大阪鋼巴球迷的博客(だあばんがんばあちうみいだぼーくぉ)

熱烈なるガンバ大阪サポの筆者が、世界で最も多くサッカーファン人口を持つ中国にガンバの名前を広めんと日中二ヶ国語で発信する

J聯賽第19輪 神戸勝利船 1-1 大阪鋼巴

2012-07-29 17:13:25 | ガンバ大阪
勝ちたい試合だったし、勝てた試合とも思いながらもバランスを保ちながら何とか負けずに引き分けられたとも言えるのが悩ましい。試合後のコメントでは、西野さんが先に動いて正信の出方を伺ったと言っていたけども、それに対応する受けの一手を打ってしのいでいたとも言えるわけですからね。ジョンヤの投入なんかは色々と言われているけども、アンカーに入れてヤットを前に出したいということだったのかもしれないが。

先日のナビスコで試した3バックをこのまま継続してもうまくはいかんやろうとは思ったし(それやると流石に正信もお終いだと思った)、今回は4バックにしたというのなら、3バックがもう如何にダメなのかを敢えて水曜で試したことになる。ただ、4バックに戻したのが、3バックでもやはり守り切れない事を悟ったのか、それとも偵察している筈の西野さんに対して、3バックもありますよ、という変化球を見せたのかは定かではない。これに限らず、正信とアキラとでは目に見えないところでの駆け引きという火花が散っていたのは確かではあるけども。

まあ対神戸という視点で考えると、大宮戦でもやっていたように2トップの一角の小川君をワイドに張らせて対角線のロングボールを出して裏を取らせてからセットプレーでチャンスを作り、ガンバのDFが高さを失ってる分、開始早々に田代をウチの大輝と競らせたような形を狙ってきていたのは想定出来ていたが故に4バックでまずはサイドをケアするという意図があったのだろうか(その相手の狙いというのが解っているからこそ、セットプレーの守備において佐藤はギリギリまで引っ張りたかったのかもしれないが)?

とはいえ、ウチの守り方は中に絞る分逆サイドが狙い目だというのは西野さん解っていたんだろうけども、3バックだとセンターバック一枚がサイドのケアで引っ張り出されやすいというのは確かにある。失点場面なんかは武井が中に絞っていたところの外で待っていた大久保に対してドンピシャで合わされたけども、そこら辺逆サイドで一枚張らせていた狙い通りだったかもしれない。もっともウチの場合には逆サイドにピシャリと出されてやられるのはしゃあないから中とニアを守ろうという考えがあるんだけども・・・

まあ、リーグとの継続を考えるのならば、4バックをベースにした中で選手の組み合わせを試す方が連携面では良かったかもしれないからなんだが。3バックには見切りをつけたのだろうかね?

水曜にフタを温存した効果というのが今回は出ていて、先制ゴールとなったシュートを放った時間帯とか、交代した時間帯を考えると、今回はフタを割と長く引っ張り続けられた方ではありますね。

満を地して頭から送り出したレアンなんだけども、神戸にはキッチリケアされていた。サイドでボール持つとバスケでいう所のダブルチーム(久保田アナ風ですw) ただ、佐藤がボールを納めて居ない中で却って彼がサイドに流れて起点となってタメを作り、逆にカウンターでは佐藤が裏に抜けるんだが、実はこれはこれで互いの特徴を出しあったものだとも言える。まあ、彼が出て来る前にのこちらの期待が過大すぎたとも言えるんだけどもね。勿論期待するのはいいんだけども、期待が大きすぎるから失望するとも言えるわけで、期待値っていうものは適度にコントロールして、試合に勝った時に喜べばいいっていう感じかな。

だからまあ、本来悠長なことは言える状態ではないんだけども、レアンと周りとの連携の習熟というのに時間が必要だと言うことにはなるんだが・・・まあ、前半では左サイドで多少なりとも連携で崩す場面があったんだけども、全般的にはビルドアップも後退している、というの
が現状だが、ビルドアップ系のサイドバックを使えず、それで居て前線は単発でレアンへのカウンターに頼み、そしてなおかつ失点しないで攻守のバランスを保つって・・・監督っていうのは本当にいろんなことを考えないといけないんでしょう。

その意味で、今の勝ち切れない状況に対して、勝ち点3を奪う為にもっと攻撃のリスクを冒せっていう声が出てくるのは理解出来るし、筆者自身もその考えに近い。現実的に守り倒す残留仕様なサッカーなんて選手の適性からしたら無理であるというのもあるけども、やはり自分自身の気持ちとしては本来もっとアグレッシブなスタイルを見てみたいという気持ちは他の皆さんと同様にあるからなんですがね。

ただ、そうなった場合、リスクを冒すっていうのが裏目に出続けてドツボにハマり続ける(これは過去降格したいくつかのチームに当て嵌まる)パターンになりうることがあるかもしれない。結果的に最悪の結果になったとしても、自分たちはあくまでも「ガンバ」を見たいっていう覚悟が必要だというのも解っている。

それはすなわち、渡部直己っぽく言えば、「ガンバは降格を引き換えにしても、攻撃的なスタイルを貫くべきだ(キリッ)」なんてことになるんだが、こんなこと書いてる自分自身でも引いてしまうわw 

現実的には、正信の采配には正直違和感がないわけではないものの、彼がそうしてしまう選択も判らないではない、と理解したりするんですけどもね。それは多分、皆にそうした覚悟っていうものがどこか欠如していて、後知恵で言ったりしているだけじゃないか、って思ったりもするからなんよね・・・

ところで、今季はもうリーグでの対戦はなくなったということで、神戸さんに提案があるんだけども、和道を使わないんなら、ウチに戻させて欲しいんですがどうでしょう?お金ではなく、交換要員を用意しろと言われるんなら、もう敢えて誰とは申しませんが、一応同じポジションでの交換用員は御用意させて頂きますがね。年俸の差額分はそちらに御負担して頂く事になりますがね・・・え、それじゃ釣り合いがって?うーん、だから「トレード」っていうのが纏まらないんだろうな。和道戻って欲しいっていう声は色々と聞くけども、それならば相手が提案に乗ってくれるような交換条件っていうのを用意しないといけないわけだし。
コメント   この記事についてブログを書く
« 2012 日聯杯 4分之1賽 大阪鋼... | トップ | なでしこの決戦の前に、大住... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガンバ大阪」カテゴリの最新記事