箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

広域福祉課 北池です!

2018年05月28日 | 健康福祉部

初めまして。
健康福祉部広域福祉課の北池 彰大(きたいけ あきひろ)と申します。


これから5回にわたってこのブログに投稿させていただきます。
よろしくお願いいたします。

初回ということで、「自己紹介」と「広域福祉課とは」の2つを紹介させていただきます。

 

1、自己紹介
2016年4月から任期付職員として箕面市役所に入庁し、昨年秋に実施された行政実務経験者採用試験を経て今年の1月から常勤職員として働いています。
よって箕面市職員として3年目を迎えたことになりますが、新規採用職員ということで、新たな気持ちで頑張りたいと思います。

趣味は野球観戦です。プロ野球を観るのももちろん好きですが、高校野球を観るのも好きです。
実は生まれも育ちも兵庫県の西宮市で、甲子園まで自転車で行ける距離に住んでいます。
今年の春の選抜は見に行けなかったのですが、夏の甲子園は見に行きたいと考えています。

 


2、広域福祉課とは
広域福祉課では主に福祉関係の施設やサービスを運営している事業者の指定や認可、指導監査などを行っています。
事業者の方々との関わりが深い業務なので、市民の皆様にはあまり馴染みのない課かと思います。
ですので、このブログを通して広域福祉課がどういう課なのかを紹介していければと思っています。

(1)事務所移転について
広域福祉課では箕面市だけでなく、池田市・豊能町・能勢町を含めた計2市2町の業務を行っています。
昨年度までは他市町の職員さんが箕面市に派遣される形で一緒に仕事をしていたこともあり、池田市役所の隣の豊能府民センタービル内に事務所を構えていました。
今年度からすべて箕面市の職員となり、事務所を移転することとなりました。
この前のブログで本沢さんがちらっと触れてくれていましたが、一昨日の土曜日に引っ越し作業をし、本日5月28日より箕面市立総合保健福祉センター(みのおライフプラザ)に広域福祉課の事務所が移転しました!

自宅からの距離が遠くなり通勤が大変にはなりますが、ようやく箕面市内で働けることとなったので、気持ちを引き締めて頑張りたいと思います!

 

(2)担当業務について
現在担当している業務は大きくわけて、「社会福祉法人の設立・認可、指導監査」と「児童福祉施設の指導監査」の2つになります。
今回のブログでは「社会福祉法人の概要」について紹介させていただきます。

社会福祉法人は社会福祉事業を行うことを目的として社会福祉法に基づいて設立されている公益性の高い非営利法人です。
社会福祉事業には主に高齢福祉、障害福祉、児童福祉の3つの分野があり、これらの分野の中で社会福祉法人は施設やサービスを運営しています。

これが第1種社会福祉事業の一覧です。この他に第2種社会福祉事業もあり、老人デイサービスや障害福祉サービスなどが該当します。


公益性の高い法人ということもあり、税制優遇や補助金の交付を受けることができます。
しかしその一方で、新しく事業を行う場合に所轄庁(箕面市)の認可が必要であったり、事業で出た剰余金の使い道に制限がかかったりと、厳しいルールで縛られている面も多くあります。
また、運営が適正に行われているかどうか定期的に所轄庁による監査も実施されています。
社会福祉に貢献できるように手厚い支援を受けながらも多くの制約を受けて社会福祉法人が運営されています。 

 

 

まとまりのない内容になってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

次は新卒でフレッシュな議会事務局の吉田さんです!吉田さんよろしくお願いします!

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


地域包括ケア室 本沢です!

2018年05月25日 | 健康福祉部

 みなさま、はじめまして。

健康福祉部地域包括ケア室 保健師の本沢と申します。

 

 

 

 

第1回目ということで、

1.自己紹介

2.お仕事紹介 

 をさせていただきたいと思います。

 

 

1.自己紹介

 総合病院で働いた後、青年海外協力隊で2年間発展途上国で活動をしました。平成29年4月から任期付職員として採用され、平成30年1月から常勤職員として勤務させていただいています。昨年度は高齢福祉室に在職しており、保健師としては2年目となります。まだまだ未熟者ですが、明るさと笑顔で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

 趣味は旅行です。国内外は問わず旅行に行きます。去年はなかなか行くことが出来なかったので、今年は時間を見つけてどこかに行きたいなぁ、と思っています。

 青年海外協力隊の時は、スペイン語を話していましたが、帰国してからスペイン語を話す機会がなく、徐々に忘れてしまっています。しかし、箕面市ではスペイン語圏であるメキシコのクエルナバカ市と国際友好都市の提携をしており、毎年のようにメキシコのかたが箕面市へ来られ、交流があります。そのような機会を通じてスペイン語でお話しをすることができたらいいな、と考えています。

 

 

2.お仕事紹介

 私が所属する地域包括ケア室は箕面市立病院の隣にあるみのおライフプラザ(箕面市総合保健福祉センター)にあります。

 地域包括ケア室は、平成30年4月から高齢者と障害者の相談・対応を一つの組織のもとにおこなえるよう健康福祉部に設置された新しい室で、高齢分野の地域包括支援センターと障害分野の基幹相談支援センターの機能をもっています。2つの分野を一括して担うことにより、障害者が高齢になっても切れ目なく支援を受けていただけるよう連携体制を強化し、よりきめ細やかに高齢者や障害者に対する相談対応や支援を進めています。

 また、昨年度までは箕面市には4つの高齢者くらしサポート(地域包括支援センター)がありましたが、この4月から市直営の高齢者くらしサポートが増えて5つになり、その新しくできた「中西部高齢者くらしサポート」に所属しています。

 

私たちの主な仕事は、高齢者のご家族からの“困っている”、ご近所のかたや民生委員さんからの“困っていそう”ということから始まります。ご自宅までご本人にお会いしに行き、ご本人の状態や状況を確認、またどういうことに困っているのかということを把握し、困りごとの解決に向けて話し合います。しかし、まわりのかたがたの心配をよそにご本人は「困っていない」とおっしゃることもあり、スムーズにいかないことも多々ありますが、日々笑顔と根気でがんばっています。

また、地域の集まりに呼ばれて、健康教育をすることもあります。この前は『熱中症』についてお話をしました。これから暑くなりますので、みなさま熱中症にはお気を付けください。

以上のように、市民のかたと接する機会が多く、また市内に出ていることも多い仕事です。どこかで私を見かけたら、声を掛けてくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 明日、みのおライフプラザに広域福祉課が移転してきます。次は、その広域福祉課に所属している北池さんです。忙しいだろうけど頑張ってくださーい。では、よろしくお願いします!

  

 

 

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


道路管理室 山地です!

2018年05月21日 | みどりまちづくり部

新人ブログをご覧の皆様、初めまして!

みどりまちづくり部道路管理室山地 康太(やまぢ こうた)と申します。

これから1年間、箕面市新人職員としての奮闘ぶりをおつたえできればと思います。どうぞよろしくお願いします。

今回、人生初めてのブログというものをかきますので、自己紹介道路管理室の業務について紹介させていただきます。

 

1.自己紹介

私は生まれも育ちも北摂の高槻市です。大学は和歌山の大学で「情報通信システム」について学びました。

大学卒業後、平成27年度より箕面市役所で任期付職員として入所し、2年と半年の歳月を経て平成29年10月に常勤職員として採用されました。

入庁1年目は総務部財政経営室に配属され、2年目から現在まではみどりまちづくり部道路管理室に在籍しています。

学生時代は野球に勤しみ、小中高と野球に青春を捧げていました。現在は市役所のソフトボールチームに入り、先輩方や同期の子たちと汗を流しております。

見た目とは裏腹に現在26才と今年度入庁の新人職員の中でもヤングチームになりますので、若々しく活力を前面に出して仕事に励んでいけたらと思います。

 

 

2.道路管理室の業務(1)

道路管理室には様々な種類の業務があり、このブログで色々と紹介することで、読者の皆様に知っていただければと思います。

まず今回紹介するのは「放置自転車」に関する業務です。

 

みなさん、買い物や食事などのちょっとしたとき、お店の前の道路上に自転車を停めたりしていませんか?

「少しくらいなら大丈夫だろう」という気持ちで自転車を放置すると、歩行者の邪魔になったり危険な事故が発生する可能性があります。

そのような放置自転車に「ここに停めてはいけません」と警告し、それでも放置されている自転車については撤去するのが道路管理室の業務です。

 

 ここで昨年度に取り組んだ箕面駅前での事例をご紹介します。

昨年10月に、放置自転車があり歩道を歩きにくいとの通報があり現地を確認しに行くと...

 

 

 

 

このようにたくさんの自転車が放置されていました。

対策として、自転車へ「ここに自転車を停めてはいけません」と警告し、お店にも「ここに自転車を停めさせてはいけません」と指導を行いました。

また現地には、自転車を放置してはいけない旨の掲示を行いました。

 

その結果が...

 

 

 

今では放置自転車もなくなり、きれいな歩道になりました。

 

箕面市には、阪急電車箕面線の各駅前に市営駐輪場があります。

駐輪場は停めてから90分は無料となっていますので、道路上に自転車を停めず駐輪場をご利用ください。

 

 

2.道路管理室の業務(2)

先日の南部君のブログにもありました危険箇所・問題箇所点検に行ってきました。

私は萱野東小学校区の危険箇所を、市民のかたや青少年指導員のかたと一緒にまわりました。

 

 

 

校区をひと通りまわった後は、萱野東小会館灯ろうの家で報告会を行いました。

 

 

報告会では市職員では気づかないような危険箇所がたくさんあがっており私もとても勉強になりました。

参加されている地域の皆さんの「子供の安全を守る」という熱意を感じる1日でした。

私もこれから1つ1つの仕事に熱意をもって取り組む職員になれるよう、日々精進してまいります。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次回はしっかりもののお姉さま、地域包括ケア室の本沢さんです。

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


情報政策室の堀部です

2018年05月18日 | 総務部

はじめまして。
総務部情報政策室の堀部 真衣子(ほりべ まいこ)と申します。

これから5回ほど、この新人奮闘記に投稿させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

初回は、簡単な「自己紹介」と直近で経験した「福祉体験研修」について、お話をさせていただきます。

1.自己紹介
♦これまでの経歴♦
私は大学卒業後、約1年間飲料メーカーで勤務し、岡山県の各スーパーで自社商品の売り場をもらうための交渉や、販売促進のためのポスターなどを作っていました。箕面市には平成28年4月から入庁し、約2年間任期付き職員として在籍した後、今年の1月に晴れて常勤職員となりました。所属の部署は、入庁当初から現在に至るまで総務部情報政策室に在籍しています。

♦現在の仕事♦
現在の仕事内容については、次回のブログ担当時に詳しくお話する予定ですが、現在私が在籍している情報政策室では、ICTに関わる専門知識などが必要となり、ICTに関する参考資料を何時間も調べてやっと理解できることがたくさんあります。そのため、仕事で疲れた時には運動をするなど一度気分をリフレッシュして『また明日も頑張ろう!』という前向きな気持ちを大事にしています。
私の趣味は、泳ぐことが自分にとっての一番の気分転換になるので、週に一度箕面市内のプールに泳ぎに行ってます。


以上、簡単になりますが私の自己紹介とさせていただきます。

 

2.福祉体験研修
新人研修の福祉体験研修において、私は「すきっぷ」という障害者作業所で5月9日~11日の3日間お世話になりましたので、その紹介をさせていただきます。
「すきっぷ」は、障害のあるかたが自立し、地域で安心して生活、社会参加できるよう日々支援している就労支援作業所です。


基本的にこの作業所では、利用者がタオルの袋詰め、商品シール貼りの加工やクッキーなどの製菓の製造、販売をしています。

以下は、利用者のタイムスケジュールです。

■利用者の1日の流れ
9:30~出勤(タイムカード登録)
10:00~朝礼(作業開始のあいさつ、事務連絡など)
10:10~業務開始 ★具体的な作業内容は別途記載しています。
12:00~お昼休憩(コップ・机の準備~片付け)
13:00~業務再開
※合間に30分の休憩をはさむ。
15:30~業務終了・清掃作業
16:00~終礼(作業終了のあいさつ、その日の業務内容の報告、事務連絡など)
16:15~退勤(タイムカード登録)

★具体的な作業内容
1タオルの袋詰め・値付け
2クッキーなどの製造・袋詰め・販売
3箕面浄水場管理棟及びライフプラザの清掃
他にもたくさんの業務がありますが、4つの班に分かれて各業務を行います。

「すきっぷ」では各作業を行ってもらうだけでなく、他の利用者とのコミュニケーションを通して、生き生きと活動を行い、生きがいも見いだしてもらうことも目的としています。

3日間利用者の方と作業を行い、一人一人が懸命に作業に従事し、お互いに助け合いながら働く姿に感銘を受けました。また、職員のみなさんも少し難易度の高い作業は利用者のかたが簡単に作業ができるよう事前に工夫をしていたり、作業時において利用者の心情の変化などにも即座に気づき、声をかけるなどの気遣いが感じられました。
私もみなさんのように一つ一つの業務において懸命に取り組み、小さなことにも気遣いができる職員になりたいと思います。

ここで少し宣伝になってしまいますが、作業内容の『クッキーなどの製造・袋詰め・販売』では、写真ゆずるクッキーなどを製造・販売しています。

(引用:箕面逸品ホームページhttp://ippin.minoh.net/archives/item_1526


他にもたくさんありますが特に私はこのクッキーがおすすめです!
こちらのクッキーは箕面市内のスーパーKOHYOで販売されています。また、毎月第三金曜日には箕面市役所本館の地下1階食堂の前でも販売を行っています。ゆずのほのかな香りと甘みが特徴のさくさくクッキーを是非一度ご賞味ください


ここで福祉体験研修についての内容は終わりとなりますが、最後にこの場をお借りしてお礼を言わせてもらいます。


「すきっぷ」のみなさん
3日間貴重な経験をさせていただきほんとうにありがとうございました。

 

私はまだまだ未熟者ですが日々学んだことを忘れず、箕面市職員として立派に成長出来るよう努力しますのでよろしくお願いいたします。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次回の新人奮闘記の担当者は、いつも陽気な道路管理室の山地さんです。
よろしくお願いいたします。

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


箕面営業室の鬼束です

2018年05月14日 | 地域創造部

初めまして。
地域創造部 箕面営業室の鬼束 拓実(おにつか たくみ)と申します。
これから1年間、5回にわたり、「新人奮闘記!」でお目にかかる予定です。

実は、このブログを投稿するのが箕面市役所に入ってからの目標でした。
目まぐるしく過ぎる毎日の中で学んだことや感じたことをお届けします。
初回の内容は以下のとおりです。

◆自己紹介
◆清掃体験研修
◆イベント告知

◆自己紹介
私は九州の宮崎県日南市で生まれ育ち、大学進学をきっかけに箕面市へ引っ越しました。田舎者の私にとって大阪でのひとり暮らしはとても不安でしたが、豊かな自然と程よい住環境に恵まれた箕面市だったからこそ、大学生活を無事に終えることができました。

大学を卒業したあと約5年半、民間企業に勤めました。そして2016年11月から、任期付職員として箕面市役所に入庁し、2017年10月から、常勤職員として採用されました。

社会人になったばかりのころ、国民健康保険の手続きのために豊川支所へ何度か足を運んだ時に、職員のかたが、制度のしくみや内容について丁寧に教えてくださったおかげで、必要な手続きをスムースに済ませることができました。これが、箕面市職員を目指すきっかけとなった経験です。

入庁してからというもの、上司や先輩職員、関わりのあるかたにいつも支えていただいています。市民のみなさんが安心し信頼できる職員をめざし、素直な気持ちと前向きな性格で、これからも頑張ります。

昔から歌うことが大好きで、カラオケによく行きます。好きなアーティストは宇多田ヒカルさんで、詩のような美しさを持つ彼女の歌詞にハマっています。飲料水のCMで流れている新曲を聴きながら、来月発売予定のアルバムを心待ちにしているところです。

◆清掃体験研修
箕面市役所でのさまざまな研修のうち、「清掃体験研修」について、今回はお話しします。この研修は、現場で働かれている職員のみなさんと一緒にごみ収集車に乗って作業を行いながら、市民サービスの根幹である家庭ごみの回収などを体験するものです。

4月9日(月曜日)から20日(金曜日)までの2週間、環境クリーンセンターで、主に次のようなことを学びました。

◇家庭から出されたごみの回収
 ・燃えるごみ
 ・不燃ごみ、危険ごみ、大型ごみ
 ・ペットボトル(スーパーでの回収を含む)
◇箕面市内の小中学校や幼稚園、保育園から出された調理くずの回収
◇環境クリーンセンターにごみを持ち込まれたかたへの案内、精算
◇環境クリーンセンター内の見学
◇リサイクルセンターで缶、瓶の選別作業

この研修を終えて私が感じたことは2つあります。
1つ目は、環境クリーンセンターの職員のかたが、市民のみなさんのことを常に考え、安全第一での作業を心がけていらっしゃったことです。

3名で収集車に乗り、ごみの取り残しがないように注意しながら、共同作業で効率的に回収を進めていました。また、大きな収集車を運転するにあたって、車が曲がる時や後進する時には、助手席に座っているかたが車の外を必ず確認し、運転手に声をかけていました。安全第一を心がけながら作業される姿にとても感心しました。

2つ目は、缶や瓶、ペットボトルをごみに出す前に、容器を水洗いすることが大切だということです。なぜなら、回収されたごみは、環境クリーンセンターとリサイクルセンターで、職員の手によってさらに選別されるからです。

回収された大量の容器の全てに目を通し、それ以外のものを取り除く作業は、気が遠くなるような大変な作業です。そのうえ、容器が水洗いされておらず汚れていると、強烈な臭いを発します。私は、作業服と手袋を汚しながら選別を行うことで、容器を水洗いすることの大切さに初めて気づきました。正しくごみを出すことは、ごみを回収し選別するかたの手間を減らすことにつながります。

ごみの分けかた・出しかたについて、この機会に箕面市ホームページで今一度ご確認ください。
https://www.city.minoh.lg.jp/seibi/02_howto/00how_to_top.html

このたび、環境クリーンセンターのみなさんには、貴重なお時間を割いて、いろんなことを教えてくださいました。私たちを優しく迎え入れてくださったことに、心から感謝します。

写真は、2週間の研修を共に乗り切った同期と撮ったものです。私たちはAグループでしたので、みんなで「A」ポーズ!みんなのことを知って、仲を深めることができました。

◆イベント告知
さて、夏に向けて半袖を用意していると、外で体を動かしたい気分になりますよね。窓の外では箕面の新緑がキラキラと輝いて、私たちに「遊びにおいで~」と手招きしているようです。

こんな時期にぴったりのイベントが、5月26日(土曜日)、阪急箕面駅から箕面大滝までのエリアで開催されます。

「クイズで巡る!箕面公園お手軽ハイキング」

当日の10時00分から12時30分までに、阪急箕面駅前の野外ステージで地図をゲットしたあと、箕面公園内の各ポイントでクイズを解きながら瀧安寺前広場にゴールすると、箕面の特産品や、箕面市PRキャラクター「滝ノ道ゆずる」のグッズが当たる抽選会に参加できます♪

参加費無料、抽選会は空くじなし!抽選の受付時間は、15時30分までです。定員は、先着500名までですのでお早めに!

コースは、「ハイキングコース」と「おさんぽコース」の2つからどちらかをお選びいただけます。「ハイキングコース」では、未舗装のハイキング道を歩きますので、ハイキングに適した靴、服装でご参加ください。

薫風吹き渡るいまの季節に、ハイキングはもってこい!ぜひ箕面へお越しいただき、エネルギーに満ちあふれる新緑をお楽しみください♪

詳しくは、「ぷらっと 箕面さんぽ」のホームページをチェック!
http://minohkankou.net/news/events/meijinomori_sinryokucarnival2018/

箕面公園へお越しいただく前に、こちらもあわせてご確認ください。

…と、このような観光PRや、箕面市に住んでいただくためのPRが、箕面営業室の業務のひとつです。詳しくは次回以降にお話しします。

そろそろお別れの時間です。7月末ごろ、またお目にかかりましょう。
次回の「新人奮闘記!」担当は、総務部 情報政策室の堀部さんです。明るい笑顔がとっても素敵。お楽しみに。

箕面市では、4月から7月まで、「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」統一キャンペーンを実施中です。


高齢福祉室の川上です!

2018年05月11日 | 健康福祉部

みなさま、はじめまして。
 
健康福祉部高齢福祉室の川上 萌(かわかみ めぐみ)と申します。

川上自己紹介写真 

1年間で5回ブログを担当させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。


今回は初回ということで、

1.自己紹介

2.福祉体験研修

について紹介させていただきます。


 
1.自己紹介

私は箕面市出身ではありませんが、
箕面大滝に家族で何度も訪れており
幼い頃にサルに食べていたお菓子を奪われた記憶が強烈に残っています。
今はサルを見かけることは以前より減りましたが、
昔と変わらない豊かな自然を眺めると様々な思い出がよみがえってきます。

所属している健康福祉部高齢福祉室では

介護認定に関する業務

に携わっています。

実は今年度の新人職員ではありますが、
箕面市役所には2012年から任期付職員として入庁しており、
市役所経験は7年目、介護認定の業務に携わって2年目になります。
フレッシュ!というにはやや厳しいかもしれませんが、
気持ちも新たに職務に励んでいきたいと思います。

 

2.福祉体験研修

谷邊さんのブログでも紹介されていましたが、
4月から5月にかけて新規採用職員が様々な場所で研修をさせていただいています。
私は4月23日から4月25日の3日間
「箕面市障害者雇用支援センター」でお世話になりました。

箕面市障害者雇用支援センターのHPはこちら(外部サイトにリンク)

箕面市障害者雇用支援センターは、
ふれあい就労支援センタージョブアシストみのおの3階にあります。

 ジョブアシスト箕面外観

 

3階の入り口にある大きな看板が目印です。

 

箕面市障害者雇用支援センター看板

 

箕面市障害者雇用支援センターでは、
箕面市内外から手帳の種別に関係なく全ての障害のあるかたを受け入れており、
2年間という利用期間内での就労を目指したトレーニングを行っています。
 
トレーニングには、ボールペンの組み立てや値札の仕分けなど様々なものがあり、
どれも実際の職場での業務に近い内容になっています。
 

 作業内容写真

 作業棚写真

 

このような施設内のトレーニングや企業内での実習などを通して、
得意なこと、苦手なことをセンターの職員と一緒に確認しながら
一人一人にマッチングした仕事内容や職場環境を検討し就職へと結び付けていきます。

就職後についても
先ほどの入り口の写真に一緒に写っていた
「豊能北障害者就業・生活支援センター」とともに
定期的に状況を確認し、本人だけでなく事業主に対しても
継続的な支援を行っています。 
 
訓練生の皆さんと過ごす中で、
その訓練中の姿勢や会話から

「就職して自立する」

という意識の高さが伝わってきました。
そして、センターの職員が一人一人の適性をしっかりと見極めて的確なアドバイスをする様子から、
訓練生が「長く働き続ける」という目標を実現するために二人三脚で取り組んでいるということが実感できました。
 
私も訓練生の皆さんと同じように業務にひたむきに励み、
また、センター職員の皆さんのように誰かをサポートできる職員になれるように
努力していきたいと思います。
 
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

次回は地域創造部箕面営業室の鬼束(おにつか)さんです。お楽しみに!

 

統一キャンペーン画像

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


道路整備室 南部です

2018年05月07日 | みどりまちづくり部

 みなさま、はじめまして。

 みどりまちづくり部道路整備室の南部(なんぶ)と申します。 

 これから1年間計5回このブログを掲載させていただく予定です。
 よろしくお願いします。

 今回は初回ということで(1)自己紹介と(2)道路整備室の業務について
  紹介したいと思います。

(1)自己紹介
 大学卒業後、民間企業等で約7年間勤務し、不動産の売買仲介、
  宅地造成設計や土地家屋調査士業務に携わってきました。
 箕面市役所には昨年12月に入庁し、現在に至ります。

(2)担当業務について

 みどりまちづくり部道路整備室では、都市計画道路の整備や
  通学路の安全対策等を行っています。
 今回は「通学路安全対策事業」について紹介したいと思います。

 通学路安全対策事業は、市内14小学校区において、
  毎年度6月頃に各校区の青少年指導員が中心となって、
 青少年を守る会、PTAなど地域団体のかた、市、警察、教育委員会で、
  危険個所・問題個所点検を実施し、通学路要対策箇所に対して、
  路面標示、カラー舗装、横断防止柵、カーブミラーの設置などの
  安全対策工事を実施する事業です。

 昨年度、実際に私が担当した事例をご紹介します。 

[自転車の安全対策]
 自転車で通学される生徒がいらっしゃる箕面市立第四中学校の通学路で
  安全対策を実施しました。

 対策前は、自転車の走行位置が明確でないため、
  自転車と歩行者の接触事故の発生が考えられる状態でした。

(対策前)

 そこで、区画線及びカラー舗装により自転車走行位置の明確化し、
  自転車と歩行者との接触事故の防止を図りました。

(対策後)

 今年度も、市内各所にて、交差点改良や横断防止柵・カーブミラー、
  警戒標識の設置などの実施を予定しております。

 事業実施に際してはご不便をおかけすることがあるかと思いますが、
  ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 次回は健康福祉部高齢福祉室 川上さんです。

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


保健スポーツ室 福村です!

2018年05月02日 | 健康福祉部

谷邊さんご紹介ありがとうございます!

新人ブログ2人目を掲載させていただきますのは、

健康福祉部(併任:子ども未来創造局)保健スポーツ室の福村あすかです。

今年の3月まで専門学生をしていた何も分からない新社会人なので、毎日が新しい事だらけです。

 

ではここで、簡単に自己紹介をさせてください!

私は大阪府の柏原市で生まれ育ちました。

ですので、まだ箕面市の土地勘がないので早く箕面市の土地勘をつかみたいです。

休日はお家でダラダラ過ごすことが好きなので、基本インドア派です。

でも今年は同期の皆さんや学生時代の友達と色々旅行などに行きたいな~と考えています!

 

 

私が所属する健康福祉部は本庁舎ではなく、みのおライフプラザ(箕面市総合保健福祉センター)にあります。

ライフプラザは市民の健康の保持増進及び福祉に係るサービスを推進するための拠点施設です。

私の保健スポーツ室では、健康長寿と健康スポーツに係る企画や調整を行っています。

具体的には、健康で長生きすることを目指して、様々な運動教室やスポーツ大会などのイベントを開催するだけでなく、気軽にお出かけ、ちょっと身体を動かしてみようと、市民の皆さんに思っていただけるようにお出かけのきっかけづくりに知恵を絞っています。

ちょうど今、競技スポーツでは野球やソフトボール、テニスにバドミントンなど、日頃の練習の成果を試せる春の市民体育大会を開催しています。

いきなり競技スポーツなんて…という皆様には、気軽に健康づくりに取り組める方法のひとつとしてラジオ体操をおすすめしています。

ラジオ体操をしてスタンプを集めると、滝ノ道ゆずる缶バッジがもらえるんです!!

どなたでも参加できるのでぜひぜひ皆さんで缶バッジを集めましょう!

歴代の缶バッジ一覧がこちらです!

ラジオ体操は市内24カ所で実施しており、時間帯も違うので詳しくはこちらからご確認ください。

ライフプラザでも平日の朝8時40分から総合保健福祉センターアトリウムで行っています。

私も毎回参加していますので、お時間に合うかたはぜひぜひご参加ください!

ラジオ体操の様子がこちらです。 

 

 

 

そして私は、4月29日に先ほどご紹介した春季市民体育大会の卓球の部を見に行ってきました。

白熱した戦いでワクワク、ドキドキする試合ばかりでした。私も中学生の頃に卓球をしていたので、とても参加したくなりました。

参加された皆さま、運営の卓球協会の方々、箕面市とともに主催されている体育連盟の方々、暑い中お疲れさまでした!!!

 

 

プライベートでは先日、同期の皆さんとご飯に行ってきました!

幹事をしてくれた、鬼束さんありがとうございます。

これからも各所属先で頑張っていきましょうね!

 

初めてのブログでしたがご覧いただきありがとうございました!

この1年間、何回か登場するのでこれからもよろしくお願いします。

 

次回は、みどりまちづくり部道路整備室の南部さんです。

南部さん、お願いしまーす!

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


国民健康保険室の谷邊です!

2018年05月01日 | 市民部

平成29年度新規採用職員の先輩方からバトンを受け取り、本日から
平成30年度新規採用職員による「箕面市役所 新人奮闘記!」
がスタートします。

私は、その第1回目を書くことになりました
市民部国民健康保険室の谷邊耕太(たにべこうた)と申します。

 

これから1年間よろしくお願いします!
流し読みや、飛ばし読みでも大丈夫なので、少しでもご覧いただけると幸いです。

今回は、初回ですので簡単に自己紹介、仕事内容、新人研修の3点について書きたいと思います!


1. 自己紹介

私は豊中市で生まれ、豊中市で育ってきました。ちなみに今も住んでいます。
大学を卒業後、箕面市役所に任期付職員として入庁し、2年間現在の部署で                                                             働いていました。
ですので、新規採用1年目(3年目)職員ということになります。笑
しかし、仕事や研修、このブログの執筆も含めて、初めて経験することばかりですので、                                                      気持ちを改めて頑張りたいと思います!

続いて趣味ですが、読書と音楽を聴くことです。(本当です笑)
1人でできる趣味ばかりですが、誰かと遊んだり話したりすることも好きなので、職場での飲み会などのイベントには積極的に参加しています!

先日は、新人歓迎会で1年目の同期と飲みに行く機会があり、本当に楽しかったです!
(私自身、お酒はあまり強くありませんが。。。)

これは、その時の2次会の写真です。                                                                ど真ん中にいるのが私です。写真ではわかりませんが、かなり酔っています。笑                                                                                                                                                             

撮影してくれたのは同期の尾崎さんです!
尾崎くんありがとう!
また、皆で集まれる日を楽しみにしています!

 

2. 仕事内容

私の所属してる国民健康保険室の仕事内容について、簡単に紹介します!

Q. そもそも国民健康保険とは?

国民健康保険は医療保険の一種です。
医療保険には、必ず加入しなければならない「公的医療保険」、任意で加入する「民間医療保険」(テレビのCMでよく流れているがん保険や生命保険などです)の2種類があります。
国民健康保険は公的医療保険のうちの1つです。公的医療保険は大まかに3種類あり、

いずれかに必ず加入しなければなりません
加入対象者の条件には例外もありますので、一度ご自身がどの保険に加入されているか、お手元にある保険証をご確認してみてください!
ちなみに箕面市の国民健康保険に加入されているかたには、次の写真のような保険証が交付されています。

箕面市のゆるキャラである「滝の道ゆずる」がプリントされています!

Q. 加入することでどんなメリットがあるのか?

公的医療保険に加入していることで、病院にかかった時にご自身で負担する費用が抑えられます。
また、他にも様々な制度やサービスを利用することができます。それらについては、次のブログの機会に説明したいと思います。


3. 新人研修(福祉体験研修)

新規採用職員研修の一環で、私は箕面市内にある「もみじの家」という生活介護事業所に4月23日~4月25日の3日間、お世話になりました。

利用者のかたと一緒に仕事をしたり、レクリエーションを楽しんだりと充実した3日間でした。
どんな仕事をしたかというと、箕面市指定ゴミ袋の製袋作業です。
下の写真のようなゴミ袋を10枚ごとに4つ折りにして、別の袋に入れていく作業を行いました。

皆さん本当に手際が良く、私が作業工程に入ったばっかりに、いつもより作業ペースが落ちてしまったと思います。本当にすみませんでした。。。
レクリエーションでは、歌を歌ったり、調理実習をしたりと、非常に楽しい時間を過ごすことができました。

職員のかたも利用者のかたも気さくに話しかけてくださり、とても居心地の良い事業所だなと感じました。
生活介護事業所での職員、利用者の1日というものを肌で感じることができ、大変貴重な経験をさせていただきました。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

今回の内容はこれで以上です。
次回の新人奮闘記は、なんと明日(5月2日)です!
そんな次回を書いてくれるのは、健康福祉部保健スポーツ室の福村さんです!
福村さん、よろしくね!

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。