箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

成人祭まであと1週間!

2019年01月07日 | 健康福祉部

みなさま、お久しぶりです。
健康福祉部広域福祉課の北池です。
今年も気持ちを新たにして頑張りますので、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

 


今回のブログではまず、1週間後にせまった成人祭について紹介させていただきます。

これまで何度か他のメンバーのブログでも紹介されていますが、成人祭は1年目の新人職員が企画、運営等を行っています。
成人祭の日時等の詳細については、こちらのページをご覧ください。

私は当日の第2部ステージの企画等を主に行うステージ班を担当しており、現在成人祭当日に向けて最終調整を行っています。
新成人のみなさまに楽しんでいただけるように、豪華景品があたる抽選会等、様々な企画を準備していますので、みなさまぜひご参加ください。



先月のブログでも川上さんが紹介していましたが、新成人のみなさまにはこのような案内ハガキが届いていると思います。これをご持参のうえ、当日会場までお越しください。
箕面市に住民登録されていない新成人のみなさまには案内ハガキが送付されていませんが、直接会場に来ていただければ参加できますので、ぜひお越しください。

 

次に、私が担当している業務についてご紹介します。

今回は社会福祉法人の「指導監査」について紹介させていただきます。

指導監査とは、簡単に説明すると、社会福祉法人が適正に運営されているかどうかを所轄庁が確認することです。

この指導監査には大きくわけて「一般監査」と「特別監査」の2種類があります。
一般監査は、定期的な周期で行う通常の監査であり、法律上3年に1回の周期で行うこととされています。
しかし、過去の監査で優良な法人と認められる場合や、公認会計士等の専門家による外部からの監査を受けている場合等、一定の条件を満たしている法人については、4年に1回や5年に1回へ周期を延長することも可能とされています。
特別監査は、法人の運営に重大な問題が発生した場合や、過去に指摘した内容が一向に改善されない場合等に行われる監査で、名前のとおり特別な時にのみ実施される監査のため、めったに行われることはありません。

指導監査は非常に専門性の高い業務であるため、監査時にはマニュアルとして「指導監査ガイドライン」を使用して確認をしています。

(出典:厚生労働省ホームページ)

このガイドラインは国が作成したものであり、監査をした人によって確認内容や指摘に差が出ないようにし、全国で統一的な監査を行うために作成されています。
画像では少し見にくいかもしれませんが、ガイドラインには監査の着眼点や指摘基準等が細かく示されており、これに沿って確認を行い、改善が必要な事項があれば、指摘事項を決定し、法人に対し指摘を行っています。

最終的な指摘事項とそれに対する法人の改善策は、前回紹介した財務諸表等電子開示システムの中でも公表することとなっており、誰でも閲覧することができるようになっています。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。今回のブログは以上になります。
次回のブログは議会事務局議事室の吉田さんです。よろしくお願いします!

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、
通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、
迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2019年になりました! | トップ | もうすぐ成人祭です! »
最近の画像もっと見る

健康福祉部」カテゴリの最新記事