goo

ilimaさんのかおり


お花のかおり、海のかおり
そしてハワイのかおりがする
とっても素敵なilimaさんのブログ。

『KURUMI』さんにて『ilima展』開催です」

…という記事をを拝見して
先日お店に行ってきました。

画面を通して見ていたものを
実際に手にとって触れるって
なんだか不思議な気分ですね。

今まではパソコンの画面でしか
ilimaさんの作品を拝見した事なかったのですが
生で見る作品の数々はさらに素敵でした。

おかげで私とっても舞い上がってしまい
「あれこれもっと手にとってみればよかった~!」
…と、帰りの電車でちょっぴり反省。

浮かれつつも
数ある作品の中から
お持ち帰りさせてもらいたい作品、
そして、そのなかでも
我が家の雰囲気に似合いそうな作品を
すごく悩んだ末に決めました。

シェルブーケに
ふわふわの麻のリースに
ワイヤーのボールがかわいいオーナメント。

我が家には物を飾るスペースが少ししかなく
おまけに「壁に穴あけ禁止令」が出ているので
あれこれ考え、そしてお店の方に相談したり
店内のディスプレイを参考にしてこんな風に飾ってみました。

         

ベランダに長いこと放置してあった流木と麻の紐を使い
ピクチャーレールから吊り下げました。

        

ちょこんと2つ飾っただけなのに
部屋がほわ~んと雰囲気になりました。

テレビを見ながらふと振り向いたり
キッチンで洗いものをしながら覗き込んだり
嬉しくて1日に何度も見てしまいます。

ilimaさん、
私の生活に楽しみと彩りをありがとうございます!
ilimaさんのところからお嫁にきた作品
大事にさせていただきますね~~。

コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )

テンプレートの記録NO.4


ちょっと気分をリフレッシュしたくて
テンプレートを変えてみました。

先日の宮崎へ帰省した際
飛行機の窓からパチリとしたものです。

     

こういう雲って羊雲っていうんでしたっけ??

ぽこぽこしていてかわいかったので
思わず写真に撮ってしまいました。

  *  *  *

この時は本当にお天気がよくて
なにもかもがきれいに見えました。

…私が旅行の時はお天気が事が多いもので…

富士山だってほらこの通りです!

     

手前は伊豆半島に駿河湾。
奥の雲のように見えるのは
雪を被った南アルプスの山々です。

こんなにお天気がいい日に
また飛行機に乗ってみたいものです。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )

数年ぶりの再会


実家で片づけをしていた時に
食器棚の奥で眠っていたこのカップ。

十数年前に行ったフリーマーケットで
ひと目で気に入り購入したものなのですが
今の今までずっとその存在を忘れてました。

改めて見ても…やぱりかわいいなぁ。

自宅に連れて帰ることにしました。

実はこのカップ2つセットで購入しました。
もう1つはブルーなのですが…

ああ!!
ソーサーはあるけど、カップがない!!!

        

探してみたのですがどこにも見当たらず
きっと割れてしまったのでしょうね。

おいてけぼりにした事をすごく後悔しました。

  *  *  *

器の底にarcoroc(アルコロック)という
フランスのメーカーの名前が入っています。

メーカーの名前を見ても
あまりピンときませんでしたが
探してみたら我が家にもいくつか
arcoroc社製のものがありました。

結構出回っているメーカーのようなので
似たようなカップを購入すれば
2つ揃って使えるかしら??
…なんて密かに思ってたりします。

でも、このメーカーのものが
どこで購入できるか分らないんですよね。
(ネットだとたくさんあるのですが…)
もしご存知の方いらっしゃったら
ぜひ教えてくださいませ~~。

  *  *  *

とりあえず1つのカップを
その時の気分に合わせて
ソーサーの色を変えて楽しんでいます。

ブルーだとすっきりとした感じで
中国茶などを入れたら似合いそうな雰囲気です。

        

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

はっさくマーマレード作りに挑戦!


宮崎のおじさんの庭で取れた柑橘類を
たくさん送っていただきました。

そのなかのはっさくを
マーマレードにしてみることにしました。
ル・ルクーゼもいただいたことですしね!)


とはいえ、マーマレードを作るのは初めてです。

ジャム・マーマレードといえば杜さん
杜さんのブログの
『マーマレードの作り方(八朔・甘夏・夏みかん・文旦・編)』
…の記事を教科書に作ってみました。

まずははっさくの実や皮などを
切ったり、水にさらしたりの
下ごしらえをしていくのですが
これが慣れない私にはすごく大変でした。

皮を刻むのにも包丁を支える指が痛くなるほどです。
たったの5~6個で弱音吐いてます。

刻んだ皮はたっぷりのお湯で3回ゆでこぼしました。

     

薄皮と皮の内側の白い部分からとったペクチンを
煮詰めているところです。
煮詰めるごとに汁はとろっとしてきます。

        

舐めてみたらすごく苦いんですね~!

いよいよマーマレードを煮ていきます。
火にかけてすぐはこんな感じでしたが…

     

お砂糖を入れるごとに色が変わっていき
もったりとしてきます。

     

焦がしてしまわないか心配している割には
あれこれ写真を撮ってみたり
この色に見とれてみたりしてました。

そして、完成です!

        

試食~!…の前に
もうひとふん張りです。

これも初めての試みでしたが
出来上がったマーマレードを殺菌したビンに詰めて
蒸し器に入れ脱気殺菌しました。

蒸し器から取り出したら
蓋が”ペコン”って鳴りました。
この音1つでも感動してしまいます。

そして杜さんのブログでも見たことのある
ビンの逆立ち。
これも嬉しい光景の1つでした。

        

  *脱気殺菌などの方法はこちらを参考にさせていただきました。

マーマレードを逆さにして冷ましている間に
お楽しみの試食タイムです。

ノンノンさんレシピの
全粒粉の田舎パンに塗っていただきました。

        

ほんのり苦くて、酸っぱくて、甘くておいしいです。
全粒粉のパンにもすごくあっていました。

翌日はヨーグルトに入れていただきました。
こちらの食べ方もとってもおいしかったです。

初めてのマーマレード作りは
少し大変でしたけれど楽しくできました。

これも杜さんのレシピおかげです。
杜さん、ありがとうございます~~!

ほんのちょっとの量で「すごく大変!」
…なんて思ってしまいましたが
この作業をいつもしている杜さん
改めてすごいな~、と思いました。

  *  *  *

おまけです。

おすそわけ用にそれらしくしてみました。

     

コメント ( 16 ) | Trackback ( 1 )

ル・クルーゼをいただく !


先日
ピンポ~ン!「お届け物です!」
…となにやら届きました。

なにも注文していないなず…
なにかサンプルでも届いたかな?
もしかしてまた届け先の間違い??

受け取ってみたら送り主は
宮崎のお義姉さんから。

「???」

開けてみたら
じゃ~~~~ん
ル・クルーゼのお鍋です。

お義母さんとお義姉さんからの
少し早いお誕生日プレゼントとの事でした。

いつか欲しいけれど
使いこなせるかな?
置き場所が…
なんて思っていたのですが
プレゼントとして頂いてしまったら
もう使わないわけにいかないですものね。

素直に嬉しくて仕方ありません。

片付けも頑張って
収納スペース作りましたよ~。

お義母さん、お義姉さん
本当にありがとうございます!
大切に使わせていただきます!!

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )

ガーナなバレンタインデー


「チョコレートは日本のが一番だよ!」
「お店で売っているお菓子(プロの)がいいよ!」

…そんな我が家の主なのですが
バレンタインデーという事で
チョコレート系のお菓子を手作りしてみました。

「ロッテのガーナが一番!」な主のために
ガーナの板チョコ1枚入った
チョコレートのパウンドケーキです。

少し前にも作ったのですが
味が”ガーナそのまま”なだけに
主もちょっと喜んで食べてくれました。

レシピはオレンジページ2/2号に載っていた
ケンタロウさんのものです。
簡単なのにおいしいんですよ~。

食べても、食べてくれなくても
とりあえず主に渡すつもりです。

そういえば去年もチョコレートはガーナでした。
去年に限らずその前も、そのずっとずっと前も…。
そして、これから先もきっとそうなんですけれどね。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

ノンノンさんの全粒粉の田舎パン


ノンノンさん『全粒粉の田舎パン』がおいしくて
最近よく作っています。

今まで全粒粉を入れて作っていたパンは
どっしりと重めのものが多かったのですが
ノンノンさんのレシピはふんわ~り。

全粒粉の味と香りもよいので
そのままなにもつけずに
むしゃむしゃと食べてしまう事が多いです。

ちなみに
我が家の主はプレーンなパンが好き。
ご飯も「絶対白米!!」派。

なので私がこのパンを独り占めしております。

ノンノンさん、
おいしいレシピありがとうございます~!





田舎パンがのっているカッティングボード
先日購入しました。

今は亡きばーちゃんは
昔、自宅で子どもを預かるお仕事をしていました。
その時のお子さんが
今はご夫婦で工房を開いて
手作りの家具や雑貨を作られているんです。

近くのデパートで展示即売会をされるとの事で
母と出かけて行き、そこで出会いました。

小さな一枚の木の板なのに
手に持ったり眺めているだけで
なんだかホッとするのが不思議です。

それが木と、手作りならではのよさなのでしょうか。

家具もすごく素敵でした。

いつかあんなテーブルやイスに囲まれた生活
してみたいなぁ…。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

南の国で見てきたもの


今回は短い滞在日数で
ほとんど外にも出かけなかったのですが
それでも心に残る風景はありました。

我が家の主の実家のある街は
大きな工場がある街です。

赤と白のしましまの煙突が見えると
「ああ、帰ってきたんだな~」と思います。

        

ちょっと行けばもうまわりはこんな風景が広がっています。

     

足元のマンホールは
郷土玩具ののぼりざるが描かれています。

        

電車の車窓からは
かつて使用されていた
リニアモーターカーの実験線が
しばらく見られました。

まわりののどかな雰囲気に反して
無機質で寂しいコンクリートの塊ですが
これもやっぱり宮崎にいることを
感じさせるものの1つでした。

     

大根を干している風景もあちこちで見られました。
切干大根はこうして作られるんですね。

     

自分の生まれ育った県や街
故郷ではないところなのですが
帰省するたびにますます好きになる宮崎です。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

南の国で食べまくり!


宮崎の我が家の主の実家に帰省すると
ほとんどといっていいほど
ずっと何かしら食べています。

本当にお腹が空くことなんてないくらいに
常にお腹はきゅうきゅうです。

今回もやはりそうでした。

とらふぐのお刺身をたっぷり食べて
その後はふぐ鍋です。

        

翌日にはお決まりの雑炊をしましたよ~。
ふぐの身があまってしまったのでほぐし入れました。
とっても贅沢な雑炊でした。

そして、みんなが集まった時には欠かせない
お義母さんのレタス巻きです
やっぱり私が作るものよりも断然きれいです。
そしておいしいのです。

        

次の日にはお義兄さんが養殖している
カンパチがど~~ん!

        

朝、揚げたてなので
身がとっても固くておいしかったです。
お刺身や、握りずしにしていただきました。

        

夕飯の支度などを手伝っていたので
この日は写真が撮れなかったのですが
とてもいい宮崎牛のステーキや
エビ・イカ・チキンのミックスフライもあって
本当にお腹が破裂しそうなくらい
あれこれいただきました。

…でも食後のデザートは入ってしまうんですよね~…




こちらは宮崎市内のホテルで
夜いただいたものです。
親戚の方が用意してくださいました。

1つは木花というところのいちごです。

     

手のひらに載せてみたのですが
その大きさがお分かりいただけるでしょうか?

中の方まで赤くて、身もしっかりしていて甘く
とてもおいしかったです。

そして、外せない
『わらべ』の「チーズ饅頭」

        

帰省するたびに
お土産に持たせてくださるんです。

この日に出来たばかりなので
クッキー生地がとってもサクサクでした。




いつもこうしておいしいもの用意してくれる
家族や親戚に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にいつもいつもありがとうございます!

コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )

南の国へ行ってきました


…と言っても、行ってきたのは宮崎でした。

うふふ、ほとんどの方はお分かりでしたね。

ただいまプロ野球とJリーグのキャンプ中ということで
宮崎空港は賑やかな雰囲気でした。

     

宮崎に到着したその日は
宮崎市内で1泊の予定です。

日中は親戚の方にお昼をごちそうになったり
ご挨拶をしたり…であっという間に時間は過ぎました。

そして夜は我が家の主と市内の繁華街へ繰り出し
地元のデパートをのぞいてみたり
あちこちの道を歩いて探検してみました。

        

夕飯は何か地元のおいしいものを…と思っていたのですが
下調べをあまりしていなかったので
あれこれ迷ってちょうど目にとまった
『ホットペッパー』を見て決める事にしました。

ぱらぱらっとめくったら
いいお店っぽいところを見つけたので
お店の前まで行き偵察してみる事にしました。

        

ちょっといい雰囲気じゃありませんか?

時間もいい頃合だったので
お店に入ることにしました。

…ここから後は例によって
 我が家の主のストップがかかり
 店内とお料理の撮影は出来ませんでした
 (詳しくはこちらとかこちらをご覧ください)

お店の中もとても雰囲気がよく
サービスも、そしてお味も満足がいくものでした。
私たちが入った時にはほぼ席がうまっていたのですが
それも納得がいきました。

いただいたのは
チキン南蛮に、はまゆうポークの炭火焼
宮崎牛の炙りカルパッチョなど…。

座った席がカウンターだったのですが
目の前で炎が上がる炭火焼の調理の様子が見られて
おもしろかったですよ~。

  *  *  *

滞在中は本当にあれこれ食べて
お腹が空く時がないくらいでした。
(あ、これは毎回そうなのですが…)

次回はいただいてきた
おいしいもののご紹介いたしますね~。




今回の帰省は
親戚の方の結婚式への出席のためでした。

賑やかでとてもかわいらしく
そして、素敵なお式でした。

        


*

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ