LOVE×2亀ちゃんズ。

KAT-TUN応援ブログ♪亀ちゃんメインですが、彰も好きデス(笑)。他グループが好きな方も、是非遊びに来て下さ~い!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

先週末・その3

2007-02-28 | 日記
資料館見学の後は、お昼ご飯のため、一路、喜多方を目指します〜。
一昨年泊まったペンションのオーナーに勧められた、喜多方ラーメンの元祖と言われる源来軒さんへ。

ここは麺がとっても美味しい!!というわけで、また行っちゃいました。今回食べたのは、見ての通りネギラーメン。オススメの喜多方ラーメン屋さんです。
検索すればすぐに出てくると思いますので、こちらもお近くにお立ち寄りの際は、是非どうぞ♪

これにて、先週末の始末記(?)はおしまい。
コメント

先週末・その2

2007-02-28 | 日記
さて、福島に来たついで(?)というわけで、なかばワタクシの独断と偏見で、日曜日は白虎隊の資料館へ。お正月のドラマで使われてた、あの場所ですね(笑)。

ドラマの効果か、もともと歴史ファンが立ち寄る場所なのか、わりと観光客は多かったです。色んな資料が展示してある中で目をひいたのは、白虎隊の人達が実際に歩いたと思われる道筋の地図。猪苗代湖という湖の近くに布陣していた隊が、飯盛山まで戻って来た道がしるされているのですが。猪苗代湖付近から、白虎隊の方々が亡くなったこの資料館近くまでの道のりって、かなり距離があるんですよ。いくら昔の人の交通手段が主に自分の足、というにしても、、、私達が今朝、車で来たこの距離を、天候の悪い中、子供達の足で歩いて来るのを想像したら、とてもいたたまれない気分になりました(><)。

資料館の近くには、例の水路の出口もありました。そんなに深さはなさそげに見えましたが、真っ暗な中延々と服を着たまま歩くのは、やっぱり大変そうな感じでしたよ。

ドラマでも女性の方が兵士として活躍していましたが、娘子(じょうし)軍というのが組織されて、20名ぐらいの方々が頑張って戦いに参加していたみたいですね。その他、お城に籠城していた女性も、500人ぐらいいたそうです。
ちょっと「おお!」と感心したのは、会津は藩校の教育が盛んだったせいか優秀な人材も多く、明治以降、大学の創始者になった方もいたようで。官軍には負けましたが、藩での教育や思想はカタチを変えて、色んな所に引き継がれていったんだろうなって思いました。

そうそう、展示の中に混じって、「白虎隊」の脚本を書かれた内館さん、出演されていた伊東さん、そして大河ドラマ「新選組!」の絡みで来館したと思われる堺さんのサイン色紙が飾ってありましたよ(^^)
そして、新選組の局長だった近藤さんの子孫の方も来館された事があるらしく。近藤さんの鉢がねなんかも飾ってありました。

亡くなった隊士のお墓は、今は鶴ガ城の方を向いて建てられています。
あの時代の人達が、現代の人の暮らしを見てどー思うのか謎ですが、頑張って生きてた彼等に恥じないようにしないとねって思いました。

あ、クマと酒井峰治の銅像もちゃんとありましたよvv
会津方面に行く機会のある方は、気が向かれましたら是非どーぞー。
コメント

先週末・その1

2007-02-28 | 日記
土曜の朝出で、会社の面々と福島の猫魔スキー場に行って参りました〜。
朝はあまり天気が良く無かったのですが、お昼ごろには快晴。
もっとも気温はあまり上がらず、寒い1日でございました。

因みに写真ではあまりよくわかりませんが、前日は雨降りだったため、めっさアイスバーンなガリガリ斜面⋯こわかったよう(涙)。
コメント

はぴー!

2007-02-23 | KAT-TUN
とゆーわけで、ハッピーバースデーな亀ちゃん。
今日は何して過ごしてるのかなあ。
(コンサート近いしTV番組も決まったから、フツーにお仕事かな…(^^;)。)

21歳かぁ。芸暦の長い方だと、若くてもなんか落ち着いて見えますよね~。
自分の21歳の時と比べると、なんてしっかりしてるんだろーと思います、ホント(笑)。

新しい年が、亀ちゃんにとって良い1年でありますように。
亀ちゃんが、いつも笑顔でいられますように。

KAT-TUNファンとして、心よりお祈りしておりマス♪
コメント (4)

冠ー!!!

2007-02-22 | KAT-TUN
わーい♪わーい♪♪
願いは叶うもの、叶えるもの(笑)!

っちゅーわけで、4月4日からバラエティー番組「カートゥンKAT―TUN」(日テレ 水曜23:55~)スタートですvv
個人的には、そろそろ日テレじゃなくて、別のTV局でもいーんじゃないの?とも思いますが…その辺は、大人の事情なのかにゃ~(笑)。
いずれにしても、深夜枠を持てるのは嬉しいですね。
あとは、ジンジンが早く帰ってきてくれることを祈るのみ!!v(^^)v

そいや、今回のコンサートパンフはNY撮影だそーで、、、いつの間に(笑)?

↓ゆきこちゃん、コメレスしましたので、良かったら見て下さいね(^^)♪
コメント

2月もすっかりもう下旬

2007-02-21 | ジャニーズ
皆様、こんばちわ☆すっかり週1ペースの更新になってますね(^^;)
後輩ちゃんから借りたFF12をやり始めてしまったので、目下PCにあまり触れずじまいの毎日(笑)。でも、何故か音は切って、BGMがてらNEWSのアルバムききながらやっていたり~(大笑)。

さて、最近めっきり露出の少ないカツン事のちょっくら感想。

●FINEBOYS(じゅんの)
  んーーーー正統派(笑)!身長あるので、わりと何着せても似合いそうなじゅんの王子。彼の場合は、タキシード系にしろ皮ジャンファッション(?)にしろ、トータルでガッチリ着込んじゃうとハマリ過ぎな感じなので、シャツ・ネクタイときても、上着やボトムでちょっと外すぐらいが丁度いいかもですね。ブレザー風な感じの服装で「学生時代を思い出しました」って言ってたのが何だか新鮮(笑)。そーか学ランじゃなかったのかぁ、、、学ランもかなーり似合いそうですけど。今の髪型だったら、亀ちゃん以外の5人は全員学ランいけそー。亀ちゃんは、個人的にはブレザーの方が好み。(「野ブタ」がしょっぱなだったからかなー??「ごくせん2」からの人は、たぶん学ランでも気にならないですよねえ…。)

●Mステ(NEWS)
  久々の生出演ですねー。先輩の嵐がいたので、ちょっと緊張気味?亮ちゃんと松潤の会話は、あいかわらず~な感じで笑いましたが。(去年のフィルムフェスタでも、わりとくだけた感じだったので。)
歌は「サヤエンドウ」と「星をめざして」。6人の笑顔が印象的。私が言うのもなんかミョーではありますが、、、ホントに「お帰りなさい!」(^^)。

●ザ少年倶楽部プレミアム(山P・NEWS・亀ちゃん)
  少クラプレミアムはゲスト次第なのですが、今月は山Pだったので見てみました♪山Pは、国分君ともの静かに話してて、年齢のわりに落ち着いてて大人っぽい印象。
山P的には、「結成当時は短期間ユニットという事だったし、集まった子も知らない子ばかりで、早く終わらないかなあと思っていた」そうです。ま、ある意味納得(笑)。言い方が悪いですが、正直あまりJr.を知らなかった私なんかは、当時は「山下君とその他大勢の7、8人のグループ」という認識しかなかったですし。でも、続けて「時間って凄いですね。どんどんグループに愛着が湧いてきて」との発言。10代半ばから後半にかけてって、1番とんがってる時期だし(笑)、精神的にも色々考える時期なので、その頃Jr.でも人気のあった山Pには、突然ふってわいたグループに対する戸惑いもあったのかもしれませんね。そんな中、コンサートツアー等で一緒にいる時間が長くなって、メンバー同士、お互いがちゃんと見えてきて。今は「自分にとって大事な仲間、大切なグループ」と堂々と言えるようになったんだね、良かったねーって思いました。
離れてみて、初めてわかる事、ってありますよね。
NEWSのメンバーにとってのこの1年間は、本当に貴重な1年になったんじゃないかなと感じました。
歌は、Mステ同様、「サヤエンドウ」と「星をめざして」。「サヤエンドウ」は「野ブタ」の直後だったし、何よりワタクシのお気に入り漫画のひとつ、「ワンピース」の曲という事で、何気にチェックはしてたんですが(笑)、実際に歌っているのを見たのは先週のMステが初。単純にアイドル路線の流行歌ではなく、ワンピース自体の世界観もしっかり描かれている曲で、聴いただけでもだいぶ好印象だったのですが、今回振り付けを見て「おお!ちゃんと海賊っぽいじゃん!!」とさらに好印象(大笑)。「星をめざして」は、私はけっこー好きな曲調でした。いかにもな映画っぽい盛り上げ曲ですが(笑)、まーこういうベタなのも、たまにはいいよな~という感じ。今回、大阪のNEWSのコンサートに行く事になったので、生で聴くのをちょっと楽しみにしてる曲デス♪
ゲストコメントは、亀ちゃんでした。内容的にはあまりたいした事言ってなかったよーなー…(笑)?「連絡ください」って、フツーに私信やん!と突っ込み入れたくなりましたが、あまり構えたコメントじゃないトコが、今の2人の打ち解けた関係が出てるのかもなあ、と思えました(笑)。来月は、ゲストが亀ちゃんらしいので、これまた見る予定!なのですが、コメントは山Pが返してくれるのかな(笑)??

●ジャニウェブ(風ぽん(笑))
  ビックリしましたよ。連載再開なんですね?!また舞台とかドラマがあるのかなぁ、、、?個人的に風ぽんの連載はかなり気に入ってたので、リターンズは嬉しい限りです♪彼の日記は、ジャニーズファンじゃない人でも、フツーに楽しめる文章なんですよねー(笑)。
因みに、最近のワタクシ。カツンもの・NEWSものの他に、とーまとニノの日記も読むようになりました。これに加えて、さらに風ぽんの日記もチェックしろとゆー事ですか…キツイわ~(^^;)。

●DoCoMo新CM(亀ちゃん)
  確か、中旬から放映してるんでしたよね…?いまだにめぐり逢えてません(涙)。

そんなこんなで、今週末はスキーに行って参りま~すvv

↓ゆきこちゃん、咲菜ちゃん、コメントレスしましたので良かったら見て下さいね~(^^)♪
コメント (2)

2月もすっかりもう半ば

2007-02-15 | 日記
ですよ、奥さん!←?
節分もバレンタインも終わって、次はひな祭りですね~え。

所で我が家には現在、3つのカレンダーがあるのですが(カレンダー飾るの好き…)、PCの所にかけてあるミニカレンダー、2月の模様はクローバー♪幸せを運ぶ四葉にちなんで、カツン事でも何か良い事が起きないかなぁ~と思ふ今日この頃。
あ、そいやカツンじゃないけど、山Pは主演ドラマ決まりましたっけね(笑)!
おめでとうゴザイマスv(^^)v
長澤まさみちゃんも好きなので、話が面白ければ久々にちゃんと月9見ようと思ってます。
月9はねー、ホント色々大変だと思いますが、山Pには頑張って欲しいなぁー。

亀ちゃんは、カツマニュ読んだ限りでは、わりとのんびり過ごしてるのかな?
まぁ去年、一昨年とものすごいスケジュールでしたもんねー。
休める時はお休みして、踏ん張らなきゃいけない時にしっかり頑張れるよう、今から力を蓄えておいて下され。

さて、今週末は妹宅に姪っ子ちゃん見に行ってくるにょーん。
コメント (4)

映画三昧。

2007-02-14 | ドラマ・舞台・映画
先週水曜日以降、映画館やらレンタルやらで、三連休明けまでずーっと映画三昧だったみの字でございます。
ってーんで毎度お馴染み、感想をば。

●墨攻
 そこそこ面白かったデス。2時間枠なので、戦略とか戦術については、ちと説明足らずな感じもありましたが、映画的には満足な出来なんじゃないかなー。(原作を知ってる人が、何と言うかは謎。)

墨家というものの存在をよく知らなかったので、ほへーって感じでした。墨子、と言われれば確かにああ歴史でならったかも~?と思うんですけど…儒家に比べると、墨家という言葉にはあまりなじみがナイ…っちゅーか、友達に言われて気付いたんですが、私、学生時代「墨家」って人の名前だと思ってた模様。←オイ。
ワタクシ的には、その墨家と言われる人たちが、城を守る為にどんな知恵を働かせたのか興味があったのと、アンディ・ラウが主演!ってんで観に行ったわけですが。ええ。やはりアンディはカッチョ良かったです♪♪♪(基本的に、韓国俳優さんより香港の俳優さんの方が好きなんですよねー(笑)。)

ストーリーは、春秋戦国時代に趙という大国に攻め入られそうになった梁という小国が、1人の墨家により救われるというお話。攻めて来る方は10万の大軍、守る側は城郭内に住む農民から王様まで4千人。普通に考えたら圧倒的に不利な戦闘ですが、そこを知恵と勇気で乗り越えるわけですね。
で、1度は勝利した梁ですが、暗愚な王様が、民心を集めた墨家がそのまま反乱を起こし、自分を討つ気ではないかと疑って、墨家を殺そうとしたり、そうこうしているうちに、再び趙に攻め入られたり、、、とそんな事を繰り返し、最後には梁は滅びていきます。
結局、墨家うんぬんとゆーより、頭の悪い王様には国はおさめられんよ、っちゅー話でした。(←は?)

昔の戦争ではありますが、人々が悲惨な殺し合いをしている所は、しっかりと描かれていました。たぶん戦争の怖さ・恐ろしさをきちんと知ってもらおうと、作り手側が意識的にそういう場面を入れたんじゃないのかなー。現代の戦争も、市街地に入れば人間対人間の戦闘になりますが、通常は爆撃機で爆弾を落とすだけとか、攻める側と攻められる側の間には距離があるので、ともすると人の死に対する感覚が鈍くなりがち。でも、この当時の武器は剣とか槍なので、敵にしろ味方にしろ、自分達の目の前で人が傷ついたり死んだりするんですよね。間近で人の死を感じられる分、当時の人たちは、現代の人以上に「戦争したくない」という気持ちが強かったんじゃないかなってふと思いました。

本来、墨家の思想の中には「非攻」、つまり非戦論が入っているそうです。こと大国が力にモノを言わせて小国を蹂躙するような行為は人類への犯罪だ、とたいそう否定的。こういう思想が広まるような世の中なら、もっと戦争は減るんでしょうねーえ…。
因みにヒロインのお姉さんは、大塚寧々さん似のキレイな方でしたよ(^^)。あと、息子さんが、なんとなーく松田龍平くんっぽい雰囲気でした。


●ディパーテッド
 ハリウッド版のタイトルは「死者」の意味。オリジナルの香港版は、サブタイトルで「無間道」。「無間」は仏教的な所からくる言葉で、この作品では地獄=永遠に助からない、という事を指しているそうです。
主役は2人で、片方は警察に潜入して情報を漏らすマフィア、もう片方はマフィアに潜入捜査している警察官。ストーリーは、この2人の情報戦、そして人生が主軸となっています。

面白いなあと思ったのが、オリジナルとハリウッド版との対比。実にお国柄がよく出てるんですよね。ハリウッド版は暴力シーンや汚い言葉を使ったシーンが多く(これは、移民の国で生き抜いて行く事の大変さを、如実に物語ってる気がします)、香港版は主役2人の暗くて辛い心の内面を掘り下げ、と演出の仕方も対照的。情報の伝達方法も、かたやケータイメール、かたやモールス信号(笑)。ケータイ自体は、香港でも随分昔から使われてる筈ですが、メールはやっぱりここ数年の機能なんだろうなぁ。

で、1番「あー成る程ねー」と思ったのはオチのつけ方。
片方の主役が、最終的に取り返しのつかない事をしてしまうのですが、その罪に対して、ハリウッド版は死をもって、香港版は生き長らえる事で償わせようとします。
要はどちらがより罰則として有効かっていう事だと思うんですけど、アメリカ人にとっては「死んで全てが終わってしまう」という事が恐怖で、香港人にとっては「残りの一生をかけて罪を償っていかなければならない」という事に大変な苦痛を感じるって事なんでしょうね。まぁどっちも嫌ではありますが…仏教とキリスト教の差みたいなものを、しみじみ感じました。

派手さで言えば、ハリウッド版に軍配があがる気がしますが、オリジナルの3作分をまとめて描こうとしている分、やっぱりストーリー的には無理があるかなあ、という箇所がちらほら。あと、アイルランド移民の背景とか、ボストンに関する知識がなかったので、どうしてこのキャラクターがその場面で怒るのか、という感情の流れ的な部分が、正直ちょっと理解しにくかった(^^;)。
基本的に伏線のはり方が上手、「香港」という土地の雰囲気がイイ感じにマッチしていた、とにもかくにも主役2人(あーんど、若かりし頃を演じた役者さんも)がカッチョイイ!!というのが「インファナル・アフェア」を気に入ってる最大の理由なので、私的には「ディパーテッド」はやはしビミョ―でした(笑)。(てか、私の場合はただの香港好きなので、舞台が香港とゆー時点で、「インファナル~」の方が断然有利(大笑)。)

ま、気になる方はどちらの作品も見てみると良いと思いますよ♪「ディパーテッド」も映画としての出来は、さほど悪くはないですからね。

●バイオハザード
 昨年末に地上波でやってたのを録画して、先日よーやく見ました。
えーとですね。んーとですね。
ハッキリ言って、面白く無いです(大笑)。
全然怖くないし、冒険アクション活劇(??)としてもイマイチ。
話がどーにもこーにもイケてないので、ゲームやってる人が見ても、やってない人が見ても面白くないんじゃないかアレ…?
うっかり映画館行かなくて良かったって感じでした(笑)。

●私の頭の中の消しゴム
 NEWSの誰だったか、泣いたって言ってましたよね(^^;)?

………………。

そっかぁ~、今時の子にはこーゆーのが泣ける映画のね~。
え?私ですか?
全く泣けませんでした(大笑)。

元ネタは見たことないんですが、日本の連続ドラマだったらしいですね。
ドラマだったら、ゆっくり時間をかけて色々なエピソードが見られるから、キャラクターに愛着も出てくるかもしれないんですが、、、いかんせん映画版のヒロインは、ワタクシ好みではございませんでした(笑)。

展開もなー。元々韓国モノって展開遅いトコはありますけど、ヒロインが「お父さんに似て、物忘れが激しいの~」と笑って言ってた所から、もしかして病気なのかな?と悩みはじめて病院行って、あっという間に病気が進行してしまい…って途中までトロトロ、後半戦で一気にたたみかけてきたので、あんまし物語に入り込める隙が無く(ーー;)。確かに病気って「待ってくれる」ものじゃないので、あんな風に「気がついたらもう末期」という事は往々にしてある事なんでしょうけどね。
どうやら男の子の方が泣いちゃうケースが多いようなので、旦那さんの立場で見ると、物凄く悲しい気持ちになっちゃうのかな?という感じがしたのですが、どうなんでしょうね??

今でこそアルツハイマーって若い人でもかかることがあるって広く認知されてますが、昔はあまり知られてなかった病気ですよね。この映画は「モノを忘れてしまう病気」に焦点があたってますが、ガンでも何でも、やっぱり病気にかかって病気と闘わなければいけない人、そしてその家族や周りの人々は辛いなぁ、ってちょっとしみじみした気持ちになりました。うーん、やっぱり健康って幸せなことなんでしょうね。

因みに、ヒロインに病気の事を直に告知したおじいちゃん先生には、ちょっと感心。自分の奥さんと同じ病気だったからこそ、ちゃんと伝えて、本人の記憶がある間はしっかり生きて欲しかったんだろうな、きっと。

韓国作品は、今まで4~5本しか見たことないんですが、面白いと思ったの、結局「イルマーレ」だけ。どうもあまり相性良くないみたいデス…。(あとは強いて言えば「箪笥」が面白かったかなー。←ホラー。)

↓ebiさん、咲菜ちゃん、ゆきこちゃん、遅くなりましたがコメレスしましたので、良かったら読んで下さいね(^^)
コメント   トラックバック (1)

遅ればせながら、祝!聖!!

2007-02-02 | 日記
聖、ドラマ出演決定、おめでと―ございます!!
初主演が鉄ちゃんとは、これまた随分思い切った役どころではありますが…(笑)。
聖はわりと器用に色んな役をこなせるタイプの役者さんだと思っているので、今回も期待してマスよん♪

写真は、昨日久しぶりに会ったお友達から頂いた、誕プレ(←何ヶ月前だよ(大笑))の茶香炉。
昨日焚いてみたのは「緑茶」ですが、思ったよりしっかり香ってビックリ。他にも玄米とか麦茶の葉が入ってました。(渋!)

今年は例年ほどノドやられてませんが、最近ちょっと気になってるのは加湿器ですねー。
ジンジンも一時期使ってたという噂(?)のアロマタイプのやつとかいいなーと思ってたら、長時間使用可能なタイプも出たみたいですね。んが、目下、ケータイの機種変も検討中なので、どっちを先に買うか悩み中。

さーて、明日は節分ですよー。
とりあえず、会社の先輩宅で豆まきしてくる予定♪♪♪(他人様のお家でやった場合、自分には効果があるのか…(^^;)?!)

↓ゆうさん、コメレスしましたので、良かったら見て下さいね~v(^^)v
コメント (4)

どうやら一周年。

2007-02-01 | 日記
の模様です。
何が、っちゅーと、このブログページがね(笑)

飽きっぽいこの私がカツンに飽きる事なく、1年が過ぎました。
これからも変わらず、大好きな6人を応援していきたいと思います

リンク先の皆様、たまに遊びに来て下さる方々、今日たまたま通りすがってこのブログを読んで下さった方々。
今後とも、どぞどぞ宜しくお願いいたしマス

↓ゆうさん、コメレスしましたので良かったら見て下さいね~(^^)♪
コメント (4)