箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

秋の気配

2018年09月18日 | 健康福祉部

新人奮闘記をご覧のみなさま、お久しぶりです。広域福祉課障害事業者グループの中尾楓です。

新人ブログもそろそろ2周目の終わりが近づいてきました。

今年は、大阪北部地震や7月豪雨、酷暑、勢力の強い台風の上陸、さらには北海道の地震と災害を忘れる間もなく、日本各所で自然災害が起きますね…。

被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げますとともに一日も早く普段の生活が戻ることを願っています。

 

さて、通勤中に受ける風が冷たくなり、秋の気配を感じるようになりました。春に入庁してから、季節が2つも進んだと思うと少し感慨深いものがあります。右も左もわからなかった春と比べると、少しは成長できたのではないでしょうか!(それでも、まだまだ勉強することがたくさんあるのですが…!)


(ライフプラザ近くの水田。秋が深まれば、見渡す限り、黄金の野原みたいになるのでしょうか。楽しみです。)


本日は、メイン業務の1つ、障害福祉サービス事業所の「指定」について、少し詳しくご紹介させていただきます。(概要についてはブログ1周目で奥本さんが紹介してくれています。)


障害福祉サービス事業(居宅介護、生活介護、就労継続支援(A型、B型)、共同生活援助など)は、申請受付期間中に指定基準を満たす適正な申請書類が受理され、審査の段階でも適正であると認められた場合に限り、翌月の1日に指定されます。


また、当グループが人員・設備・運営の基準を満たしていると判断しても、障害福祉サービス事業を提供する場所(建物)の建築や消防上の基準もクリアする必要があります。書類審査の前に当グループが間取り等を確認するのと並行して建築、消防関係も確認していただく必要があります。


 

具体的には、11月1日から事業を始めようとすると、数ヵ月前に場所や間取りの確認を行い、サービス種類によっては事前協議を行います。

その後、一例ですが以下の一覧表に記載した書類を、9月25日~10月10日の間に提出していただきます。

(画像の容量の都合上、見づらくて申し訳ございません!)

指定関係書類の詳細はこちらより。

(一覧表は、上記リンク先→新規申請書類(事前協議書類を含む)→大阪府HPへのリンク→申請書、付表のリンク内タブよりご確認いただけます。)

以上の書類全てが、不備なく揃ってようやく申請書を受理することができます。

さらにこのあと、現地確認や指定時研修の後、ようやく指定(事業開始)となります。

 

以上が指定に係る一連の流れです。(指定を受けたあとは6年ごとに更新が必要です。)


事業を開始した後も、スタッフの人手不足や、利用者の方々への多様なサービス提供など、福祉サービス事業を継続するうえで、難しい面も伺えますが、よりよいサービスの提供を続けていただけるよう期待しております。


次回は、ついに新人ブログ2周目ラスト、学校生活支援課の三木さんです。バシッとよろしくお願いしまーす!

 

 「ゆるキャラ(R)グランプリ2018」が、8月1日(水曜日)にスタートしました。市では、11月9日(金曜日)の投票期間終了までの間、今年こそ日本一獲得をめざす「滝ノ道ゆずる」を応援する統一キャンペーンを展開します。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 建築室の野村浩平です!【シ... | トップ | 子どもと過ごす秋 »
最近の画像もっと見る

健康福祉部」カテゴリの最新記事