大阪鋼巴球迷的博客(だあばんがんばあちうみいだぼーくぉ)

熱烈なるガンバ大阪サポの筆者が、世界で最も多くサッカーファン人口を持つ中国にガンバの名前を広めんと日中二ヶ国語で発信する

J聯賽第18輪 大阪鋼巴 1-2 濱水手

2012-07-15 13:10:55 | ガンバ大阪
松波監督に対する批判が高まって来ているのは、結果が残せていないから致し方ないんだけども、ただ批判するならその批判する側にも一定のロジックを整理しておかないと、単に結果が出たあとならなんとでも言える後知恵になってしまうだろうし、監督を替えたとしてもまた同じ過ちを繰り返すかもしれない。

自分としては、監督が現状の手持ちの戦力で、相手との力関係や特徴を照らし合わせてどの程度やる事をやってるか、で評価しようとは心掛けてるし、采配においては監督の意図は何処にあったかというのもなるべく汲み取ろうとはしている。その点においては、正信は今でもセホロペの頃よりは良くやってる方だとは思う。まあ、前任者というか、前の強化部長が残した負の遺産とも言うべき、現状にマッチしていない戦力の整理というのが残ってるわけではあるんだけども。

この試合を振り返ってみると、スタメンを少し弄くったのは、戦い方にも関係しているからではあるんだろうな。即ち、ここんところ開始早々から失点を避ければ何とか試合になるという考えがあり、ましては失点してしまうと守備の硬いマリノス相手にはなかなか取り返すのは難しいという考えがあったに違いない。

そこで、守備の軽さが時折目立つ秋をスタメンから外し、勇人を入れて、ロングボールで裏を狙わせる、或は勇人に裏を狙うスルーパスを出させる、という意図があったかもしれない。
事実、それが前プレを積極的にやる国産凸凹2トップには前プレを封印させて、中盤の位置で奪ったらカウンターで裏を狙わせるという戦いにも現れていた。一応ここまでは正信が目論んだゲームプラン通りなんだが...

ただ、皮肉な事に、いつもなら下がってビルドアップに参画するクラシューがおらんことで、自陣からなかなか連携で前へ運ぶのには支障を来した。マリノスが前半途中から、アンカーまでも付けて後方でブロックを作り出すと、簡単にはチャンス作れなくなりましたね。

それでセットプレーで失点。直接の失点では武井が俊輔の蹴る、滞空時間が長い、中に巻いて来るボールに対応できずに跳べなかったのがあるんだけど、ソータが居ない分、いつもなら実現していたW中澤のマッチアップがなく、代わりに佐藤がボンバーに付いていた。まあ、佐藤が他の所で使えないというのが、今回を含めて今後も響く可能性はないとも言えない。余談になるが、前節対戦した東京なんかこちらのCKでは、アーリアがニアで立ち、ルーカスがフリーマンでクリアしていたのは反則級ですw

後半最後に同点に追いついたのは352の形で442とのマッチアップ上でパウリーニョがフリーになる形を意図したものが最後にゴールには結びついたものではあったけども、これも皮肉なことにば、守備の方でボランチが物凄く疲弊するもんではありますわね。同点に追いついた場面でもお膳立てしていた明神が最後に戻り切れなくなったのは後ろに空いた広大なスペースをカバーするのに大きな負担をしいたというのも一因だからだろう。最後の失点では藤春が大黒の切り返しについていけなかったというのはあるんだけども。

結局のところ、攻撃重視でも守備偏重でも今のガンバではいずれにしても何かが足りなくなるという中途半端な状態はとも言えるかもしれない。そんな中で懸命にやりくりしている、っていうのは理解は出来るんだけども・・・

だからこそ、足りない部分の補強はフロントの仕事という事になるんだろうけども、そこで気になるのはフロントが意図している補強のベクトルと、正信がやろうとしているサッカーとの間のズレだろうなあ・・・

次節から登録上出場が可能になるレアンと噂されているDFの補強があるということは、フロントが今季は残留仕様なサッカーをするという方向性なんだろうが、今の所ウチはそうしたサッカーをしていない。そうしたサッカーやるにはそれに適した人材が揃わないからと理由だったからなのか、それとも正信が単にそうしたことを指向していなかったのかは解らない。

ただ、これで正信にも言い訳が出来なくなったのは確かにではあるわけです。後は
そうした方向性で行くなら、フロントは一応仕事した訳だから、正信はその方向に沿ってやらないと行けなくなる。まあ、正信が今でも残留の為のサッカーをやらないのは、長い目で見たら何かを残してくれる事になるとは思うんだけども、フロントの意図する方向にズレてたら、というのが気になるんだけども。

その意味では、自分は一部の人が言われている意味での解任賛成ではない。ただ、フロントと監督が違う方向を向いていたら、これはフロントの考え方次第なのかもしれない、って思うことはある(もっとも、当初の青写真通りに行かないのがサッカーというもので、思っていたのと違う形で軌道修正出来るという可能性もなくはないんだがw)。

そして、仮に残留仕様のサッカーという方向性で行くならば、我々サポーターも、不本意ではあるけどもそれを受け入れて応援して行くしかないということだ。愛するチームが本来のスタイルから外れるのは淋しいことではあるが今季はそれで我慢しなければならないかな。だからこそ、ここで我々サポーターの姿勢というのも問われていることになるのだろう。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新スタジアムがガンバの足か... | トップ | やることなすこと全てが中途... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-07-15 22:15:43
もう、今節の試合を見て、残留の目はほぼなくなったと思いました。
悲しいし、悔しいですが、現実的・客観的に見て、ここから巻き返せるとは到底思えません。
今までと180度違う残留仕様のサッカーを、ガンバの選手がすぐに身につけることは不可能でしょうし。

となると、以前おっしゃっていたように、柏のように一年で復帰・優勝争いができるチーム作りが今から求められるわけですが、
松波さんにネルシーニョのようなことができるとは思えないのが本音です。
むしろ、可能性としては、江尻千葉と化すことが最もあり得るのではないかと思えてしまいます。
とはいえ、ガンバフロントが柏フロントのように将来を見据えた名将を連れて来られるとも全く思えず、はたしてどうすればいいのか…

個人的には、現フロント陣の総退陣とGM制の導入を強く求めたいですが、GMに誰を置くかもまた問題なんですよね…
Unknown (民国101年)
2012-07-21 11:26:04
すみません。コメントが遅くなって申し訳ありませんでした。セホロペの後に引き受けさせられた正信には多少同情の余地はありますし、もう少しいい状態で任せたかったとは思いますがね。ただ、後任人事に着手しているとなると、そもそもなんでそこで彼だったのかという問題も出てきますし。

とはいえ、監督交代にはネックが2つあって、一つにはセホロペと正信に対して二重の違約金が発生すること。まあ、これはかつての浦和や今のインテルなんかが経験していることなんですがw この金銭負担に加えて後任監督への年俸ということになるとお金がいくら掛かるんでしょうね・・・

もう一つは、後任監督というのは恐らく今季降格したとしても来季もやらせてくれという保証を求めて来るということでしょうね。外部から探すとしたらそうした条件を受け入れられるかどうかなんですが、そこんところがちょっと怪しいですね。補強が控えめなのももしかしたらそういう所にお金を残しているとも言えなくはないですが・・・

ただ、コメント頂いたようにもし後任監督に期待出来ないのは、色々と候補に水面下では当たっていたけども、結局来季の保証というか、自分のやりたいように前任者の負の遺産の精算という条件を候補に提示されたけども、こちらで色よい返事が出せずに、最終的に消去法でこの人に行き着いた、という展開が予想されるかもしれないわけですが。

フロントの一新・・・そうですね。正直社長の今の仕事というのはスタジアムへの完成に向けての軌道修正ぐらいしかないですね。この間のエントリで書いたように、収容人数を含めたスタジアムの規模の縮小という決断です。それが社長の一存で出来るというならばもうそろそろそれを決断する時期が来ているんですが、それが出来ないとしたらその理由は何かをあれこれ考えてしまうわけです。そもそも今のガンバに4万人規模というのは余りにも大きすぎるわけで、建設費用だけでなく、建てた後の集客の負担が半端ないですからね。

だからまあ、募金団体のアンケート結果において成績が良くなったら募金するっていう回答が寄せられてますけども、そう回答した人たちって実は、「スタジアムなんか建てるぐらいならば、もっと他にやることやらんかい!」という風に抗議しているんだと思うんですがね・・・この言外の意図をフロントは理解しているのかは解りませんが、多分彼らは募金が集まらないを成績不信の理由に転嫁しようとしているのでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガンバ大阪」カテゴリの最新記事