箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

流れ星と成人祭と健康長寿フォーラム

2018年12月17日 | 健康福祉部

みなさま、お久しぶりです。
高齢福祉室の川上です。

最近めっきり寒くなって、朝起きるのが億劫な季節になりました。
あまり夜は外出しませんが、
12月14日にはふたご座流星群が観測できるということで、
わくわくしながら空を眺めていました。
しかし、タイミングが悪かったのか、はたまた私の反射神経が鈍かったのか、
残念ながら流れ星は見ることができませんでした。

街中ではもうすぐクリスマス!ということで、
イルミネーションがいろいろなところで点灯して、
幻想的できれいですね。

今年は地上のキラキラを十分楽しみたいと思います


ちなみに、ライフプラザの前の花壇では、
年末年始にかけて干支のフラワーアートが施されていますよ

 

成人祭の進捗状況

他のメンバーのブログでもちょこちょこ紹介されていますが、
毎年成人祭は1年目の新人職員が企画、運営等を行っています。
新成人のみなさまの大切な成人祭が素敵なものになるよう、
21人の知恵を振り絞って準備しています。

そして、ついに成人祭の案内ハガキが完成しました。
新成人のみなさまのところには12月上旬に届いているかと思います。
今回は「タイムスリップ写真」をイメージし作成しました。

もし、「箕面市の新成人なのに届いていない!」
というかた、安心してください。
ハガキがなくても当日参加していただけますので、
会場までお越しください。

 

<箕面市成人祭>

日時 2019年1月14日(月曜日・祝日)

    10時15分開場 11時開式

開場 箕面市立メイプルホール

※例年と開始時間が変わっています。ご注意ください。

 

健康長寿フォーラムin箕面

2019年1月19日(土曜日)に健康長寿フォーラムin箕面が開催されます。
参加費は全て無料のうえ、一日中たっぷり楽しめるプログラムとなっています。


主なイベントとしては、

  • 道上洋三さんの講演会
  • 認知症VR体験会
  • パワープレート体験


などがあります。
詳しくはチラシをご覧ください。

 

詳しい情報はこちらにも掲載しています(リンク先からチラシの印刷もできます)

認知症VR体験会に関しては各回50名の先着順の事前申込制です。
本日から申し込みが始まっていますので、
希望されるかたはお早めに高齢福祉室(727ー9521)までお申し込みください。

さらに先着順で来場者プレゼントもあります。
無料で一日楽しめてプレゼントまであって健康相談もできるなんて、
なかなかお得なイベントだと思います
みなさまお誘い合わせのうえ、是非ともご参加ください。

 

年末年始は何かと忙しく、体調も崩すことも多いと思います。
私も昨年の年末年始は突然の吐き気と高熱で倒れてしまい、
完全寝正月となってしましました。

今年そのようなことにならないように体調管理をしっかりとしたいと思います。
みなさまも、よい新年をお迎えください

最後までお読みいただきありがとうございます。

次回は箕面営業室の鬼束さんです。

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


 


担当の工事について(その2)

2018年12月14日 | みどりまちづくり部

みなさまこんにちは。
みどりまちづくり部道路整備室の南部です。
今回のブログでは、前回に引き続き、私が担当した安全対策工事についてご紹介したいと思います。

工事箇所は箕面市牧落三丁目地内です。
詳細は地図をご参照ください。↓↓↓

 

今回の工事では、牧落三丁目区域をゾーン30に設定し、道路外側線の整備、グリーンベルトの設置と交差点のカラー化を実施しました。

ゾーン30とは、生活道路における歩行者等の安全な通行を確保することを目的として平成23年から推進している対策で、区域(ゾーン)を定めて最高速度30キロメートル毎時の速度規制を実施するとともに、ハンプの設置等の対策を必要に応じて組み合わせ、ゾーン内における速度抑制や、ゾーン内を抜け道として通行する行為の抑制等を図るものです。(大阪府警HPより抜粋)

本区域は通学路にも指定されており、危険箇所・問題箇所点検において改善要望としてご意見をいただきました。牧落三丁目は整然と区画されており、比較的見通しの良い生活道路が整備されています。しかし、見通しが良いために車両が当該区域を走行する際に速度超過を起こしやすい側面もあり、実際に当該区域内の交差点では、車同士や車と自転車等との出会い頭の衝突事故がありました。

そこで今回、その対策として、安全対策工事を実施することとなりました。
安全対策の実施前には、地域住民の方を対象とした説明会を開催し、地域住民の方のご意見も踏まえて安全対策を検討し、この度の対策の実施に至りました。

今回実施した対策とその効果をご紹介します。

1.ゾーン30の設定
ゾーン30の設定により区域内は最高速度30キロメートル毎時の速度規制が実施されることで速度抑制効果が期待できます。

2.グリーンベルトの設置・道路外側線の整備
路肩部を緑色でカラー化することと道路外側線を整備したことにより、車道と路側帯が視覚的により明瞭に区分され、歩行者の通行の安全性が向上し、車道幅員を小さくしたことで車両の速度抑制効果も期待できます。

3.交差点のカラー化
交差点のカラー化により、ドライバーに対し、交差点の視認性を高め、速度抑制効果が期待できます。
以上

対策前後の様子はこちらです。

【グリーンベルトの設置・交差点カラー化・道路外側線整備】


(施工前)

 


(施工後)

 


【ゾーン30区域設定】


(施工前)

 

(施工後)


路面標示

 

 

標識の設置

 

安全対策実施後、地域住民の方にその後の様子を伺った際には、効果を実感しましたとのお声を頂戴しました。
私自身も当該区域を運転した際に、施工前より走行区分がはっきりと視認でき、今回の対策の効果を実感することができました。

今回の整備により通学路として安全が確保されるだけでなく地域住民皆様の生活の安全・安心につながればうれしく思います。

通学路安全対策事業では今後も複数箇所の施工を予定しております。
子供が安心・安全に通学できる通学路をめざし引き続き整備して参ります。

今回のブログは以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
次回は健康福祉部高齢福祉室 川上さんです。

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


箕面止々呂美・森町マラソン申し込み受付中です!

2018年12月10日 | 健康福祉部

こんにちは。

保健スポーツ室の福村です。

 

最近、やっとママチャリから原付に変えて通勤が楽になりました。

これからは、休みの日には家に引きこもらずに箕面の街を探索しようと思います。

 

さて、スポーツの秋!が終わり、だんだん寒くなってきて、朝が弱い私にとってはとても辛い季節がやってきました。

前回のブログで紹介しましたイベントが、無事に大好評のうちに閉会することができました!

今回のブログではイベントの振り返りと、今後のイベント情報をご紹介します。

 

まず、10月8日(月曜日・祝日)に行われました市民スポーツカーニバルです。

当日は約1,400名を超えるかたがたがスタンプカードを持ってたくさんのスポーツを体験していただきました。

 

 
 
 
今回も当日の記録をする用紙・筆記用具のセットや看板準備など、前日から準備できるものは保健スポーツ室の全員で協力しながら準備しました。
当日私は、模擬店やテニスコーナーの見回りなどを担当しました。
どこも盛況で小さいお子様などの笑顔を見ると私まで嬉しくなりました。
たくさんの皆さんが模擬店で食事を楽しまれ、ゴミ箱がすぐにいっぱいになりました。
私一人で片付けていると市民のかたが手伝ってくださり、箕面市のかたはすごく優しいなぁと感動しました。
 
 
次は、11月3日(土曜日)のペタンク大会です。
ペタンク大会には、当日欠席チームがあり枠が空いていたので参加者として保健スポーツ室のメンバー2名と一緒に参加しました!
練習では絶好調の3人、優勝間違いなし!と意気込んでましたが結果は、、、まさかの最下位。
一回も勝つことが出来ませんでした。悔しすぎるので来年も参加します。まずは目指せ一勝です。
 
今までのイベントは運営・企画として出務していましたが、初めて参加者の立場からイベントを体験することができました。
初めてのペタンクはとても楽しく、自分が担当するイベントも参加者のかたに楽しんでもらい参加して良かったと思ってもらえるようなイベントを作っていきたいと改めて考えるようになりました。
 
 
 
 
 
ペタンクは徐々に知名度が上がってきているスポーツではありますが、皆さんご存じでしょうか。
一度体験してみると、簡単で小さいお子様から高齢のかたまで年齢を問うことなく、遊んでいただけるスポーツです。
ゲームの前には、初心者講習会もありますので、皆さんも来年参加してペタンクの楽しさを味わってください!
 
以上、イベントの振り返りでした。続いてこれからのイベント情報です。
タイトルにもありますが、「第11回箕面止々呂美・森町マラソン」が3月10日の日曜日に開催されます。
スタート・ゴールは箕面市立とどろみの森学園で、3㎞・5㎞・10㎞とコースがありますので、自分の体力にあわせてお好きなコースにお申込みが出来ます。
市民の方々がスポーツに親しむ機会を創出するため、小学生から高齢者まで幅広く参加できるマラソンをコンセプトに開催しております。
詳しくは、ホームページに掲載していますので、ご覧ください!お申し込みはインターネットでも出来ます!
この箕面止々呂美・森町マラソンは私が初めて主担となって運営・企画をするイベントです。
準備も今から進めていますが、初めてのことばかりで今から不安でいっぱいですが、頑張ります。
 
次は、3月16日土曜日に開催される「春のこどもフェスティバルin箕面」です。
芦原公園と箕面大滝で開催され、毎年たくさんの参加者でいっぱいになります。
「春のこどもフェスティバルin箕面」は、箕面市が健康増進のため推進している「滝道週末ウォーキング」のスペシャルイベント「謎解き滝道ウォークラリー」と、「こども会フェスタ」をドッキングしたイベントです。
子どもから大人まで無料で楽しむことができ(屋台・ゲームコーナーは有料)、昨年度は約5,000人が参加した大人気のイベントです。
昨年度の様子はここからご覧になれます。申込不要、お気軽にご参加ください!
 
今年度のイベントはとうとう残り2つとなりました。
最後まで奮闘してまいります。
 
今年の私の番の新人ブログは今回が最後です。
少し早いですが、皆様よいお年をお迎えください。
 
次回は、道路整備室の南部さんです。
よろしくお願いします!
 
 
 
 
 

2018年もあと1ヶ月!

2018年12月07日 | 市民部

皆さま、お久しぶりです。

国民健康保険室の谷邊です。

これで4回目の登場となり、ブログを投稿するのは今回を入れてあと2回となりました。
最後まで頑張りますので、よろしくお願いします。

2018年もあと1ヶ月となりましたね!
皆さまは、今年やり残した事はありませんでしょうか?
私は今年の春頃に、福祉関係の資格を取得しようと参考書を購入しましたが、
それを開くことはほとんどなく、結局、試験には合格することができませんでした。
来年こそはしっかりと勉強し、無事合格できるよう頑張りたいです!


今回のブログでは国民健康保険の高額療養費制度について詳しく説明したいと思います。

国民健康保険に加入されているかたは病院にかかったとき、総医療費の3割が自己負担分となります。(年齢や所得によって自己負担額が1割または2割の場合もあります。)

例えば、医療費が10,000円かかった場合、本人が支払う金額は3,000円となり、残りの7,000円は保険者(箕面市の国民健康保険に加入している場合、保険者は大阪府・箕面市です)が病院に支払います。
しかし、もし、大きな手術や長期の入院などにより、仮に医療費が1,000,000円かかった場合、この計算でいくと、本人が支払う金額は300,000円となってしまい、自己負担額がとても大きくなってしまいます。
そこで、国民健康保険には高額療養費制度というものがあり、自己負担額が一定以上になると、その超過分は全額保険者で支払う仕組みとなっています。

この自己負担限度額は、下図のように年齢と所得によって違いがあります

詳しくはこちらのページをご覧ください。


最後に、私の今年1年を漢字一文字で表したいと思います。
今年の漢字は、


「会」です。

2018年は、今年入庁の同期をはじめとして、仕事をとおして多くの人と出会うことができました。
その出会いをきっかけに新しい考え方や価値観を身につけることができ、学びあり、楽しさありの充実した1年だったと思います。
2019年も一期一会の大切さを忘れずに、仕事に取り組んでいきたいと思います!

今回はこれで以上です。
それでは来年のブログで会いましょう!

次回は、保健スポーツ室の福村さんです。
よろしくね!

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 


12月になりました。

2018年12月03日 | 子ども未来創造局

お久しぶりです。
幼児教育保育室の三木です。

早いものでもう12月になりました。いよいよ年の瀬といった感じですね。

12月は例年バタバタと過ぎていきますが、今年もやり残しがないように、来年はまた新たな気持ちで望みたいと思います。

突然ですが中尾さんのブログでも紹介があったように、10月より学校生活支援課から幼児教育保育室に異動になりました。
現在は新たな部署になり、新たな業務に携わっています。

 

1.業務について

早速ですが、幼児教育保育室の業務内容を簡単に紹介したいと思います。
幼児教育保育室では名前の通り、幼児教育・幼児保育ということで、市内の幼稚園や保育所、認定こども園などの運営や指導、管理といった業務、並びに利用者の入園・入所の手続き業務等を行っています。

箕面市内の保育施設一覧はこちらに載っています。

中身はこんな感じです。

詳細は画像のサイズの関係上見にくいと思います。市役所別館2階にて配布していますので、またお立ち寄りになられた際はご覧下さい。

学校生活支援課では学童保育の業務に携わっていました。学童保育は小学校1年生~6年生の児童を持つ家庭の方々が対象の業務でしたが、幼児教育保育室では小学校入学以前の子どもたち(0歳~小学校入学前)を持つ家庭の方々が対象になります。

一見似たような業務内容かと思いきや、、、
当然事業内容が異なりますので新たに覚えることばかりです。
今のところ何が何だか、、、(笑)といった感じですが、一つ一つ勉強中です。

しかし、子どもに携わる業務といった点では同じですので、引き続き「子育てしやすさ日本一」の街を目指して、微力ながら貢献していきたいと思います。


 

2.箕面滝道

話は変わり、先日新規採用職員研修の「みのおPR」に行ってきました。
内容は阪急箕面駅周辺において、「観光周遊マップ」を観光客に配布する、といったものです。新規採用された職員が箕面の重要な資源である「観光」を認識し、職員一人ひとりが「みのおPR」の主体であるという意識を持って仕事に取り組んでいくことを目的としています。

配布した観光周遊マップはこちらです。

11月は紅葉シーズンということで、研修日当日も非常にたくさんのかたがお見えになりました。

私もこのシーズンに滝道を歩いたことがなかったので、後日観光することに。

まだ紅葉がピークを迎える直前でしたが、道中はとてもきれいでリフレッシュできました。道中、箕面ウインナーや鮎の塩焼きを食べましたが、これがまた格別でした!

まだ行ったことがないかた、今秋は逃してしまったかた、紅葉シーズンを狙うなら来年以降是非行ってみて下さい!
紅葉シーズン以外でも季節ごとにまた違った良さがありますので、お勧めです。

今回のブログは以上になります。
平成30年度新規採用職員の新人奮闘記も後半戦です。
次回から4週目 トップバッターは国民健康保険室 谷邊くんです。

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 


箕面の紅葉、まだ間に合います!

2018年11月30日 | 健康福祉部

みなさま、お久しぶりです。

広域福祉課の中尾楓です。

 

11月も今日で最後。

世間ではクリスマスムードが広がっていますね!

 

紅葉の名所、箕面の秋はご覧になりましたか。

私は、11月3日の箕面の滝復活祭に行って参りました!

 (昨年10月の台風の被害で、封鎖されていた滝道の開通を滝のライトアップ等で祝うイベントです!)

 

この日は、紅葉にはまだ早く、緑の葉が多かったのですが、夜間の滝のライトアップやキャンドルロードはとても綺麗でした!

 

 

こちら、24日時点での西江寺の様子。滝道の下の方から順に色づいていっているそうです。


例年、11月中旬~12月上旬が紅葉の見頃とのことなので、是非、箕面の滝まで足を運ばれてはいかがでしょうか。(念のため紅葉情報はご確認くださーい!)



さて、新人が3人もいるので、そろそろブログのネタが被りつつある広域福祉課の担当回ですが、今回は被らない業務をご紹介します!


それが、私が携わっている就労継続A型事業所についてです。

 

就労継続支援A型とは、雇用契約等に基づき就労する障害者に、生産活動その他の活動の機会を提供し、就労に必要な知識や技能向上のための支援を行う障害福祉サービスです。


就労継続支援A型事業所は、そこで働く障害者に最低賃金以上の賃金を支払う必要があるのですが、そのための収益を確保することが難しい事業所が多く、国は、平成29年に指定基準等の一部を改正し、事業所の収益を改善させるための仕組みを作りました。


収益の改善とは、生産活動にかかる事業の収入から生産活動にかかる経費を控除した金額が、利用者(就労継続支援A型を利用する障害者)に支払う賃金の総額以上となること等です。


しかしながら、基準で求められる収益を計上できない場合は、事業所に経営改善計画を提出していただき、1年後に改善状況を聞き取り、今後も事業所が就労継続支援A型事業所として基準に則ったサービスを提供していくにふさわしいかを判断していきます。


まさか事業所の経営にまで関わるとは…障害福祉、奥が深いです。


さて、次回は山地さん同様、異動した三木さんです。新しい職場には慣れたでしょうか。

よろしくお願いしまーす!

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


建築室の野村浩平です!【シーズン3】

2018年11月26日 | みどりまちづくり部

 新人ブログをご覧のみなさま、こんにちは!

毎回ブログの原稿提出と記事掲載がギリギリ、ヘッドスライディング滑り込み(セーフ)のみどりまちづくり部建築室の野村 浩平の3打席目になります!

 あの暑かった夏が過ぎ、ようやく涼しくなってきたなと思っているうちにだんだんと寒くなってきましたね。寒暖差の大きい季節ですのでみなさまも体調管理には十分にお気をつけください。

 そのような感じで季節が流れるのは早いもので、4月に入庁してから約8か月が経ちます。現在は市有建築物の主に電気設備関連の改修工事の設計、発注、工事監理や新築工事の設計委託、建物の計画検討などの業務を担当して行っております。業務量も増え、初見の仕事も多いですが先輩や上司の助言を受けながらペースを上げてどんどんこなしていきたいと思います!

【彩都の丘学園増築工事進行中】

 前回のブログではとどろみの森学園小中一貫校の増築について紹介させていただきました。箕面市内にはもうひとつ小中一貫校「彩都の丘学園」があり、こちらについても現在増築工事を行っております。とどろみの森学園と同様に主に松田先輩が工事の監理を担当し日々奮闘しております。ということで、工事進行中の現場へ行ってまいりました。

現在は上層階で鉄筋コンクリート造の躯体工事、1階は電気設備やサッシ取り付け等の仕上げ工事、2階はこれから仕上げ工事を進めるための墨出し(現場で寸法や位置を決めるための基準を書き込む作業)中でした。

 私自身も昨年度まではとある建設会社で現場施工管理を行っていたのですが、彩都の丘学園の現場はとても美しく整備されていて安全面や施工品質にもよく管理が行き届いていると感じました。現場のクレーンや機材、資材、現場監督や職人さんの作業風景等を見て、忘れられるものではありませんが現場にいた頃を少し思い出しました。

 彩都の丘学園の生徒数は2011年の開校時は71人でしたが2018年の現在は1104人、今後2025年頃には約1600人まで増加すると予測されています。この箕面市の人口増加と将来の発展に伴う増築工事です。これから寒い時期になりますが、来年5月の竣工を目指して最後まで「ご安全に!」。

 近隣にお住まいの方々や学校関係者の方、在校生のみなさまにはご迷惑をおかけしますがご協力のほどよろしくお願いいたします。

【ブログのフロク「先輩と奮闘記!」3】

野村ブログ限定同時上映二本立ての番外編「先輩と奮闘記!」第3回は湯戸 祥文先輩の登場です!

昨年度の「新人奮闘記!」で【湯戸(ゆど)です!!!】のタイトルと同じ顔写真を5回連続掲載を達成した先輩です!

 私も入庁前に時々こちらのブログを見ており、建築室所属の先輩として顔を覚えていたので、建築室で初めて会った時はまるで有名人と会ったような感覚になりました。ついにここで共演(?)することができたわけです。

 湯戸先輩は民間企業の設備会社での勤務を経験した後、昨年1月に入庁しました。建築室で担当する改修工事項目には電気・機械設備関連の工事が非常に多いのですが、建築室の中でも湯戸先輩は機械設備に関しての経験と知識が豊富で室内で最年少ながらとても頼れる心強い先輩です。昨年度の各小中学校の体育館エアコン設置工事にも一役をかった偉業の持ち主でもあります。ということで、これまでのブログでもご紹介したように入庁1年目と2年目の(少々高齢な)フレッシャーズが4人在籍する建築室なのです。

そんな湯戸先輩は箕面ビールの銘柄に例えると、

アメリカンスタイルで作られ、華やかなホップの風味としっかりとした苦味、フルーティーな味わいとシャープな口当たりが特徴で箕面ビールの中でもポピュラーで親しみやすい オレンジのラベルのペールエール。

 湯戸先輩、いつもアドバイスありがとうございます!言われたことはお腹をこわさないように飲み込みます!

  そして箕面の秋といえば、やっぱりもみじですね。紅葉の季節ですね!楓のシーズンが来ています!

 11月の土曜日、日曜日、祝日は新規職員が阪急箕面駅周辺にて観光マップの配布を行っておりますが、11月26日、箕面市内の紅葉はまだまだこれからです。まだまだ間に合いますのでお時間があれば是非箕面へお越しください。

今回も、お読みいただきありがとうございました。

それでは担当業務に戻ります。また2か月後、こちらでお会いしましょう!それまでみなさまごきげんよう。

次回は、健康福祉部広域福祉課の中尾 楓さんです!楓のシーズンが来ています!

Post from RICOH THETA. #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

新規職員が運営するみのお成人祭の案内はがきとパンフレットを作成中。

#夜な夜な奮闘 #アイディアをひねり出す#ボツ案は無数 #若いセンスとアイディアを #中年カルチャーショック #山地座長筆頭 #新採21人プロデュース #みのお成人祭

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


だんだんと寒くなってきました

2018年11月22日 | 市民部

新人奮闘記をご覧の皆様、こんにちは!

介護・医療・年金室の藤井です。


突然ですが、前回の新人奮闘記で「今年はさつまいも掘りがしたい。」と書いていたことを覚えているかたはいらっしゃるでしょうか。。。?笑

有言実行!!
休日を利用して、箕面市内でさつまいも掘りを体験してきました!

私にさつまいも掘りのセンスがなかったようで、掘っている途中に何本かさつまいもを折ってしまいましたが、
小学生の頃以来のさつまいも掘りはとても楽しかったです。

また、同じ施設で栗拾いも体験してきました。
人生で初めての栗拾い体験で、沢山の栗を拾うことができました。

さつまいもと栗は、自宅で調理しいただきましたが、
どちらもとても甘くて美味しかったです。

ぜひ、また来年も行きたいと思います。

 

さて、今回のブログでは、

・後期高齢者医療制度 保険料の支払方法について

・箕面市役所消防訓練について

の2本立てでお送りします。


【後期高齢者医療制度 保険料の支払方法について】

後期高齢者医療制度での保険料の支払方法は、原則は皆様「特別徴収」となりますが、年金受給額等によって「特別徴収」、「普通徴収」の2とおりに分かれます。

○特別徴収
年金からのお支払い
年額18万円以上の年金を受給されているかたは、原則年6回の年金受給日に、その年金から直接お支払いいただきます。
(後期高齢者医療保険料と介護保険料との合算額が、年金受給額の2分の1を超える場合は、普通徴収となります。)
(75歳年齢到達等により新たに後期高齢者医療制度に加入されたかたや転入されたかたは、しばらくの間、普通徴収にてお支払いしていただくことになります。)

また、申請等により、特別徴収(年金からのお支払い)を口座振替(普通徴収)に変更できる場合があります。
(ただし、残高不足等の理由で口座振替ができないことが続いた場合は、特別徴収に切り替えることがあります。)

○普通徴収
口座振替、納付書でお支払い
普通徴収のかたは、市が定める納期(毎年7月から翌年3月までの9期)までに、口座振替や納付書で保険料をお支払いいただきます。


被保険者のかたがたや、ご家族のなかに被保険者のかたがいらっしゃるかたは、
ぜひこの機会に、どのような方法で保険料をお支払いしているのか一度確認してみてください。


【箕面市役所消防訓練について】

消防訓練に参加しました。
私は市民役だったため、避難経路に沿って避難を行いました。

また、消防のかたがたが、はしご車で3階にいる市民役のかたを救助したり、
屋上から壁をつたって降りる様子を見学しました。
スムーズな動きで救助活動をされており、とてもかっこよくて感動しました。

また、消火器や消火栓の使いかたについて教わりました。

火事が起こらないことが一番ですが、
もし火事が起きてしまったときは、教わったことを思い出して、実践に活かしていきたいと思います。


次は、みどりまちづくり部の野村さんです。
よろしくお願いします!


 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。

 


もうすぐ冬です!!

2018年11月19日 | 子ども未来創造局

みなさま、お久しぶりでございます。

生涯学習・市民活動室 廣岡です。


先日、利き手の右腕を骨折しました。。。

高校時代ぶりの骨折であり、10年前と違い回復が遅くなっていないか心配しながらも、両利きになるチャンスだと考え、左手フル活用で働いております。

 

 

さて、もうすぐ冬になり本格的な寒さが到来する頃ですが、生涯学習・市民活動室ではイベント盛りだくさんの秋でした。

10月7日(日)にオクトーバーフェストみのお2018が開催されました。

今年で7回目を迎えるオクトーバーフェストは、箕面市学生活動連携会議(MGK24)のメンバーが中心となって運営しています。

MGK24は、大阪大学の学生団体で構成する組織で、箕面市と大阪大学の支援を受け、平成24年5月に発足し、現在30を超える団体が参加しています。

生涯学習・市民活動室では、箕面市をフィールドとして活動している学生グループと連携する学生連携事業があります。
箕面市内で活動する学生と箕面市でネットワークを構築、そして活用し、より豊かな市民生活の実現と学生のみなさまそれぞれの自己実現とキャリアアップを図る事業です。

今年のテーマは「箕面で乾杯~未来に拡げるよろこびの輪~」と題して開催されました。

美味しいビールと料理に舌鼓をうちつつ、阪大生や地域のサークルによるダンスや演奏が披露されました。

 

 

10月28日(日)には、みのお市民活動センターで「みのおNPOフェスタ2018」が開催されました。
箕面の市民活動を広くアピールすることを目的とし、15回目の開催を迎えました。


箕面市内中心に活動する市民活動団体の「今」に出会える1日をテーマに、市内で活動しているNPOやボランティアグループが、みのお市民活動センターやかやのさんぺい橋にブースを出展し、パネル展示や体験コーナーなど工夫を凝らしPRしました。

 

NPOフェスタの魅力は、子どもから高齢者まで、環境、福祉、教育、まちづくりといった多様な分野で活動する方や団体が一堂に会して、それぞれの課題や成果をを共有し、市民活動の楽しさを分かち合えるところです。

楽しみながら、学べる楽しいお祭りでした。

 

今回のブログは以上です。

 

次は藤井さんです!よろしくお願いします!

 

 


 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。


最近の業務内容について

2018年11月16日 | みどりまちづくり部

みなさま、お久しぶりでございます。
道路整備室の近藤です。


入庁して半年以上が過ぎ、少しずつですが職場や仕事に慣れてきました。

そんな私の業務について、今回は【都市基盤整備事業推進大会】【自転車利用環境整備工事】のニ本立ててお話しようと思います。


【都市基盤整備事業推進大会】

平成30年11月8日(木)砂防会館において、平成30年度都市基盤整備事業推進大会が開催されました。本大会は、平成30年度の予算獲得を目的とし、全国街路事業促進協議会、全国土地区画整理事業推進協議会、都市再開発促進協議会及び全国連続立体交差事業促進協議会の都市基盤整備に係る4団体の主催により開催しており、その街路事業促進協議会のメンバーとして私は参加してきました。

街路事業促進協議会については以前、同室の南部さんが紹介しています。

当日は、参議院国土交通委員会の委員長をはじめ、国会議員、国土交通省、全国の自治体関係者等、約1000名が出席されており、新聞やテレビで拝見しているような方々に間近で見ることができ、少し興奮してしまいました。


大会では各自治体の整備事例や早稲田大学の森本章倫教授による「次世代交通とまちづくり」という新しい街づくりの考え方についてお話を聞かせて頂きました。これから人口減少や超高齢化に進むにつれて「コンパクトなまちづくり」が必要となってきます。そこで、誰もが自動車を使わなくても安心して快適に暮らせるまちづくりの事例として、ライトレール(低床車両の鉄道)の導入した話など、幅広い話が聞けてとても有意義な時間でした。


大会終了後、大阪府と大阪府下の市町村で一般要望班を編成し、政府や地元選出国会議員に都市基盤の必要性を訴え、街路事業の推進がより一層図られるように支援と協力を要請してきました。


本室でも北大阪急行線の延線に向けて都市計画道路の整備を行っており、事業が進んでいけば箕面市の新しいメインストリートのひとつとして、多くの方に利用してもらえる道路になると思います。そのためにも、速やかに整備ができるように今後も要望活動を行っていきます。

 

【自転車利用環境整備工事】

先日、自転車利用環境整備工事を発注しました。この工事は、「自転車が『車両』であり車道通行が大原則」という観点に基づき、道路や交通状況に応じた自転車通行空間整備(いわゆる自転車走行レーン)を促進する工事です。

この写真は平成28年度の施工した小野原東住宅1号線です。青矢羽根を設置し、自転車が走るルートをわかりやすくしています。また、青矢羽だけではなく、バス停のマークや自転車マークなどを設置し自転車が安心して走行できるだけではなく、車を運転している方からも自転車の動きを予想しやすくなり事故を未然に防ぐことができます。

現在は施工業者の方と現場で確認しながら、自転車や自動車が通行しやすい空間を計画しています。次回のブログでは工事内容について詳しく触れていきたいと思います。


(小ネタ)

私は大学時代にサイクリング部に所属していました。

自分で設計した自転車走行レーンを走るのがいまから楽しみです!!

 

以上になります。


次は生涯学習・市民活動室の廣岡さんです。

廣岡さんよろしくおねがいいたします。

 

 

児童虐待をなくすためには、周囲のみなさんが子どものSOSサインに気づき、通報していただくことが、何より重要です。SOSサインに1つでも気づいたら、迷わず児童相談支援センター☎724-6233(夜間・休日は児童相談所全国共通ダイヤル☎189)へお電話ください。