さくらの日々是好日

余命半年から生還♪今年21年目の【金つなぎ勝ち抜きRoad】を走り続ける、多重がん患者の病老の日々や患者会活動をご紹介!

🎵 早朝、 低血糖で目覚め「あぁ、こんな体でも生きていけるのね」

2017å¹´09月03日 06時45分30秒 | ã•ãã‚‰çš„非日常の日々
9月3日(日) 晴

大阪ミナミの温浴施設・スパワールドで目覚め、お手洗に立った。
まだ5時20分!

で、もうひと眠りしましょうと、横になったけれど、なんか、胸苦しい。
嘔吐しそうなヤな感じは、もしや低血糖?

あらら、予感どおりの77!
もっとも、自己最低は44を記録しているから、それほど心配には及ばない。
これまでに、主治医の言ってくださった言葉をもろもろ思い返し、手持ちのキャンデー1個と牛乳で体をなだめてやる。

これで、150から180にまで、血糖値は緩やかに改善しているはず。

経過15年を超える糖尿病患者さくらの:、体で覚えた対処法である。糖尿病、うまく管理すれば、がん同様それほど怖い病いではない。と、思う。

昨夜は1時間余りかけて、病友7人と中華料理の円卓を囲んだのだ。
思い返してみれば、青梗菜炒め、野菜炒め、麻婆豆腐などヘルシーな7種のメニューを7皿にシェアし、シメは焼きそば7分の1。

さくらは、ひとり紹興酒を楽しみ、お店の本格的な雰囲気に、いずれも美味しくて、「えっ?」と驚く低料金🎵

いつものように、笑って、笑って別れたけれど、「今夜のメインディッシュは、餃子と春巻き?」だったっけ。おまけに、1時間ほどドンキホーテの店内を歩き回り、いつもならSpaのカウンターで一献ヤルけれど、睡眠不足解消のため、日付の変わる前に眠ったのだ。

察するところ、どうやらがんも糖尿病も、先ずはストレスのない暮らしが前提なのね。

心許した病友との絆の力、NewS発送ボランティアの「誰かのために出来る幸せ感」、バランスの良い食事、適度の運動。惜しむらくは、メインディッシュのカロリーが少し足りなかった?

足温マッサージ器にかかりながら、兎にも角にも慌ただしい、さくらの朝ではあります。

             


             
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   ã“の記事についてブログを書く
« ðŸŽµã€€äºŒæ¬¡ä¼šã¯è¿‘くの喫茶店で、... | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸŽµã€€ãƒ…カのスターさんの最終公... »
最近の画像[もっと見る]

1 ã‚³ãƒ¡ãƒ³ãƒˆ

コメント日が  古い順  |   新しい順
心配していました (静子)
2017-09-03 22:47:58
こんばんは。主人は幸い転移無く、がん持ち夫婦で頑張っております。ブログを拝見してあなた様のお噂をしては励まされておりますが、唯一心配はあまりにも睡眠不足が伺え:、気が気でありません。低血糖はよく分かりませんが、主人がインターネットで調べて心配しています。くれぐれもお身おいといくださいませ。

コメントを投稿

「さくら的非日常の日々」カテゴリの最新記事