ちい Road

ガンダムのクルーの中に私がいます。

カルボナーラって何だろう?

2019年02月16日 | Weblog
そうだ!お昼はカルボナーラにしよう!

今日のお昼はカルボナーラにしようと思った。
何故かと言うと今、Panasonicが出しているホームベーカリーで焼く高級食パンの「おうち乃が美」を焼くのに生クリームが必要だから焼いているのだが、生クリームを全部パンに使うわけではないから生クリームが残ったからだ。


パンは焼いている途中なのでパンの記事は別に書きたいと思います。
カルボナーラのレシピを検索すると沢山出てくる。
基本は卵、粉チーズ、生クリーム、黒胡椒、ベーコンのみが基本のようだ。

キノコを入れるもの、タマネギを使うもの、生クリームは使わずに牛乳で作るもの、生クリームと牛乳を併用するものなど人によって様々のようだ。

Wikipediaで調べてみた・・・
「カルボナーラ (Carbonara) とは「炭焼のパスタ」(炭焼職人風)といわれるパスタソースの1種である。チーズ、黒コショウ、グアンチャーレもしくはパンチェッタ(塩漬けの豚肉)、鶏卵 (卵黄又は全卵)を用いる。」

らしい。
他の具については書いていないので基本はやはり野菜などは入れないような感じ。

タマネギを使うレシピも書いている人がいたのでタマネギを使うことにした。

生クリームと卵、粉チーズを合わせておく


ベーコンを使うのが通常みたいだが購入していなかったのでニッポンハムのシャウエッセンを使うことにした。
ニッポンハムってとこはソコ大事。
自分が応援している野球の日本ハムファイターズや、サッカーのセレッソ大阪のメインスポンサーでもあるからな。


栄養や彩りも考えてキャベツも入れることにした。
タマネギもキャベツも千切り、シャウエッセンは斜め薄切りにする。


パスタはちゃんと鍋のお湯で茹でるのが一番美味しいのはわかっているけどココは手抜きでレンチンで茹でる。


ニンニクを使わないレシピもあるけど私はニンニクを使いました。
タマネギとシャウエッセンを炒めます。


タマネギがしんなり柔らかくなったらキャベツを投入して軽く合わせます。


茹で上がったパスタをフライパンに投入して水気を飛ばすように軽く炒めるとキャベツにも火が通ります。


生クリームや卵が固まりすぎてボソボソの食感にならないように火を止めて30秒から1分くらい混ぜて少し落ち着かせます。
その後に生クリームと卵、粉チーズを合わせておいたものを投入して混ぜ合わせます。


お皿に盛りつけて黒胡椒をガリガリとこれでもか!とかけていただきました。


生クリームと卵とチーズの合わせ調味料をボールに入れておいてパスタはボールで合わせるとボソボソにならないと料理番組で見たことがあります。
洗い物が増えるので私はフライパンにかけている火を止めて少し冷ますことでその手間は省きました。

モロモロにならずにクリーミーに仕上がったと思います。
普段は生クリームを使う料理はお菓子ぐらいしかしないけど、やはり流石に生クリームで美味しく出来ました。


パンはちゃんと焼けるだろうか・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 晩飯はお好み焼き | トップ | チキンラーメンが品切れ続出?! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事