箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

7月も明日で最後です。

2018年07月30日 | 総務部

こんにちわ。

総務部情報政策室の堀部です。

 

はじめに、6月18日に発生した大阪北部地震及び先日の平成30年7月豪雨により被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

 

 

今回のブログの内容は、情報政策室でのお仕事を紹介させていただきます。

まず情報政策室では出退勤やメールの送受信など庁内の職員が主に利用しているパソコンの管理や市民の住民票や納付書を発行する住民情報システムの管理、運営を行っています。

 

また、今年度は庁内の職員が主に行政事務用として利用している複合機が契約満了となったことから、これまで設置していた複合機22台を新しい複合機へ入替を行いました。今回の更新では、箕面消防本部などにも新しく複合機を設置し、全部で31台の複合機を設置しました。

 

以下の写真は、設置の際の写真です。

 一台、一台丁寧に梱包し、搬入されます。

 

設置後、操作方法を説明している様子です。

 

複合機を入れ替えるにあたって、一番困難だったことは入札用の「仕様書」の作成です。

複合機は、利用用途に合わせたくさんの種類や機能があります。そのため、それぞれ利用する部署に合わせた複合機を設置できるように一つ一つ要件を確定し、仕様書を作成していきます。

また、仕様書の作成には「フィニッシャー」、「中とじ機能」など、たくさんの専門用語がありますので、一つ一つ分からない言葉を調べて作成しました。

ちなみに「フィニッシャー」とは、印刷を行う際にホチキス留めや紙折りなどを自動で行う機能です。「中とじ機能」とは、印刷した用紙を重ね、中央で二つ折りになった原稿にホッチキス留めを行い、自動で小冊子になるように印刷する機能です。

このように情報政策室の仕事は市役所の職員が主に利用するICT機器を管理しているため、それぞれの運用に合わせた要件をとりまとめ、実運用に即した機器の導入やシステムの構築などを行っています。

 

こちらは今回導入した複合機です。

 

各複合機ごとに番号を記載したシールを貼り、それぞれの番号の複合機がどこに設置されているのか管理しています。

 

また、この複合機でコピーを行う場合には、部署ごとに作成しているコピーカードで認証を行う必要があり、パソコンから印刷する場合にも事前に部署ごとのID・パスワードを入力し、認証を許可された場合のみ印刷を行うことが出来るよう設定しています。

この認証機能を取り入れることで、外部の人が不正に印刷することを防ぎ、毎日どこの部署が何枚印刷しているのか管理しています。 

このようなセキュリティ対策や各導入機器の管理方法を考えるのも情報政策室での大事な仕事の一つです。

 

今回の内容は以上です。

次回は山地さんです。よろしくお願いします!

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 滝ノ道ゆずる スペシャルイン... | トップ | 夏真っ盛り! »
最近の画像もっと見る

総務部」カテゴリの最新記事