大阪鋼巴球迷的博客(だあばんがんばあちうみいだぼーくぉ)

熱烈なるガンバ大阪サポの筆者が、世界で最も多くサッカーファン人口を持つ中国にガンバの名前を広めんと日中二ヶ国語で発信する

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

他サポからのFAQ: ガンバサポはセレッソをどう思っているのか?

2008-11-21 07:54:08 | サッカー全般
先日、東京戦の試合後に東京サポの人たちと飲んでいた中で表題の質問をされた。ガンバサポから見てセレッソはどうなのか、と。訊いてこられている方だってヴェルディとの因縁というものがあるし、丁度質問があったのが、静岡ダービーをテレビで放送中だったということもある。そんな中で私個人の意見を言わせてもらったのだけども。まあ、あの場所で答えたことについてもう少し補足をしておきたいと思う。

ガンバから見たらセレッソというのはダービーの宿敵として倒すべき相手ではあり、ダービー限定で歌うチャントというのが存在する。そのチャントはダービーだけでなく、セレッソが他のチームとやって負けた時にスタジアムでゴル裏が歌っていたこともあったっけ。まあ、降格してからさすがに別のカテゴリーのチームにそれやるのはかわいそうだということで止めてしまった・・・かどうかは定かではない。

ただ、相手チームに対する好き嫌いは別にして、今のセレッソのサッカーというのを自分は認めているということは書いておこう。やっているサッカーがガンバに似通っていることもあるのだけども(細部を見ていくと違いは出てくる)、J2というと大体引いてカウンターというスタイルのチームが多い中でポゼッションを高めるパスサッカーやっているセレッソというのは異色ではある。そしてもしJ1に上がってやれるチームがあるとしたらこのチームしかないだろうという可能性を思わせてくれる。まあ、だからこそ、こういうスタイルのチームってガンバもそうだけども、カウンターのサッカーに対してハメられやすいんだよな・・・だからJ2ではもがき苦しむんだけども。

それでも、降格した06年においてもそうなんだけども、彼らが一貫して目先の残留だとか昇格だとかいったことに囚われないサッカーをしてきたということは我々に対しても考えさせてくれる。サッカークラブにおいて結果を出すことは確かに大事ではあるけれども、それ以上に長期的には自分たちのスタイルというものを確立し、それを武器にして戦って行くということ。それによってクラブのカラーというものを打ち出し、それをサポーターに支えてもらう。そしてそうしたスタイルを武器に異なるスタイルを持ったチームと戦っていくということが大事なことだと思うからである。

だから前にも書いたんだけども、ガンバが10試合続けて勝ちなしという状態だった際に残留だの降格だのといった可能性がチラついた時に(こういう時期もありました)、もしあの時サッカーのスタイルを大きく転換したならば二度とセレッソのことを笑えなくなってしまったし、彼らに対しても頭が上がらなくなってしまったかもしれない。

逆に言うと、今季もしセレッソが昇格を逃したとして、来年以降昇格するためだけにかつての横浜FCや札幌みたいなスタイルに転換するようなことになると、その時点でセレッソはクラブとして大事なカラーというのを失ってしまうだろうとは思う。まあ、上がれなかったら選手に出て行かれるから何としても上がらないといけない、と切羽詰まってそうした転換が行われるようになるにしても、である。

気になるのは、そういうスタイル転換の兆しがないわけでもない、ということだ。よく降格した年にセレサポがよく言うのは、あの年に4バックを止めるべきではなかったということであるが、今だって正に4バックから3バックに変換している。一昨年も4バック続けようにも居たのが、前田、ブルーノ、柳本のような3バックタイプであり、選手らも3バックの方がやりやすいのでそちらを望んだという話をチラホラ聞いていたのだけども(まさか今回の3バックってあのゴリゴリ前田君の為に変えたんじゃないだろうねw?)、3から4へ替える時の最大の障壁は、3に慣れしたしみ、3でしか生きられない選手たちであるわけですな。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 世界杯預選5強賽 日本 3-0 中... | トップ | 歓喜、落胆・・・等々力には... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ユウ・シゲン)
2008-11-24 22:23:27
民国さんこんばんは。
東京サポーターのユウ・シゲンです。
ネット上では初めまして、となりますでしょうか。

補足まで書いて頂き、ありがとうございます。
実は私自身も、ヴェルディのスタイルに言及していたことがありまして・・・。
今年のヴェルディは、J2昇格の立役者であるフッキ抜きで戦うこととなったわけですが、
開幕戦に川崎と引き分けたことで「手ごわい相手になるだろうなぁ…」と感じたものです。
その後、フッキが戻ってきた際のヴェルディサポーターの反応は
「これで何とかなる」という論調が大多数で、
「選手一人いればどうにかなるほどJ1甘くなんぞ!そんな性根を持つサポーターに支えられたクラブには負けたくない!」と強く思ったものです。
(参考:http://a-mutter.boo.jp/blog/archives/2008/04/derby2008-1st.php

フッキがいれば現在のヴェルディがどうなっていたのか皆目見当も付きませんが、
私にとってはひとかけらのリスペクトもできないフットボールとなっていたのではないかと
思います。
Unknown (民国97年)
2008-11-25 06:09:19
>ユウ・シゲンさん

コメントありがとうございました。ヴェルディに対する感想って大方の人が持っているものでしょうね。

ガンバサポからすれば、大黒って元気にやってんのかな~と思っているんですがね。ケガというのもあったんでしょうけども、やっぱり凍傷の構想から既に外れてるんかな、という気もしますね。

関東エリアだと日テレで深夜録画とかがあったりするので、ヴェルディの状態については把握しやすいのではないかと思うのですが、関西にいるともう一つ大黒に関する情報には疎くなります。

それから、貴殿のヴェルディについてのエントリにコメントされておられたヴェルサポの方のブログを拝見いたしましたが、「J2に降格するとこうなるよムービー」というのは他サポ的には中々面白かったですw

当事者にとっては笑い事ではないんでしょうけども、東京サポさんからすれば、緑が進んでJ2に行くのであれば止める権利はないというところでしょうかw
我々だってセレッソがJ2に居続けたいのならそれを止めることはできないですからねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

サッカー全般」カテゴリの最新記事