じじの折々の記

以前は鉄道写真をメインにしておりましたが、歳とともに動きが鈍り、最近は日々の雑記が中心です。 by naka爺

国際文通週間の切手「甲州かじか沢」

2018-06-16 09:14:50 | 徒然日記
画像の切手は、葛飾北斎の「甲州かじか沢」の図が入った国際文通週間の記念切手です。
これって、一見すると波立って海のように見えますよね。どこかの海岸で、富士をバックにして・・。しかし、よく見ると漁師が投網しています。海で岸から投網というのは、ちょっと不自然です。
図の題は甲州です。甲州と言えば今の山梨県あたりでしょう。当然、海のある場所ではありません。調べたところ、ここは富士川のようです。流れが急な岩場から、投網している図ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同一列車1回限り有効

2018-06-04 14:24:26 | 新幹線切符
かっては新幹線特急券はこだまとひかりは別料金であり、しかも自由席特急券には「同一列車1回限り有効」と印刷されていました。
つまりなんらかの理由により一旦ホームに降り、後続の列車に乗り換えることはできなかったわけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茶臼山高原の芝桜

2018-06-01 23:56:02 | 徒然日記
先日(5/26)行った茶臼山高原の芝桜です。
もう咲き終わった部分もあり、7割ぐらいの咲き具合でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新幹線遅れ承知特急券

2017-12-09 21:54:48 | 新幹線切符
当方は、恥ずかしながらこの特急券の存在を知りませんでした。
下の画像にある、ほぼ同時期の同じ区間の特急券と比べると、半額になっています。
この券は新幹線のダイヤに遅れが生じていて、たとえ2時間以上の遅延があっても払戻ししないという条件で割引して発売される新幹線特急券とのことです。特別な時でなければ出てこないものなんですね。




にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京~岐阜羽島・自由席特急券

2017-11-24 21:57:36 | 新幹線切符
先に触れましたように昭和50年3月10日の山陽新幹線博多開通までは、東京~名古屋間のこだま号とひかり号の自由席特急料金に差がありました。たぶんひかり号はノンストップ、こだま号は各駅(のはず?)停車という速さの違いなんでしょうね。
東京~名古屋間の特急券であれば明確に区別できるでしょう。少し分かりにくくなるのは、その先である東京~岐阜羽島・米原間の自由席特急券です。全線こだま号の自由席に乗車する場合と、時間を短縮するために東京~名古屋間はひかり号、その先乗り換えてこだま号という場合があります。


当然、自由席特急券は一目でわかる必要があるため、全線こだま号の自由席に乗車する場合は画像のような特急券が使用されました。こだま号の自由席特急券の表示である中央部に赤色の縦線、そして注意書きには「東京・名古屋間は、ひかり号にはお乗りになれません。」という表記がされています。
残念ながら、東京~岐阜羽島の自由席特急券で、東京~名古屋間はひかり号を使用するというケースの特急券は目にしたことがありません。有り得ることですので、たぶん存在したはずですが・・。


にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加