はるみのひとり言

気ままなお散歩と猫と美味しいもん

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フューリー

2014-11-17 | こんな映画観たよ



試写会で観ました。

第二次世界大戦末期、戦車"フューリー"で300人のドイツ軍に立ち向かった5人の兵士たちのお話です。

ブラピの映画でとっても楽しみにしていて、てっきり1台の戦車で頑張っちゃう感動のお話なのかなと思ってたんですが、そんな生易しいものではありませんでした。

臨場感ある戦闘シーンが繰り広げられるんですが、アクション映画のような痛快さや爽快さは無く、リアルな戦場を見ているかのようでした。

ブラピが率いるチームに若者ノーマンが新兵として乗り込むことになるんだけど、ノーマンはタイピストで戦闘経験無し。
人を殺すことに抵抗があり、周りをイカレた奴らだとか間違ってるとか言ってたんだけど、そんなノーマンも戦闘の中で変わっていきます。
みんなもそうだったんだろうね。
殺らなければ殺られる。生きるか死ぬかの瀬戸際では普通の感覚なんて保ってられないんだろうね。
頼れる兄貴的存在のブラピも異常な状態に平然としてるように見えて、陰では苦悩してるところもあって胸が痛い。

中盤の町での話も負けた人達がどんな立場になるのかみたいで、特に女性が。
ブラピやノーマンに会った女性はまだよかったけど。

いくら人の命はとか権利はと叫んでも戦争になったら、そんなんぶっ飛んじゃうんだろう。
平和だからこそ言いたいことが言えるんだろうな。

ブラピの「理想は平和だけど、歴史は残酷だ」って言葉が印象的でした。

男たちの絆も良かったけど、観終った後疲れた感じ。
でも良い作品でしたよ。

11月28日より公開です!

ブログランキング・にほんブログ村へ  blogram投票ボタン

↑ランキング参加中
    応援クリックよろしくお願いします!励みになります


コメント (4)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
« マダム・マロリーと魔法のス... | トップ | 寄生獣 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2014-11-28 15:30:33
久々の戦争巨編といった感じで、
最後まで見応えたっぷりに描かれていたと思います。

戦争の凄惨さを訴えるような作品でしたね。

ラストの締め方が何とも言えない感じで、
これはこれで良かったような気がします。
こんばんは♪ (yukarin)
2014-11-30 00:18:16
見応えある作品でしたね。
実際の戦場はこんな感じだったのかなと思わせるリアル感がありました。
ラストシーンがとても印象に残って何とも言えない気持ちになりました。
BROOKさんへ、 (はるみん)
2014-12-01 21:24:00
ブラピと戦闘シーンを楽しめるのかなと思っていましたが、戦争の悲惨さを訴える見応えある作品でしたね。
アンジーの作品と通じるなと思いました。
yukarinさんへ、 (はるみん)
2014-12-01 21:25:46
エクスペンダブルズとは大違いですねww
戦争ってこんなんってのを見せつけられた気がしました。
観終った後、暫く疲れた気持ちになりました。

コメントを投稿

こんな映画観たよ」カテゴリの最新記事

29 トラックバック

劇場鑑賞「フューリー」 (日々“是”精進! ver.F)
残酷な戦場を、垣間見る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411280001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック フューリー [ スティーヴ...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料無...
フューリー (Akira's VOICE)
血と涙が轍となり命になる。  
フューリー を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言 zwei)
「go ahead!」(実際には台詞は出て来ない) 公開日の初日初回にて FURY を観てきました   瞬き禁止の映画であります 上映時間135分があっと言う間に過ぎてしまった 冒頭開始早々出て来た戦車が IV号戦車G型(キューポラのハッチで判断) 戦場跡のスクラップでの姿...
フューリー/十字架の中心にある虚しい墓石 (MOVIE BOYS)
ブラッド・ピットが主演・製作総指揮を務め、『サボタージュ』のデヴィッド・エアー監督とタッグを組んで贈る戦争映画。第二次世界大戦末期にたった一両の戦車で300人のドイツ兵と戦った男たちの姿を描く。共演に『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』のシャイア・...
[映画『ヒューリー』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・二週連続で名作に恵まれました^^(『インターステラー』に続いて。来週は『ヤマト2199』もある^^) その戦場の臨場感たるや、映画館を出たときは、身体が固くなっていました。 戦闘時の時間は、限りなく現実の時間の流れと近いです。 激闘のインターミッショ...
『フューリー』 (2014) (相木悟の映画評)
凄惨なる戦場の体感! 戦場とはどういうものなのか?想像すらつかない一般観客に端的に示す戦争映画であった。 本作は、俳優業だけでなく昨今はプロデューサー業でも手腕を発揮し、『ワールド・ウォーZ』(13)、『それでも夜は明ける』(13)と娯楽、社会派面と絶...
フューリー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Fury監督:デビッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペニャ、ジョン・ペーニャ、ジョン・バーンサル
これが戦争。『フューリー』 (水曜日のシネマ日記)
第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の米軍兵士たちの物語です。
『フューリー』 (こねたみっくす)
平和は理想だが、歴史は残酷だ。だからこそ、未来ある若者には見せたくない光景がある。 これは稀に見る濃厚な戦争ドラマです。戦車映画という括りで見るにはあまりにももったい ...
フューリー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【フューリー】 2014/11/28公開 イギリス 135分監督:デヴィッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド 1945年4月――たった5人で、3...
フューリー ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
ブラッド・ピットと『サボタージュ』などのデヴィッド・エアー監督がタッグを組み、ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマ。第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の兵士たちの過酷なバトルを追う。『欲望のバージニア』な...
フューリー (だらだら無気力ブログ!)
ティーガー、固いなぁ。
映画「フューリー」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『フューリー』 (公式)を昨日(映画の日)、劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら65点にします。 ざっくりストーリー 1945年4月、第二次世界大戦の最終局面のドイツ。ナチスが大暴れするドイツ軍に侵攻...
『フューリー』 (こねたみっくす)
平和は理想だが、歴史は残酷だ。だからこそ、未来ある若者には見せたくない光景がある。 これは稀に見る濃厚な戦争ドラマです。戦車映画という括りで見るにはあまりにももったい ...
フューリー (心のままに映画の風景)
1945年4月、ドイツ軍が最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線で、戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。 アメリカ製の中戦車シャーマンM4“フューリー号”を指揮する、ウォーダディーと呼ばれるベテラン兵士ドン・コリア...
「フューリー」☆最後の聖戦 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告を見る限りでは、今までの戦争映画とさほど変わらなそうにみえるのだけど、とても深いとかアカデミー賞有力候補などと言われると、やはり気になってしまう。 さてさて、どこがそんなにに違うのか??
映画:フューリー FURY  史上初の モノホン戦車が登場!の迫力 & ドラマ性は認めつつ... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今作の話題は やはり何と言っても、映画 史上初の、モノホンのタイガー型戦車(写真)が登場すること。 ボービントン博物館に保存されていていた、唯一の動くタイガー! アメリカ軍の戦車を圧倒するその脅威を、よりリアルに感じさせるのに非常に効果的だったと思う。 ...
映画「フューリー」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
「前線は何処ですか?」 新兵のノーマンの質問に、泥にまみれた男達が笑う。すでにここは戦場なのだ。今も彼らは敵の銃火の下に身を晒して来たばかりなのだ。ここでは良識も礼節も邪魔なだけ、必要なのはたったひとつ「敵を殺す」事だけなのだ。 硬派な戦争映画...
フューリー/FURY (我想一個人映画美的女人blog)
「U-571」の脚本家で、キアヌ主演「フェイクシティ」(わたしはこれダメ)、現在公開中のシュワの「サボタージュ」 監督のデヴィッド・エアー監督&脚本×ブラピ主演、製作総指揮の戦争映画。 これまで沢山の戦争映画を若い頃から観て来たけど ここ...
「フューリー」 (ここなつ映画レビュー)
第二次世界大戦物で、戦車戦にスポットを当てた作品。よく考えてみたら当然のことだけれど、戦車はチーム制になっていて、内部のメンバーや役割は定められている。そこには命を賭けた、友情を超えた絆が存在する。その中の一機フューリー号での戦いを描いた作品である。戦...
戦地の父、その息子たち~『フューリー』 (真紅のthinkingdays)
 FURY  1945年4月、第二次大戦末期。ヨーロッパ戦線では、連合軍がドイツ軍を追 いつめていた。戦車 「フューリー号」 には、ウォーダディー(ブラッド・ピット) を中心として兵士たちが乗り込んでいたが、副操縦士の戦死により、新兵の ノーマン...
フューリー (映画的・絵画的・音楽的)
 『フューリー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争映画はあまり好みではありませんが、ポスターに「アカデミー賞最有力」とあるのにつられて映画館に行ってきました。  本作(注1)の時代設定は、1945年4月(注2)。  「フューリー」と名付けられたM4中戦車シャ....
『フューリー』 悔しいほどの3つのこと (映画のブログ)
 悔しいなぁ。  『フューリー』を上映している135分間、私は歯軋りしたいくらいだった。  これは日本じゃ撮れない映画だ。  デヴィッド・エアー監督・脚本の『フューリー』は、ナチス・ドイツ崩壊目前の1945年4月における、戦車フューリー(憤激)号に乗り込む5人...
フューリー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
フューリー '14:米 ◆原題:FURY ◆監督:デヴィッド・エアー「サボタージュ」「エンド・オブ・ウォッチ」 ◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、スコット・イーストウッド、ゼイヴィア・サ...
フューリー (とりあえず、コメントです)
第二次世界大戦終盤のドイツを舞台に描いたブラッド・ピット主演の戦争映画です。 公開前から気になっていたのですけど、なかなか観る度胸が無くて遅くなってしまいました。 スクリーンいっぱいに広がった無残な戦場の姿に、戦争の哀しさをじわじわと感じるような作品でし...
フューリー 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ブラッド・ピット主演でローガン・ラーマンや シャイア・ラブーフが共演、監督は『サボタージュ』 などのデヴィッド・エアーが務める戦争ドラマ 『フューリー』が公開されましたので観に行って きました。 フューリー 原題:FURY 製作:2014アメリカ 作品紹介 ブラッ...
FURY / フューリー (いやいやえん)
【概略】 1945年4月、戦車“フューリー"を駆るウォーダディーのチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍す...
フューリー (銀幕大帝α)
FURY 2014年 イギリス 135分 戦争/アクション 劇場公開(2014/11/28) 監督: デヴィッド・エアー 『サボタージュ』 製作: デヴィッド・エアー 製作総指揮: ブラッド・ピット 脚本: デヴィッド・エアー 出演: ブラッド・ピット:ドン・コリアー(ウォーダ...
『フューリー』(2014) ~鋼鉄の家族、地獄を往く~ (偏愛映画自由帳)
2014年/アメリカ・イギリス/135分 監督:デヴィッド・エアー 出演:ブラッド・ピット    ローガン・ラーマン    シャイア・ラブーフ    マイケル・ペーニャ    ジョン・バーンサル ■概要 原題は『Fury』。アメリカ・イギリス合作による2014年...