箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

こころのいたわり月間

2018年02月26日 | 健康福祉部

みなさん、こんにちは。

地域保健室 市場です。

 

2月も残りわずかとなり、あと数日で3月に入りますね。

 

ここ最近は日も長くなり、日差しもポカポカとして天気の良い日は特に春の訪れを感じられる事が多くなってきました。

 

ついつい春服を着て出かけたくなりますが、昼夜の差もあります。

 

是非、体調には気をつけてお過ごし下さいね。

 

さて、今回のブログでは3月1から地域保健室が主体となって実施する「自殺対策強化月間」についてお話をしたいと思います。

 

「自殺対策強化月間」とは、平成22年から国において定められているもので、

 

一年間のうち自殺者の最も多い「3月」に国、市町村、関係団体、民間団体等が連携し、そして中心となって自殺予防のための啓発活動を行うものです。

 

箕面市ではこれに合わせて、

 

『相談したいけれど、相談先が分からない』

 

『すこし、気持ちが落ち込むな~』

 

など一人で悩んでおられるかたに、『少しでもメッセ-ジが届くように』という思いから、

 

市役所内だけでなく、多世代交流センタ-スカイアリ-ナ図書館などにも旗やチラシを設置しています。

 

 

 

 

 

3月は特に、進級や進学、就職、転職、決算時期など多くのかたにとって転機になる季節ですが、

 

この時期は急激な環境の変化が負担となって、特に体調を崩すかたが多いといわれています。

 

 

 

みなさん体調はいかがですか??

 

ご飯をおいしく食べれていますか?

 

眠れていますか?

 

 

 

まだ大丈夫。まだ大丈夫。

 

と思っているうちに、どんどん心が疲れてしまうこともあります。

 

自殺を図ったかたの直前の状況をみると、大多数はうつ病などの精神疾患を発症していることも分かっています。

 

気力や頑張る気持ちだけで耐えるには限界があります。

 

一人で悩むよりも、皆でその悩みが少しでも楽になるように考えませんか?

 

相談機関はたくさんあります。どこでもかまいませんぜひ、ご連絡ください

 

*こころの耳 働く人のメンタルヘルス・ポ-タルサイト

 

*大阪府 自殺対策ホ-ムペ-ジ

 

*大阪府妊産婦こころの相談センタ- 

 

*箕面市 ホ-ムペ-ジ

 

  

また、もし、いつも顔を合わせる

 

お父さん、お母さん、兄弟、姉妹、子ども、友だち、先輩、後輩・・・

 

自分に身近な人が、元気が無かったり、いつもと違う様子だったら、一言「どうしたの?」と声をかけてみて下さい。

 

そして、もし、声をかけたかたが悩みを打ち明けてくれたら、否定せずに、ゆっくり話を聞いてください。

 

そして、相談窓口を紹介してください。

  

自分の事も、自分の大切な人のことも、皆で皆を支えることができれば、

 

自殺に追い込まれる人も減るはずです。

 

まずは、悩んでいる人に気づいてください。

 

そして、声をかけてください。

 

 

 

このように、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげながら、見守ってくれる人のことを「ゲートキーパー」と言います。

 

市では、「ゲートキーパー」に関する講座を設けています。

 

3月22日(木曜日)13時から総合保健福祉センターで行います。

 

興味のあるかたはぜひ、ご参加ください。

 

申込先は、総合保健福祉センタ-総合窓口(みのおライフプラザ総合窓口)(電話:072-727-9550)です。

 

皆様のご参加、お待ちしています。

 

 

 

 

さて、今回のブログで、新人ブログの担当は最後となりました。

 

この一年振り返ると、仕事では先輩、同期はもちろんのこと、業務で関わりのある市民のかたにもたくさん支えていただき、本当に周囲のかたに恵まれた一年だったと思います。

 

来年度はこの一年、自分自身が助けていただいたことを周囲に返していけるよう、より一層気を引き締めて業務と向き合っていきたいと思います。

 

一年間読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

次回の担当は、3月2日 みどりまちづくり部農業振興課 福永さんです♪

 

 

 

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 

 

 


早いもので、1年が過ぎようとしています・・・

2018年02月23日 | 総務部

みなさん、ご無沙汰しております!

総務部人事室の吉田です!4回目で、最後の投稿となりました。

早いもので、入庁してまもなく1年が過ぎようとしています。

連日、オリンピックでの日本勢の活躍に興奮して、若干の寝不足気味ですが、

みなさんはいかがでしょうか

 

人事室の業務としましては、平成30年度採用の新入職員に向けて

本日内定者オリエンテーションを実施いたします。

その資料を準備しておりますと、昨年、自分自身が内定者として参加した際の

ものがたくさん出てきて、感慨深いものがありました。

今日も期待と不安を持ってやってくる内定者に、早く箕面市で働きたい!

思いたくなるようなオリエンテーションとなれば良いなと思っています。

 

今年度は個人的に激動の年でした。

  転職、                引っ越し、          人事室への配属

 

そして、1月に次女が生まれたこと。

 

新たな家族の誕生を喜ぶとともに、ますます責任感をもって

日々過ごさなければと思います。

箕面市職員としても後輩を迎え、このまま研修担当をするのならば

より一層の責任感とともに、公務に励みたいと思います。

最高の同期と、素晴らしい先輩に支えられながら、頑張ります!

 

と、まじめな一面を見せましたが、最後に一言、

 

「箕面市に転職してよかったー!」某俳優風に)

 

これを読んでくださったかたが、本市を志望してくだされば

これ以上の喜びはありません!

採用試験へのチャレンジお待ちしております♪

1年間ありがとうございました!

 

次は、心優しき保健師 市場さんよろしく!!

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 1


新人ライブラリアン奮闘記 第4弾(最終回)~図書館に行かなくちゃ!~

2018年02月19日 | 子ども未来創造局

 

みなさん、こんにちは!

中央図書館の羽藤です。

 

この新人ライブラリアンブログも今回で第4回目、そして最後の書き込みとなりました!

今まで読んでくださった方々、本当にありがとうございます。

ブログを投稿したのは初めてで、稚拙な文章でお恥ずかしい限りでしたが、

毎回とても楽しみながら投稿させていただいてきました。

最後ということで、なにについて書こうか悩みましたが、、、

 

やっぱり!もっと箕面の図書館に来てほしい!!!

 

ということで、最後は箕面市立中央図書館の素敵な魅力をご紹介します!

図書館で働き始めておよそ1年。いろいろな方から、一般的な図書館についてのイメージを聞いてきました。

 

ざっくりと、

「本をじっと静かに読むところ(それしかできない)」

「ほこりっぽくて暗い」

「若者は行かない」

等々...

まあまあ陰なイメージ。悲しいです。。

 

これを機に、図書館のイメージを払拭してください!!

 

題して、、、

"図書館に行かなくちゃもったいない!"

POINT1   カフェのような空間でやすらぎのひとときを

中央図書館は、3年ほど前にリニューアルオープンしたばかり!

やわらかな照明とモダンな本棚がおしゃれ空間を演出し、

かすかに流れるBGMも心地よい響きとなって読書のお手伝いをいたします。

第1回目のブログでもご紹介しましたが、館内で飲食もOKなので(食事はくつろぎスペースのみ)、

館内にはこんな自販機も!最近機械が入れ替わり、スープや抹茶ラテなども飲めるようになりました!

こんな寒い時期、あたたかい飲み物片手に読書はいかがですか?

 

 

POINT2   清潔・安心の広々空間

毎朝、清掃業者が入り、開館までには掃除を終えているので、毎日とってもキレイ!

1階はフローリングのため、絨毯ほど足下で埃がまうこともなく、背の低いお子さんにもとっても安心。

 

 

POINT3   豊富なラインナップ

図書館には難しい本ばかりおいているイメージがありませんか?

そんなことはありません!様々なジャンルの本を取りそろえております。

例えばファッション雑誌等もこんなにたくさん。

 

いかがでしたか?これを見て少しでも図書館に親近感を感じ、足を運んでいただけると嬉しいです。

 

今後も図書館が市民のみなさんのステキな憩いの場、出会いの場となるよう努めてまいります。

箕面市立図書館をどうぞよろしくお願いいたします。

 

次回は吉田さんです。

 

 

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 

 


大阪府戸籍住民基本台帳事務協議会第74回研究会へ参加してきました

2018年02月16日 | 市民部

みなさま、ご無沙汰しております。市民部窓口課 佐々木です。
寒い日が続いていますが、お風邪など召されていませんか。

本日は、以下の内容でブログを書かせていただきます。
(1)大阪府戸籍住民基本台帳事務協議会第74回研究会(住民基本台帳法関係)について
(2)研修旅行について


(1)大阪府戸籍住民基本台帳事務協議会第74回研究会(住民基本台帳法関係)について

今までのブログで土曜開庁での証明発行コンビニ交付など、少しではありますが、窓口課の業務についてご紹介しました。

これらは主に住民基本台帳法及び、戸籍法という法律に基づいています。

そのうちの1つである住民基本台帳法関係の研究会に、先日参加してきました。

これは、大阪府下の各市町村が、窓口対応を行う際に疑問に思っていることや、実際に対応に苦慮した事例について話し合うという研究会です。

箕面市からは私のみの参加。

“よし、やるぞ!”と息巻いて事前に配布された研究問題に取り組みましたが、難解な内容が多く、どの参考資料を読んでも回答にたどり着けませんでした。

そのような状況で1年目の私が箕面市の代表として議論に参加するなんて何という重役…と不安にかられましたが、お隣の部署である戸籍住民異動室の先輩がたからも手厚くご指導いただき、当日は「分かりません」という言葉を使うことなく、研究会を終えられました。

どの市町村も、窓口にお越しになるかたの負担をいかに少なくするか、市民のかたの安全や権利を守るための対応をどのようにするかなど、窓口業務に関して慎重に議論を重ねて方針を決定していました。

また、昨年の6月には「戸籍事務従事者職員初級者研修」という戸籍法に関する研修を受講しました。

当初は、“そもそも戸籍って何?”という右も左も分からない状態で受講しました。

しかし、最終日のディスカッションでは自分で回答を用意することが可能になるほど知識を得ることが出来、修了時には戸籍に関するおおまかなルールを理解するにまでに至りました。

入庁後、このような専門的な外部研修を多く受講できるのはありがたいことです。

これらの研修で学んだことをしっかりと身につけ、市民のかたへの適切なご対応方法を素早く正確に判断できるよう、精進します。

(2)研修旅行について

最後に少しだけ遊びのお話しを…。

箕面市役所には各大学出身者で構成される大学の会があります。(決して派閥があるわけではないのでご安心ください!)

1月27日・28日に、所属している会の研修旅行で広島へ行きました。
千光寺、宮島、平和公園、原爆資料館、縮景園、お好み村と盛りだくさんの研修旅行でした。

大ベテランの先輩が多いなか、お気遣いは全くせず…それどころか、若手だけで行方不明になったり、体調が悪くなりご心配をおかけしたりと、ご迷惑をおかけしてばかりでしたが、楽しくのびのびと過ごすことができました。

本会の研修旅行は2年に1回です。
次回は、一緒に行ける会員が増えていることを期待して、ブログの締めくくりとさせていただきます。

さて、私の新人ブログは今回で最後です。

入庁して約10ヶ月が経ち、市役所によくご足労いただくかたには、そろそろ顔を覚えていただけた頃でしょうか。

「佐々木さんいますか?」と市民のみなさまに頼りにしていただけるまで成長するにはまだまだ時間がかかりそうですが、そのような職員になるべく、日々、努力を重ねていきます。

1年間ご精読いただき、誠にありがとうございました!

次回は子ども未来創造局 中央図書館 羽藤さんです。

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 

 


建設廃棄物のリサイクルについて

2018年02月13日 | みどりまちづくり部

平成30年度成人祭(平成31年1月14日開催)から、開式時刻が11時になります。

皆様こんにちは
審査指導室の谷川です。

 今月に入って、インフルエンザが更なる猛威を振るっていますね。
今できる予防に有効な手段として、手洗い、湿度の保持、睡眠、栄養摂取を心掛けています。

さて今回は、以下の2つについて書かせていただきます。

(1)箕面市成人祭にご協力いただいた団体・企業について
(2)建設リサイクル法について

 

(1)箕面市成人祭にご協力いただいた団体・企業について
 平成30年1月8日に箕面市で行われた成人祭について、たくさんの企業・団体から新成人に対し、協賛品のご提というかたちで当該成人祭にご協力いただきました。おかげさまで当日はたいへん盛りあがり、新成人の皆さんにとって、生涯忘れることのない一日になったことと思います。本当にありがとうございました。今回は、私が担当させていただいた協賛企業、箕面船場のタキスタさんをご紹介します。
箕面船場は、1970年に大阪市の船場から移転した問屋商人たちが形成した繊維団地であり、職住一体の繊維団地コムアートヒルとして、本町船場オフィスの物流部署を主に担いながら、これまでの長きにわたりまちづくりに寄与されてきました。
 
その箕面が誇る繊維のまち、箕面船場の一角にタキスタさんはあります。
 
今年も新成人に対し、協賛品としてオーダーメイドスーツをご提供いただき、社会人として活躍する上での思い出に残る品となりました。
また、新成人の特別な1日を彩るため、先着30名に対し、タキシードの無料レンタルもご提供いただきました。来年度もタキシードレンタル企画がある場合は、年末の【もみじだより】でお知らせしますので、今年成人を迎えるかたは是非、注目しておいて下さい。
 そんなタキスタさんをはじめ、魅力的な協賛で成人祭を盛り上げ、新成人に応援のメッセージをいただいたたくさんの協賛団体及び協賛企業のみなさまに、あらためて感謝しお礼申し上げます。

 


(2)建設リサイクル法について

 昨今は、団塊の世代が活躍していた時期や高度経済成長期に建てられた家がその役割を終え、解体されるケースが増えています。
そこで今回は、“戸建ての住宅を解体する建物所有者(発注者)の方々”に向け、守るべき法律「建設リサイクル法」についてご説明させていただきます。

 建設リサイクル法は、わかり易くいうと、解体により出た廃材やがれきなどのごみを、有効な資源に変えることでリサイクルを図るために作られた法律です。
 
建設リサイクル法の対象となるのは、コンクリート、木材、アスファルトなどを用いた建物で、床面積の合計が80平方メートル以上の戸建住宅となります。
※その他の対象物詳細は箕面市のHP【建設リサイクル法について】をご確認ください。

過去はこれらを埋め立て地等に何もかも廃棄しており、建設資材の縮減率は、平成7年で58パーセントでした。その後、平成12年に建設リサイクル法が公布され、平成24年度には96パーセントにまで引き上がりました。建設リサイクル法が制定され施行されて17年、現在では1年間で約1万4千件の届出があります。
 
■建設リサイクル法の目的
1.リサイクルの義務付け
2.解体業者(受注者)から建物所有者(発注者)への報告の義務付け
3.解体業者の、解体工事業等登録の義務付け
所有者としてこれらを把握するとともに、これらの知識を有する解体業者さんであるかどうかも、確認が必要です。

■建設リサイクル法の対象となった解体工事の流れ

所有者が分別解体の計画表等の書類を市に届出(着工の7日前までに)
             ↓
解体業者が分別解体計画表のとおりに解体
             ↓
解体業者が対象資材の再資源化
             ↓
解体業者が再資源化の完了を書面で所有者に報告

以上が建設リサイクル法を守った解体工事の流れです。そう、ここで大切なのは、市に届出を行うのは発注者である所有者なのです。解体業者さんが代理で上記を行っても構いませんが、その際は委任状の添付が必要です。

■所有者が提出する書類
・届出表
・分別解体等の計画表
・付近見取り図
・建物全体がわかる写真
・工程表
届出書は、箕面市のHPで確認できるほか、市役所で受け取ることもできます。

どの建物にも、長きにわたり所有者の生活を守り続けて来た歴史やたくさんの想い出があります。役割を終えた後は廃棄物としてではなく、可能な限り、再び新たな資源として活躍してもらえるよう、この建設リサイクル法を守る業者さんを選び、発注者となるあなた自身も必要書類等を確認し、適切な工事が行われるようにしましょう。


以上、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

次のブログは、市民部 窓口課の 佐々木あゆりさんです!

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 


平成30年度賦課に向けて

2018年02月09日 | 総務部

みなさまこんにちは。

固定資産税室の辻野です。

早いもので、私のブログも4回目となり今回が最後の投稿となります。

 

さて、寒い日が続き朝起きるのがとても辛いですね。

下の写真は先々週に箕面市内で思わず撮影した写真です。

 見ているだけで寒くなりますね。

いつもは自転車で通勤しているのですが、この日はさすがに歩いて通勤しました。

春が来るのが待ち遠しいですね。

 

さて、固定資産税室ではタイトル通り平成30年度の賦課に向けて日々バタバタしています。

まず、固定資産の所有者を特定する業務を進めてきました。

最初のブログでも説明しましたが、固定資産税は毎年1月1日(賦課期日)に、箕面市内に土地・家屋・償却資産を所有しているかたにお支払いいただきます。

平成29年中に土地や家屋を売買・相続などされた場合、所有者移転の登記情報が法務局から固定資産税室に送られてくるので、その情報をもとに平成30年1月1日時点の所有者を特定し、納税通知を行います。

1月1日を超えて所有権移転の登記がなされた場合は、旧所有者に納税通知を行います。

「不動産売買の新・旧所有者間で固定資産税の精算はどうするの?」とご質問がありますが、売買契約書の『公租公課の精算』の条項で取り決めがあるはずなので、不動産業者に問い合わせてみてください。

 

その他の業務として、1月中には、分筆や地積を更正をした土地の現地調査を行っていました。

建物を取り壊して駐車場にするなど、現況が今までの利用状況から変化している可能性があるためです。

そして、現在進めている業務は、現地調査の結果をふまえた物件ごとの評価です。

固定資産税室土地グループの三種の神器です。(勝手に呼んでます笑)

これを使って、測量図をもとに間口や奥行を測り、個々の土地にそれぞれの補正をかけて評価を行います。

それに加えて平成30年度は3年に1度の評価替え(税額算定の基礎となる土地・家屋の価格の見直し)の年なので評価要領の見直しなどを行っています。

 

 

任期付職員時を含めると、あと2ヶ月で固定資産税室に来て丸3年になります。

初めは固定資産税?なんか聞いたことあるけどなぁ という程度の知識で配属になりましたが、周りのかたのお力添えもあり、何度も失敗しながらも今日に至ります。

これからも初心を忘れず、失敗を恐れずに精進していきます!

 

みなさま最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

平成29年度採用組の新人ブログはまだまだ続きますので引き続きよろしくお願いいたします。

 

次は3連休明けの更新になります。審査指導室の谷川さんです!

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 

 

 

 

 


第18回大阪府障がい者スポーツ大会選手募集開始!

2018年02月05日 | 健康福祉部

 

みなさまこんにちは。

障害福祉課の小平です。

 

年が明けたと思ったら、知らぬ間に2月に入ってしまいました。

前回のブログ投稿者の本田さんもおっしゃっていましたが、本当に時がたつのは早いですねえ。

一日一日を無駄にしないよう、悔いのないよう過ごしていかなくてはと思わされます。

 

ということで、つい先日、東京ディズニーランド&シーへ遊びに行ってきました!

人生初!しかもこの年で制服ディズニーをしてしまいました!笑

高校生のときからの憧れだったので、実現することができて本当によかったです^^

しばらくは時々写真を眺めながら、思い出に浸りたいと思います…。

 

 

それでは、ここから業務の話に移りたいと思います。

 

 

【第18回大阪府障がい者スポーツ大会】

 

「大阪府障がい者スポーツ大会」はその開催を通じて障がい者スポーツの競技性を高めるとともに、障がい者一人ひとりの競技力の向上を図ることを目的としています。

平成30年度は新たに一部の競技に、精神障害のあるかたも参加できるようになっています!

 


◆参加対象の詳細

身体障害者は、身体障害者手帳の交付を受けているかた。

知的障害者は、療育手帳の交付を受けているかた。もしくは、知的障害者(児)社会福祉施設、特別支援学校、特別支援学級等に在籍しているかた。

精神障害者は、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けているかた。もしくは自立支援医療(精神通院)受給者証の交付を受けているかた。

 

◆参加申し込み

参加申し込みは市町村ごとに承っております。

箕面市にお住まいで参加を希望されるかたは、

平成30年2月7日水曜日~平成30年3月19日月曜日(期限内必着!)の期間に

箕面市障害福祉課へお申し込みください。

申込書は、みのおライフプラザ1階の総合窓口や、大阪府のホームページで用意しております。

 

◆お問い合わせ・申し込み先

〒562-0014 箕面市萱野5-8-1

箕面市健康福祉部障害福祉課

TEL:072-727-9506

 

 

また、文字でいきいきコミュニケーション!要約筆記公開講座・講習会のほうも

現在、参加者募集中です!

詳しくはこちらのリンク(箕面市HP)をご参照ください。

 

どちらも、みなさまのご参加をお待ちしております!

 

 


今回でわたしが書くブログは最後となります。

これまでご覧くださったかた、ありがとうございました。

これからも箕面市職員として精進して参りますので、

どうぞよろしくお願いいたします!

 

次は、固定資産税室の辻野さんです。

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。


福祉医療費助成制度の変更について

2018年02月02日 | 市民部

みなさま、こんにちは。介護・医療・年金室の本田です。

年があけてからあっという間に1ヶ月が経ちました。

「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という言葉の通り、時間の流れの早さに驚いています。

早いもので、私の新人ブログも今回が最終回となります。

さて、最終回のブログ内容は、福祉医療費助成制度の変更についてです。

福祉医療費助成制度は、医療費の一部を助成し、利用者負担を軽減する制度です。

障害者医療、老人医療、ひとり親家庭医療、子どもの医療の4つの部門に分かれています。

対象者のかたには医療証を発行しており、医療機関等で健康保険証と併せて提示すれば、平成30年3月31日までは以下のとおりの利用者負担となります。

入院・通院とも1日あたり最大500円、一つの医療機関等当たりの月負担日数上限は2日で月最大1,000円までで医療を受けることができ、同じ月で3日目以降は無料になります。
また、複数の医療機関を受診した場合でも、月額上限2,500円で受診できます。

平成30年4月1日からは、大阪府の福祉医療費助成制度が改正されることに伴い、本市においても対象者や対象医療、利用者負担額が変更になります。

主な変更点は次の2点です。

(1)対象者について

障害者医療と老人医療が年齢に関係なく重度障害者医療として再編され、精神障害者保健福祉手帳1級所持者と特定医療費(指定難病)・特定疾患医療受給者証所持者で障害年金(または特別児童扶養手当)1級該当者が新たに対象拡充される一方、これまで老人医療において助成対象となっていた65歳以上の結核患者、精神通院医療対象者、重度以外の難病患者が助成対象外となります。ただし、平成30年3月31日時点での老人医療対象者については、3年間の経過措置として平成33年3月31日まで引き続き助成対象となります(毎年医療証の更新は必要となります)。

(2)利用者負担額について

ひとり親家庭医療・子どもの医療対象者は利用者負担額に変更はありません。 重度障害者医療・老人医療経過措置対象者は、1日当たりの負担額(500円以内)に変更はありませんが、平成30年4月1日から新たに院外調剤・治療用装具への自己負担を導入します(院外調剤については薬局単位、治療用装具については医師の意見書等の枚数単位で一部自己負担額を徴収します)。また、一つの医療機関等当たりの負担日数上限(月2日まで)がなくなるため、窓口での支払いが毎回発生します。月額上限額についても2,500円から3,000円となります。

その他の詳しい変更内容については小林部長のブログをご覧いただければと思います。

先日、平成29年度第5回箕面市障害者市民施策推進協議会にて 福祉医療費助成制度の変更についての説明をさせていただく機会がありました。

 

箕面市障害者市民施策推進協議会は障害当事者を含む市民や関係者で構成される協議会で、おおむね2か月に1回開催されており、障害のある市民に関する施策の推進に向けた事項を検討しています。

協議会の委員として障害者市民の団体や関係団体の代表のかたなどが多数参加される中で、説明をさせていただくのは大変緊張しましたが、丁寧な説明を心掛けました。

協議会の委員様、協議会を運営する障害福祉課のかたなどの協力もあって、つたない説明ではありましたが、一定のご理解をいただけたと思います。ご協力いただきありがとうございました。

私の新人ブログは最後となりますが、引き続き同期が書いていきますので、ご期待下さい!!

1年間、ご精読いただきありがとうございました。 

次回のブログ投稿者は障害福祉課の小平さんです。

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。