goo

私を救ったチェンマイ その2


 

前回の続きです。

タイ、チェンマイは街歩きも楽しかったのですが

食事はなにを食べてもとてもおいしく
私の口にもよく合いました。

夜市で見たこともないような
食べたこともないような
いろいろなものを買い込んでみたり

街で一番有名な
ガイヤーン(タイ風焼き鳥)を食べに行ったり

      

きょうだい行きつけの街の食堂に行ったり

      

一人で朝市に出かけ
お粥のお店に毎朝通ったり

      

たまたま出かけた帰り道に寄った
道端に出ている屋台の麺料理がおいしくて
お兄さんお姉さんのお店にも通いました。
     
      

天秤棒を担いだ物売りのおばさんから
おやつを買って食べたのも初めての体験でした。

      

その当時の私は
マレーシアを受け入れたいけど
まだ完全には受け入れられていないのもあって

非日常、別の文化であるタイでのあれこれが
より魅力的に映ったり、感じられたのだと思います。

それと同時に
「タイはこうなのに、マレーシアでは…」とか
比較してしまう気持ちも生まれていました。

ある日
街歩きの途中で
かわいらしい建物のカフェを見つけました。

 

入ってみると日本風のパンが並んでいて
おまけにお店の方が日本の方で

さらに、そこにいらしていたお客さんも
チェンマイの街に暮らす日本の方でした。

偶然にびっくりしつつも
ちょっとおしゃべりをしたのですが

私が
「正直チェンマイが羨ましいです。
 安心して街が歩けて、のんびりしてて、癒されるんですもの」
と言うと

その方は
「いえいえ、チェンマイは車がないと街中の移動は大変ですし
 バンコクなどと違って日本人学校とかはないですし
 なにより日本の食材なんかも手に入れるのが少し大変ですよ」
との事。

ついマレーシアでの生活に馴染めなくて
愚痴っぽいことをこぼしてしまいましたが
場所がどこであっても大なり小なりの苦労はあるんだなぁと
苦労しているのは私だけじゃないんだなぁと
改めて気づかされました。

   *

毎日たくさん歩いて
毎日おいしいものを食べて
毎日マッサージをしてもらって

きょうだいともたわいのない話をあれこれして

心身ともに本当に癒されましたし

それと同時に
「よし!マレーシアでの生活頑張るぞ!」
という気持ちが湧きました。

      

この滞在をきっかけに
マレーシアでの生活する上での割り切りも
自分の中でうまくできるようになりましたし

なによりもここでの生活を楽しめるようになりました。

本当にチェンマイに行ってよかったと思います。

   *

またもう一度チェンマイに遊びに行きたいと思っていましたが
あれ以来訪ねることができていません。

これから先はどうかな。
いつか行けるかな。

でもずっとずっと
チェンマイは私にとって
特別な場所でありづづけると思います。

      

  *   *   *

長くてとりとめのない文章になってしまいましたが
やっと当時の事を書いて残すことができました。

読んでくださった方もお疲れさまでした。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )
« 私を救ったチ... 新年です »
 
コメント
 
 
 
こんにちは (yunko)
2018-12-28 18:07:15
そんな事があったんですね。
自由に歩けないストレスは相当ですよね。
同じようなストレスは、わたしもありました。
自由に歩けるものの、いちいち聞かなきゃいけないのに、英語は今みっつくらいに分からないし
人は不親切に見えて、、、ついでに体調は悪くなるし。家族は家にいないし暇だし。
わたしも友達から、日本の同じ職場だったという友だちを紹介してもらったんです。
誰も知らなかった頃、同じ仕事、地元も近いという彼女にだいぶ心を強くしてもらえました。
海外暮らしで心を病んでしまう方もいらっしゃるから、ミンミンさんも、とっても良いきっかけになったのですね。
帰ってくると、寒い日本で又別な意味で慣れるのにかかるかもしれません。
どうかゆっくりやっていってくださいね。
(長文でごめんなさい)
 
 
 
◆yunkoさん◆ (ミンミン)
2018-12-29 08:36:38
yunkoさん、おはようございます。
yunkoさんにも同じようなことがあったのですね。
大人になってからの慣れない場所での生活と友だちづくりは
本当に大変ですよね。
あと言葉も!
でも1人でも自分を理解してくれるなんでも話せる
家族以外の人がいると ぐんと心が安らぐのもすごくよくわかります。
外には出さなくても皆さん同じような経験を
されているのでしょうね。

いまはマレーシアでは生活にだいぶ慣れましたが
今度は日本に帰ってからの生活に慣れるのが大変そうです。
一時帰国のたびに世の中の人たちがピリピリしてきていて
ちょっと怖く感じているのです!
あといきなり寒いので、耐えられるか心配です〜〜
 
 
 
Unknown (ゆうゆ)
2018-12-30 15:11:22
海外での生活、
いろんなご苦労があることは少なからず
想像できるのですが、本当に生活されている方は
大変なのですよね。

人生で海外での生活を体験できる方は一握りでしょうから、そこは貴重な経験ができて羨ましくもありますが・・・。

なじむことって大事ですね!


最後のお花屋さんの写真、
素敵ですね~!
こういうお花屋さんで花を買ってみたいです。
 
 
 
◆ゆうゆさん◆ (ミンミン)
2018-12-31 11:32:58
ゆうゆさん、こんにちは。
私はマレーシアでの生活を受け入れるのには少し時間がかかりましたが
そのあと馴染むのは早かった気がします。
100人いれば100人なりの海外での
生活や文化の受け止め方があるんだなぁ、と思います。

もうすぐマレーシアでの生活が終わりを迎えますが
辛いことも楽しいことも、全ていい経験になりました。

お花屋さんは市場の一角にあったのですが
タイらしくお寺やはり仏様に捧げる用のものもあったりして
とてもキレイでした!
 
 
 
Unknown (ししょたま)
2019-01-07 10:52:04
ミンミンさん、こんにちは。

生活となるといろいろなことがあるのですね。
洗濯機の浄水器はびっくりしました。
街を歩けないというのも・・・。

日本にいると、昔よりは物騒になったり、モラルも低下したりしていますが、まだ安全ですから。
水も安全も当たり前だという生活なんですよね。

私は今日からまた日常に戻ります。
今年の冬は、例年よりは暖かいと思いますけど、それでも今朝は大変でした。
 
 
 
◆ししょたまさん◆ (ミンミン)
2019-01-07 21:23:07
ししょたまさん、こんばんは。
そして、遅ればせながらですが
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

洗濯機のお水すごい色ですよね~~(苦笑)
建物によってもずいぶん違うようなので
我が家は「あたり」というか「はずれ」というか
そんな感じなのでしょうね。

マレーシアたぶん東南アジアの中では
まだ治安のいいほうだと思うのですが
来た当初は日本と比べてばかりだったので
「ここではこういう生活!」と割り切るまでが大変でした。
あと、生活して少したつと街の中心部や繁華街
そのほかの歩けそうな場所もわかってきて
少しはそんな不満も解消されました。

ここのところニュースのお天気コーナーが気になってみています。
特に気温が一番心配です。
雪なども降らないでほしいなぁ~、と思いますが
さてどうなることでしょう。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。