広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『The Fifth Avenue Band』 (1969)

2006年05月06日 | 60's
みなさん、黄金の1週間、いかがお過ごしですか。
私は昨日、ダンナのお父さん、お母さん達と山登りをしてきて、今日は一日へばっておりました。このメンツだと一番ヘタレは私なんですよね~。一番若いのに。情けない。みんな普段からよく山も登るし、よく歩く人たちなので、へっちゃらのようでした。実は再来週もこのメンツ+ウチの親で、またまた山登りが待っています。ハイキングなどには良い季節になってきましたからね~。親たちに引っ張られる形で、心身共に良いことさせてもらっているというカンジです。お母さんたちとお話しながら一緒に歩くのめっちゃ楽しかったし、森林浴も出来て、何とも壮快でした。途中見つけたシジュウカラ(姿が可愛い)とフンコロガシ(色がスゴくキレイ)がナイス!でした。

で、今日はダンナは友人たちと出かけるし、私はのーんびりウチでゆっくり音楽を聴こう!と思い、何故か真っ先にこのフィフス・アベニュー・バンドのアルバムのジャケットが思い浮かびました。
ボブたん台風は、私の中で相変わらず暴れ続けていますが、聴きすぎると別のものを聴きたくなっちゃいますよね。
本能的にこんな爽やか~な音を欲していたようです。


多分メンバーやスタッフなんかも音楽的な要人を擁するバンドだとは思うんですが、全然くわしくないです。
まぁ、このバンドのメンバーであるピーター・ゴールウェイのソロや、オハイオ・ノックス、ハウディ・ムーン辺りの関連バンドなんかは是非是非、いや絶対聴きたいと思っていますが。

いや、もうただただこの音を聴いていたいわけです。むずかしいことはなんにもかんがえたくないわけです。
洗練されたN.Y.版ザ・バンドとでも申しますか、進化したホワイト・ドゥ・ワップとでも形容しましょうか。

“One Way To Another“、“NIce Folks“辺りの曲が、この人たちの売りといいますか、このウキウキとしたアッパー感やグルーヴィさがクセになってしまうような、確かな演奏と見事なコーラス。とっても魅力です。
けれど、私はよりドタドタした土臭い香りのする“Fast Freight“や、爽やかな風のように控えめでジェントルな“Country Time Rhymes“ なんかがすこぶる好きです。

しっかし、なんでこんな荒れた画像しかないんだ!?アナログですね、コレ。CD化は未だ日本だけなのかなぁ。
このジャケット、大好きです。憧れです、こーゆうの。
気の合う仲間たちが、どこからともなく、いつものように現れてきては、一緒に過ごす。
この男たちの「仲間」感がステキです。
しかもお店?ホテル?かなんかの軒先ってゆうのが重要!俺らのスポット的な場所が必須ですから「仲間」たちには。
きっとお気に入りの店なんでしょう、みんなの。ツケなんかも効いちゃうんでしょうね。
で、で、店の小うるさいオヤジも「しゃーねーな、お前らは。もー、出世払いでいいや!」なんて。

・・・。

今朝、この音楽を聴きたいと思い、結局聴けたのは今日も終わる頃になってしまいました。
別に忙しくしていたわけでも、一日寝ていたわけでもないのですが、なんだか今日はボゥっとしててダメだったな。
心をサラッと洗い流すために、リピート再生中です。
春らしいし、それよりもっと初夏っぽいかも。
爽やかな休日の朝なんかには、よりピッタリのアルバムかもしれません。





コメント (21)   この記事についてブログを書く
« 『No Direction Home』第二部 | トップ | Shake Me Baby »
最新の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きゃー♪ (moonlightdrive)
2006-05-06 08:34:33
このジャケ、ホントかっこいいですよねーーー。中身ももちろん。洋楽オンチの私は、わりと最近になって初めてこのアルバムを聴いて、いいなあって。「洗練されたN.Y.版ザ・バンド」うん、まさにそんな感じ!洗練されつつも、どっかにザ・バンド的泥臭さがあるのがいいんですよねー。別宅のちょい古い記事ですが、TBさせていただきますね~。
名盤復活 (unodos)
2006-05-06 20:22:42
これも懐かしいアルバムですね。

ワーナー名盤復活シリーズで発売されたときに買いました。(もちろんアナログ盤)



当時は同じシリーズで出ていた

「ジョン・サイモンズ・アルバム」や

「ボビーチャールズ」などに感激していたので

この盤はそれらに比べるとやや軽いなと感じたのを覚えてます。

洗練さより,泥臭さに夢中な時期でしたもので。



山下達郎が,デビューアルバムをNYにレコーディングしに行ったとき,

バックに,このバンドのメンバーを

オファーしたらプロデューサーから

「彼は過去の人だ」と言われ目から鱗が落ちたとか

そんな話をラジオで昔聴いた気がします,

(記憶違いかも,うろ覚えで申し訳ありません)



ピーターのほんわかした味わいのボーカルは好きです。結局彼のソロも買ったんです。(w
>moonlighrdriveさん (モスコ)
2006-05-06 22:20:45
TB、どうもサンクスであります!

いやぁ、もう毎回言いますが、moonlightdriveさん、絶対洋楽オンチではないですよねぇw 

moolightdriveさんの感想とも息バッチシ合っていましたね。ウフフ



そうそう、このFABと関係ありませんが、偶然今日、初めてはちみつぱいの「月夜のドライブ」を聴きました!(レンタルですが・・・)最初、一瞬気づかなかったんですが、「あぁ~!!これなんだぁ~!!」と一人盛り上がっちゃいました

(これですよね?合ってますよね??)

めーっちゃカッコイイ曲なんですねぇ!なんか後期ビートルズっぽいって、多分間違っているっぽい感想を持ちましたw ムーンライドラアァ~イ♪って連呼されてましたね、お名前。
>unodosさん (モスコ)
2006-05-06 22:30:58
お~。アナログの再発は「ワーナー名盤復活シリーズ」というものでしたか~。いいですね、こういうのこそ聴きたいですよ、アナログで。私はもちろん(?)「ワーナー名盤探検隊」のCDでした。



ジョン・サイモンにボビー・チャールズ!ウッドストック人脈ですね。じっくり攻めて行きたい所です。



あ、そうなんですよね!山下達郎さんにすごい影響を与えたアルバムだったんですよね、コレ。ミュージシャンズ・ミュージシャンみたいなカンジ、しますもんね。

しかし「過去の人」!むむぅ。アメリカのショービズ界はシビアというか、徹底して金儲け主義といいますか。ハッキリしてていいかもですが、このアルバムをもう長年、中身で評価する日本の音楽関係者と音楽ファンは世界に誇ることができますよね!
リラックス&エンジョイ (kura_mo)
2006-05-06 23:19:39
黄金週間に山登りとは素敵ですねぇ。俺たちも明日海でバーベキューの予定が天気が雨っぽいので中止の憂き目に。。はぁ。



フィフス・アヴェニュー・バンド。最高!ですね~♪誉めても誉めても賛辞し足りないくらいです。

ピーター・ゴールウェイもその他のメンバーもこのアルバムほどの作品を残せなかったという所にこのアルバムの凄さがあると思いますが、そんな理屈じゃなくやっぱジャケとか、1曲目のギターの入りとか、このアルバム全体を包んでいる優しい雰囲気とか。そういった理屈を超えた所にこのアルバムの凄さがあるって言うかね。



このアルバムが好きっていう人とは無条件に友人になれそうな気がします。



あ、遂にTB成功しました。いままでなんで出来なかったんだろう。。
>kura_moさん (モスコ)
2006-05-07 14:18:13
あら~。バーベキュー、それは残念ですねぇ

天気のいい日にまた出来るといいですね

(しかしバーベキューという言葉の響き、もうそれだけでお腹が空いてきます



>無条件に友人になれそうな気が



うん、私も。で、そういう人たちのことを“Nice Folks“と心で呼びたい。

そういう決定的なアルバムってありますよね、自分の中に。そういうアルバムがリンクすると、ホント嬉しいもんですね。



しかし、このアルバム、ホント褒めても褒めても、ですね。たぶん、一生聴いていくだろうし、いつ聴いてもその爽やかで優しい、そして色んな意味で男らしい、そういった魅力はあせないんだろうと思います。奇跡のような名盤ですね。



あ!kura-moさん、TBできてるー!わーい! 

ホント、なんで出来るようになったんだろ?

これもこのバンドが起こした奇跡?
くんくん (ワインセラピスト)
2006-05-07 20:11:50
■おや、なんだかいい香りがします。

 名前もジャケットも好み。知りませんでした。

 こりゃ、いい感じですね。

 はちみつぱいもチェック。です。

 情報満載、いつもありがと!
この季節にピッタリ! (BYRD)
2006-05-08 00:16:01
山登りお疲れさまです!

自分はその頃雑居ビルの階段昇ってました(レコ屋行くのに)。結局雑居ビルのレコ屋では成果なかったのですが・・・(^_^;)



自分もこのアルバムは名盤探検隊のCDを買って初めて聴きました。「洗練されたN.Y.版ザ・バンド」・・・先の皆様のコメントされてますのと被ってしまいますが、ザ・バンドやボビー・チャールズなどのウッドストック・サウンドと比べて、ニューヨークという土地柄もあって垢抜けしてるところがこのアルバムの素晴らしいところだと自分も思います。本当に今の季節にピッタリのアルバムで、ジャケットの写真のように都会の真ん中の屋外でテーブルを出して椅子に座ってくつろいでみたいものです(けど、やっぱりちょっと恥ずかしいかな!?^^;)



それとディランの映画を観られたんですね。(^^)

自分はまだ観てません・・・来月発売の国内版DVDは予約したのですが。(^_^;)
>ワインセラピストさん (モスコ)
2006-05-08 03:05:04
こちらこそ、コメントありがとうございます!



くんくん。イイ香りしてましたか?

よさそでしょ?よさそでしょ?

いいんですよ~!(笑)ホントに。

気負わない、自然体な魅力で、聴かせますよ~。

洒落つつ、土臭さもあるんだから、たまんないですよ、もう

是非是非、一度チェックしてみてくださいね。

>BYRDさん (モスコ)
2006-05-08 03:24:35
レコ屋、おつかれさまです!いいのなかったですか?

それは残念でしたねぇ

ガックシ、来ますもんね、あんまり買いたいのなかったら。



あ、やっぱりコレ、名盤探検隊で出てました?じゃ、合ってますね。私もその時、やっぱり買ったのかな?



ホントにコレ聴くと、その垢抜け具合にビックリしますよね。でも決して嫌みさはなくて、自然に洗練されているのだから、ニクイです



>都会の真ん中の屋外でテーブルを出して椅子に座って



ね、この雰囲気最高です。

大阪のフィフス・アベニューってどこだろう・・・?

心斎橋筋?(笑)

違いますね、人が多すぎですね

北浜辺りとか?(←シツコイ 笑)



ディランDVD、予約されたんですね~!!

もう来月なんですよね。私はいつ買えるか分かりません。トホホ。

BYRDさんの感想、楽しみにしてます!

コメントを投稿

60's」カテゴリの最新記事