峯野鉄工

ミネノ製品をご紹介するページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鋳物砂クーラー開発へ【日刊工業新聞】

2013-07-23 12:29:10 | 新着情報
【日刊工業新聞】 ←クリックして新聞社のサイトへ

新機構の熱交換機 鋳物砂クーラー 

2013-06-01 12:08:06 | 製品名

新機構の熱交換機 ―― 省スペース、省エネ、長寿命
● 耐蝕・耐摩耗性の冷却パイプを採用し、また熱交換効率が高いので、熱交換器本体がコンパクトで長寿命です。
● パイプはフランジを介してボールト止めされています。取り外して容易に細部の点検を行うことができます。
● 熱交換器本体と冷却パイプの固定とシールを同時に行います。

鋳物砂クーラー パイプ取替え式サンドクーラー
● 冷却パイプは2本ずつ、長方形の冷却フランジとともにクーラー本体にボールト止めされています。
● パイプは千鳥配列されています。U字管に比べて密に配列することができます。

● パイプの点検や更新作業がラクにできます。
● 水冷用の蛇腹パイプやメッキ、銅、アルミパイプ、あるいは空冷用のノズル穴付きパイプなどに取り換えることができます。(特許出願中)

 従来の水冷式クーラーの冷却パイプは、溶接によって固定されているので細部の点検が困難なため、水垢や錆などによる突然の水漏れ事故のリスクがありました。
 そして、いちど水漏れが発生すると各部に錆びが広がっていることが疑われ、水冷パイプ取換えの難工事を避けて、水冷設備の更新や巨大な風冷設備に入れ替えるケースも生じています。

 一方、新機構『鋳物砂クーラー』は、フランジを介してパイプをねじ接合しているので、冷却水パイプだけでなく、ノズル穴付きパイプを適宜配置して圧縮空気を間歇噴出することができます。これにより、鋳物砂の流動が促されるとともに、砂粒の隙間を流れるエアによって放熱しダクト排気されます。
 流動しない空気に包まれた「砂」の構造は断熱材としてのコンクリートブロックに似ており、また冷却水パイプの外面と砂粒とが点当り接触している面積の合計は小さいので、冷却対象としてはやっかいな代物です。しかし、新機構『鋳物砂クーラー』は流動する空気によって熱交換効率を高めています。これによって本体がコンパクトで、また冷却パイプの点検を含む定期管理により長寿命化を図ることができます。

 鋳物サンドクーラーのメーカー様やユーザー様からのお問合せをお待ちいたしております。

フォークリフト・プレス (電源不要の缶プレス)

2013-06-01 10:31:28 | 製品名
フォークリフトプレス [動画]
 ↑クリックして商品サイトと[動画サイト]へ

フォ-クリフトが踏み板に乗るだけでプレス機の準備OKです。
圧縮はフォ-クリフトの上昇で行います。 
フォ-クリフトは1トン車以上~2トン未満車をご使用下さい。 
各種フォ-クリフトに応じて踏板間の巾調節ができます。
 

小型水圧洗浄機(セラミコート焼肉調理具用)

2013-06-01 10:30:42 | 製品名



軽合金の恒温鍛造整形用の小型高速プレス機

2013-06-01 10:29:46 | 製品名
広島県立総合技術研究所
 西部工業技術センター
 金属系材料試験室