろしくお願いします!

あっ!中尾さん、フライングでひょっこりと。

 

じゃっ夏なんで。

海か?山か?プールか? いや まずは箕面川。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


#みのお新人ブログ  #ドキドキが止まらない  #ワクワクが止まらない

#え、みんなステキすぎちゃう!?  #いや、最年長俺やで

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。