箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

懇談会報告と「みのおのきょういく」

2011年12月26日 | 子ども未来創造局

こんにちは!教育政策課の松尾です。

毎日本当に寒いですが、いかがお過ごしでしょうか。
早いものでもう年末。(豕瀬くんが前回ちらっと触れていましたが、)先輩がたの偉大さを実感しながら企画した、新規採用予定者と職員との懇談会&交流会も無事に終了しました。当日はやたら進行にバタバタしてしまい、肝心のゲストの皆さんとほとんど喋ることができなかったのが心残りですが…。

そんな私はともかく、採用予定者同士では仲良くなっておいてもらいたいです。それは、同期の存在・同期との関係は、仕事上でも、仕事外でも(?)とても大切だと思うからです。特に一年目は普段のそれぞれの業務に加えて、新規採用者で色々と企画する研修が多く、お互いに協力すべき仕事がたくさんあります。スムーズに仕事を進めていくためにも、お互いを知っておくことは悪いことではありません。

ちなみに私たちは、4月までに3回ほど集まりました。結果的にはよかったのではないでしょうか。同期の皆さま、どうでしょうか。

とにかく!
当日参加していただいた新規採用予定者の皆さまをはじめ、ご協力いただいたすべての職員の皆さまにお礼申し上げます。どうもありがとうございました!
新規採用予定者の皆さまには、また春からお会いできることを楽しみにしております!!

 
さて、今日のもう一つの話題は、自分の担当している仕事からです。
私は教育委員会事務局に所属していますが、「教育委員会ってどんなことしてるの?」「教育委員ってどんなことを考えているの?」というのはなかなか分かりづらいところがあるかもしれません。(実は私もそうだったのですが。)

しかし!箕面市の教育委員会は数ヶ月に一回リーフレットを発行し、情報提供を行っています。その名も「みのおのきょういく」。実はその編集を担当しております。

色々と言うよりも、とりあえず中身を見てみましょう!

表紙には、教育委員会が行った行事の報告を載せます。箕面市教育委員会には私の所属する教育推進部と、子ども部、生涯学習部の3部があり、毎回話し合いで表紙のトピックを決めます。今回は教育推進部学校教育課の事業、「箕面・世界子どもの本アカデミー賞」を取り上げることにしました。



ページをめくって左側には、「教育委員会 委員から」ということで、教育委員のリレーコラムが掲載されます。箕面市の教育について、それぞれの委員の考えを知ることができます。今回は小川委員長です。

 

見開き右側は、「教育委員会 会議から」のページです。毎月開かれる教育委員会会議から、おのおのの教育委員の発言をピックアップしています。残念ながらページの都合上、どうしても一言ずつしか掲載することができません…。ですので、「他にはどんな議論をしているの?」と気になるかたはぜひ!教育委員会会議を傍聴しにきてください!基本的に毎月第2月曜日、午後2時30分に開催しています。事前の申込みは不要です。

 

さて、裏表紙です。教育委員会が行う行事日程を掲載しています。(今回は表紙に取り上げきれなかったトピックも挿入しています。)

このリーフレットを、箕面市内の学校、幼稚園、保育所などに送付し、保護者のかたの手に届けていただくようにお願いしています。

が、実は…お配りするのは、白黒印刷!!!!!
見づらいところも多々あるかと思いますが、経費の都合上どうかご容赦ください。(泣)
カラーのバージョンはホームページでご覧ください。

ではでは今日はこの辺で…
皆さま、寒さに負けず、良いお年をお迎えくださいね!
Happy Holidays!!

 

 


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


終業時 机の上は 滑走路

2011年12月19日 | 議会事務局

議会事務局議事課の吉田です。

前回は10月21日にブログを書かせていただき、早くも次のブログです。

時間は過ぎてしまえば早く感じるけれども、1日1日を大事にしていこうと思っている吉田です。

さて、この2カ月間でもいろいろなことがありました。

まずは、10月17日に閉会しました第3回定例会(9月議会)について、前回のブログでホットな情報をお届けしましたが、その第3回定例会の内容を掲載した議会だより第85号が12月1日に発行されました。
条例改正や補正予算の審査に加え、平成22年度決算審査や役員選出の内容も掲載していますので、今一度、ご覧下さい。

前回のブログでも議案書の写真を掲載させていただきましたが、議会事務局議事課は、定例会ごとに送付される議案書をはじめ各種会議の資料などで、油断をすると、すぐに机に書類の山ができてしまいます。
書類をためてしまうと、必要な書類がなかなか見つけ出せずに、結果、業務効率が落ちてしまう。皆様もそんな経験があるのではないでしょうか。

そこで、この秋から、
「終業時、机の上は、滑走路」
を合言葉に整理整頓に取り組みました。
不要な書類は思い切って捨てました。
そして、退庁時にはパソコンや電話以外のすべてのモノを片付けて机の上を滑走路状態にしています。
そして、始業時にはその日に必要な書類を机の上に出して仕事を始めます。


                                  終業時の議事課 


                                  仕事中の議事課 

整理整頓を日常的にしていれば、欲しい資料がすぐに取り出せ、また、重要な書類が埋もれて処理を忘れるというミスが防げるなど、業務効率が大幅に向上すると思います。

また、インターネットで、「整理整頓」などと入力して検索してみると、個人はもちろんのこと、多くの企業や自治体で「机の上は滑走路」をはじめとする、整理整頓に取り組んでいることがわかります。
「整理」「整頓」に「清掃」を加えて3Sと呼んだり、さらに「清潔」「躾」を加えて5Sと呼んで取り組んでいるところもあります。

その効果として、
「社員のモチベーションが上がった」
「売り上げが上がった」
などの報告がされているほか、
「心の修養になった」
「運がよくなった」
との声も聞かれます。

まだ、始めたばかりですが、早くも効果を実感しています。
まずは、その日にやるべき仕事が明確化され、仕事の能率が上がるほか、机の上のスペースが増えたことで、これまで以上に机を広く使って仕事をすることができます。書類の壁が無くなり、開放感が出たことで、気持ちに余裕をもって仕事に臨むことができるようになりました。
また、整理されたのは引き出しの中や机の上だけではなく、同時に、頭の中まで整理でき、業務に効率的に取り組めるようになりました。

仕事の効率がよくなったせいか、趣味のソフトボールでも打撃が絶好調で、試合で大勝したり、サヨナラヒットを打ったりと、プライベートも充実するようになりました。

議事課では取り組み始めたばかりですが、これからも何らかの形で結果が出ること信じて、取り組みを続けていきます。


さて、第3回定例会で役員選出が行われ、私が担当の建設水道常任委員会も新しい顔ぶれとなりました。新メンバーとなった建設水道常任委員会の最初の大きな仕事は行政視察です。議会事務局から、私も担当者として行政視察に随行させていただきました。

行政視察とは、他自治体などの先進的な取組みなどを調査するために、実際に現地へ赴き、その取組みについて担当者の話を聞いたり、現地を見学したりすることで、議員の専門的な見識を高め、市政に生かしていこうとするものです。

建設水道常任委員会では、11月15日、16日に、東京湾アクアライントンネルと東京消防庁第3消防方面本部第3消防方面機動部隊と東京都豊島区の3カ所に行ってきました。

まず、東京湾アクアライントンネルでは、トンネルの漏水対策について視察してきました。新名神高速道路の箕面トンネルの施工において、地下水による湧水対策のために、トンネルの一部を非排水構造という特殊な構造にすることが予定されています。その非排水構造がとられているのが、東京湾の下を通っている東京湾アクアライントンネルです。
そのトンネル出口にある海ほたるパーキングエリアで説明を受けた後に、実際にトンネルの地下を見学させていただき、トンネルの施工の様子や維持管理の方法などの話をお聞きしました。
海底にこれだけ長いトンネルを掘ることは、当時、世界でも例のなかったことであり、入念な計画のもと、苦労してトンネルを掘削し、完成させた様子を拝見して、映画のような迫力に感動しました。そして、携わったたくさんのかたがたの努力は、まるでプロジェクトXを見ているかのようで、中島みゆきの曲が頭の中で鳴っているようでした。
 


    
トンネルを掘削したシールドマシンのカッターフェイスモニュメント

次に、東京消防庁第3消防方面本部第3消防方面機動部隊にお伺いしました。こちらは、ハイパーレスキュー隊の活動拠点です。
先般の東日本大震災でのハイパーレスキュー隊の迅速な対応はメディアでも大きくとりあげられていました。
ハイパーレスキューとは、特殊な技術や能力をもった隊員と大型重機や特殊車両などを備え、多数の人命を早期に救助することを目的としたスペシャリスト部隊であり、東京都に4部隊、設置されています。
視察させていただきました第3消防方面機動部隊は、NBC災害を専門としています。
NBCとはNuclear(放射性物質)、Biological(生物剤)、Chemical(化学物質)の頭文字であり、東日本大震災での放射能事故の除染やその他化学災害など専門的な知識を要する災害を専門としています。
行政視察時には、東日本大震災時の対応状況や普段の活動状況、また訓練の様子も見学させていただきました。
本番さながらの訓練で、緊張感があり、すごい迫力でした。隊長のかたも、本番と同じような訓練が出来なければ、本番では動けないとおっしゃっておられて、緊急時の迅速な対応は日ごろの訓練のたまものであると感じました。


                                      
訓練の様子


次に、東京都豊島区には自転車道整備についての話を伺いに行って来ました。
最近は健康増進やエコの観点から自転車利用が進んでいます。しかし、自転車の増加と共に、自転車と歩行者の事故も増加しているそうです。
そこで、自転車専用レーンを設け、歩行車道と自転車道の分離に取り組む自治体が全国的に増加しています。
豊島区は平成11年に自転車利用環境道整備の国のモデル都市に指定され、自転車道整備を進めてこられました。
自転車道整備の経緯やコスト面、利用状況などについて説明していただき、実際に自転車道も見学させていただきました。自転車道があると、歩行者側も自転車に乗る側も安心して通行できる環境であると感じました。


                    豊島区の歩行者道(左)と自転車道(右)


議会事務局として、行政視察の準備は大変なものでしたが、委員の皆様が有意義な視察であったと喜んで下さって、ほっとしたと同時にとても嬉しかったです。
また、お忙しい中、大変な歓迎と事細かな対応をしてくださいました東京湾アクアライン管理事務所の皆様や東京消防庁第3消防方面本部の隊員の皆様、豊島区の皆様に大変お世話になり、この場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。
本当にありがとうございました。

さて、そんなことを言っている間にも、今は第4回定例会中です。12月21日までの予定です。
今年最後となる今定例会では、様々な議案審議が行われ、白熱した議論が行われています。

次回は、来年2月22日から第1回定例会が開かれる予定です。
第1回?
市役所の事務は通常、年度(4月1日から3月31日まで)単位で行われるのに対し、市議会は暦年で区切りをつけながら開催されるのです。
第1回定例会では平成24年度の当初予算の議案審査などが行われます。
新しく学ぶことがまだまだあるので、机の上も引き出しの中も、頭の中も整理しながら、議会についてもっと勉強して、スムーズな議会運営に少しでも役立ちたいと思っています。

それでは、皆様、メリークリスマス。



箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


年末調整説明会

2011年12月16日 | 総務部

みなさま、こんにちは。
税務課の山本です。
近頃は一段と寒さが増し、私はこたつやストーブから離れられない毎日です。
もうすぐで今年一年も終わりですね。
風邪が流行っていますが、どうかお体にはお気をつけください。

さてみなさま、「年末調整」はもうお済みですか?
ご承知だとは思いますが、「年末調整」とは
給与や賞与などの支払を受ける人の一人一人について、毎月(日)の給料や賞与などの支払の際に源泉徴収した税額と、その年の給与の総額について納めなければならない税額(年税額)とを比べて、その過不足分を精算する手続きで、いわゆる給与の源泉徴収の総決算ともいうべきものです。

毎年、豊能税務署が主催する年末調整説明会というイベントがあります。

私は2日にかけて説明会に参加してきました!

年末調整説明会は毎年、
豊能税務署職員をはじめ、市役所職員、納税協会職員が説明を行っています。

★11月18日(金曜日) IN:船場

船場では主に会社の経理担当の方が出席されました。

↑緊張感がただよう説明会場。
 
 ・給与支払報告書、総括表、給与所得者異動届出書の記入方法
 ・平成24年度からの住民税の改正点
など、市役所からは年末調整をする際に特に注意していただきたい点を中心に、説明させていただきました。

(↑ちなみに説明者は私のエルダーさんです。)

★11月25日(金曜日) IN:サンプラザ
説明会の内容は船場のときと同じです。

この日は、市役所を代表して私が説明させていただきました。

(ちなみに私の初舞台です。)

予想していたよりも人数が多く、とても緊張しました。
無事に終わって何よりでした。

このように年末調整説明会では、毎年2回、税務課の市民税グループの職員が担当させていただいています!

年末調整はとても大事な手続きです。
提出後に記載の誤りが分かると年末調整のやり直しとなってしまいますので、どうか記載漏れのないようお願いいたします。

次回はまた2カ月後の更新になります。
それでは、またお会いしましょう。


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


寒い冬に熱いイベント!

2011年12月12日 | 健康福祉部

こんにちは。
健康福祉部の乾です。


寒さが一層増してきましたが、みなさん体調は崩されていないでしょうか。

最近は通勤途中にマスクを着用しているかたを多く見かけます。
私も先日のお休みに風邪を引いてしまい、ここ数日間はマスクを着用して過ごしていました。

このブログを書いている今も完治はしていませんが、職場の先輩方だけでなく、市民のみなさまにもご迷惑・ご心配をおかけしてしまうので、早く治すよう努力したいと思います。

先日のブログで吉永さんも書いていましたが、まさに日々の体調管理の大切さを痛感している今日この頃です。

今年の冬は風邪やインフルエンザだけでなく、マイコプラズマ肺炎が猛威を振るっているようです。
手洗いうがいなどの他にも、マスクの着用が相手のためにも、自分の身を守るためにも、大切ですね。

予防策を十分にとって、温かいものを沢山食べて、この寒い冬をなんとか乗り切りましょう!


さて、寒い冬が近付くと同時に、熱いイベントの開催も近付いてきます!

私が所属している健康福祉部が含まれるライフプラザ……

このブログでも度々紹介させていただいているので、すでにご存知のかたも多いかと思いますが、
そのライフプラザで、来たる12月22日(木曜日)18時から、1階のアトリウムにて

ライフプラザふゆまつり

を開催いたします!



ジャズダンスやギター、フラダンスに歌など沢山の熱いステージイベントがあり、あげぱん・フライドポテト・フランクフルト・豚汁など温かい食べ物も沢山ご用意しています!

毎年恒例の楽しいゲームコーナーもあります。

どなたでも気軽にご参加いただけますので、是非寒い冬に体もこころも温まるこの「ライフプラザふゆまつり」にみなさんお集まりください☆

また、以前竹田さんのブログでも紹介されていましたが、同じく1階のアトリウムでは障害をもつ人が働く商店街があります。




◇子育てから介護までの情報交差点 ゆっくり 

 TEL&FAX:727-9547 
 営業時間:9:30から17:30
 定休日:日曜日・祝日




◇喫茶・軽食 るうぷ

 TEL:727-9546
 営業時間:9:00から17:00
 定休日:日曜日・祝日





◇アートショップ グリーンるうぷ

 TEL:727-9545
 営業時間:10:00から16:00
 定休日:土曜日・日曜日・祝日




◇美容室 ミスミ

 TEL:730-6558
 営業時間:9:00から18:00
 定休日:月・第三月曜日と火曜日・連休


毎月第三水曜日の14:00から16:00には、こわれたおもちゃの修理を行う「みのおライプラおもちゃ病院」も開かれています。

次回開催日は12月21日(水曜日)です!


さらに、翌年2012年1月27日(金曜日)14:00から15:00にはティータイムコンサートが開催される予定です。
ピアノ・ギター・フルートなどの綺麗な音色を聴いて、楽しいひとときをお過ごしください♪
詳しくは、もみじだより1月号(担当課:健康増進課 TEL:727-9512/FAX:727-3539)をご覧ください。

この冬はライプラでの熱いイベントをどうぞお楽しみください!


今回のブログでは、前回のブログで豕瀬さんからゆずられた話題には触れていませんが……
その話題についてはさらに後の人へお願いするとして。。。(笑)

次回、2012年にまたお会い出来ることを楽しみにして、今回はこれにて終わらせていただきます。

みなさん、どうぞよいクリスマス・年末年始をお過ごしください☆


箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。


大躍進のゆずるにあやかれ?ゆず湯フェア開催!

2011年12月09日 | 地域創造部

どうもみなさん、お久しぶりです。

箕面営業課(兼)箕面広報課の豕瀬(いのせ)です(´-`*)

いやあ、最近ほんと寒くなりましたね。
市役所本館2階は徹底した節電を心掛けているため、当然定時以降は暖房の入る気配が1ミリもありません!
最近は夕方になると私、コートを着込み完全防備で作業しています。社会の厳しさが骨身に染みます…。

 

はい、本題です!

 

前回は、とにかくうちの滝ノ道ゆずるを応援してください(;ω;)!という内容でした。
色々と騒動があって、てんやわんやのゆるキャラ(R)グランプリ2011でしたが、みなさんにご支援いただいたお陰で、ゆずるは近畿及び府内1位、全体で9位/349キャラ中と前年14位/170キャラ中から大躍進を遂げることができました!!

詳しくはこちらにて、ゆずる本人からの渾身のメッセージをご覧ください!ゆずる、感激でゆず果汁流してます!

 

話は変わりまして、今回はお知らせがございます。

冬 到 来 ! ということで、ゆずの季節を迎えました。

大阪府内で唯一出荷されている、箕面市止々呂美産のゆずは、一味違う実生(みしょう)ゆず
大多数のゆずは、樹高を低くし、収穫までの期間を短くすることで生産効率をアップさせるため、接ぎ木による栽培方法が採られます。
これに対し、実生栽培とは、種からじっくり育てる栽培方法。
植えてから結実まで18年前後と半端なく手間も時間もかかる中、出来上がるのは大粒で香り高い最高級品のゆず達

 

さて、古くから日本には冬至の日にゆず湯に浸かると風邪をひかないという言い伝えがあります。

そんな言い伝えにあやかり、箕面の最高級ゆずを使用したゆず湯を、市内各所の入浴施設で楽しんじゃおうという企画が、「~心もほっこりあったまろう~箕面ゆず湯フェア」

開催期間の12月19日(月曜日)から25日(日曜日)の間、

箕面温泉スパーガーデン

箕面湯元水春

箕面駅「もみじの足湯

にて、応募用紙に必要事項を記入していただくと、うれしい入浴券とゆず関連商品が当たるプレゼント企画あり!

各施設のゆず湯実施日には、滝ノ道ゆずるの出演予定あり!詳細についてはこちらをご確認ください(*´ω`*)

 

もうすぐ年も変わりますね。もう間もなく、来年度新規採用職員の懇談会があります。

これの段取りや内容も我々今年度の新規採用職員が研修の一貫として行うのですが、その内容は後の人にゆずるとして(笑)、少しだけ僕の話を。

僕は人より勉強が好きだったので、ちょっとだけ在学期間が長かったのですが(笑)、学生だった昨年の今頃は、こんなにも多忙になるとは思ってもいなかったです。
いつも力の抜けた内容のブログになっているのでホントかよ?と思われるかも知れませんが、朝起きたら「ごめんなさい!すみません!」と、お願いだから目覚まし先輩起こさないでください!と謝っている時期もありました…笑

まだ年度も終わっていないのに総括するのは早いですが、あれからもう1年かとしみじみ思います。

いのせver.2011はいかがでしたでしょうか?
次回このブログでお会いする頃にはver.2012でお届けします!学生の頃はバージョンアップに失敗した年がありましたが(笑)、もうそれは許されないのでさらに一生懸命がんばります!

という訳で、今回はこの辺りでブログを締めたいと思います。

 

…おっとその前に、!2012年箕面キャラクター年賀はがき

2011年版箕面キャラクター手ぬぐい

 

もうすでにお手元にありますでしょうか!? 残りわずか、市役所本館1Fの証明発行窓口で販売中ですよ!

師走ですが、急ぎつつ本館内では歩いてお越しください!

ではまた来年お会いしましょう!

<師走のとってつけた感じのこじつけ具合が絶妙モミ。


事業所・作業所体験研修

2011年12月05日 | 市民部

こんにちは。そしてお久しぶりです。
市民部介護・福祉医療課、吉岡です。

気付けばもう4回目の更新!
そして気付けばもう12月!早い!本当に早いです!!
この子、毎回早いとか言ってない?と思われるかも知れないですが、本当に時が流れるスピードはこんなにも早いのかと思ってしまうくらい早いんです。笑

去年の12月は平成23年度の採用予定者のために先輩方が懇談会&交流会を企画して下さって、改めて「わ~本当にもう自分は箕面市役所で働くんだ」と感じていたのを思い出します。
そんな私ももうすぐ新しく入ってくる職員さんを迎え入れる側なんだなと思うとなんだか不思議な気持ちです。

さて、そんな私が今回ブログで何を書くかというと…
新規採用職員後期研修(事業所・作業所体験研修)です。

また研修!?と思われますか?
実は私もそう思っています。笑

でも新規採用職員がこぞって紹介するくらい本当に様々な研修が行われているんです。
そして、こんなに様々な研修を受けることができるのは1年目だけ。
1年目の研修を紹介できるのも1年目の私達だけ!
だからこそ、少しでもお伝えできたらなと思います。 


今回ご紹介する新規採用職員後期研修(事業所・作業所体験研修)とは豊能障害者労働センター、箕面障害者自立の店「たんぽぽ共同作業所」、障害者の働くお店「パンハウス・ワークランド」、障害者市民事業所「ぐりーん&ぐりーん」、箕面障害者共同作業所「そよかぜの家」、箕面東部自立センター「ZEROの家」の6カ所の事業所・作業所のうちどこか1カ所でお仕事を体験させていただくというものです。

私は、「パンハウス・ワークランド」という所で1日お手伝いをさせていただきました。


この「パンハウス・ワークランド」はいわゆるパン屋さんなんですが、お店自体にパンを売るスペースはほとんどなく、直接買いに来るかたは、ほぼ常連さんで人数も限られているというパンを作ることがメインのお店です。

ではどうやって利益を得てるんだ!?という疑問なんですが…
私がお手伝いさせていただいたのは、パンの生地を丸めたり、平べったくしたりとパン作りのサポート的なもののみで、販売や注文などに関しては細かいことは分からず、お伝えできないのですが、
基本的には… 

1.幼稚園や保育所、小学校などからの注文を受けた分を焼いて届ける。
2.パンなどを作るのではなく、売るのを専門としている「そよかぜの家」という作業所から注文された分を用意し「そよかぜの家」に卸す。(市役所にも時々売りにきてくれています。)
3.直接お店で売る。
4.ふれあい就労支援センターという建物の1階のフロアで、障害をお持ちのかたが自らパンの販売を行う。

と大きく分けるとこんな感じだと思います。

月曜日は他の曜日より比較的時間に余裕があるということで「4.」の販売も行っていたので、お手伝いしてみたかったのですが、パン作りの時点で足を引っ張ってしまっていたので、そんなことはとても口に出せなかった…

というのは、ここだけの話です。笑


また、私がお手伝いさせていただいた日、「パンハウス・ワークランド」には障害をお持ちのスタッフが7人いらっしゃったのですが、スタッフによってスピードも違うため、その人の状態を見て、その人に合った仕事を決め、仕事はほぼ固定で毎日行われているそうです。
こういう配慮は障害をお持ちのかたが働くうえでとても大事なことだな、と直に感じました。

障害をお持ちのかたのほかに健常者のスタッフのかた1人とパートのかたが2人いらっしゃったのですが健常者のかたの障害をお持ちのかたへの接しかたが絶妙ですごいなと感じました。
仕事としてやっているので当然怒るときは怒り、それ以外のお話するときには優しくゆっくり話していて、正直、私は障害をお持ちのかたとどう接していいのか分からず困惑していたのですが、こちらから心を開いて歩み寄れば、当然ですがお話もできるしコミュニケーションもとれるんだなと感じました。

そう思ってからは会話がはずみ、ドラマの話や音楽のことなどを話しながら、楽しく仕事を終えることができた気がします。
また、普段障害を持ったかたと接する機会があまりないので、どういうことに興味を持ち、どういうことを考えてるかなど、色々考えたり、各々の個性や感情などを感じたりできてとても新鮮で勉強になりました。

そして最後にお土産のパンももらっちゃいました!!
ありがとうございます☆
 

「パンハウス・ワークランド」はすごくパンの種類も多く、おいしい上にお求めやすい値段で購入できるので、是非みなさん行ってみて下さいね☆

ではではまた2カ月後にお会いしましょう!

 

箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。 


箕面をPR

2011年12月02日 | 総務部

こんにちは!

税務課の吉永です。

 

とても寒くなってきましたが、みなさま体調は崩されておられないでしょうか?

先日私は風邪をひいてしまい、1カ月ほど苦しい期間を味わいました。学生時代と違って社会人になると、役割や責任がより明確となり、簡単には仕事を休むことができないので、体調管理が第一ということを身に染みて感じます。

みなさまもお身体には気をつけてくださいね。

 

突然ですが、11月の土日や祝日に箕面駅に来られたかたはおられますか?

さらには、このような黄色いハッピを着ていた人たちを見かけませんでしたか?

 

 

 

 私たち新規採用職員も研修の一環として、箕面営業課や商工観光課のかたたちと一緒に、この黄色いハッピを着て「箕面紅葉滝道めぐり/ゆずるバスで箕面めぐりマップ」を配る箕面PR活動に参加しました。

 

これがその「箕面紅葉滝道めぐり/ゆずるバスで箕面めぐりマップ」です!

 

 【表面】

 

 【裏面】

 

箕面駅から箕面大滝までの道沿いにある土産物店やお寺の紹介、お食事ができるお店の紹介、またオレンジゆずるバスでの箕面のめぐりかた等、箕面を満喫できるマップとなっています。

箕面市には年間100万人のかたが観光に来られるのですが、11月の紅葉の時期が最も観光客で賑わいます。ですから、この時期にマップをお配りし、観光のお供にしていただければ、もっとたくさんの箕面の魅力を実感していただけるのではないかと思います。

 

マップはこれだけではありません!

外国人のかたも箕面を満喫していただけるよう、英語版のマップもご用意しています。

 

 

 

研修当日は、外国人のかたもたくさんいらっしゃって、こちらの英語版のマップをお渡しするととても喜ばれていました。箕面がもっと外国のかたにも来ていただける観光名所になれば良いなと思います。

 

「たきのみちゆずる」も箕面駅に来てくれましたよ!箕面を一生懸命PRしてくれました。

 

 

たくさんのかたにこのマップをお渡しできたので、箕面のいろんなところに行っていただき、「箕面って良いな」「また来たいな」などと思っていただければ嬉しいです。

まだ箕面に来られていないというかたは、紅葉の季節ですので、ぜひいらしていただきたいと思います。

ではまた2カ月後、来年になりますが、引き続き新人奮闘記を見ていただきますようよろしくお願いいたします!

 

箕面市では、10月から12月まで「子どもたちに残したい箕面の山なみ! みのお山麓保全ファンドに寄附をお願いします!」統一キャンペーンを実施中です。