箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

税にまつわる「?」のお話し

2015年07月31日 | 総務部

お久しぶりです!債権管理機構の浦川です。


季節は夏になり、暑―――い日々が続いていますね!
でもわたしは季節では夏が一番好きです。山は緑が青々として、海も空も青く、見ているだけでなんだかわくわくしてきませんか?

タイトルのお話しに入る前に、ちょっと寄り道最近感じたちいさな夏を紹介します!

これは市役所前の青空。暑いなと少しだるい朝も、この青い空を見たらテンションがあがります
わたしは休日よく箕面の朝市に出かけるのですが、先日、以前から気になっていた「止々呂美ふれあい朝市」に行ってきました!
野菜やお花など、良心的な価格でいいものが買えること、野菜のプロである農家のかたに、野菜の旬や特徴、レシピなどを楽しい会話の中で教えていただけることがわたしのはまりポイントです。

これはその日買った夏野菜。教えていただいたレシピで、ナスはたっぷりのオリーブオイルでバジルと炒め、トマトは塩トマトにしていただきました。野菜の味が濃くて、本当においしい

それから、、、これ、なんだかわかりますか?
止々呂美の田んぼにいた「イモリ」です。農家のかたが捕まえたものだそうで、買い物に訪れた方々の興味を惹いていました。
写真ではうまく伝わらないですが、つぶらな瞳がかわいいですカエルやトカゲなどはあまり得意ではありませんが、夏の止々呂美の自然にわくわくしてマヒしていたのか、農家のかたにすすめられるまま文字通り「ふれあい」ました!

少し走ればご覧の「癒される」風景と出会え、おいしい野菜がたくさんあるのも箕面の魅力の一つだと思います。ぜひみなさんも、夏の箕面を、日常で楽しんでみてはいかがでしょう?

 

さて、ここからは新人として奮闘している日常業務についてご紹介します!
先のブログで私の携わる業務について「滞納整理」、「市債権の回収」などと紹介しましたが、実際はどんなことをしているのか―。

まず、納期限を超えたものが「滞納」と呼ばれます。これについて何らかの策を講じ、完納に導くものが滞納整理です。

ただ「整理」と言うと一方的にこちらが何かをするように感じられるかもしれませんが、納税するのは納税義務のあるかたであり、わたしたち税務職員とともに完納を目指すことが基本です。
とても難しいことですが、相談を重ね、分割納付などの自主納付によって完納し、本来の「納期内納付」ができる状態になったとき、市民のかたとともに喜びを分かち合えることが本当にうれしく、励みになっています

 

最後に、納税についてよくいただくお問い合わせについてご紹介します。

1「平成27年1月5日に不動産を売却し、名義も変更した(AさんからBさんへ変更)。平成27年度固定資産税・都市計画税を納めなければならないのは、新しい所有者(Bさん)との認識でよいか?」

2「平成26年12月24日に大阪市より箕面市に転入し、住民票は箕面市になっている。大阪市に住んでいた期間のほうが長いのに、平成27年度の市・府民税納税通知書が箕面市から届いた。なぜか?」

3「バイクを平成27年4月10日に知人(Cさん)へ名義変更したのに、自分(Dさん)宛てに平成27年度の軽自動車税納税通知書が届いたがなぜか?」

以上は「賦課期日」というものがポイントになります。

固定資産税・都市計画税、市・府民税は1月1日、軽自動車税は4月1日が賦課期日という、誰に課税するのかを決める基準となる日があります。
この日現在、お住まいの自治体により市・府民税が課税され、所有されるかたに固定資産税・都市計画税や軽自動車税の納税義務が生じます。

たとえば「1」については、平成27年度固定資産税・都市計画税の納税義務はAさん(平成27年1月1日時点の所有者)に生じます。

「2」については、賦課期日である平成27年1月1日には箕面市にお住まいのため、平成27年度の市・府民税は箕面市へ納めていただくこととなります。

「3」はもうおわかりかもしれませんが、賦課期日(平成27年4月1日)時点ではDさんの名義だったためにCさんではなくDさんに平成27年度の軽自動車税がかかります。 

今回のブログはここまでです!また機会があれば、このほかのよくあるお問い合わせについてご紹介させていただければと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

箕面市では、7月31日まで『今すぐ自治会に加入してください・自治会を結成してください!』の統一キャンペーンを実施中です。


正解の無い仕事

2015年07月27日 | みどりまちづくり部

 

先週をもって、平成27年度新規採用職員の投稿が一巡しました。

本日から2周目に突入します!


 

 

公園緑地室庄子です。

暑い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私はこの季節になると毎年、「夏バテによる食欲減退」を期待するのですが、生まれてから30年間、まだその恩恵にあずかっていません。

今日も太り続けています。

 

趣味はテニスです!

 

 

 

 

 

 

今回は私が担当している仕事の1つを体験していただきたいと思います。

 

 

市内にあるA公園は開設して数十年経っており、設備の修繕、改修を考える時期にきています。公園内の全ての設備を今のニーズに合わせて直すことができれば良いのですが、財政面を考慮し、今回は何か1つしか直すことができません。市民のかたから挙がっている要望は以下のとおりです。

 

(1)
A公園の周りの住人はお年寄りの割合が高くなってきた。お年寄りが快適に利用できるよう、屋根付きのベンチをつくってほしい。

(2)
A公園の遊具は幼児向けのものばかりである。子育てに力を入れる箕面市として、小学生が楽しめるような遊具を増やしてほしい。

(3)
A公園は開設当初はもっと植栽がたくさんあったが、時間が経つにつれ、枯れるなどして減ってしまった。樹木を植える、花壇をつくるなどして復元させてほしい。

(4)
A公園を含むこの界隈の公園はいずれも規模が小さく、子どもが走り回ったり、ボール遊びをすることができない。老朽化した遊具を撤去するなどして、広場の範囲を広げてほしい。

(5)
A公園の隣に住む者だが、ここ数年、自宅敷地内にボールが入ってきたり、夜間の騒音などに悩まされている。フェンスを高くし、大きな注意喚起看板を設置してほしい。

 


さて、皆さんならどうするでしょうか。

考えが決まったら続きをご覧ください。

 

 

 

 


(1)でしょうか?
時代の流れに合わせて設備の内容を変化させることは重要な考え方です。しかし、お年寄りの割合が多いからといって、その他の年代かたの意見を考慮しなくていいのでしょうか。

(2)でしょうか?
公園の遊具は子どもに、考え、チャレンジし、学ぶ体験をさせる重要な役割を果たしており、子どもの健全な育成に必要なものです。しかし、これも一部の年代のかたのみの希望を叶える形になってしまいませんか。

(3)でしょうか?
「復元させる」というのは、根拠が明確で、判断する側にとっては楽な考え方ですが、数十年前の状態を復元させることは、必ずしも今のニーズに適合するでしょうか。一方でみどりを大切にする箕面にとって、植栽の割合を意識的に維持、拡大することは重要であることも事実です。

(4)でしょうか?
広場は遊具と違って遊び方が限定されないため、自由度が高く、いろいろな楽しみ方ができます。一方で、使用する範囲など、利用者間での調整が必要な側面もあるため、遊具エリアの面積とのバランスを考える必要があります。

(5)でしょうか?
公園の周辺にお住まいのかたにとって、公園利用者のマナーは非常に関心のある事柄です。公園の存在によって生活が脅かされることはあってはならないことですが、一方で公園内の行為を禁止しすぎることにも賛否両論があります。

 


難しいですね。

 

 


全員が満足できる答えはないのでしょうか。

 

 


公園や道路などは「いつでも誰でも使うことができるもの」であり、このような性質のものを経済学では「公共財」といいます。そして公共財は「みんなで少しずつお金(税金)を出しあって買っているもの」という見方をします。


例えば、10人でレストランに入り、みんなで少しずつお金を出しあって1品だけ注文をする状況を想像してください。


Aさん「カレーが食べたい」

Bさん「パスタがいい」

Cさん「チョコレートパフェをみんなで分けよう」

庄子「アボガドチーズバーガーに厚切りベーコントッピング。ポテトは大盛りで、マヨネーズもつけたいです。」

Dさん「ピザ!」



など、意見は割れると思います。

そして、どれか1つを注文した際に他の人は、「自分はあれがよかったのに・・・」と不満を持つでしょう。

 

それを、箕面市民約13万人で1つの公園設備を買う、と置き換えたときに、全員の満足が得られないことは想像がつくと思います。

つまり、今回の設備修繕の例において、全員が満足する方法は「無い」といえます。

どの方法をとっても必ず誰かが不満に感じてしまうのです。

 

 

 

これも行政の仕事の難しさだと感じました。

 

 

 

では、行政はどうすれば良いのでしょうか。

私は一定の公平性を保ちつつ、全員の満足度の合計値が一番大きくなる方法を模索し、行動し続けることだと考えています。

しかし、この判断がなかなかできません。

優先順位を一つ付けるにしても、「ベンチ2個とブランコ1個ではどちらの方が満足度が高いか」を判断することは難しいと思います。

このように、今は日々明確な正解が無いものと向き合う仕事をしています。

難し過ぎますが、やりがいは大いにあります!

 

 

 

 

 

さて、

プライベートでは先日、初めてシーカヤックというものに挑戦してきました。

シーカヤックは海の上を1~2人乗りの手漕ぎボートで進んでいくアクティビティです。

冒頭の写真もテニスラケットではなく、カヤックのオールです。(わかりますよね。)

 

広い海の上でポツンと一人きりになって空を眺めるのはなかなかできない経験でした。

無人島では誰もいないのをいいことに、はしゃぎ倒しました。

 

 

夏休みの割には混雑もそれほどなく、オススメスポットですよ!

初心者でも気軽に参加できるので、興味あるかたは是非

 

 

 

箕面市では、7月31日まで『今すぐ自治会に加入してください・自治会を結成してください!』の統一キャンペーンを実施中です。


人事室 坂中と申します!

2015年07月24日 | 総務部

はじめまして!
今年の4月に箕面市に採用され、総務部人事室人事研修グループに配属になりました、坂中里奈です。
よろしくお願いします!

 


初めての新人ブログなので、まず、(1)自己紹介と、(2)私が配属となった人事室の仕事の一部を紹介します。

 

(1)自己紹介
私は鹿児島で生まれ、4歳まで福岡に住んでいました。
その後2年間岡山の幼稚園に通い、10歳の秋まで広島で過ごしました。10歳の秋から17歳まで大阪の豊中で育ち、18歳のときに箕面に引っ越してきました。箕面に来るまで、長い道のりでした・・・。
いまだに出身地を聞かれると何て答えようか困ります。

私も7月13日に新人ブログを書いている新井さんと同様、中学時代は吹奏楽部で、「社会人になったら、また楽器をしよう!」と、ずっと思っていました。
この1年の間に楽器を買って、自分の楽器の写真をブログに載せることが、私のプライベートでの目標です!達成できるでしょうか・・・。

 

(2)人事室の仕事
私が配属されたのは、総務部の人事室です。
私はこの春に大学を卒業したばかりなので、人事室といえば「採用」のイメージが一番強かったです。
実際は人事室の仕事は多岐にわたり、「人事」「採用」「研修」を担当する人事研修グループ、職員の「給与」「福利厚生」を担当する給与厚生グループに大きく分かれています。
その中でも、私が主に担当しているのが、職員向けの「研修」の仕事です。
新人ブログでも、さまざまな研修を紹介していますように、箕面市役所では職員の人材育成のため、数多くの職員研修を実施しています。
新規採用職員対象の研修については、ほかの新規採用職員がブログに書いていますので、私からはそのほかの研修の一部を紹介したいと思います。

 

★階層別研修
階層別研修は、職種、経験年数、役職に応じ、職員としての必要な能力、資質、知識・技術の向上のために実施する研修です。
階層別研修には、新規採用職員研修、新任監督職研修など、さまざまな研修があります。
その中でも、入庁4年目の職員が対象となる「市長随行研修」は箕面市ならではの研修となっています。
「市長随行研修」は、その名の通り、市長に随行する研修です。
市長の市政に対する考え方、まちづくりへの思い等、トップマネジメントを目のあたりにすることで、箕面市職員としての心構えをはじめ、さまざまな面で意識改革、行動改革を図ることをねらいとして実施しているものです。

 

★実務専門研修
実務専門研修は、職員の担当する職務内容に応じ、専門知識の習得または実務能力の向上のために実施する研修です。
ひとくちに実務専門研修といっても、さまざまなものがあります。
この7月には、よりよい市民サービスの向上をめざし、職員の意識啓発を図り、接遇などのスキルアップ向上を目的とした「聞き方・話し方研修」、「折衝・交渉能力向上研修」、「業務効率化研修」を実施しました。

上の写真は、「聞き方・話し方研修」の様子です。
「聞き方・話し方」ということで、講師の方の講義を聞くだけでなく、グループに分かれて演習を行うなど、グループでのコミュニケーションを重視した実践力を養う研修でした。私自身、学ぶことが多かったです。

写真はグループワークの様子ですが、ワークのテーマは、「グループ内のメンバーのネガティブな印象を発表し合う」という、なかなかシビアなものでした・・・。

 

こちらの写真は業務の効率化のコツを多角的に学ぶ「業務効率化研修」のグループワークの様子です。(「聞き方・話し方研修」の様子と、見た目が同じですね~)
研修では、グループワークや演習を取り入れることが多いですが、どの研修でも他部署の職員との意見交換はとても盛り上がります。

 


ちなみに・・・研修担当は研修の始めと終わりに司会をするのも仕事の1つなのですが、このたび、7月の研修で司会デビューしました!
人前で話すのは本当に緊張しますね・・・。1日も早く慣れるよう頑張りたいと思います。

 

今回紹介した研修は、研修の中でもほんの一部です。
庶務能力強化研修、人権研修、防災基礎研修、清掃体験研修・・・
ここでは書ききれないのが残念ですが、箕面市役所には、数多くの研修があります!

今は研修を企画して、実施することで精いっぱいですが、研修を職員に受けてもらうことで、その能力の向上に貢献し、ひいては、それが市民、市全体のためになるということを常に意識して、頑張りたいと思います!

 

次回は、当日の研修までの流れを紹介したいと思います!

 

ありがとうございました!

 

 

箕面市では、7月31日まで『今すぐ自治会に加入してください・自治会を結成してください!』の統一キャンペーンを実施中です。

 


学校生活支援課 内山梓です!

2015年07月21日 | 子ども未来創造局

はじめまして。

教育委員会事務局子ども未来創造局学校生活支援課の内山梓と申します。

 

 

 

 

 

 

 

この写真は少し前に撮ったもので、

 

今は夏らしくばっさり切ってショートカットになっております。

 

わたしは3歳の頃からずっと箕面で育っています。

 

箕面大好きな箕面っ子です!

 

 

3月に大学を卒業し、4月に社会人になったばかりですので、

 

右も左も分からない状況ですが、日々、先輩・上司の皆様にご指導いただきながらがんばっています。

 

 

休日は、外出することが多く、友達と遊んだり、ショッピングにいったりとごく平凡な休日を過ごしています。

 

また、「硬式テニス」は中学の頃からずっと続けていて、今でも趣味として続けています。

 

 

さて、私が配属となった学校生活支援課では、「就学事業」、「奨学資金に関する業務」、「学童保育」、「放課後に関する業務等」を行っております。

 

そこで今回は、「新放課後モデル事業」の一環で行われている、中小学校でのプログラムの様子を紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

今回、ご紹介させていただくのは、79日に中小学校で1・2年生を対象に実施された、クラフト体験です。

 

 

 

 

 

  

本日は、第2音楽室でプログラムを実施します!

 

 

 

 

 

 

今回は、紙とセロハンを使った「おしゃれめがね」作りです! 

 

 

最初は、楽しくわいわいおしゃべりしていた子どもたちも、作りはじめるとすぐに真剣な表情に変わります。

 

 

 

  

 

たまに、作っている途中に、

 

「先生みてみて-!!」と作った「おしゃれめがね」を見せに来る子どももいました。

 

みんな、思い思いの個性あふれた作品を夢中で作っており、とても楽しそうな様子でした!

 

 

 

 

これは男の子が作った「おしゃれめがね」です。

 

男の子らしい、「クールなおしゃれめがね」に仕上がっていますね!

 

 

今回、「新放課後モデル事業」について皆様にお届けいたしましたが、私が担当している日々の業務が、

 

子どもたちのこうした笑顔につながっている事を考えると、より一層「がんばっていかなければ!」と思いました。

 

 

これからも、この気持ちを忘れずに、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

 

箕面市では、7月31日まで『今すぐ自治会に加入してください・自治会を結成してください』統一キャンペーンを実施中です。

 


障害福祉課 根本です

2015年07月16日 | 健康福祉部

 

障害福祉課 根本です

 

はじめまして、気持ちも体もまだまだフレッシュルーキーの根本 祐典(ねもと ゆうすけ)です。

 

人生初ブログなのでなにを書けばいいのかわかりませんが、箕面市がどのようなことをやっているのか、職員はどんな仕事をしているのかを伝えていければなと思っています。

今回は、

(1)自己紹介

(2)働いている職場

について書いていきます。

 

(1)自己紹介

改めまして、箕面市健康福祉部障害福祉課の根本と申します。年齢は26歳。岡山県出身で、高校まで岡山県で育ち、大学で初めて大阪という大都会に出てきました。

 

私は箕面市役所に入庁するまでは、一般企業で営業の仕事をしており、今年4月から箕面市役所の一員として働いております。

 

仕事などの関係でいろいろな街に住んでいたことがありますが、正直に言いますと、今まで箕面には縁もゆかりもなく、箕面といえば猿と滝とショッピングモールしかしりませんでした。

 

そんな私がなぜ、箕面市で働きたいと思ったか。箕面で働くことが楽しそうだと思ったからです。

 

昨年の5月、箕面市の就職説明会に参加しました。その日までは「箕面市ってどんなところかわからないし、とりあえず参考程度に説明会にでも行ってみるか」という感じだったのですが、その説明会で、

・箕面市に新しく電車が走る

・競艇事業をやっている

・農業公社を持っている

など、自分がイメージしていた市役所とは違う、箕面市役所を知ることができ大変興味がわきました。

 

また公務員制度の改革など、一般企業よりもさらに一般企業的なところに興味を持ち、こういった環境で働くことが楽しそうだと思い採用試験を受け、晴れて4月から箕面市役所の一員となれました。

 

余談ですが、箕面市役所が何をしているのかを調べる際に私がよく参考にしていたのは、市長ブログ・部長ブログと先輩方の新人ブログです。自分が参考にしてきたということもあるので、これから箕面市役所を受験したいと考えている人にも役に立つブログにしたいと思っています。

 

(2)働いている職場について

私は健康福祉部に配属されたのですが、配属されてまず驚いたことが、健康福祉部は市役所の中にはないということです。

私のいる健康福祉部は箕面市立病院の近くにある総合保健福祉センター(ライフプラザ)という建物の中にあります。

 

その健康福祉部には様々な福祉関係の部署があり、私はその中での障害福祉課というところで働いています。

 

では障害福祉課は何をしているところなのか。

 

わかりやすい例を出すと

・障害者手帳の申請受付・交付の手続き

・市立の障害者福祉センターなどの管理

・障害者の負担軽減のための助成や手当の給付

などをやっています。

上の3つはほんの一例で、このほかにも本当に様々な仕事をしています。

仕事を早く覚えるため、いろいろな仕事に接するようにしているつもりでも、障害福祉課ってこんなこともしていたんだと思うことが今でもあります。

今日はそんな仕事の一つを紹介します。

 

社会的雇用制度

 

この制度は、障害者事業所で働く障害者の職業的、社会的自立の促進を目的として、箕面市が賃金や、設備・運営などの助成をおこなう制度です。

一見、「どこでもやってそうなありがちな制度だよね」とか思うかもしれませんが、実はこれ全国的にもかなり珍しい先進的な制度なんです。

重度障害のあるかたが一般企業などで働き、障害のない人と同じように収入を得るというのは、現状ではハードルが非常に高いです。

多くの障害者は障害者事業所などで働いておられますが、そこでの仕事はいわゆるパンやクッキー、木工製品などの授産製品の販売や軽作業の受託なので、賃金(工賃)がどうしても安くなってしまいます(全国平均は2万円/月程度)。

でもそれでは一般企業に勤めている人と同じように、労働の対価である収入で生活することはできないですよね。

そこで事業所で働く障害者のかたが、最低賃金法で定められている最低賃金を確保できるように、そして障害のない人と同じように、働くことで収入を得て生活できるように、障害者のかたの賃金の3/4を箕面市が助成しましょうという制度がつくられました。

 

しかしこの制度は「箕面市がお金を出すことだけで、最低賃金をクリアさせよう」というものではありません。

箕面市はあくまで障害者の賃金の3/4を助成するだけであって、残りの1/4は障害者事業所の経営努力で稼ぎ出していかなければなりません。

工賃平均が2万円の世界で、最低賃金の1/4を稼ぎ出すことは非常に難しいことです。

そのためどこの障害者事業所もどうすれば売上げを伸ばせ、どうすれば利益を増やせるのかをいつも真剣に考えておられます。

月に何度かライフプラザで行っているバザーなどは、障害者事業所の大切な収入源になりますので、皆様もライフプラザへお越しの際はぜひお立ち寄りいただければと思います。

 

最後に

 

最後に私のプライベートコーナーです。

今回は「フットゴルフ」

フットゴルフってご存じですか?

通常のゴルフ場のコースを使用し、サッカーボールを蹴ってゴールの穴に入れるといったスポーツです。

日本でフットゴルフができるゴルフ場はまだ4カ所ほどしかないとか。

ゴルフみたいに道具を使わないから簡単だろうと思っていました。が、少しの傾斜でボールがあらぬ方向に転がって行ったり、上り坂のコースでは自分が蹴った場所にボールが戻ってきたりと想像以上に難しいです。

皆様もぜひチャレンジしてください。最後に私のベストショットでブログを締めさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箕面市では、7月31日まで『今すぐ自治会に加入してください・自治会を結成してください!』の統一キャンペーンを実施中です。


学校施設管理室 新井と申します!

2015年07月13日 | みどりまちづくり部

はじめまして。今年の4月からみどりまちづくり部営繕課建築室建築第2グループ(併)子ども未来創造局学校施設管理室に配属になりました、新井千賀と申します。

これから1年よろしくお願いいたします!

今回は、私の初回のブログということで、

(1)私の自己紹介、(2)業務について、(3)私のプライベートについて少しお話させていただきます。

 

 

 

(1)自己紹介
私は、今年の3月に大学を卒業し、この4月から新社会人として箕面市役所で働いています。
大学時代の4年間は、社会の様々な分野における「安全」・「安心」について学びました。
ゼミでは、「防災・減災」についての研究をしてきました。
ゼミ活動の一環として、自治体と市民のかたとハザードマップを作る機会がありました。

また、大学時代には、学園祭の実行委員会に所属し、学園祭の企画・運営に携わってきました。
その活動の中でも、大学が所在する自治体のボランティアに参加する機会がありました。
このような経験の中で、自治体で働くことに興味を持ちました。
今はこの思いを叶えることができ、とても嬉しいです。
オールドルーキーのかたがたが多い中、新社会人としてのフレッシュさを出していけたら、と思います!

 

 


(2)業務について
私は、主に学校施設管理室の業務に携わっています。
学校施設管理室の業務については、過去に同じ部署の先輩である澤井さんや井筒さんが詳しく書いていますが、
今年度は、同じ部署の進木さんと私から多くのことを伝えられたらと思います!
学校施設管理室では、主に箕面市内にある小・中学校の施設の管理を行っています。
今回は、その中でも2つのことについて紹介したいと思います。

 

1.プールろ過機のマニュアル作成について
今、小学校や中学校では、プールの授業が行われています!
そのプールの水をきれいに保つためにろ過機を回しています。
この機械の点検や修繕も学校施設管理室が行っています。

↑これは、各小・中学校にあるプールのろ過機についてのマニュアルです。
実際に現場でろ過機を前に、優しい先輩と業者さんに教えてもらいました。
誰でも見て分かるようなマニュアルを作ることは、とても難しく、試行錯誤しながら作成しました。

 


2.来年度へ向けた修繕・工事についてのミーティング

小学校や中学校では、修繕すべき箇所や増改築工事などの案件が多数存在します。
その中から早急に行うべきものや本当に必要なものを部署内で慎重に吟味し、確認を行っています。


比較的若手が多い部署です!年齢が近く優しい先輩がたなので、とても頼りにしています!

 

 


(3)最後に私のプライベートについて少し・・・
今年度から新生活が始まり、慣れない生活を送っていますが、そんな中、新たに最近あるものを購入しました。

my トランペットです!!!


中学生の時に3年間吹奏楽部に所属し、トランペットを吹いていました。
ずっと自分の楽器がほしいと思いながら、10年越しにやっと夢を1つ叶えました。

しかし、まだ楽器を手に入れてから1回も吹いていません!
自然豊かな箕面で、トランペットの練習ができたらと思っています!

初回はここまでです。
お付き合いいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。

 

 

箕面市では、7月31日まで『今すぐ自治会に加入してください・自治会を結成してください!統一キャンペーンを実施中です。


介護・医療・年金室 曽我部と申します

2015年07月10日 | 市民部

はじめまして。

 

2015年4月より、市民部 介護・医療・年金室 介護保険グループ 

 

に配属された、曽我部 勇介(そがべ ゆうすけ)と申します。

 

 

   

 

新人そして一市民の目線と肌で感じた、

 

「市役所ってこんな所なんだ」「箕面ってこんな街なんだ」

 

という正直な気持ちをお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

                                        

○○これまで○○                  

私は大阪から瀬戸内海を渡った島国、みかん大国・愛媛県の出身です。

 

長期休暇ではフェリーで実家に帰ります。隣の家が田んぼを挟んで100m

 

という田舎から、大学で関西圏デビューを果たしまして、入庁前は京都府の

 

製造業で、5年間技術営業をしておりました。

 

その後、関東に転勤する際に結婚し子供を授かり、誰も知らない土地で子育

 

てをする辛さを知りました。その時、妻の地元である大阪に戻ることを決心し、

 

実家の風景に似た、『身近な自然』『公園で遊ぶ家族』がいる箕面市

 

(あくまで私のイメージです)で勤めることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

○○仕事○○

 私の仕事は【介護保険】の中で、要支援・要介護認定を受けられた方が、

 

今後もご自宅で自立した生活ができるように、ご自宅の改修や福祉用具を購入

 

された時に、介護保険の給付をさせていただく仕事をしております。

 

 一口に「認定を受けられた方」と言いましても、ご自宅での生活様式や状況

 

は十人十色です。どのような改修や福祉用具が必要または適切なのか、

 

書類だけでは判断できないことが数多くあります。そのため、

 

ご担当のケアマネージャーの方々に、ご本人にお会いしてどうだったか、

 

どのようなことにお困りなのかなど、詳細な情報をいただいた上で審査

 

いたします。

 

私は生まれてこの方【介護保険】に触れたことがなく、まだまだ未熟者では

 

ありますが、一つ一つ勉強して市民の方々のお役に立てる職員になりたいと

 

思っています。

                               

 

 

 

 

○○休日○○

私の趣味は「朗読」なのですが、最近では朗読ではなく、子供が寝る前の

 

絵本係になってしまっています。しかし、せっかく絵本を読むならば、

 

たくさんの子供の前で読みたいなと思っていると、図書館でおはなし会をして

 

いると聞き、箕面市立中央図書館に行ってみました。

 

すると、まるでオフィス街の本屋さんを思わせるようなお洒落な内装に驚き

 

ました。子供達のプレイスペースや、読み聞かせコーナーがあり、近くには

 

授乳室もあるので乳児連れの私たちも安心でした。また100円でコーヒーが

 

飲めたり、芦原公園を眺めながら本が読めるテラスまで用意されています。

 

子供が小さい間は、暇な休日なんてありませんが、たまに時間が出来たとき

 

にはリラックスもかねてぜひまた行きたいと思いました。

 

ただ、今回は時間を間違えてしまったせいでおはなし会には参加できません

 

でした。図書館職員の方にチラシをいただいたので、次回はぜひとも参加した

 

いと思います。

 

 

 

↑読み聞かせコーナー

 

 

 

↑授乳室

 

 

 

   ↑テラス

 

 

みなさまもぜひ中央図書館へお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箕面市では、7月31日まで『今すぐ自治会に加入してください・自治会を結成して

 

ください!統一キャンペーンを実施中です。

中央図書館 安井です。 ~集める、並べる~

2015年07月06日 | 総務部


初めまして。

子ども未来創造局 中央図書館の安井優美子と申します。

 

市民の皆様と直接お話ができる仕事ができて、うれしく思っています。

新しいことばかりで、戸惑う毎日ですが、

快適な空間で過ごしていただけるよう努力して参りますので

よろしくお願いいたします!



図書館のお話をする前に少しだけ、私自身のことを前置きしておこうと思います。

私は家でのんびりするのが好きです。

休みの日は、本を読んだり、お菓子を焼いてみたり。

予定がない日は、家から一歩も出ないこともしばしば。

反面、忙しくするのも好きなので、

中学の頃から続けてきた演劇は、今でも続けています。

稽古には、週一回参加できればよい方なのですけれど。



さて、そんな安井の「新人奮闘記!」

本日は、「集める、並べる」編を、お送りいたします。

はじめにお話ししたとおり、私は、箕面市立中央図書館に勤務しています。

図書館の仕事、といいますと、ざっくり「市役所の仕事」というよりは

何をしているのか想像がつきやすいのではないでしょうか。

ですが、図書館にはあんまり行かへんしなぁ……という方もいらっしゃると思いますので

少し中央図書館のお話を。

 

中央図書館が4月にリニューアルオープンしたことは、ご存じでしょうか?

 

館内は天井まで届く高い書棚を境にして、

右側が児童・親子コーナー、左側が一般コーナーと分かれています。

また、館内で飲み物を飲んでいただけるようになりました!

入り口にはコーヒーの自動販売機、

児童コーナー奥にはお茶やジュースの自動販売機を設置しています。

また、食べ物OKの席もご用意しております。

晴れの日はテラスも準備していますよ!




さて、本題に入ります。

こちらは、入り口正面の展示です。

いまは、

「見る 読む 調べる ずかん! ずかんっ!!」

というテーマで展示をしています。

きれいな空の写真がたくさん載った図鑑や、かわいい動物をあつめた図鑑などいろいろ!

並べる本は、箕面市の図書館に蔵書のある本の中から、

ヤングアダルト世代(中学生、高校生)を中心に、

幅広く読んでもらえるように集めています。

今回は150冊ほど選出していますが、それでも足りず、

いい図鑑を見つけてはせっせと展示に追加しています。

気軽に手にとっていただけるように、POPで本の紹介をすることも。

 

気持ちを込めて書きました。ちゃんとペンギンに見えるでしょうか。



中央図書館では、そのほかにも小さな展示スペースをちりばめています。

各図書館でも、展示スペースを設けておりますので、

気分を変えたいとき、何を読んでいいか迷ったときは是非参考にしてくださいね!

ちなみに、この入り口正面の展示スペースについては、現在新しい展示を考え中です。

今使っているPOPともあと少しのおつきあいなので、なんだか少し寂しいです。

以上、「集める、並べる」でした。



これからも、少しずつ図書館のアレコレを紹介していきたいと思っています。



一年間よろしくお願いします!

 

 

箕面市では、7月31日まで『今すぐ自治会に加入してください・自治会を結成してください』統一キャンペーンを実施中です。


地域創造部 北急まちづくり推進室の疋田です!

2015年07月03日 | 地域創造部


はじめまして。今年4月より、地域創造部北急まちづくり推進室に配属なりました疋田(ひきた)と申します。

この一年、箕面市の取り組み、魅力を存分にお伝えできたらと思っております。よろしくお願い致します。

今回は(1)自己紹介(2)研修について(3)仕事内容について書かせていただきます。

(1)自己紹介を簡単に致しますと、スノーボード、テニス、ゴルフ、旅行が大好きな20代です。20代とはいってもだいぶ後半です。オールドルーキー組であります。

大学卒業後は6年間、戸建住宅の施工管理に携わっていました。北大阪エリアを担当していたということあって箕面市へはよく来ており、数多い緑と豊かな町にどんどん惹かれていきました。直近では主に建築計画や住宅基礎工事の管理をしていました。

戸建住宅にとって基礎はとても重要な部分であり、基礎がしっかりしていなければ、いくらその上の建物が丈夫でも意味がありません。それは仕事にとっても同じく言えることであり、基礎がしっかりしていなければ応用は効きません。まずは、これから箕面市職員として頑丈な基礎を築いていきたいと思います。

 

次に(2)研修についてです。

 

新規採用職員研修としていろいろな研修カリキュラムがあります。福祉体験研修や清掃体験研修など体験を通じて学ぶ研修もあります。

それらの研修の一つとして、自転車ネットワーク研修を行っています。箕面市内を実際に自転車で走行し、現場を体感することで、色々な課題が見えてきます。その課題を踏まえたうえで、安全で快適な自転車ネットワークを形成することを目標としています。

現在、新規採用職員全員で箕面市内を手分けして調査をしている最中ですが、自転車で快適に走ることができる箇所、危険な箇所、様々です。

              自転車で走るには狭い箇所

先日の地域創造部長のブログにもありましたが、自転車に関する法規制が少し変わりました。

「自転車」は「車両」であると改めて意識づける制度となっております。悪質な危険行為を3年以内に2回繰り返すと安全講習の受講が義務づけされます。傘をさしながらやスマートフォンを使用しながらの片手走行等は悪質な危険行為に当たりますのでみなさんもご注意お願いします。

同期みんなで力を合わせて自転車ネットワークの構築を目指します。

 


最後に、(3)仕事内容について説明させていただきます。


「地域創造部」の「北急まちづくり推進室」とは、室名のとおり、北大阪急行線の延伸に伴い整備される新駅周辺のまちづくりを担当している部署です。

北大阪急行線の延伸は2020年の開業を目指しています。千里中央駅から北へ約2.5キロメートル延伸し、新駅として(仮称)箕面船場駅と(仮称)新箕面駅の2つの新駅が作られます。

 

パンフレット

 

今回は箕面船場駅周辺について少し説明させていただきます。

駅周辺のイメージは以下のとおりです。

 

 

 

お気づきでしょうか。

まちづくりの青写真が鮮明になってきており、イメージパースが最近更新されました。ちなみにこのパースは室内・部内・市長との協議を幾度となく繰り替えし完成した非常に濃い一品です。先輩・上司の方々に数多く助けられ無事完成することができました。(*現段階でのイメージであり、配置規模等については今後検討していく予定となっております。)

さらに6月17日、大阪大学箕面キャンパス(現粟生間谷)が(仮称)「箕面船場駅」前に移転する旨、大阪大学と箕面市が覚書を交換したと発表がありました。

 

報道発表

 


大学施設が駅周辺に整備されれば船場全体が賑やかになり、ひいては市全体が活性化することは間違いなしです。

ちなみに報道資料でもこのパースが使用されました。

 

報道資料

 

ここだけの話ですが、このパースの中に我ら箕面市の公式キャラクターである滝ノ道ゆずるくんが実は隠れてます。


                   滝ノ道ゆずる

 

わかりますか???

 

 

 

・・・どこでしょうか???

 

 

 

・・・!??

 


・・・!!!


 

いました!!!

 

非常にわかりにくいですが、小細工させていただいております!これぞ箕面愛です!

 

次回は、(仮称)新箕面駅の方についてお伝えする予定ですので楽しみにしていただければと思います。
よろしくお願い致します。

 

 

 

箕面市では、7月31日まで『今すぐ自治会に加入してください・自治会を結成してください!』の統一キャンペーンを実施中です。