箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

国際交流  メキシコからの研修生

2012年09月14日 | 人権文化部

Hola(オラ)!!(スペイン語で「こんにちは」という意味です。)

人権国際課の松岡です。

 

朝夕は少し涼しくなり、過ごしやすくなってきましたね。しかし、日中は暑い日もあるので、暑いのが苦手な私は(ちなみに寒いのも苦手です)、早く涼しくならないかなと思う日々です。

 

人権国際課の9月は国際関係の業務が目白押しです!

というのも、国際友好都市であるメキシコのクエルナバカ市からモレロス大学箕面研修生4名が、9月8日から箕面にやってきています。(9月27日まで箕面に滞在します。)

研修生は、箕面市内のご家庭にホームステイしながら、日本語教室で日本語を勉強したり、箕面市内を観光したりしています。

そこで、今回はモレロス大学箕面研修生が箕面で体験していることの一部をご紹介いたします。

 

 

こちらが、今箕面に来ている研修生4名です!正座がとってもお上手ですが、数分経つと…

 

 

長い間はしんどいようです。

 

 

先日、箕面市粟生外院にある帝釈寺を訪れ、瞑想体験を行いました!

日本のお寺の内装や庭に興味を持ったようで、研修生たちは写真をいっぱい撮っていました。

 

瞑想体験について

 

住職さんのご指導のもと、瞑想体験を行っていきます。(暗い部屋だったため、写真は省略させていただきます…)

胡坐をかいて、姿勢を正し、肩の力を抜いて、呼吸を整えて…

 

………瞑想中………

 

瞑想体験後、「落ち着けた。」「静けさがよかった。」と感想を日本語で言っていました!!

 

 

その後、住職さんへお礼をこめて、メキシコについて説明!

 

メキシコの国旗について…

 

 

緑色は希望、白色は純潔、赤色は革命時に流れた血、という意味があるそうです。真ん中の絵は、しっぽがヘビの鷹で、メキシコの先住民族であるアステカ族の神様だそうです。「メキシコ人は国旗を誇りに思っている」と説明していました。

 

メキシコの調味料(ふりかけのようなもの)について…

 

 

メキシコのかたは、果物にこれをかけて、食べるそうです。少しいただいてみたのですが、とてもすっぱかったです。研修生たちは平気でいっぱい食べてました!

他にも、メキシコでよく食べる「トルティーヤ」を住職さんに食べてもらったり、メキシコのお金を見せたりしていました。

 

瞑想体験のほかにも、研修生たちは、日本文化を体験したり、箕面市内にある学校を訪問したり、箕面大滝に行ったり、箕面駅前にある足湯に入ったりと、日本と箕面を満喫しています。もちろん日本語教室で、日本語を勉強しています。帰国までに、日本語がもっと話せるようになってほしいですね。

 

最後に、明日(9月15日)10時30分から東生涯学習センターにて、「トークセッションとマリンバ演奏」が行われます!また、東生涯学習センターでは9月20日まで「箕面―クエルナバカ市 交流20周年記念写真展」が行われています。

そして、9月20日午後6時からグリーンホール(市民会館)にて、「第20回メキシコ文化の夕べ」(箕面メキシコ友の会主催)が行われます!(前売券1000円、当日券1500円)メキシコの楽団や民族舞踊団が来箕し、登場します!研修生4名も出演しますので、興味のあるかたはぜひご来場下さい!!

 

 

箕面市では、8月13日から12月31日まで『大地震!  「うちは大丈夫」の目印は  黄色いハンカチ作戦』統一キャンペーンを実施中です。 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 成人祭の準備 | トップ | いつの時代も男のロマンは変... »
最近の画像もっと見る

人権文化部」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事