箕面市役所 新人奮闘記!

箕面市役所の新人職員が、奮闘の日々をブログにします。
新人職員だから語れる率直で元気あふれる内容です。

4月の山寺です

2018年04月23日 | 健康福祉部

新人ブログをご覧の皆様、
新年度が始まりましたがいかがお過ごしでしょうか。

4月から身の回りの環境が変わったかたも、全く変わっていないかたも新年度はなにかとお忙しくされていると思いますので、さくっと読めるように書きますね。

さて、自身最後のブログは、

(1)部署異動について
(2)新人歓迎会について

書いていきます。

 

(1)部署異動について

この4月から健康福祉部に異動となり、生活援護室に配属となりました。
生活援護室では生活保護法に基づき事務執行を行う業務を所管しています。
関連する法令も多く、事案を解決する方法は一つではないため、一筋縄ではいきません。
ですが、一つ一つ新しく知ることが新鮮で、とても充実しています。

この手帳とにらめっこしながら日々奮闘しております!

 

(2)新人歓迎会について

新人歓迎会とは今年度で二年目となる職員が、進行や催しの企画を行い、今年度採用の職員の皆さんを歓迎するものです。
たくさんのおいしいお料理と笑顔の先輩職員が、新人を歓迎する楽しいひととき。
一年前に自分たちが歓迎されたことを思うと、月日が経つのは早いものですね、と思わず言ってしまいますね。
新規採用職員のみなさん、これからなにかとあるでしょうが頑張ってくださいね!

それでは会場の様子をご覧いただきながら、締めくくりとさせていただきます。
お写真、良く撮れてますよ。

 



とてもみなさん楽しそうです。
 

 
 

  ゆずるくんも来てくれたんだね。

 

 

 みんなで、せーの、ごちそうさまでした!

 

 

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

平成30年度市税の納税通知書発送がはじまります!

2018年04月20日 | 総務部

お久しぶりです。
5回目の登場!税務課堀です。 

4月は異動の時期でもありましたが、
私は、今年度も変わらず税務課で4年目をスタートしました。

 

 

先日、前職時に赴任していた、名古屋に行ってきました。

それではドン!

 

ドンドン!

 

ドンドンドン!

 

10年ぶりの友人とも会え、名古屋飯も食べ、とても有意義な時間となりました!

全く観光はしてませんが・・・

 

 

さて、この時期といえば、
税務関連部署全体が平成30年度の納税通知書の発送に向け慌ただしくなっております。

 

1回目のブログにも書きましたが、

 

納税通知書には

税金を支払うかたの氏名、税額、納期限、お支払い場所など、税金をお支払いいただく為に必要な事項が記載されています。

 

それぞれの部署から各市税の納税通知書が発送されます。

 

○税務課(私が所属している部署)・・・軽自動車税

○固定資産税室(同期の辻野さんが所属している部署)・・・固定資産税・都市計画税

○市民税室・・・市・府民税(普通徴収)

 

また納税通知書発送日(予定)と納期限は下記の通りです。 

           軽自動車税           固定資産税・
          都市計画税
                市・府民税
               (普通徴収)
 納税通知書発送日
        (予定)
       5月8日(火曜日)        4月27日(金曜日)            6月11日(月曜日)
  納期限        第1期       5月31日(木曜日)        5月31日(木曜日)             7月2日(月曜日)
       第2期          7月31日(火曜日)            8月31日(金曜日)
       第3期        10月1日(月曜日)           10月31日(水曜日)
       第4期       12月28日(金曜日)       平成31年1月31日(木曜日)

 
日程をご確認いただき、発送日を過ぎてもお手元に届いていない場合は、各部署にお問い合わせをお願いいたします。

 

納期限を過ぎてしまい、「督促状」が発送されると、督促手数料82円を、また納期限の翌日からお支払いいただいた日までの期間に応じ、延滞金をお支払いいたいただく場合があります。

 

様々な納付場所及び納付方法がございますので、納税義務者様ご自身で選択いただき、

納期限までに自主的にお支払いいただけますようお願いいたします。

 

  

今回で私のブログも最後になります。

この1年ブログを掲載させていただく中で、わかりやすく情報を発信する難しさを感じました。
少しでも税に対して、興味を持っていただける内容であればよかったと思っていますが、
今後は、業務の中で市民の方々に伝えていけるよう従事していこうと思っております。

 

1年間お付き合いいただきありがとうございました。

 

平成29年度新人ブログも残りあと2名となりました。

 

次は、新天地はどうですか?山寺くんです。

 

 

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

箕面子育て応援ブック”SMILE”

2018年04月16日 | 子ども未来創造局

みなさん、こんにちは。

子どもすこやか室の多田です。

 

新年度が始まり、ばたばたと毎日が過ぎています。この調子だと、あっという間に1年が経ちそうです、、。

しっかりめりはりをつけて、仕事もプライベートも充実させたいと思います!

 

この新人ブログも今回で4回目、ラストの掲載となります。

今回は、(1)箕面子育て応援ブック”SMILE”(2)乳幼児パーク「たのしーば」についてご紹介します。

最終回もぜひ最後までお読み頂けるとうれしいです(^-^)

 

(1)箕面子育て応援ブック”SMILE”

4月10日から、妊娠期から小学校入学までの子どもの成長に合わせた箕面子育て応援ブック”SMILE”を配布します。

冊子づくりには私も一員として加わり、子どもの成長や発達、制度等について勉強しながら原稿を作成しました。原稿には、保健師や助産師、保育士、歯科衛生士、栄養士、学校の先生、図書館司書など多くの職員の意見を盛り込んでおり、子育て中のパパママに役立つ情報が満載です!

また、冊子に掲載するために箕面の子どもさんたちの笑顔の写真をたくさん撮りにいきました。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました☆

箕面子育て応援ブック”SMILE”のイチ押しポイントをご紹介します!!

☆Point1

7冊をそれぞれ年齢に合った時期に配布することによって、知りたい情報をタイムリーにキャッチできます!

01「カンガルー期(妊娠期~出生)」・・・妊娠届出時

02「すやすや期(出生~2か月)」・・・出生届出時

03「にこにこ期(2か月~4か月)」・・・生後2か月の家庭訪問時

04「ぐんぐん期(4か月~1歳6か月)」・・・4か月児健康診査時

05「いやいや期(1歳6か月~3歳6か月)」・・・1歳6か月児健康診査時

06「なんで期(3歳6か月~小学校入学前)」・・・3歳6か月児健康診査時

07「就学準備号(小学校入学前)」・・・就学時健診時

この7回に分けて配布しています。妊娠届出時に、冊子をまとめて綴じられるバインダーも配布していますので、保存にご活用ください。

☆Point2

子どもの接し方のポイント、子育て経験者の体験談やアドバイス、市内のお出かけスポットなどの情報も盛り込んだ冊子になっています!

制度の説明が中心だったこれまでの冊子から大きくリニューアルして、妊娠期から出産、入園、小学校入学と日々変化していく親子の生活を応援する冊子になりました。

連載「教えて!箕面の先輩ママ」では、箕面で子育てしているパパママのリアルな声をお届けできるほか、連載「パパの出番ですよ!」では、パパへの子育てアドバイスを掲載しているので、連載記事は必見ですね。

☆Point3

SMILEは、お子さんの思い出や成長の記録としても活用していただけます!

各冊子の巻末には子どもの写真を貼ってパパ・ママの思いを記入できるスペースがあったり、妊娠届出時に配布するバインダーに成長の記録を綴じたり・・・とご家庭でアレンジして頂くと、世界に1つだけの子育てブックになります。

 

ぜひ、新しくデビューした箕面子育て応援ブック”SMILE”をご活用ください!!

 

(2)乳幼児パーク「たのしーば」

4月3日に、0~2歳の乳幼児が安心して屋外で遊べる広場、「たのしーば」がオープンしました!

「たのしーば」は、全国的にも珍しい0~2歳の乳幼児に特化した屋外施設で、乳幼児が全身を使ってのびのび楽しめる遊具がたくさんあります。

さらに、ゴムチップで地面を舗装しているため、、ハイハイやよちよち歩きの乳幼児が元気いっぱい動き回れるとともに、もし転倒してもケガをしにくいので、保護者が子どもを屋外で安全に遊ばせることができる広場となっています。

場所は、乳幼児健診の会場でもあるライフプラザの敷地内なので、健診に来られた際にもぜひお立ち寄りください。(健診の日でなくても大歓迎です!)

 

最後に、もみじだより4月号と一緒に配布された「けんしんガイドブック」について少しだけご案内です。

この「けんしんガイドブック」には、パパママの健診のことやお子さんの健診、予防接種などについて記載されています。

1年間保存版なので、大切に保管して頂き、予防接種や健診について分からないことがあれば、「けんしんガイドブック」や最新のもみじだよりをご確認いただくか、子どもすこやか室(072-724-6768)までお問い合わせください。

 

次は、5回目に突入!税務課の堀さんです!!

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

高齢のかたのごみ出し支援、ご興味ないですか?!

2018年04月13日 | 健康福祉部

こんにちは!高齢福祉室の神吉です。

早いもので新年度が始まってからもう2週間が過ぎようとしています。
今年は例年より桜の開花も早く、あっという間に春のぽかぽか陽気に包まれましたね!
まだまだ見足りないので青森あたりにでも追いかけていきたいくらいの気持ちです!

(桜を見にお散歩したときの写真です。ちょっとお気に入りです。)


さて、最後の担当のブログです。
今回のテーマはこちら!
1.高齢のかたのごみ出し支援について
2.介護保険認定調査員を募集しています!


1.高齢のかたのごみ出し支援について

今回のブログでとてもお伝えしたいこと、それは……。
「高齢のかたのごみ出しを支援してくださる団体さん、いらっしゃいませんか~~~?!」

ここからはQ&A方式でご紹介しましょう。

Q.そもそも、高齢のかたのごみ出し支援がなぜ必要なの?
A.筋力が落ちていたり腰痛や関節疾患をもつ高齢のかたにとって、ごみ袋を所定の場所まで毎回毎回運ぶのは大変です。
住んでおられるマンションにエレベーターがなかったり、ごみ置き場まで段差があれば、なおさらです。


昔よりも地域のつながりが弱くなり、地域での助け合いも少なくなっていることや、
一人暮らしの高齢のかたが多くなり、家族の支援が受けられないかたが増えていることから、
近年ごみ出し支援の必要性が注目され始めており、
箕面市においても地域での見守り・支え合い活動の活性化を目的としたごみ出し支援がスタートしたというわけです。

 


Q.ごみ出しを支援したら、どうなるの?
A.箕面市では、ごみ出しを支援してくださる団体さんを補助する制度があります!

正式名称を「高齢者生活応援事業」というこの制度。

簡単にご説明すると、
高齢のかたの代わりにごみ出しをしてくださると、一世帯あたり月額400円市が補助します!
という制度です。

対象は、自治会、子ども会、シニアクラブなどの地域団体で、
現在は市内のいくつかの自治会さんに支援団体さんとして登録いただいております。

しかし、まだまだ担い手不足なのが現状……!
支援してくださる地域の団体さん、絶賛募集中なのです。
ごみ出し支援を通じて、地域のかたがたによる見守りの輪が広がっていけば、高齢のかたにとって安心・安全な暮らしにつながっていきます。


ぜひぜひ、皆様のご協力をよろしくお願いします!

 

2.要介護認定調査員を募集しています!

高齢福祉室では、4月9日より「要介護認定調査員」の採用募集をしております。
受験資格は介護支援専門員(ケアマネ)や看護師、ホームヘルパー等の資格をお持ちのかたで、年齢制限はありません!
詳しくは以下の募集案内をご覧ください。
http://www.city.minoh.lg.jp/syokuin/saiyoushiken/saiyou/documents/h30-5youkaigobosyu.pdf

採用募集のスケジュールは以下のとおりです。
5月10日(木曜日) 申込締切
5月20日(日曜日) 採用試験
5月下旬合格発表
6月1日(金曜日)任用開始予定

市職員として、高齢のかたの介護認定のための調査を担う貴重なお仕事です。
どしどしご応募お待ちしております!


さて、私が担当する新人ブログは今回でおしまいです。
右も左も分からなかった1年前の私。
1年経った今でこそようやく、右を向いているのか左を向いているのかくらいは分かるようになってきましたが、
まだまだまだまだ至らない点だらけで、反省の日々です。
こんな私に対して、いつも優しく、粘り強く教えてくださる上司の方々には感謝してもしきれません。
2年目職員として、また気持ちを新たに。
これからもっともっと成長できるよう頑張っていきたいと思います。


さてさて次の更新は、ただみなちゃんです!
(今度一緒にごはんに行くので、とても楽しみです)

ここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

議会の傍聴に来てみませんか?

2018年04月09日 | 議会事務局

新人奮闘記をご覧のみなさん、こんにちは!

議会事務局総務室の大城です。

 

早いもので、今回が最後のブログとなりました。今回のブログは3本立てで書こうと思います。

(1)傍聴について

(2)本会議・委員会の動画配信について

(3)一年間を振り返って

最後なので、議会のPRをたくさんさせていただきたいと思います!!

 

(1)傍聴について

みなさん、議会の傍聴に来られたことはありますか?私は市役所に入庁するまで一度も経験がありませんでした。

テレビで国会の様子などは目にしたことはありましたが、

恥ずかしながら市議会がどこで行われているのかすら知りませんでした。

 

こちらが市役所本館3階にある議場です。傍聴席付近からの眺めはこのようになっています。

中央の通路を挟んで手前が議員席、奥が執行部席(市長や部長など)となっています。

はじめて議場に入ったときは、市役所の中にこんなところがあるのかという驚きと、

緊張感の漂う雰囲気に自然と身が引き締まりました。

 

「傍聴って誰でもできるの?」、「一度傍聴に行ってみたいけど手続きが面倒くさそう…」

と思っておられる方、心配ご無用です。

 

当日議会事務局に来て手続きをしていただくと、どなたでも傍聴することができます。

(小学生以下の方の傍聴は議長の許可が必要となります。)

手続きといっても、名前と住所をご記入していただくだけですので、その場で簡単に傍聴していただくことができます。

また、席は自由席となっていますので、複数名で一緒に傍聴していただくこともできますし、自由に傍聴席の出入りができますので、議会の進行に関わらずご自身の都合に合わせて傍聴していただけます。

詳しい手続きはこちらをご覧ください。

 

(2)本会議・委員会の動画配信について

箕面市議会では平成27年第2回(6月)定例会より、本会議・委員会(常任委員会・特別委員会・議会運営委員会)の全日程をYou Tubeによりライブ中継及び録画中継を行っています。

平日は仕事などで傍聴に来られないという方も、パソコンやスマートフォンから動画でご覧頂けます。また、審議内容をもう一度聞きたいという方は、過去1年分の録画映像も配信しておりますので是非ご覧ください。

 

動画配信(本会議ver.)の裏側についてご紹介いたします。

動画の撮影は、(1)議員席全体を映すカメラ(2)質問者を映すカメラ(3)議長を映すカメラ(4)執行部を映すカメラの4つのカメラを駆使して行っています。

 

議会事務局の職員がこちらのパソコンを操作し、発言者に合わせて映像を切り替えたり、発言者のテロップを出したりし、映像をリアルタイムで動画を配信しています。

 

また、傍聴や動画配信以外にも、会議録・委員会記録から審議内容を調べることもできます。

市議会のホームページの「箕面市議会会議録検索システム」からご覧いただけます。

気になる内容をキーワード検索したり、発言者を選択し検索することができるので、知りたい内容をすぐに探すことができます。

例えば、平成30年2月にオープンした「西南生涯学習センター」を検索してみると、一番古いもので平成27年第1回(2月)定例会での市長の『「西南公民館」では、老朽化やバリアフリーなどの課題を解決し、周辺の教育施設や公園などと調和をした「西南生涯学習センター」へのリニューアルに向けて、手続を進めてまいります。』という発言がヒットし、以降52人の発言者の内容を全て読むことができます。

このように、いつから議論がなされて、どういう経過をたどって現在に至っているのか、簡単に調べることができます。みなさんも是非ご利用ください!

 

次回、平成30年第2回定例会は6月8日から6月29日の日程で行われます。主な審議内容は、補正予算や条例についてです。 

「議会って何をしているのかよくわからない」、「なんだか難しそう」と思っているみなさん、議会では、市民のみなさんの生活に直結する内容や箕面市の今後について議論が交わされています。録画で見るのも良いですが、是非傍聴に来て、緊張感や白熱した雰囲気を味わって頂けたらと思います。お待ちしております!

 

 

(3)1年間を振り返って

春といえば、出会いと別れの季節です。

1年間私のエルダー(教育係)をしてくださった方が3月で退職され、この4月から新たな新規採用職員が議会事務局に配属となりました。

この1年間、上司・先輩・同期に支えられながら、大変充実した日々を送らせていただきました。感謝の気持ちでいっぱいです。これからは社会人2年目ということで、初心を忘れることなく、気を引き締めて仕事に精進していきたいと思います。

最後に、このブログを通じて少しでも議会に興味をもっていただけたなら幸いです。これからもみなさんに議会をより身近に感じていただくために、試行錯誤を重ねながら仕事に取り組んで行きたいと思います。つたないブログでしたが、1年間読んでくださりありがとうございました。

 

次回は高齢福祉室の神吉さんです!

 

 

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

一年間ありがとうございました!

2018年04月06日 | 競艇事業局

みなさん、こんにちは!
競艇事業局企画室の藤安です!

新年度が始まりましたね。
競艇事業局の職員として働いた一年はとても早く過ぎたように感じます。
昨年度の反省を活かし、さらにパワーアップした職員になれるようにがんばります!

では、4月19日(木曜日)から4月23日(月曜日)まで開催される報知杯争奪第36回全国地区選抜戦の魅力を伝えさせていただきます。

ズバリ、魅力は選手です!
一般戦とは思えないほどの豪華なメンバーが揃っています。
なんと、2017年の賞金王である桐生順平選手賞金女王である遠藤エミ選手が参戦します!
それでは、二人のプロフィールを紹介させていただきます。

こちらが桐生順平選手です。

さわやかな笑顔がすてきですね。
実は前回のブログでも紹介させていただいているのですが、素晴らしい選手なので二度目の紹介をさせていただきます。
桐生順平選手は2017年のボートレース界の主役と言っても過言ではないスーパースターです。
SG第32回グランプリを優勝し、1億円の優勝賞金を獲得しました。
そのときのレースがこちらの過去1年の優勝戦一覧の中から視聴できます。
2017年の桐生順平選手の獲得賞金は、なんと2億円を超えています。
すごいですね。
桐生順平選手のレースは多くのファンを魅了しました。
是非応援に来てください。

 

遠藤エミ選手です。

笑顔が最高に輝いていますね。
遠藤エミ選手は、2017年のクイーンズクライマックスで初のG1優勝を果たし、初の賞金女王に輝きました。

ティアラもとても似合っています。
遠藤エミ選手の華麗なターンは男性レーサーにとっても驚異です。
彼女の今後の活躍に期待です。
是非応援に来てください。

一年間にわたり、ボートレースの魅力を発信してきました。
競艇事業局職員としても一人のボートレースファンとしても、みなさまにボートレース住之江に足を運んでいただき、生のレースを肌で感じて欲しいと思います。
映像で観るのと現地で観戦するのでは臨場感が違います。

私のブログを通して、一人でも多くの人にボートレースの魅力を感じていただけたら嬉しいです。
一年間、私の新人ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

次回の更新は、大城さんです!!

箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

2年目の始まり!

2018年04月02日 | 子ども未来創造局

“新人奮闘記”をご覧のみなさま、こんにちは!

青少年育成室の吉田です。

 

本日は、4月2日(月曜日)ということで、さまざまなところで新年度が始まりを迎えていることかと思います。

箕面市役所でも本日から平成30年度が本格的に動き始め、“新人奮闘記”を書いている私も本日から2年目の職員という立場になります。

 

そんな2年目始まりの日である、本日のブログでは、

1.危険箇所・問題箇所点検活動

2.エルダー制

の2点についてご紹介したいと思います!

 

1.危険箇所・問題箇所点検活動

危険箇所・問題箇所点検活動とは、子どもたちが地域でより安全に過ごすことができるよう、箕面市青少年指導員連絡協議会が市民などに呼びかけ、行われる活動です。活動の内容は、小学校区ごとに通学路や公園などを皆で見回り、子どもたちの身近に潜む危険がないか点検するものです。

小学校区ごとの点検活動で見つかった危険箇所・問題箇所は、箕面市青少年指導員連絡協議会でとりまとめられ、改善要望書として市に提出されます。

平成29年度には、一時停止、徐行などの路面標示を塗り直して欲しいところや見通しの改善が必要なところ、横断歩道をつけてほしいところなど545件の危険箇所・問題箇所の改善要望がありました。

市では、要望を受け、危険度等に応じて優先順位をつけながら、改善していきます。

(点検活動の様子)

(過去の改善例【1】)

改善前は、見通しの悪いカーブの先に横断歩道があるにもかかわらず、スピードを出して走る車が多く危険でした。改善後は、路面標示を設置し、ドライバーに横断歩道があることを分かるようにしました。

(過去の改善例【2】)

改善前は、水路と道路の間に柵がなく、転落する恐れがあり、危険でした。改善後は、水路と道路の間に転落防止用の柵を設置し、歩行者の安全を確保しました。

 活動は、毎年5~6月に行われており、平成30年度の小学校区ごとの開催日時や集合場所は、もみじだより5月号にてお知らせいたします。通学路など子どもたちの身近に潜む危険箇所を見つけるためには、より多くの人数で点検することが大切です。参加申込なども不要ですので、ぜひみなさまご参加ください。

 

2.エルダー制

エルダー制とは、箕面市の新規採用職員研修の一つで、新しく採用された職員一人に対し、指導役として先輩職員(エルダー)が一人付く制度です。

私もこの一年間、職場の先輩職員に、時には注意され、時には褒められ、さまざまなことを教わりました。常に私の業務の進行具合や接遇面に気を配っていただき、分からないことがあったときなどに相談することができる存在がすぐ近くにいたことは、社会人1年目であり、箕面市の職員1年目であった私にとってはとても心強かったです。

まだまだ社会人としても、箕面市の職員としても一人前ではない私ですが、この4月からはエルダーとして後輩職員を指導する立場になります。私も後輩職員にとって心強く、分からないことなどがあったときに相談しやすいと思ってもらえるよう指導に取り組みたいと思います。また、エルダーとして、業務を教える経験を通して、私自身の業務の理解度も高めていきたいと思います。

 

今回ご紹介しました危険箇所・問題箇所点検活動」「エルダー制」はどちらも、人事異動に伴う担当業務の変更によって平成30年度から私が新しく担当する業務です。

異動していく先輩の仕事を引き継ぎ、新しく入ってくる後輩を指導する。そう考えると、それぞれの仕事に対する“気遣い”や“心”っていうものは担当者が変わっても受け継がれていくものなのかなぁなんてしみじみ感じます。(※私はまだピチピチの23歳ですが!!笑)

 

ということで、私の新人奮闘記への登場もこれが最後です。

最後に、半年ほど前に購入した一眼レフカメラを持って、みのおキューズモールへ買い物ついでに桜を撮影しに行ってきました。

こちらの桜は早咲きとしても有名な河津桜という品種の桜です。平成15年に「かやの中央」のまち開きを機に、静岡県河津町のご厚意で寄贈されたものだそうです。

撮影したのは3月の上旬でまだまだマフラーが必要なほどの寒さでしたが、河津桜の特徴でもあるきれいな濃いめのピンク色の花を咲かせていました。

それにしても、いくつになっても桜ってきれいですよねぇ。笑

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

次は、競艇事業局企画室の藤安くんです!

 


箕面市ふるさと納税の利用を市民のみなさまに呼びかけるため、2018年7月31日(火曜日)までの間「えっ、箕面市民も寄附できるの?箕面市ふるさと納税!」を統一キャンペーンとして展開します。


この記事をはてなブックマークに追加

これからも箕面をPRするために

2018年03月30日 | 地域創造部

新人奮闘記をごらんのみなさま、こんにちは。
地域創造部箕面営業室の中西です。

 

今日は平成29年度最後の出勤日です。(土曜開庁を除く)
入庁して、はじめて社会人として働き出して1年。
高校、大学も1年は早く過ぎていましたが、
この1年が一番早く過ぎてしまったように感じます。

先日高校の部活のOB会に参加してきましたが
話しかけてくれた今年卒業の後輩が5歳下だとわかり絶句しました・・・。
高校生だったのなんてつい先日のことだと思っていたのに、時が経つのは早いですね・・・!
年齢だけでなく、そろそろ中身も大人になろうと思いました。

 


さて今回は私が担当している「箕面市特命大使」についてお話いたします。

箕面市では、市にゆかりがありさまざまな分野で活躍される個人や団体に、箕面市のPRを積極的に担ってもらうことを目的として、「箕面市特命大使」制度を2010年4月に創設しました。

現在、箕面市には16人(組)の特命大使がいらっしゃいます。
たとえば、最近に称号を授与させていただいたかたでは、


箕面市出身で声優として活躍されている
「箕面声優大使」の渡部優衣さん


箕面市出身で歌手として箕面市内外で活躍されている
「箕面J-POP大使」の北川たつやさん

など、歌手のかたや芸人さん、スポーツ選手まで、本当にあらゆる分野の方にご就任いただいています。
気になる他の大使のかたはこちらをご覧ください。

特命大使のかたがたには、箕面市内で行われるイベントにご協力いただいたり、SNSなどで箕面の魅力発信をしていただいています。

こちらは渡部優衣さんに、2017年の消防出初式にご協力いただいた時のお写真です。

 

 

そして先日、新たに、インドアバイク&アウトドアインストラクターの平野由香里さんに、「箕面自転車大使」にご就任いただきました!

 

授与式の当日、3月16日には平野さんが「箕面自転車大使」任命記念ライドを行われました。

箕面市外のかたも多くこの機会に箕面へ足を運んでくださっており、「特命大使が箕面のタッチポイントを増やす、箕面をPRするというのはこういうことなのだなあ」と、改めて実感いたしました。


特命大使が増えるたびに、新しく箕面を知ってくださるかた、足を運んでくださるかたが増えると思うと、本当に嬉しい限りです。

箕面へのタッチポイントの機会を、幅広く増やすためにも、今後ももっと多くのかたに、様々な分野のかたに、箕面市特命大使になっていただきたいと思います。


・・・ですので、「箕面市出身で頑張ってる人がいる!」「箕面でこんな活動をしてる人がいる!」という人がいればぜひ箕面営業室までご一報ください!
自薦、他薦は問いません(もちろん大使任命には基準があるので絶対になれるわけではありませんが)!笑

 

さて、営業室らしい話題をもうひとつ!
箕面と言えば紅葉!と思われがちですが、実はこのもみじ、新緑の時期もきれいなんです!!

4月21日(土曜日)~5月31日(木曜日)の間は、「明治の森箕面国定公園新緑カーニバル」の開催が予定されており、箕面滝道や商店街のお店などで期間中だけの体験やイベント、限定メニューにお得な割引などなど、新緑の箕面を満喫できること間違いなし!

また、こんな素敵なものが、実は箕面にもあります!

「箕面川床(みのおかわゆか)」は、川のせせらぎや鳥のさえずりを聞きながら優雅な時間を過ごすことができます。
こちらも4月21日(土曜日)から営業が始まります。ご予約のうえご利用ください。
川床磯よし(電話:072-724-2477)
川床音羽山荘(電話:072-721-3005)

 

現在、箕面大滝へは、ハイキング道を通って行くことが出来ます!
スニーカーなど、歩きやすい服装でお越しください。

※3月25日(日曜日)に発生した倒木の影響で、迂回路(ハイキング道)においても一時通行止めとなっていましたが、現在復旧し、迂回路は通行できます。

 


さて、今回で私のブログも最終回です。
「読みやすいブログを!」と心がけた結果、業務<プライベートのような本末転倒な記事ばかり掲載してきたような気もしますが、まあ、ほかの同期のみんなが真面目に書いてくれているので、私のは息抜きくらいになっただろうと勝手に思っています!笑

こんな調子で1年経っても全く使い物にならない未熟な私ですが、日々ご指導いただいている上司、先輩がたには本当に感謝してもしきれません。教えてもらうばかりでなく、2年目は教えていただいたことをきちんと発揮していけるよう、いつまでも甘えず、自覚と責任を持って業務にあたりたいと思います。

今年は箕面を知ることをモットーにしてきましたが、まだまだ知らないことばかりです。
来年度も箕面市職員として、もっと箕面の良さを知っていく姿勢を大事に、そしてゆずると共に箕面を発信するべく頑張ります!

(このゆずるWAON、私も愛用していますがとっても可愛いですよ。近畿エリアのイオン、箕面市内のダイエー、KOHYO、MaxValuなど約100店舗で販売されています。ぜひお買い求めください。)

 

・・・と、最後まで「営業」して私の新人ブログは終了です(-ω-)
私の拙い記事にお付き合いいただきありがとうございました。

 

次は、最近着々と料理の腕をあげている青少年育成室の吉田くんです。

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 


この記事をはてなブックマークに追加

最後の奮闘記!!

2018年03月26日 | 市民部

みなさん、こんにちは!!

国民健康保険室の久田です!!

 

気が付けば、ですね。

麗な桜が咲く季節。

温かい季節の始まりに、新しい気持ちで心がワクワクしてしまいます。

 

思い出せば、右も左も分からなかったあの頃から、もうすぐ一年。

たくさんの方に支えられながら、目の前の仕事に全力で取り組み、

大変ながらも、充実した日々を送っています。

 

さて今回は、平成30年4月から、国民健康保険の制度が変更されるので

そのことについて簡単に紹介したいと思います。

 

<~国民健康保険の制度の運営について~>

 

これまで、国民健康保険の運営は、市町村である箕面市が行っていましたが、

平成30年4月からは、市町村の箕面市と、都道府県である大阪府が、共同して運営を行っていくことになりました。

 

<~制度がなぜ変更されるかについて~>

 

国民健康保険制度では、いくつかの大きな課題を抱えており、

(1)年齢構成が高く、医療費水準が高い

(2) 加入者の所得が低い傾向にあり、保険料負担が重い

(3) 財政運営が不安定になるリスクの高い小規模保険者が多く、財政赤字の保険者も多く存在している

  といった構造的な課題がありました。

 

これらの課題を解決し、安定的な財政運営と効率的な事業運営を行い、

将来に渡って持続可能な国民健康保険制度の運営を行うために、制度の変更が行われます。

 

<~主な変更点について~>

大きく分けて4つ変更点があります。

 

(1)被保険者証の様式の変更  

 

平成30年度以降に迎える一斉更新から、都道府県である大阪府の名が記載されます。

※現在お持ちの被保険者証については、有効期限まで使えます。

 

(2)国民健康保険の資格管理が都道府県単位に変更

 

国民健康保険の資格取得・喪失が都道府県単位で管理されるようになります。

そのため、平成30年4月以降は、同一都道府県内であれば、他の市町村に転出した場合でも、資格は継続します。

※ただし、転入先の市町村で新しい被保険者証が交付されるので、転入元や転出先の市町村の窓口で手続きが必要です。

 

(3)高額療養費の多数回該当の通算方法の変更

 

病院などでの窓口でのお支払いの負担が高額となり一定額を超えた場合、

申請により支給される高額療養費の多数回該当の通算方法が変更されます。

平成30年4月以降に発生した高額療養費については、世帯が変わらない状態での

大阪府内での引っ越しであれば、高額療養費の多数回該当にかかる該当回数を引き継ぎ通算することが出来ます。

※多数回該当・・・直近の12ヶ月間に4回以上高額療養費に該当した場合、4回目から自己負担額が下がる制度

 

(4)保険料は大阪府下統一に段階的に移行

 

平成30年度以降は、大阪府が府内統一の保険料率を決定します。

そのため、大阪府内で、同じ所得・同じ世帯構成であれば、同じ保険料となり、

公平化を図ることができるよう、段階的に取り組むようになります。

 

<~制度が変更しても変わらないこと~>

 

制度が変更されても、医療機関へのかかり方や窓口での負担はこれまでと変わりません。

市町村の箕面市は、今までと同様、市民に身近な窓口業務を行います。

 

(1)国民健康保険の加入や脱退の届出は、箕面市の窓口で行います。

(2)被保険者証は、箕面市から交付します。

(3)保険料のお知らせは、箕面市から発送し、保険料は箕面市にお支払いしていただきます。

(4)高額療養費等の申請は箕面市の窓口で行います。

 

制度の変更の内容については、まだまだあるのですが、

簡単に紹介させていただきました。

 

 

話題がここで大きく変わるのですが、つい先日

国民健康保険室の室長と、グループ長の定年退職を祝して

送別会を行いました!!

 

感謝の想いを込めて、退職祝いのメッセージの色紙と、名入れのお酒や花といった記念品を贈呈しました。

 

今回、送別会の幹事をさせていただき、

おふたりには、短い間でしたが

大変お世話になり、感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとうございました!!

 

また、1年間という短い間でしたが、

箕面市役所 新人奮闘記!にお付き合いいただきまして本当にありがとうございました!!

 

次回は、地域創造部箕面営業室の中西さんです。お楽しみに!!

 

箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。

 


この記事をはてなブックマークに追加

子どもと一緒に環境学習!!

2018年03月23日 | みどりまちづくり部

新人ブログをご覧の皆様、
こんにちは!

4回目の登場となりました、環境動物室の梅本です。

今回は、箕面市内の小学校で行っている環境学習についてお話ししたいと思います。

 

○環境学習とは?
箕面市では、NPO団体と協働で市内の小学生5年生を対象に環境に関する授業を行っています。
この活動の目的は、「地球温暖化について子どもにも知ってもらって、環境のことを考える機会を持ってもらおう!」というものです。

 

○授業にあたって
まず事前にNPO団体の方と、当日配布する地球防衛手帳の内容や当日の流れの確認を行います。

 

*これが「地球防衛手帳」です。


*地球温暖化や、様々な発電方法についてわかりやすく書いてあります。

 


○実際の授業
1時間目はNPO団体の皆さんの地球温暖化についての話をスライドを見ながら聞きます。

 

話を聞いた後、実際に発電機を使って、発電する際にどれだけエネルギーを消費するかを体験してもらいます。

 

ハンドルを回して発電し、羽を回すものや、電球の明かりをつけるものがありました。

中でも私が注目したのはこちらです。 

*皆さんもお使いになったことがあると思います。
 自転車のライトです。
 この黒いゴムのシートの上で、ライトの根元の部分をこすると、発電します。
 私も体験しましたが、なかなか難しかったです。

 

2時間目は、各教室に移動して、1時間目に学んだことを踏まえて、地球を守るために自分たちにできることを考えます。


 

家庭でエネルギーを多く消費するエアコン、冷蔵庫、照明、テレビに焦点を当てて、どうすればエネルギーの使用量を削減できるかを相談し、発表してもらいました。

*生徒さんが発表したエネルギー削減の方法です。

 


ただ話を聞くだけでなく、実際に体験したり、自分で考えたりすることで、環境問題に対する興味や関心を持ってもらえたと思います。

生徒さんからいただいた感想の中には、

「あんなに電気を作るのにエネルギーを使うと思わなかった」

「電気はこまめに消すようになりました」

「暑くてもエアコンの温度を下げず、アイスを食べたりしようと思います」←!?笑

など、たくさんのうれしい声をいただき、環境問題に対して、問題意識を持ってもらえる良い機会になりました。

 

私も、子どもたちが実際に学ぶ中で、環境問題に対する意識が変わっていく様子が表情からもうかがえて、環境学習の重要性を感じることのできた1日となりました。 


今回の記事が、私の新人ブログの最後の投稿になります。
この1年間で、たくさんのことを知り、学びました。
これからも、初心を忘れず毎日頑張っていきたいと思います。
最後までお読みいただきありがとうございました!

 

次は国民健康保険室の久田さんです!

 

 

 箕面市では、11月11日(土曜日)から3月31日(土曜日)まで、「『振り込め詐欺』に注意!今、箕面市が狙われています!」を統一キャンペーンとして実施しています。不審な電話がかかってきた場合は、家族や周りの人に相談するか、消費生活センターか箕面警察署へ連絡しましょう。


この記事をはてなブックマークに追加