箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

新人ライブラリアン奮闘記 第3弾~箕面・世界子どもの本アカデミー賞~

2017年11月27日 | 子ども未来創造局


こんにちは、中央図書館の羽藤です。


今回は、11月3日(祝)に行われた「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」授賞式のご報告をさせていただきます。

おかげさまで今回で第8回目を迎えることができ、三連休の初日にもかかわらず大勢の方にご来場いただきました。
ご来場、ご協力頂きました皆様、誠にありがとうございました。

 

 

さて、この「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」(以下、「子どもの本アカデミー賞」)は、
2010年から取り組まれている「子どもによる子どものための本のアカデミー賞」です。


子どもによる??


そうなんです。このイベントは箕面の子どもたちがノミネート作品の中から好きな本に投票して受賞作品を決め、さらには彼ら自身が司会・進行を務める授賞式を開催するという大変珍しい取り組みとして注目されています。


しくみは本家アカデミー賞と同じで、
5部門「絵本賞」「作品賞」「主演男優賞」「主演女優賞」「ヤングアダルト賞」ごとにノミネートされた作品の中から、投票により受賞作品が決定します。その後、作家さん等を招き授賞式を開催します。


授賞式では、受賞者へオスカー像、受賞者のスピーチ等、本家さながらの授賞式が執り行われます。
さらに式終了後には、受賞作品本の抽選会、受賞者のサイン会と盛りだくさんのプログラム!
作家さんとふれあえる大変貴重な機会なのです。

 

今回の授賞式には6人の作家、訳者、画家、出版社の方々がご出席くださいました。
みなさんのスピーチは、やはり児童文学を担う方々、作品に対する思いや子どもたちへの愛が伝わるとても素晴らしいスピーチでした。
子どものみならず、大人のご来場者も皆聞き入っている様子でした。

 (写真右:絵本作家デイビッド・シャノンさんからのお手紙)


そして!アカデミー賞の象徴といえばオスカー像!!
この「子どもの本アカデミー賞」では、なんと、子どもたち自作の世界にたったひとつ“唯一無二の像”を授与しています。毎年違った作風で会場を盛り上げてくれています。

今年のオスカー像はこちら。


(作成:第五中学校クラフトワーク部)


学業の合間を縫い一生懸命つくってくれたオスカー像は、作品への思いが込められた心が温かくなるような仕上がりでした。
第五中学校クラフトワーク部のみなさんありがとうございました!!


そして授賞式・サイン会終了後、
子どもたちがサインの入った本を片手に嬉しそうに帰って行く姿を見て、わたしもとても嬉しくなりました。
受賞者の中には遠方からご出席してくださった方もおり、このイベントがどれだけ多くの方に愛されているのかを実感した一日でした。

この「子どもの本アカデミー賞」をとおして、少しでも多くの子どもたちが本にふれあうきっかけになってくれることを願って、今後も仕事に励みたいと思います。


日に日に寒さも増し、いよいよ冬本番!温かいお鍋を食べて風邪を引かないようがんばります!

 ←お肌もよみがえる!鯛だしコラーゲン鍋

次回は、
乾燥の季節にも負けない!ぴちぴちお肌の吉田さんです。

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 


福祉体験研修にて

2017年11月24日 | みどりまちづくり部

こんにちは!審査指導室の谷川です!

いきなりですが、最近娘に全力で拒否されるようになりました。
おかしいですね、まだ1歳だというのに…。
パパが嫌われるようになるのは思春期頃だと思い、まだまだ先と油断していた私は相当大きなダメージを受けています。

そんな私ですが、先日、新規採用職員研修の一環である“福祉体験研修”で、箕面市瀬川の『カフェ・シェスタ』さんに3日間お世話になりました。
 

『カフェ・シェスタ』は阪急石橋駅から10分ほど歩いた静かな住宅街にあり、メニューが豊富でスタッフの方々の気配りもよく、気軽に立ち寄れる雰囲気のカフェです。

 
喫茶スペースには焼き菓子の販売コーナーがあり、病院や学校の職員の方々への訪問販売も行っています。


 
こちらのシフォンケーキは種類が多く、様々な味を楽しめるのですが、中でも私のお気に入りは、ゆず味と粒あんの入った抹茶味です。

これまでケーキに特別興味のなかった私ですが、こちらのふわふわのシフォンケーキの美味しさには驚き、虜になってしまいました。


そしてここ『カフェ・シェスタ』では、喫茶のほかに、箕面が誇る伝統名菓、“もみじの天ぷら”に使うもみじの葉の形を整える作業も行っています。

もみじ天ぷらができるまでは、かなりの時間と手間を要します。

秋に色づいた一行寺楓という品種の食用もみじの葉を収穫し、水洗いして1年以上塩漬けにします。その後、塩抜きされた状態でシェスタに届きます。ここでは、淡く透明感のある葉を、1枚ずつ形を整えながら揃えていきます。

そう、この工程は全て手作業で行っているのです。

 
一見簡単そうに見えますが、破れないように葉を広げて並べるのにはかなりの集中力を要します。

あとは揚げるだけの状態にして、観光地である滝道等のお店に届けられているのです。
 

このような製法で販売されはじめたのは明治の初期だそうですが、もみじの天ぷらが誕生したのは1000年以上も前で、箕面の特産品となるまでも、長い歴史があります。
今回『カフェ・シェスタ』さんで、もみじの天ぷら作りに関われた事で、もみじを愛でる日本人の優雅な心にも触れることができたように思います。

 
なお、もみじの天ぷらとはいいますが、食べてみるとかりんとうのような食感に、ほんのり甘い懐かしい味わいが楽しめます。
揚げたても食べられるそうなので、まもなく見頃を迎える箕面滝の紅葉とともに、現地で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 次回は、子ども未来創造局中央図書館の羽藤さんです、よろしくお願いします!

 

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。


平成29年11月末で自動交付機のサービスを終了します。

2017年11月20日 | 市民部

みなさま、こんにちは!窓口課 佐々木です。
寒さも厳しくなり、紅葉がきれいな季節となりました。
箕面山の紅葉もだんだんと色づき始めています。
ぜひ箕面へ遊びに来てくださいね。

さて、今回のブログでは次の2点についてご紹介します。
(1)自動交付機のサービス終了について
(2)福祉体験研修について

(1)自動交付機のサービス終了について
市役所本庁、豊川支所に設置している自動交付機は、老朽化が進んでいるため平成29年(2017年)11月末でサービスを終了します。
長い間ご利用いただき、ありがとうございました。

自動交付機がなくなると、窓口が開いていない時間に証明書がほしいときはどうすればいいの?とご不安なかたもいらっしゃるかもしれません。
今後は市役所本庁や支所、図書館などの証明書発行拠点の窓口、コンビニ交付をご利用ください。
「え?コンビニで証明書が取れるの?」と思ったかた!後ほどご説明しますね。

前回の私のブログでもお伝えしましたが、市役所本庁の証明発行窓口は祝日でない土曜日であれば、午前8時45分から午後5時15分まで開いています。土曜日にもぜひご利用ください。

また、証明書発行拠点も月曜日や年末年始を除いて午前10時00分から午後5時00分まで証明書を取得していただけます。

そして、コンビニ交付のご説明をさせていただきます!
コンビニ交付とは、マイナンバーカード(利用者証明用電子証明書入り)を使って、コンビニのマルチコピー機で各種証明書を取得できるサービスです。

コンビニ交付は、年末年始を除く午前6時30分から午後11時00分までと長時間サービスを行っている上に、証明書発行手数料は、窓口で証明書を取得していただくよりも100円安い200円とお得になっています。

箕面市では次の3種類の証明書がコンビニ交付に対応しています。
(1)住民票の写し(マイナンバー、住民票コードの記載のないもの)
(2)印鑑登録証明書
(3)直近2年分の市府民税課税(所得)証明書

「今、マイナンバーカードを持っていないけどコンビニ交付を利用したい」というかたは、まずはマイナンバーカード(利用者証明用電子証明書入り)をつくる必要がありますので、交付申請をお願いします。
なお、「みのお市民カード」はコンビニ交付では使えません。ご注意ください。

ちなみに「マイナンバーカード」とは、顔写真のついたプラスチック製のカードです。

下の緑色のものは通知カードという紙製のもので、「この番号があなたの個人番号(マイナンバー)です」とお知らせするものです。
通知カードはマイナンバーカードとは別物ですのでご注意ください。

なお、自動交付機のサービス終了後も、「印鑑登録証」と印字されているカードは印鑑登録証明書を窓口で取得する際にご利用いただけます。

どちらのカードをお持ちのかたも捨ててしまわず、必ずお手元に残しておいてください。

(2)福祉体験研修について
先月、新規採用職員を対象とした福祉体験研修が実施されました。
私は「いきがいワーク」という中途障害者のかたが働く事業所でお世話になりました。

木工のいすづくり、さをり織り、ニット製品づくり、ケーキづくりなど多くの仕事をお手伝いさせていただきました。
特にニット製品づくりは非常に難しく、メンバーさんに助けていただいても途中で諦めてしまいそうでしたが、何とかきれいな編み目を作れるようになりました。

メンバーのかたがたは障害の度合いなどによって、できる作業とできない作業が様々ですが、お互いに仕事を助け合うことで商品を作り上げていらっしゃいました。
どんな職場であっても、「助け合う」ということが、結果的にスムーズに仕事を進められることにつながるのだろうと考えさせられた3日間でした。

いきがいワークで作成している商品には、いすや組紐、ストール、たわし、ケーキなどたくさんの種類があります。

さといものケーキって美味しいのかな?と疑問に思っていましたが、少し塩味が利き、さといもの良い香りもします。
ケーキって甘いから苦手…というかたも美味しく召し上がれます。

また、先月私が研修でお邪魔していた頃、ニット製のクリスマスツリーを作成中でした。
ニット製なので危険が無く小さなお子様がいらっしゃる家庭にもぴったりな、この季節のイチオシ商品です。

商品の販売店は、阪急牧落駅の駅前や阪急池田駅構内にありますので、みなさまお立ち寄りください。

昼食後のおしゃべりの輪に入れてくださったり、最終日にはサプライズでニット商品をプレゼントしてくださったりと、とても温かい雰囲気の事業所でした。
お世話になり、ありがとうございました!

次回は審査指導室 谷川さんです。

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。


私道の固定資産税の非課税

2017年11月17日 | 総務部

みなさまこんにちは。

固定資産税室の辻野です。

今年も残りあと2ヶ月を切りましたね。

年々1年が早くなっていくのはなぜなのでしょうか。

 

さて、今回は3回目のブログということで、「私道の固定資産税の非課税」についてご説明をしたいと思います。

私道の非課税のルールを固定資産税室で定めていますが、その中で、「私道とは、国道・都道府県道・市町村道以外の道路で、一般交通のため、公共の用に供しているもの」としています。

「公共の用に供する」とは何の制約を設けずに広く不特定多数の人の利用に供するものとされています。

要するに、通行にお金を徴収せずに「誰でも通っていいですよ」とみんなに開放されている私道のことですね。

ただし、私道のすべてが非課税になるわけではありません。

例えば図のような場合

斜線部分が私道ですが、箕面市の場合、非課税となるには私道のみに面している家屋が2棟以上なければ非課税になりません。

上記の場合だと下の家屋は公道と私道の両方に面しているので、私道のみに面している家屋は1棟ということになります。

また、次のような場合

こちらは奥の家屋を建てる際の敷地面積に私道部分が含まれるため、道路の形態をしていても非課税とはなりません。

 

ではどういった私道が非課税となるのでしょうか。

両端が別の公道に接しているものや、

建て替えなどでセットバック(道路拡幅)した部分などです。

私道の非課税のご案内については11月号のもみじだよりにも掲載がありますが、

いくつかの条件を満たさなければ非課税にならない私道もありますので、

詳しくは固定資産税室までお問い合わせください。

 

さて、箕面市では紅葉の季節がやってきました!

去年のことになりますが、採用前の同期たちと箕面大滝までもみじを見に行きました。

今年はまだ見に行けていないので、去年撮影した写真を載せます。

これは去年の12月3日に撮った写真です。

箕面大滝にもみじの赤と快晴の青が映えて美しいですね。

うっすらとですが、滝のしぶきで虹ができています!

紅葉は昼夜の寒暖差が大きいと美しく紅葉するそうです。

去年は葉が若干茶色っぽかったのですが、今年は寒暖差が激しい日が多いので

真っ赤に紅葉したもみじが見られそうですね。

今年はどこのもみじを見に行こうか迷っているかたはぜひ箕面のもみじを見に来てください!

箕面の紅葉情報はこちらをごらんください。

台風被害により、一部通行止めになっているため、ご注意ください

 

これから本格的に寒いが続きそうですので、みなさま体調をくずさないようご自愛ください。

 

それでは次は窓口課の佐々木さんです。

 

 

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。


自立支援医療について

2017年11月13日 | 健康福祉部

 

みなさまこんにちは!
障害福祉課の小平です。

実は最近引っ越しをしており、ほとんど休みの日はその作業に追われていたので、
ブログに書けるようなお話がぜんぜんありません…。

ただ、先日わたしの母校である大学の学祭に遊びに行ってきました!
みなさん知ってのとおり(?)、わたしは大学でギターサークルに入っており、
今回はOGとしてそのサークルのライブを観に行ってきました。

約半年ぶりに後輩たちの演奏を観たのですが、半年でこんなに上手になるのかと驚くくらい、
みんな素晴らしい演奏をしていて感動しました。
親のような気持ちでほほえましく観ながら、人前で演奏できる環境があるのは貴重なことだと
改めて実感し、わたし自身ももっとギターを弾きたくなってしまいました(笑)

久しぶりに後輩にも会え、お出かけできてうれしかったのですが、
後輩が出店で作っていた塩焼きそばが食べられなかったのが心残りです…。
食べたかった…。

 

 

さて、お出かけの話はここまでにして、これから障害福祉課の業務である
自立支援医療についてお話しさせていただきたいと思います!

自立支援医療とは、一言でいえば、心身の障害を除去、軽減するための治療に対して、医療費の一部を公費で負担する制度です。

そのなかでも、以下の3種類に分かれています。


(1更生医療
(2育成医療
(3)精神通院医療


それぞれについて、簡単にご説明させていただきます。


*********************************

(1)更生医療


身体障害者手帳を所持している18歳以上のかたで、障害の程度を軽減するために受ける一定の医療(例えば、人工関節置換術や人工透析など)が対象となります。
手続きには、治療を受ける部位の障害認定を受けた身体障害者手帳が必要です。
身体障害者手帳をお持ちでない場合、もしくは申請中でも、更生医療と同時の申請が可能です。

 

受給者証のイメージ写真

 

(2)育成医療


身体障害のある18歳未満のかたで、障害の程度を軽減するために受ける一定の医療(例えば、口唇口蓋裂による歯科矯正・言語療法や人工内耳手術など)が対象となります。
更生医療とは違い、身体障害者手帳をお持ちでない場合でも一定の疾病があるかたは対象であり、医師による意見書や、申請手続きに必要な書類があれば、申請可能です。

 

受給者証のイメージ写真

 

(3)精神通院医療


精神疾患のあるかたが、指定医療機関で継続して受ける通院による精神疾病の治療が対象となります。
精神障害者保健福祉手帳などの障害者手帳の所持の有無は関係なく、医師の診断書や、申請手続きに必要な書類があれば、申請可能です。

(※受給者証については、大阪府が決定する制度のため、載せておりません。)

*********************************

以上の3種類の自立支援医療を受けるには、指定の医療機関で治療を受けることが必要ですのでご注意ください。
手続きに必要なものなどの詳しい内容は、以下のURLをご参照ください。
https://www.city.minoh.lg.jp/syougaifukushi/annai/jiritusieniryou.html


今回のブログは以上とさせていただきます。
今後もよろしくお願いいたします!

次は、固定資産税室の辻野さんです。

 

 

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。


箕面市成人祭に向けて

2017年11月10日 | 市民部

平成30年度成人祭(平成31年1月14日開催)から、開式時刻が11時になります。

みなさま、こんにちは。介護・医療・年金室の本田です。

今回のブログでは平成30年1月8日(月曜日・成人の日)に箕面市立メイプルホールで行われる箕面市成人祭のことを紹介したいと思います。

成人式ではなく成人祭という呼び方をするのは、「祭」という字のとおり、新成人に楽しんでもらうための企画を盛り込んだイベントを行うためです。

昨年度の成人祭の様子は、撮れたて箕面ブログをご覧下さい。

成人祭の企画・運営は、この新人ブログを書いている平成29年度採用職員26名で行い、6月頃から活動を始めました。

26名が以下の(1)~(3)のいずれかの班に入って、活動をしています。月1回の全体会議と定期的に個々の班での会議や作業を行っています。

(1)ステージでの企画・運営係(ステージ班)

(2)抽選会用景品集め係(協賛班)

(3)成人祭の案内ハガキと当日配布するパンフレットの作成係(パンフ班)

日々の業務と平行しての活動は大変な面もありますが、みんなで出し合った意見が少しずつ形になっていくのは楽しいです。

私は協賛班として、抽選会の景品となる協賛品をいただけるよう、主に箕面市内にある企業様と団体様を回っています。

大変お忙しい中、お話を聞いていただけるだけでもありがたいなと感じていますし、なかには「箕面市の成人のお祝いさせてもらえて、こちらこそありがとう」という声をかけてくれるところもあり、本当に嬉しい気持ちになります。

新成人の方に景品を提供して、喜んでいただきたいのはもちろんですが、成人祭をきっかけに今まで知らなかった箕面の企業様や団体様を知っていただき、企業様や団体様にもより喜んでいただけるようにしていきたいと思っています。

また、今年の成人祭では若い世代にSNSが浸透していることから、撮影した写真を「#」を用いてSNSに投稿してもらい、箕面市成人祭についての情報を発信してもらえるような仕掛けを考えています。

ここで「#」とは何ぞや?と思ったかた、20代後半の私も最初は同じ気持ちでしたので、ご安心ください?

「#(半角のシャープ)」はハッシュタグというもので、この後にキーワードをいれてSNSに投稿します。

同じハッシュタグが付けられた投稿は、ハッシュタグを検索することで、まとめて閲覧できます。

例えば、「#猫」というハッシュタグで検索すると、猫についての投稿をまとめて見ることができます。

今回は、「#みのお成人祭」をたくさんの新成人がSNSに投稿してくれたら、参加者同士での情報共有が行われて同じ話題で盛り上がったり、参加してないかたにも箕面市成人祭の情報が拡散されることになります。

 

滝ノ道ゆずるもtwitterで、「#みのお成人祭」をつけた投稿をして、成人祭の情報をどんどん発信してくれています。

ブログをご覧いただいてる皆様、滝ノ道ゆずるtwitterのフォローとツイートの拡散をよろしくお願いします。

箕面市では就職や就学で箕面市に住民登録をしていないかたも、新成人であれば誰でも成人祭に参加していただけます。

詳しい案内は市ホームページをご覧ください。

新成人にかたにとって思い出に残る1日になるよう、平成29年度採用職員26名が一丸となって頑張っていきます。

それでは、新成人のみなさま、平成30年1月8日(月曜日・成人の日)に箕面市立メイプルホールでお待ちしております!

今回はここまでとなります。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

 

 

 

 


【湯戸(ゆど)です!!!(その3)】

2017年11月06日 | みどりまちづくり部

皆様こんにちは。

みどりまちづくり部建築室の湯戸祥文(ゆどよしふみ)です。

3回目の登場になります。よろしくお願いします!

 

気温も下がり、秋が深まって来ておりますがみなさまいかかがお過ごしでしょうか。

前回登場させていただいた時は、まだまだ暑かった8月ですが、少し肌寒い季節

になってきていますね。

みなさま風邪を引かないようにご自愛下さいませ。

本格的に寒くなってきますが、この11月から流行し始める病気があります。

それは感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルスなど)です。

私も以前ノロウイルスの症状が出たことがございますが、とてもしんどくなった記憶

があります。

しっかり予防に努め感染しないようにしましょう。

 

さて今回のブログでは、2つ程ご紹介させていただきます。

1つ目は「学校施設のエアコン設置に関する工事」について

2つ目は「(仮称)西南生涯学習センター新築工事」についてです。


1つ目の「学校施設のエアコン設置に関する工事」ですが、

小学校と中学校の特別教室(音楽室や理科室)にエアコンを設置する工事は終盤を迎え

完了に近づいています。

皆様のご協力がありここまで進められました。本当にありがとう御座いました。

引き続き残りの工事も安全第一で進めていきたいと思います。


今回の特別教室のエアコン設置が終わりを告げようとしている中、動き出す工事が御座

います。

それは「体育館にエアコンを設置する工事」です。

次回はそちらをメインにお伝えします。

 


2つ目ですが、今回私が担当させていただいております「(仮称)西南生涯学習センター

新築工事」を一部ご紹介させていただきます。

現在こちらの案件についても、終盤を迎えております。

建物の中の工事(内装・機械設備・電気設備)が急ピッチで進んでおります。

外観写真1

道路面から(遠目)からの視点です。


外観写真2

建物前面です。

建物内部1

1階ロビー部の天井です。
このような形で天井を貼らず中の部分をきれいに見せる方法を採用しております。


建物内部2

音楽ホールです。内装(壁)が仕上がり雰囲気が出てきております。

竣工し市民の皆様がご使用いただいているそのイメージを膨らませ、

工事に当たっております。

今回のブログは以上です!

今後ともよろしくお願いします。

 

次は本田くんです。
よろしくです。

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。

 

 


11月の山寺です

2017年11月02日 | 総務部

11月がもう始まっています。今年もあと少しなのですね。
市役所ではこの時期になると、来年度の予算編成の準備が始まり、慌ただしくなっていきます。
先を見据えて段取りよく動いていかなければなりません。頑張りますよ。

 

さて、ここ最近を振り返ってみますと、10月はイベントが多く、あっという間に過ぎたなぁという印象です。
なかでも突然実施が決まった衆議院議員総選挙に加え、台風21号の対応などなど、一年目の新人職員でも国政選挙事務や風水害などの被害による災害対応に従事することがあります。改めて市役所、地方自治体が携わる分野は多岐にわたるものだと実感しているところであります。また、それと同時にこれからも様々な経験を積み、市政運営に携わる一員として成長していかなければなりません。頑張りますよ。

 

では最後に、LANケーブルについてご紹介します。
LANケーブル(らんけーぶる)とは、パソコンと通信機器等を繋ぐ通信ケーブルのことです。

普段からパソコンを利用しているかたにとっては、存在が当たり前すぎなLANケーブル。
そんなLANケーブル、欲しいなぁーと思ったらお店に足を運びがちですが、我々情報政策職員はこれを自作します。
できあがっているLANケーブルの力を借りて、自作します。


ここからはLANケーブルの写真しか出てきません。
時間が有り余りすぎて畳の目でも数えようかしらというかたはご覧ください。


それでは以下、先輩の力を借りてLANケーブルの作成手順をご紹介します。
どうぞ。

 

■LANケーブルの作り方

(1)カッターなどを使ってケーブルの被覆をカットします。
   中の導線をキズつけないように丁寧に行います。

(2)中の導線の色はケーブルの規格に定められているので、
 どのケーブルでも同じ配色となっています。

(3)この8本のケーブルをバラバラにします。

(4)1本、1本きれいに伸ばしたあとに下の写真のようにケーブルを並び替えます。

(5)並べ替えができたら根元から12~13mmぐらいのところを
 ハサミなどで余分な導線はカットします。

(6)LANポートに差し込んだ時に引っかかるツメを向こう側にして差し込みます。
  導線がプラグの先まで届いているか、LANケーブルを固定するツメのところに
 ケーブルの被覆が来ているか確認します。

(7)プラグが正しく差し込めたことが確認できたら、圧着ペンチで圧着をします。

(8)プラグ先端の端子が中に押し込まれ、導体の被覆を突き破って接続されました。

これでLANケーブルが完成です!


LANケーブルの自作は、市役所内の行政ネットワークを整えるための一つの業務です。
庁内で職員配置が代わったときなどのレイアウトを変更する際、ちょうどいい長さに調整して利用しています。
市販のケーブルを買うこともなく、経費の削減にもつながっています。

 

11月の山寺は以上です。

朝の通勤が肌寒い。そんな季節になりました。
寒暖の差が大きく、体調を崩しやすい時期ですのでどうかご自愛ください。

 

次回は建築室の湯戸さんです。同期から「ゆっぴぃ」と呼ばれています。

 

 

 

 

「ゆるキャラ(R)グランプリ2017」が8月1日(火曜日)にスタートしました。市では11月10日(金曜日)の投票期間終了までの間、「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開中です。