箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

収納確認

2012年04月06日 | 総務部

こんにちは。税務課の吉永です。

4月に入りましたが、まだ少し肌寒いですね。みなさまはいかがお過ごしでしょうか?私は花粉症と戦う毎日で、この時期は何を食べても味がわからない思いをしていますが、年度も変わり心機一転して仕事に取り組んでおります。

同期の仲間が新人ブログ担当の最終回を迎えているように、私の担当するブログも今回が最後となります。

前回のブログで、

「納付書はこんな様式です!」

「納付書はこのようにお使いいただけます!」

といったような納付書の仕組みについてご説明させていただきましたので、今回はその続きで納付書をお使いいただいた後の処理についてご紹介したいと思います。

金融機関や郵便局、コンビニエンスストア(税金が1期あたり30万円以下のもの)などに納付書を持って行き、窓口で市税を納められますと、納付書はこのように3枚に分けられます。

前回と同様に、市・府民税(普通徴収)の納付書の見本ですが、左から「箕面市の控え」、「金融機関/店舗の控え」、そして「領収書」となります。

みなさまが上記の窓口で納めていただいた市税は、各窓口から箕面市の指定金融機関の口座に納められます。それとともに、納付書の「箕面市控え」の部分はきちんと箕面市に届き、最終的に私が所属する税務課税制グループに届くのです!

これが届いた箕面市控えの部分です。

上の写真は一昨日の4月4日(水曜日)に箕面市の指定金融機関の口座に納められた市・府民税(普通徴収)分の箕面市控えです。

他にも、市・府民税(特別徴収)、固定資産税・都市計画税、軽自動車税、及び法人市民税といった市税も納付書で納めていただいた場合は、「箕面市控え」の部分が届きます。

そして、これらのデータをパソコンに取り込み、保存していきます。

データとして納税の確認ができると、多く納められている状態であれば還付の手続き、また多く納められている状態でも、同一の納税者のかたで納期限が来ていてまだ納められていない市税が他にあれば充当の手続きを行います。これら一連の作業を行うことで、いつでも最新の状態での納税証明書の発行等ができるようになります。

こちらは納税証明書の見本です。納税証明書には、市税の税目と年度、納付すべき金額、納付済みの金額、納期限がまだ来ていない金額、そして滞納額が記載されています。もし、データを取り込んで確認をしておかなければ、納付していただいているにも関わらず滞納があるという記載が出てしまいます。

この他にも、データの取り込みをして初めて可能となる作業がたくさんあるので、取り込んだデータと合っているかどうかを毎日確認しています。このようにデータを取り込んで確認する作業はとても大切で、1円も間違えてはいけないので細心の注意が必要です。

そして、このデータをパソコン上で管理し、「箕面市の控え」の部分は5年間保存します。

この段ボール箱の中に入っているもの全て、「箕面市控え」の部分です。これは市・府民税(普通徴収)の「箕面市控え」の部分のおよそ3カ月分となります。さらに他の市税の種類の控えも合わせますと、段ボール箱の数はものすごく多くなります。

この写真はおよそ1年分の段ボールの量です。とても多いですね!市民のみなさまが納めていただいたという大切な記録ですので、1枚も失わないよう責任を持って保存しています。

市民のみなさまが納付書を使って市税を納めていただいてから、このような処理をしています。とても大切な仕事ですので、これからも気をつけて取り組みたいと思います。

この1年を通して少しずつですが、私が所属する税務課税制グループの仕事内容や、市税に関することをブログの内容にとりあげてきました。税というと、難しそう、堅そうといったイメージを持たれがちですが、このブログを通して少しでも市税を身近に感じていただけたらと思います。

私も1年前までは市税に関することなど無知に近かったので、税務課に所属が決まったときは不安しかありませんでした。まだまだ勉強中で、わからないこともたくさんありますが、少しでも多くの市税の知識を吸収し、市民のみなさまにわかりやすくお伝えしようと前向きな気持ちで仕事をしています。

この1年間、先輩に仕事を丁寧に教えていただき、そして窓口で市民のみなさまの笑顔を拝見することで支えられてきました。年度が変わり、また新しい1年が始まりますが初心を忘れずこれからも頑張っていきます。

最後に1年間新人ブログを見ていただきまして、どうもありがとうございました。

 

箕面市では、4月から5月まで「みんなで乗ろう!オレンジゆずるバス まちのどこへでも 365日、毎日運行中!」統一キャンペーンを実施中です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜間学級をご存じですか? | トップ | 庁用車に乗るために »
最近の画像もっと見る

総務部」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事