LOVE×2亀ちゃんズ。

KAT-TUN応援ブログ♪亀ちゃんメインですが、彰も好きデス(笑)。他グループが好きな方も、是非遊びに来て下さ~い!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スシ王子的ロケ地(その1)

2009-07-29 | ドラマ・舞台・映画
さて、やって来ました「ティダ寿司」(笑)。
ドラマ「スシ王子!」で、ゆっち演じる河太郎が、働いていたお店です。

こちらは、実際には「浅草」という名前のお寿司屋さん。
沖縄でお寿司…?っていうと、あまりピンと来ませんが、漁港があるから、お魚は新鮮なんですよね。

このお店、関東の金太楼鮨に勤めていた方がやっているお店なんだそうです。
営業時間を聞くのに、ご主人と少しお話させて頂いたら、以前は、ウチの地元近くのお店にいらしたみたいで、ビックリ(笑)。

んがしかし、私が食べに来ようと思っていた日は、都合があってお休みとの事(T_T)
「写真だけ撮らせて頂いても良いですか?」
とお願いしてみた所、
「いいですよー、電気つけましょうか?」
と、まだ準備中にもかかわらず、店内の灯りをつけてくれました♪


ついでに、カウンターも撮らせて頂いたんですが、気の良いご主人、ノリノリで、
「こんな感じ?!」
と、わざわざ「よっ!スシ王子!」のポーズ(大笑)ww


店内で食べられなかったのは残念でしたが、面白いご主人とちょこっとお話出来て、楽しいひとときを過ごせました♪

また行く機会があったら、今度はちゃんと食べたいな~。
コメント

塩屋(まーすーや)

2009-07-29 | 旅行
午後は、平良港の近くにある、西里の繁華街まで出て来ました。

↑写真は、たまたま入ったお塩の専門店。

あちこちの国の塩や、このお店オリジナルのブレンド塩(宮古名物の雪塩とのブレンド)とかあって、なかなか面白かったです。
本店は宮古ですが、那覇にも支店があるのかな?

私は、お土産に料理に使い易そうな「島らっきょう塩」(ピリ辛)と、「バジル塩」を買いましたが、他にも「スープ塩」とか「ココア塩」とか変わったお塩があって楽しい~ww

で、一番オススメしたいのは、この雪塩ソフト!!


激うまでしたーっ(≧▽≦)
コメント

天気晴朗なれど、

2009-07-23 | 旅行
波高し(^^;)

宮古島2日目は、台湾方面に台風が来ていた影響で、ちょっと強風。

午前中にシュノーケリング行ったんですが、流れが強くて、泳ぐのちと苦労しました…。

でも、ニモ(←カクレクマノミね)はバッチリ見れましたよん♪
コメント (3)

宮古島と言えば、

2009-07-16 | 旅行
宮古そば(笑)。

ソーキそばの宮古島版なのかな?
牛肉とさつま揚げっぽい味のかまぼこが入ってます。

今日は、飛行機の乗り継ぎ時間が微妙で、実質お昼抜きだったので、ランチ兼夕ご飯がコレになりました(↑)。

一緒に、もずくと海ぶどうも食べましたよん。(←海ぶどう超LOVE~♪)

因みに海ぶどう、普通はポン酢みたいなドレッシングをつけて食べるんですが、マヨネーズも出て来たので、それもつけてみました。
マヨネーズも、わりと美味しいかも…?
コメント

沖縄と言えば、

2009-07-16 | 旅行
オリオンビール!

…写真は、友達のだけど(笑)。
(私は、マンゴージュースを飲みました☆)
コメント

ホテルブリーズベイマリーナ。

2009-07-16 | 旅行
ホテルからの眺望です。
ちょー晴天で、海が真っ青。

写真の右端に見える怪しい建物は、うえのドイツ文化村にあるお城。
「スシ王子!」のロケ地ですね(笑)☆

せっかく近場に泊まっている事だし、後日、チラッと覗いて来る予定~vv
コメント

着いた。

2009-07-16 | 旅行
サシバ(笑)!←「スシ王子!」が分かる方は、笑って下さい(笑)。

とゆー訳で、宮古空港♪

この空港の屋根のデザイン、サシバという鳥が、羽根を広げた形なんですよ~(^-^)

さて、シャトルバスでホテルに向かいまーす。
コメント

行ってき~!

2009-07-16 | 旅行
今日から、夏休みです♪

南の島に行ってき~vv
コメント

落書きではありません(笑)。

2009-07-09 | 日記
とっても達筆(?)な、姪っ子の文字ww

誕生祝いカードに、妹が書かせたみたいなんですが、何て書いてくれたんだろうねー…(笑)。
コメント

星の大地に降る涙

2009-07-09 | ドラマ・舞台・映画
ほい、↑今回の地球ゴージャスの舞台のタイトルです。

昨日は、奇跡的(笑)に前から2列目の真ん中寄りの席だったので、役者さんの表情が、バッチリ見えましたvv
春馬くんは、やっぱり演技がめっさ上手くて、感心。
表情の作り方が、とてもいいんですよね~。
2ヶ月で出来るようになったというロンダート+バック転も頑張ってたし、殺陣も思ったより上手かった(笑)。
ちょっと、時代劇やらせてみたいなぁと思っちゃいました。
来年の大河あたり、どーでしょうNHKさん(笑)?
(と思ってたら、私の中で勝手に春馬をイメージしていた岡田以蔵役は、どーやらタケルくんに決まった模様…(^^;))

岸谷さんの、ダンスのキレも健在でした。
テレビ等の映像の仕事だと、あまり見る機会ないですが、実は物凄いダンス上手いんですよ、岸谷さん(^-^)v

でもって、寺脇さんと岸谷さんのアドリブ合戦も、相変わらず面白くて、楽しかったー☆
春馬くんとか、他の出演者の人達が、思わず吹き出しちゃうような所もあって、あーゴージャスの舞台だ~、って感じがしました(笑)。
ライブもそうですが、生モノって、こーゆー楽しさがあるから、やめられないんですよね♪

ヒロインは、木村佳乃ちゃん。間近で見ても、ちょー綺麗でしたよ!
舞台化粧厚めとはいえ、30代前半であれだけ肌とか綺麗なのは凄い!と、友達と2人でカンドーしてました☆←最終的な感想はそこ(笑)?

ストーリーは、私的にはまあまあでした。
私的に『ゴージャスの舞台での不動の1位』は、何をどうひっくり返しても「地図のない街」なので、多分、きっとこれからも、それを越える作品は無いんですけどもね…(笑)。
今回のストーリーは、とてもわかりやすい内容だったっていうのが、なかなか良かったです。

衣装がアイヌ装束っぽかったり、タイトルもタイトルだったので、北の方の話なのかなーと思ったら、時代的には幕末、場所は蝦夷って設定。
「幕末の北海道って言ったら、まさかねー…」の、まさか展開だったので、「おいっ!」って、思わず突っ込み入れながら見ちゃいましたよ(大笑)。

テーマは、大きく言うと『世界平和』なのかな?
自分と異なるものを、武力で排除しようとするのではなく、いっそ違う事を楽しみつつ、共存出来たらいいね、って話。
ま、説教臭いっちゃー説教臭いんですが、「人間は考える事の出来る生き物なんだから、ちゃんと知恵を使って考えれば、もっと良い方法で、色んな事が出来る筈」って考え方には賛成。
政治にしても戦争にしても、差別にしてもイジメにしても、すぐには解決出来ないかもしれないけど、一生懸命考えてみる事は大事ですよね。
その為に、人間には頭がついてるんだもーん(笑)!

そんな訳で、それなりに、オススメなお話でした。
皆さんも機会がありましたら、是非一度、地球ゴージャスの舞台、覗きに行ってみて下さい(^-^)
コメント